No.27 RANKING

リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエルの画像・ジャケット写真
リチャード・ジュエル / サム・ロックウェル
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

25

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リチャード・ジュエル」 の解説・あらすじ・ストーリー

巨匠クリント・イーストウッド監督が、1996年のアトランタ五輪で大会期間中に起きた爆弾テロをめぐる実話を映画化したサスペンス・ドラマ。警備員として多くの命を救ったヒーローから一転、容疑者とされた男リチャード・ジュエルの過酷な運命を描く。主演はポール・ウォルター・ハウザー、共演にサム・ロックウェル、キャシー・ベイツ。1996年、アトランタ。高齢の母と2人暮らしの不器用で実直な男リチャード・ジュエル。警備員をしていた彼は、多くの人でにぎわうイベント会場で不審なリュックを発見し、中身の爆発物に気づいたことで大惨事を未然に防いだ。マスコミはこぞって彼を英雄として報道するも、捜査に当たるFBIは次第に第一発見者のリチャードに疑いの目を向け始めるが…。 JAN:4548967439656

「リチャード・ジュエル」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: RICHARD JEWELL

「リチャード・ジュエル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リチャード・ジュエルの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日・英・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764282 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
384枚 50人 74人

【Blu-ray】リチャード・ジュエル(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764281 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
141枚 144人 156人

関連作品

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全25件

インパクトはあったが映画にするには地味すぎる

投稿日:2020/06/17 レビュアー:勇光

そこそこ面白かったがテンポが悪くて途中からあきてきた。デブの主人公を観ているのがだんだん辛くなる。楽しくない話だし、ポール・ウォルター・ハウザーにあまり魅力がない。早く結末を知りたいなと思いながら我慢して最後まで観た。
映画の主張は簡単明瞭。マスコミはゴミだ! ってことと、保身を考える警察官は市民を犠牲にするってことだ。

日本にも似たような事件はいくつもある。松本サリン事件の河野義行さんは被害者なのに犯人あつかいされて仕事を辞めざるを得なくなり、息子と2人でひどい目にあわされた。

ウィキでみたら、リチャード・ジュエルは騒ぎが収まったあとに、テレビ局や新聞社を訴えて和解金をもらったようだ。金額はわからないが、それ相応の額をもらえたなら少しは溜飲もさがったろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白かったです。ネタバレ

投稿日:2020/05/30 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

クリント・イーストウッド 監督作品はあまり観ないのですが(アメリカンスナイパーは観ました。面白かったです)、お気に入りのレビュアーさんのご紹介で観ることにしました。
いや〜面白かったです。
見応えがありました。

不器用だけど法と正義を信じまっすぐに生きようとするリチャード・ジュエルが、誤解から容疑者に仕立て上げられ、マスコミに追い回され、FBIに追及されお母さんも巻き込まれていきます。
たまたま知り合った弁護士のワトソンに依頼をし、助けを求めます。
そして無実を証明するための戦いを始めます。

いや〜狭量な捜査官の決めつけそうさ捜査。
自分の頭の中の推論を証明するために、リチャードを誘導して犯人にしようとします。
恐ろしいですね。
日本でもたくさんこういうことがあります。
こうした違法な捜査や誤認逮捕をした捜査官には、厳しくペナルティーを科して欲しいものです。
被害者の受ける傷や名誉の回復のための協力するためだと思いますが、その点が遅れているように感じます。

また裏どりをせず、誤った報道をしてリチャードをこうした事態に追い込んだマスコミ。
「いぬやしき」みたいにみんなやっつけて欲しい。

本作でも、FBIをやる込めるだけでなく、賠償金の請求とかの裁判までやってマスコミをやり込めることを期待していました(裁判とかしなかったのかな?)。
かんたんでも良いので、描いてくれるともっと良かったです。

登場人物たちの心の痛みが伝わる良い作品でした。
面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

正直者が馬鹿を見る? ⇒ 見ない!

