天気の子

天気の子の画像・ジャケット写真

天気の子
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

46

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

「天気の子」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

大ヒット・アニメ「君の名は。」の新海誠監督が再び川村元気プロデューサーとタッグを組んで贈るファンタジー長編アニメーション。天候の調和が狂っていく時代を舞台に、不思議な能力を持つ少女と出会った家出少年が運命に翻弄されながら繰り広げる愛と冒険の物語を描く。声の出演は主人公の少年少女に醍醐虎汰朗、森七菜。小栗旬、本田翼、倍賞千恵子、平泉成ら豪華キャストが脇を固める。離島の実家から家出して東京にやって来た高校生の森嶋帆高。職探しに苦労するも、なんとかオカルト雑誌のライターという仕事にありつく。何日も雨が降り続く中、帆高は弟とふたりで暮らす明るい少女、天野陽菜と出会う。彼女にはある不思議な能力があった。なんと、祈るだけで雨空を青空に変えてしまうのだった。 JAN:4988104124043

「天気の子」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
製作国: 日本
原題: WEATHERING WITH YOU

「天気の子」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

原作: 新海誠
音楽: RADWIMPS

ユーザーレビュー:46件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全46件

世界を敵に回しても、自分の守りたいものを守る

投稿日:2020/07/04 レビュアー:oyoyo

異常気象で雨が降り続ける東京で家出少年と晴れ女が出合い・・・。

映像が綺麗。
雨の景色が素敵。
歌が効果的に使われている。
キャラが生き生きとしている。

雨が止み晴れ間がのぞくシーンはとても眩しく美しい。
気持ちも晴れやかになる。

10代の心情の描写も素晴らしい。
若いってこんなだったなと思う。

穂高と陽菜にとってはハッピーエンドだが、
他の大勢にとってはバッドエンドかな?

「君の名は。」程ではないが楽しめました。
久々の新海映画を堪能。

80点

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

肩車

投稿日:2021/01/02 レビュアー:ビンス

新海監督らしい質感と
肌触りとでもいうような雰囲気が心地よい
またこれ?
こればっかり・・・
ではなく
これこれ、と思っている身にすれば
この路線でよいのです、なのです。
若者の心情と
季節の切り取り方
その風景描写がお見事というほかない。
「君の名は」のほうが好きですし
感動しましたが
こちらも印象深い作品でした。
今回改めて思ったのは
新海作品と
ラッドウィンプスの曲は相性バッチリだなということ。
新海監督の作り出す世界観を
野田くんの曲と歌詞
そして声が
より彩っていく
その彩り方がとにかくあたたかい
温もりに満ちた力強さで
静かに後押しします。
例えば
行きたかった遊園地に着き
待ちに待った思いを解放するように駆ける少年を
ふわっと父親が抱き上げて
肩車してあげるような
少年の目線は大分上になり
見える世界がまるで違うことに
さらなる喜びが溢れてくる
父親はしっかりと息子の両足をつかみ
安心感の中で少年は夢をみる
この作品を観た時の感動は
そんなイメージに近いものでした。
ラッドの曲がかかり
野田くんが歌いだすと
まるで肩車されたように
感動もさらなる高みへと導かれるのです。
とてもいい楽曲ばかりでした。

途中で気づきましたが
本田翼ちゃんの声が抜群ですね
言い方と声が絶妙で
本編には関係ありませんが
コレはモテるわ、と
実感いたしました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

面白いの?コレ??

投稿日:2020/08/25 レビュアー:馬鹿なオッサン

要はこの監督は、雨と電車と、女の子と、高速度カメラをアニメで表現する画が描きたいだけではないの?

前作は、まだ観られたものだったが、コレはどうしても面白いとは到底感じられなかった残念な作品だ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

ボーイミーツガール♪ ネタバレ

投稿日:2020/08/20 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

若い二人の拙い恋物語。
私的には結構、好きな作品でした。

雨だれや滴の撥ねがやはり新海作品。
とてもキレイでした。

本作は観るポイントによって評価が分かれるかも知れません。

帆高と陽菜の純愛ものとして観ると二人の心情が上手く描かれており楽しめました。
新海監督の作品は、主人公の年齢が上がると拗らせてすれ違う作品が多いので、ハッピーエンドは嬉しいものでした。
全体の利よりも個の幸せを選んだ帆高と陽菜には、この後、幸せになって欲しいものです。

ただ異常気象を鎮める天気の巫女としての部分や生贄の巫女としての部分の書き込みや世界観の説明が弱かったと思います。
また現実の都内を舞台に描かれた作品だけに、違和感が生じてしまいました。

そして陽菜が天に召された辺りからのエピソードは都合良くストーリーが進み過ぎてしまい、なんか勿体ない感じ。

また脇のメインキャラのライター須賀圭介の心象の書き込みが足りず、あのクライマックスでの言動や行動には残念ながら興覚めの部分がありました。

限られた放映時間の中でのこと、それなりに上手くまとまっておりました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

