No.30 RANKING

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷の画像・ジャケット写真
蜜蜂と遠雷 / 松岡茉優
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

21

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「蜜蜂と遠雷」 の解説・あらすじ・ストーリー

史上初となる直木賞&本屋大賞のW受賞を果たした恩田陸の傑作ベストセラーを実写映画化した音楽青春ドラマ。 国際ピアノコンクールを舞台に、それぞれに事情を抱えながら大会に挑む4人の若手ピアニストの葛藤と成長を描く。主演は松岡茉優、共演に松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士。監督は「愚行録」の石川慶。3年に一度開催され、若手ピアニストの登竜門として世界から注目を集める芳ヶ江国際ピアノコンクール。母親の死をきっかけに表舞台から消えていたかつての天才少女・栄伝亜夜は、再起をかけてコンクールに挑もうとしていた。そんな彼女の前に、楽器店勤めのサラリーマン奏者・高島明石、名門ジュリアード在籍の天才・マサル、今は亡き伝説の音楽家ホフマンが送り込んだ無名の少年・風間塵という3人のライバルたちが現われるが…。 JAN:4988104124289

「蜜蜂と遠雷」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: 日本

「蜜蜂と遠雷」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

蜜蜂と遠雷の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
119分 日(バリアフリー) 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ、日(バリアフリー音声ガイド):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV30028R 2020年04月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
370枚 61人 58人

【Blu-ray】蜜蜂と遠雷(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
119分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR30027R 2020年04月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
147枚 61人 70人

関連作品

ユーザーレビュー:21件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全21件

個性の違う4人のピアニスト達

投稿日:2020/04/11 レビュアー:かつ

2019年 日本
原作: 恩田陸

時として音楽は言葉より説得力があると感じる事があります。
3年に一度開催される芳ヶ江国際ピアノコンクールに挑む立場も性格も異なる4人がそれぞれに触れ合い、ピアニストとして正面から向き合う姿を描く。

原作を知らないので比べる事は出来ませんが、コンクールに挑むと聞いて私が勝手に想像したものとは違っていましたが、あの松岡茉優扮する栄伝亜矢の苦悩や年齢制限ギリギリで出場した妻子持ちの松阪桃李はとても良かったです。コンクールと聞くと、もっと精神的に切羽詰まった感じがあるかと思っていましたが、結構みんなフレンドリーな感じがしました。華やかな舞台の裏側はとてつもない孤独があって、たった一回の本番の演奏のためにはどれだけの練習を要するのか。もっとピリピリした感じが描かれているかと期待し過ぎたかもしれない。
というのも以前に“浜松国際ピアノコンクール”に挑んだ実際の6人(だったか)に密着したドキュメンタリーを見た事があり、その中のある日本人男性はあまりの緊張感で食事が喉を通らなく、コンクール中に体重激減してしまったそうだ。
それでもピアノは弾かないと不安で不安で仕方ない。そういう実際にコンクールに挑んだ人達を目にしていたので、どこかでやはり「お話」として観てしまう自分がいました。
ただ、先にも述べた様に栄伝亜矢の心の葛藤とか、過去のレッスン風景等を織り交ぜながら今の自分に向き合おうとする姿は好感が持てました。
舞台とその裏側のコントラストがもうちょっと欲しい、そんな風に感じました。

子供の頃、同じ門下生で、栄伝亜矢の様な髪がサラサラのお姉さんが私の前にレッスンを受けていて、先生とディスカッションしている様子がカッコ良く「こんな風に難しい曲が弾けるようになれたらいいなぁ!」と憧れの存在でした。
ピアノに限らずですが、実技演奏の場合、練習すればするほど曲が仕上がる訳ではなく、曲が完成しても崩れてきてしまう事が多々あって技術的にも精神的にも当日に成果を発揮できるかが問われる事になります。あのオケと合わせる森崎ウィンにもそんな苛立ちがありました。
いくら腕が良くても、どれだけ本番に焦点を充てられるかが、コンクールの怖さでもあり、勝負の鍵となるのです。私は恩師から一曲を人前で3回弾いてやっと一人前に仕上がると言われた事がありました。
100%力を発揮出来る人はまずいないとも。コンクールに挑むこの4人は力を発揮出来るのか?誰が頂点に輝くのか?見物です。それぞれの演奏シーンはピアニストのフリではなく本当に弾いているかのような演技力に拍手を送りたいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

音楽の神様に愛されるということ

投稿日:2020/03/03 レビュアー:飛べない魔女

日本で開かれる国際ピアノコンクールに挑む4人の若きピアニストたちの
心の葛藤と再生を描いていく。

天才少女と言われた20歳の栄伝亜夜(えいでん あや)は
母の死により過去にこのコンクールを直前逃亡した経験あり。
7年後、過去の栄光にとらわれずに復活できるか?

マサル・カルロス・レヴィ・アナトールは19歳。
日系三世のペルー人の母とフランス人の父を持つハーフ。
ジュリアードの王子様と呼ばれるほど容姿端麗という設定。
子供の頃日本に住んでいたので日本語もペラペラで
実は亜夜の母親にピアノを習っていた。
最優勝候補。

風間塵(かざま じん)は16歳、異質のピアニスト。
コンテストの経験なし、自宅にピアノなし(んな、ばかな!)
その天才ぶりを大家のホフマンに見いだされ、コンクール出場となる。
不思議な感覚の持ち主。

高島明石(たかしま あかし)、28歳、妻子あり。
コンテストに出場するにはギリギリの年齢で、普段はサラリーマンをする傍ら
ピアノの練習に励み、これが最後のチャンスとコンクールに挑む。

4人のコンテスタントとしての葛藤、特に亜夜の心を中心に描いていく。
誰が優勝したのかは重要ではない。
音楽の神様はそこにいるのか?
人を感動させるピアノを弾くことは出来るのか?
奏でる音符は同じでも、奏でる人の気持ち次第で違う音に聞こえる音楽の魔法を
操ることは出来るのか?
そして自分を信じること。
ピアノを弾くことはまるでアスリートと同じだと思った。

あと、風間塵を演じた鈴鹿央士くん、なんで(新人)とかわざわざ表示してあるのかしら?
それにしても、不思議な魅力のある可愛い少年だった。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いまいちな気が、、、

投稿日:2020/07/23 レビュアー:pio

この映画が伝えたかったことが何だったのか、いまいちわからない。
色々なバックグラウンドを持ちながらも、ピアノや音楽に魅せられ、それに人生をかける人々を描きたかったのか?とも思うが、それにしたら一人一人の抱える事情について説明不足で内容が薄いと感じた。
あまり面白くなかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

割と長い原作をコンパクトにまとめ過ぎた感じ

投稿日:2020/06/06 レビュアー:チキンハート

感想・総評:音楽の話なので、活字だけの原作よりも映像の方が楽しめると期待したが、残念

対象年齢:子供〜大人(暴力場面なし。H場面なし)

食事中に見られるか:大丈夫

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

原作を読んだ時の興奮はない

投稿日:2020/04/19 レビュアー:半蔵

4人の以前からの関係、心理の変化が描かれておらず感動は薄い。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全21件

蜜蜂と遠雷