投稿日:2020/05/27 レビュアー:趣味は洋画

リチャード・ジュエル(2019年・アメリカ、カラー、131分)

この映画で観客のこころを最も惹きつける見せ場(ヤマ場)が2度ある。

リチャード・ジュエルが弁護士と共にFBIの尋問を受ける。捜査官の詰問に対し、逆に問い詰めるのだ。‘(私が)犯人という証拠があるのか? 今後、このような冤罪が起これば、警備員が爆弾をみつけても通報せず、その場から逃げるだろう。リチャード・ジュエルの二の舞は避けたいと思うだろうから’
FBI捜査官は返す言葉がなかった。

リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)という人間性が冒頭に上手く描かれる。
アトランタの中小企業局に新人の備品係として入った彼は、足りない物をすぐキャッチして補充する。正義感が強く、生真面目な性格と大きな体格に、どことなく憎めない部分を感じる。
観客はその「人間性」にすっかり魅了され、感情移入されたうえでリチャードを追い続けるだろう。

自分の好物のスニッカーズを補充されたワトソン(サム・ロックウェル)は、リチャードに ‘レーダー’とあだ名をつけるほど、すっかり彼を気に入り、後年、弁護士となってリチャードを助けるのだ。

もうひとつの ‘見せ場’ は、リチャードの母ボビ(キャシー・ベイツ)のスピーチの場面。これは演じたキャシー・ベイツの上手さが光る。演技ではなく、 彼女はこころの底から泣いていたと思う。

自分の息子は爆弾被害を最小限にとどめたことで英雄視され、誇りに思っていた。それが一転、犯人扱いされたことでボビの生活は一変した。母親として、どうしたら息子を助けられるのか。
やるせない気持ちを、彼女は民主党全国大会の日に合わせて、ビル・クリントン大統領に涙ながらに訴える。‘息子は小さい頃から警察官に憧れ、正直に生きてきた。優しいこころを持つ息子がなぜ犯人にされなければならないのか’ ....思わず熱いものがこみ上げてくる。
観客の心境は、このときもリチャードの「人間性」が下地になっている。

リチャードが大学の警備員を務めていた時、学内の飲酒取締りを強行に行ったことで学長からクビを言い渡される。学長はその後、アトランタ五輪会場近くの爆弾騒ぎに関し、リチャードが怪しいとFBIに密告する。なんとも呆れた学長だが、真に受けた捜査官の浅はかさは救いようがない。
そこに「マスコミ」という悪臭だらけのエゴイストの群れが登場する。
(余談だが、正義感面する司会者が次々と出てくるテレビのワイドショーは見ないことにしている)

事件から11年後、リチャード・ジュエルは44歳の若さで亡くなっている。(心臓疾患)
弁護士のワトソンは助手のナディア(演じたのはニーナ・アリアンダ)と結婚し、2児をもうけた。週末にはリチャードの母ボビが、その子たちの面倒をみているというから微笑ましい。
本作にはワトソンとボビの協力があった。

近年のイーストウッド作品には、実話をもとにした名作が多い。
2016年「ハドソン川の奇跡」、2017年「15時17分、パリ行き」、2018年「運び屋」。
彼は大風呂敷を広げない。
作品にことさら尾ひれをつけることなく、日常のさりげない普通の部分にスポットを当てる。
計算しつくされてはいるだろうが、作品に対する観客の賛同や支持はあまり期待していないと思う。
にも拘わらず、映画はヒットする。
あと4日でイーストウッドは90歳となる。
今後も、多くのファンが彼の作品を待ち望んでいる。



このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

FBI支局の廊下に南軍旗が!なぜ?

