No.95 RANKING

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。の画像・ジャケット写真
IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。 / ジェームズ・マカヴォイ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

34

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」 の解説・あらすじ・ストーリー

スティーヴン・キングの傑作小説をアンディ・ムスキエティ監督が映画化した「IT/イット」シリーズ完結編。ルーザーズ・クラブがペニーワイズを撃退してから27年後。再び連続児童失踪事件が発生し、ルーザーズの面々は町に戻ることを決意する。※R15+※一般告知解禁日:2019年12月27日

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: IT: CHAPTER TWO

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

IT/イット THE END “それ"が見えたら、終わり。の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
169分 日・英・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 1000758491 2020年02月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
880枚 40人 36人

【Blu-ray】IT/イット THE END “それ"が見えたら、終わり。(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
169分 日本語, 英語 英語, 日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 1000758490 2020年02月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
353枚 25人 29人

関連作品

ユーザーレビュー:34件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全34件

長すぎてめちゃめちゃテンポ悪い

投稿日:2020/02/27 レビュアー:QWERTY

とにかくテンポ悪くてスローな映画
みんなで田舎に帰るまで30分
そこから色々話し合いでさらに30分
それぞれのキャラが子供のころの恐怖体験を思い出すと
突然CGモンスターに襲われてキャー
これを人数分繰り返してまた1時間近く消費
最後は地下の大空洞で巨大モンスターと戦闘
みんなで言葉攻めしたらシオシオになりましたとさ、めでたしめでたし
というアホみたいな話だった。

もっと精神的なホラーなのかと思ったけど
単なるモンスター退治でガッカリ
結局ITて何なの?何がしたかったの?

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ピエロって怖いよね?ネタバレ

投稿日:2020/02/05 レビュアー:Bikke兄

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ピエロとは、細かくは書かないけど、元々は“おどけ者”“愚か者”の意味(クラウン)があり、中世では“宮廷道化師”といって、王を楽しませる存在。それは犬同様ペットと同類として見られていたとか。

それがサーカスの役柄となり、田舎者で愚者で嘲笑対象で不格好、笑われて馬鹿にされて喜ぶ反面、心では泣いていて、涙目の化粧で表されている。
白塗りの顔と衣装は死人を表しているとも…

これを考えると、ジョーカーやペニーワイズの姿がピエロで描かれた背景の理解できます。

前作『IT/イット』が個人的に2017年劇場鑑賞した中で一番面白いと思ったので、続編、しかも完結編とあって観ない訳にはいかないと、現住所の秋田県大館市から青森県弘前市まで車を走らせて鑑賞してきました。(だって大館でやってないんだもん…)

前作同様に容赦なく無残に殺られる弱者…
ああ!!その子は止めてほしいなぁ…と思っても、展開は全く容赦ありません。はい、そうですよね(--;

もうひとつ、前作同様にビックリドッキリシーン満載!!喜
前作では隣のお兄ちゃんの“ビクン!!”にウケましたが、今回も隣のお兄ちゃんのビクン振動が、シートの背もたれを通じて“ドシン!!”と数回来てウケました笑

物語は、前作から27年後。
故郷を嫌悪して、離れて、歳月が経って、今の生活に没頭して、故郷の出来事、幼馴染の事、その頃の悩み等々、遥か記憶の彼方へ追いやられているのは、何も登場人物だけではありません。分かるわぁ。
キーワードは“記憶”ですかね。

吃音、DV、同性愛、肌の色等々、ルーザーズや殺られた人物はそれぞれ社会的マイノリティで、世間から疎外を受けてきた(と感じていた)立場。

言ってみれば、ピエロは、その社会的マイノリティの全てを凝縮したような存在な訳で。
“それ”に打ち勝って前に踏み出そうぜ的な総合まとめになるのかな(^^;

“それ”が現れたら、もう一度集まろう!!と約束した27年前。

集合したはいいが“IT”との対決に難色を示すメンバーがいるのは当たり前。
大人になったメンバーが、再対決を受け入れていく過程が物語の軸。

その際に、子供時代の回想シーンを多く入れ、上手く絡めてあるので「誰が」も含めて、とても分かりやすく説明も丁寧に描かれています。
だから長尺(169分!?)だったのかな。

怖い!!驚く!!だけではなく、緊迫した場面なのにクスッと笑えるシーンもあって流石。

過去作品のオマージュも散りばめられるどころか、分かりやすくモロ再現していて『遊星からの物体X』『エイリアン』『シャイニング』なんかもうそのまんま笑
『遊星から〜』は一番好きな極悪シーンのモロ再現だったので、思わず歓喜しちゃいました笑

