No.86 RANKING

さらば愛しきアウトロー

さらば愛しきアウトローの画像・ジャケット写真
さらば愛しきアウトロー / ロバート・レッドフォード
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

11

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「さらば愛しきアウトロー」 の解説・あらすじ・ストーリー

ハリウッドのレジェンド、ロバート・レッドフォードの俳優引退作。16回の脱獄と銀行強盗を繰り返した実在のアウトロー、フォレスト・タッカーのほぼ真実の物語。監督は『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』のデヴィッド・ロウリー。※一般告知解禁日:11月22日12:00

「さらば愛しきアウトロー」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: The Old Man & the Gun

「さらば愛しきアウトロー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

さらば愛しきアウトローの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
93分 英:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBU23234 2020年01月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
177枚 24人 24人

関連作品

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全11件

17thは出所

投稿日:2020/02/21 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

ロバートレッドフォードに特に関心が無い 同じ年に製作された「明日に向かっ
て撃て」が大嫌いで「夕陽に向かって走れ」が大好き また「スティング」が
大嫌いで「スパイゲーム」は大好き! と言えばわかってくれるかな 演出家に
よって変わるのだ そして今作はデビッドロウリーで良いに決まっているよ
レッドフォードの製作者 俳優としての勘は冴え渡って入るね

タイトルインからして カッコいい ロバートのアップ クソ爺いだ これが良い
この10分も続くアヴァンタイトル で 早くも これ三つ星程度の作品じゃ無いよ
淡々と進んでる様で 見るべき唸るショットが 地味にたくさんあるよ

工夫もあって ダイナーの場面で ロバートとシシーを捉える 誰の視線かわからぬ
カットがある これがもう一度反復されて トイレでのロバートとケイシー二人の
ほぼ幻想的な出会いを演出しているのだとわかる これはロバートの逮捕をFBIが
やってしまった事への意趣返しの様なものだろう 地味にここも唸る場面だ

どうも ケイシーのボソボソした喋りは毎度 イライラするのだが やはりトム
ウェイツのダミ声の方が気持ち良いよねえ そうか声の映画でもあるわけで
ロバートの軽快な台詞回しも心地良いから ケイシーの声も役には立っているw

原題にある不吉な銃は いつ発射されるのだろうか ダニーグローバーはしかし
腹に一発喰らうのだ が基本主人公の側からは発射されず いつもスマイルが
銃の代わりなのだ ところで僕とシシースペイセクは じょぼ同い年なのだが
そして今作は老人映画であるが この何度も犯罪をやめないのは 黄昏れようが
何だろうが 人生を正しくでは無いが 楽しく生きる事を肯定する事 そこに時間
が制約することなど無いではないか

それ程 関心の無いロバートレッドフォードの作品に また一つ 貴重な大好きな
一本が追加された事は 何とも喜ばしいね

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

監督作が観たいのだった

投稿日:2020/02/11 レビュアー:恋次郎

私がレッドフォードを初めて見たのは「スティング」だったかいや中学1年か2年で隣街の二番館にアランドロンの「ボルサリーノ」と「コンドル」の二本立てだったように思う。
洋の東西のハンサム作品。もぎりのおばちゃんに楽日過ぎたらポスターくれってせがんだなぁ。まだビデオもレンタル店もない時代でした。若いレッドフォードは世紀のハンサムだったけど齢80を越えれば見る影はなく、本人もいかんばかりの気持ちかと思います。制作者として本作を作ってますが、監督作品も観たいですね。「リバーランススルーザイット」でオスカーを取りましたから。イーストウッドも引退宣言してから10本以上撮ってますから。元気なうちは観たいです。
それにしても、本作も実話もの。歳を重ねると実話に関心がいくんだろうな。
シシ−スペイセクは「キャッスルロック」の前だったのか、後だったのか。「キャリー」は怖かった。彼女は確か「歌えロレッタ愛のために」でオスカーを取りましたね。
オールドファンは観ないで死ねるかですよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

2

投稿日:2020/03/26 レビュアー:aa

退屈だった

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ロバート・レッドフォードの引退作品、なるほど、そのとおり

投稿日:2020/02/18 レビュアー:Yohey

格好いいよなぁ、ロバート・レッドフォード。そうか引退か。引退っていっても、なんかよくわからん感じで引退するのかなぁ、と思ったら、まさしく彼の引退作という感じの内容でして、枯れてはいるけど、とにかく楽しげで、そして紳士なじいさんの銀行強盗を演じています。これ、いい題材選びましたね。らしくて、本当いい。

まあ、正直、物語としてはどうなのかな、とも思いますし、ケイシー・アフレックが対峙する刑事として出てくるのかな、と思ったら、いてもいなくてもいいような感じの役でした。ただただ、じいさんの美学というよりも、その人生観というか、生き方というか、そういうのをみるような作品です。

変に自己を正当化したり美化したりせず、飄々と生きている、でも、おどけではなく、しっかりとした紳士な老人。現実にはいなさそうですが、彼が演じると嘘くさくないですね。題材にされた方も光栄なんじゃないでしょうか。まさにレッドフォードの引退作。いい終わり方だと思います。ふふふ、っていう感じで終わっていく、いいねぇ、そういうの。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

レッドフォードが

投稿日:2020/02/16 レビュアー:モモイチゴ

しぶい。ほのぼのとした映画。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全11件

さらば愛しきアウトロー

月額課金で借りる

都度課金で借りる