投稿日:2020/07/29 レビュアー:哲郎

プロファイリングで犯人像に一致したからっていうんだけど、リチャードがもしスリムでハンサムなイケメン男だったらどうだった?
あるいは彼の家が名門で当主が代々街の名士であるとかだったら、FBIは第一発見者だからといっても、簡単に容疑者にはできなかったのではないか。
良くも悪くも、人は見た目やイメージで相手を判断する。これを全否定はできないのだが、公権力を行使する側の人間はよくよくわきまえて、法と理に基づいて職務を執行しなければならない。これはマスコミも同様である。

事のきっかけは、リチャードが警備員として働いていた大学の学長が、事件を見て彼の素行についてFBIにチクったことだった。
そこからFBIアトランタ支局はプロファイリングでリチャードを容疑者に仕立てた。ところが、その機密情報が洩れ、アトランタ・ジャーナル紙がそれを報じたことから彼と母の運命は一気に暗転する。
作品では、情報を洩らしたのはFBIの捜査主任で、アトランタ・ジャーナル紙の女性記者が色仕掛けで彼から情報を得たことが映されている。捜査主任と女性記者はどちらも自らの立場と手柄が大事で、人権に対する配慮は無いように見えた。弁護士がついていなければ、リチャードはいとも簡単に犯人にされていたのだ。ただ、リチャードはやや教条主義的で柔軟性に欠ける部分はあったかもしれない。また生真面目で権威を重んずる性格から、マスコミに対する警戒感も薄かったのだろう。

特典映像でイーストウッド監督は「いまだに彼を犯人と考える人もいる」と言い、製作のティム・ムーアは「クリントは、リチャードの爆弾犯のぬれぎぬを晴らしたかった」と監督の気持ちを代弁している。そして彼らが最も伝えたかったのは、弁護士のワトソン・ブライアントが転職するリチャードに戒めとしてかけた次のことばだろう。
「いいか、リチャード。バッジを付けても、クズ野郎にはなるなよ」「権力をもつと、人は怪物になるんだ」と。
このセリフに作品内容のすべてが、真実が集約されている。リチャードに起きた悲劇は、世界中のどこでも、誰にでも起こり得る。

ところで、ラストのほうでリチャードは弁護士とともにFBI支局の一室で審問を受けるのだが、その廊下の壁に南北戦争時の南軍旗が飾られていることに気づいただろうか。廊下で会話中の人物の背景としてなんども映されている。私には、これは意図的にカメラのフレーム内に入れられたように思えた。考えてみると、これはおかしなことである。FBIは連邦政府の機関なのだから、合衆国の現国旗(星条旗)を掲げるのが当然なのである。
これは、この冤罪事件について、ジョージア州アトランタという地の風土、社会の空気の影響を示唆する巧妙な隠し絵である。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

行き過ぎた正義の話

投稿日:2020/06/29 レビュアー:Yohey

サム・ロックウェル、いい役者だなぁ。ヒーローには絶対になれない男だけど、こういう人は要るんだよ、っていう役には外せないですね。今回も、善なのか悪なのか、有能なのかそうでないのか、よく分からない役をやっておりますが、人としての芯の部分がぶれない役をきっちりと演じております。

警備員が爆破事件の被害を抑えるために奮闘したのに、結果として容疑者に仕立て上げられ、社会から糾弾を受けるという話でして、似たような事件は日本でもあり、ひどい話だなと思う反面、リアルタイムだったら、絶対、自分も疑っただろうなと思ってしまいます。それはマスコミや警察が悪いというよりも、人間はどこかにおもしろおかしく感じたい部分があって、そういう目でなんでも見てしまうんですね。

今回の主人公は見た目がヒーローっぽくなく、容疑者と言われてしまえばそうかも知れないと思ってしまう。そうなると、正義の名のもとに、でっちあげもあるし、また何も知らぬ他人が、人を貶めまくることも発生してしまう。

この物語の面白いところは、主人公もまた「行き過ぎた正義」の実行者だったところ。自らの行き過ぎた正義の行動によって、周りから危険人物と思われ、そして周りの行き過ぎた正義から糾弾を受ける、という図式。人というのは面白いものです。

題材としては地味な部類で、主人公の風貌もあってか共感をえにくい話ではありましたが、イーストウッドらしい、人の本質の部分が出ていて良かったです。お母さんのキャシー・ベイツもらしくて良かったなぁ。主人公はどんぴしゃなんだろうけど、やっぱり共感できなかった。それこそが狙いなんだろうな、うまい作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全25件

リチャード・ジュエル