個人的にこの作品のMVPは、かつてのビバリーの家に住んでいた婆さんかな。やるよ彼女!!笑

冒頭、ペニーワイズ復活を盛大に祝うかの如く放たれる“赤い風船”が綺麗だった。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第2章の開幕です

投稿日:2020/01/08 レビュアー:恋次郎

原作小説や80年代90年代の映画やドラマシリーズを見た方は前作で少年時代の過去と現在を行ったり来たりしないのかと思いましたよね。で前作ラストで第1章とわかり続編に期待しました。
大人になった彼らにペニーワイズ再びの連絡が来ます。
いろいろと問題を抱えた彼らは集まりはしたが、対決に決心がなかなかつきません。子供の頃の思い出がペニーワイズの恐怖を呼び覚まします。この辺が特撮、演出ともおもしろい。ホラーファンには嬉しい婆さんも登場します。
ただし、上映時間が長い。劇場ではトイレに行きました。
原作者のキングも久しぶりにセリフありで出演してます。あの人身長高くて、ほぼ八村塁。
初恋の苦味と甘酸っぱさも味わえます。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

記憶がしぼむ、面白さもしぼむ。

投稿日:2020/05/09 レビュアー:ひゅう助

なにせ本作を見たのは2週間以上前だ。ほとんどうろ覚えである。

なぜ直後にレビューを書かなかったかと言うと、レビュアーの人ならわかると思うが、連続で映画を見るのはいけるが、連続でレビューを書くのは疲れるのだ。灰色の脳細胞も枯れるのだ。

さてと、本作のレビューをするとしよう。面白かったし怖かった。でもやはり物語を終わらせようと急ぎ足に行ったせいか、急展開にすぎる。あと、無駄に長い。

原作小説の活字量がどれくらいか知らないが、その原作を上手に映像化はできなかったようだ。1作目は素晴らしい出来だったので惜しい。

なんとなく、それが弱々しくなっていく姿もあまり見たくなかった。こいつには今後も人々を恐怖に陥れてほしかった。

面白かったけど、怖かったけど、終わりは物語がしぼむのだ。

☆4つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

心臓抜きの結末が嫌いだ

投稿日:2020/03/30 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

最初から不吉で陰惨だが 思った以上にしっかりした画面の映画で 続編は駄目
を弾き返している さて問題は又しても長さなのだが ううん予算は潤沢過ぎるね
マカヴォイとチャスティンで 役者もゆうこと無しだ

今作は30分も見ると 視覚的な工夫 楽しさがあって面白い サーヴィス精神が行き
渡っている そして些かも手を抜かないプロの商業作品として成立している
この後 心理劇などに逃げないで そんなの適当に処理して欲しいが適当にはしな
いのだ キングなどに気に入られる必要無し!なのだがw その上で映画の独自性
を追求している

さて キングの小説に一貫したテーマとは 俺の居る国 アメリカって 何なんだよ
ってところか 歴史が浅過ぎるアメリカの起源は 分かりやすいはずなのだが
そこには隠蔽された起源の闇が存在するわけで 小説では<それ>が不気味に
回帰して来る仕掛けなのだ そして その それ はアメリカ人が個々に解決しなけ
ればならない課題なのだろう

よってこの物語でも 記憶が先ず消されているわけだ それが主人公達の青春の
忘却に重なり あの夏の思い出とは となるわけだ その思い出の品などを探して
説明付けるなどが キングのかったるいところなのだが このホラーでは律儀に
退屈すれすれのところで見事に演出し切っているのではないかな しかも残酷
で ピエロの顔の造形も含めて ちゃんと怖いんじゃない?!

そんなわけで 前作のプレイバックが頻出して また一人一人のエピソードも
端折らないので長くなるよね がこれ又丁寧に作られていて上手いのよねえ
いささか退屈するのは トンネルからの儀式の説明的扱いと アトラクション化
してしまうペニーワイズ退治あたりだろうか そこは目をつぶってあげましょう

キングの小説の事とか ホラーとして恐さがどうとかって どうでもいいのよね
この映画には金をかけた どっしりしたアメリカ映画の存在感があるのよ
ネトフリのTVドラマ的凡庸な映像が 支配権を握りそうな これからの時代に
あって 限りなく貴重なアメリカン ホラー ムーヴィなのです

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全34件

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。