あり得ない話なのにリアリティがあり、ちょっこし泣ける

投稿日:2020/06/17 レビュアー:勇光

すごく楽しめた。はじまって5分くらいで引き込まれた。女の子のキャラがかなりうまい。「君の名は。」のキャラは線が細くて単調な感じだったが、今回は線に勢いがあってシャープだったし、オッパイや太ももの肉感もよく出ていた。背景の描き込みも格段に深くなっており、カメラワークやエフェクト系の映像もレベルアップしていてびっくりした。音楽は相変わらずか細くて情けない声の歌でしめられていたが、でも、ちょっとだけ力強い雰囲気になっていた。で、ストーリーやプロットがすばらしい。全体の構成もうまい。宮崎アニメを部分的に越えた感じがした。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全46件

天気の子

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:46件

世界を敵に回しても、自分の守りたいものを守る

投稿日

2020/07/04

レビュアー

oyoyo

異常気象で雨が降り続ける東京で家出少年と晴れ女が出合い・・・。

映像が綺麗。
雨の景色が素敵。
歌が効果的に使われている。
キャラが生き生きとしている。

雨が止み晴れ間がのぞくシーンはとても眩しく美しい。
気持ちも晴れやかになる。

10代の心情の描写も素晴らしい。
若いってこんなだったなと思う。

穂高と陽菜にとってはハッピーエンドだが、
他の大勢にとってはバッドエンドかな?

「君の名は。」程ではないが楽しめました。
久々の新海映画を堪能。

80点

肩車

投稿日

2021/01/02

レビュアー

ビンス

新海監督らしい質感と
肌触りとでもいうような雰囲気が心地よい
またこれ?
こればっかり・・・
ではなく
これこれ、と思っている身にすれば
この路線でよいのです、なのです。
若者の心情と
季節の切り取り方
その風景描写がお見事というほかない。
「君の名は」のほうが好きですし
感動しましたが
こちらも印象深い作品でした。
今回改めて思ったのは
新海作品と
ラッドウィンプスの曲は相性バッチリだなということ。
新海監督の作り出す世界観を
野田くんの曲と歌詞
そして声が
より彩っていく
その彩り方がとにかくあたたかい
温もりに満ちた力強さで
静かに後押しします。
例えば
行きたかった遊園地に着き
待ちに待った思いを解放するように駆ける少年を
ふわっと父親が抱き上げて
肩車してあげるような
少年の目線は大分上になり
見える世界がまるで違うことに
さらなる喜びが溢れてくる
父親はしっかりと息子の両足をつかみ
安心感の中で少年は夢をみる
この作品を観た時の感動は
そんなイメージに近いものでした。
ラッドの曲がかかり
野田くんが歌いだすと
まるで肩車されたように
感動もさらなる高みへと導かれるのです。
とてもいい楽曲ばかりでした。

途中で気づきましたが
本田翼ちゃんの声が抜群ですね
言い方と声が絶妙で
本編には関係ありませんが
コレはモテるわ、と
実感いたしました。

面白いの?コレ??

投稿日

2020/08/25

レビュアー

馬鹿なオッサン

要はこの監督は、雨と電車と、女の子と、高速度カメラをアニメで表現する画が描きたいだけではないの?

前作は、まだ観られたものだったが、コレはどうしても面白いとは到底感じられなかった残念な作品だ。

ボーイミーツガール♪

投稿日

2020/08/20

レビュアー

静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

若い二人の拙い恋物語。
私的には結構、好きな作品でした。

雨だれや滴の撥ねがやはり新海作品。
とてもキレイでした。

本作は観るポイントによって評価が分かれるかも知れません。

帆高と陽菜の純愛ものとして観ると二人の心情が上手く描かれており楽しめました。
新海監督の作品は、主人公の年齢が上がると拗らせてすれ違う作品が多いので、ハッピーエンドは嬉しいものでした。
全体の利よりも個の幸せを選んだ帆高と陽菜には、この後、幸せになって欲しいものです。

ただ異常気象を鎮める天気の巫女としての部分や生贄の巫女としての部分の書き込みや世界観の説明が弱かったと思います。
また現実の都内を舞台に描かれた作品だけに、違和感が生じてしまいました。

そして陽菜が天に召された辺りからのエピソードは都合良くストーリーが進み過ぎてしまい、なんか勿体ない感じ。

また脇のメインキャラのライター須賀圭介の心象の書き込みが足りず、あのクライマックスでの言動や行動には残念ながら興覚めの部分がありました。

限られた放映時間の中でのこと、それなりに上手くまとまっておりました。

あり得ない話なのにリアリティがあり、ちょっこし泣ける

投稿日

2020/06/17

レビュアー

勇光

すごく楽しめた。はじまって5分くらいで引き込まれた。女の子のキャラがかなりうまい。「君の名は。」のキャラは線が細くて単調な感じだったが、今回は線に勢いがあってシャープだったし、オッパイや太ももの肉感もよく出ていた。背景の描き込みも格段に深くなっており、カメラワークやエフェクト系の映像もレベルアップしていてびっくりした。音楽は相変わらずか細くて情けない声の歌でしめられていたが、でも、ちょっとだけ力強い雰囲気になっていた。で、ストーリーやプロットがすばらしい。全体の構成もうまい。宮崎アニメを部分的に越えた感じがした。

6〜 10件 / 全46件