A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリーの画像・ジャケット写真

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー / ケイシー・アフレック
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

8

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ケイシー・アフレック主演、シーツを頭から被った姿の幽霊が妻への想いを胸に現世を彷徨い続ける幻想的なラブストーリー。小さな一軒家に住む若い夫婦のCとMは幸せな日々を送っていた。しかしある日、夫のCが交通事故で突然の死を迎える。

「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: A GHOST STORY

「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ドント・ウォーリー

セインツ −約束の果て−

リターン・トゥー・マイ・ラヴ

ハートボール

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 8件 / 全8件

実寸布人間

投稿日:2021/05/29 レビュアー:★5レビュー

ゴーストに100点です!
名付けるならば、「実寸布人間」だ。

人に布をすっぽりと被せただけのシンプルな風貌。
布の長さが絶妙でエレガント。
なぜ今までこのビジュアルに誰もが挑戦しなかったのだろう。

ノソっと佇む姿はシュールで、突如、皿を割り出す乱暴ぶりはカオス空気。
家族はホラーでしかないぞ!笑

時代を行き来し存在し続けながら、鑑賞者は最後まで柱に埋めたメモの内容が分からないのが残念。
ゴーストはやっとの事でメモを見て成仏ってことで、布のみ=無、になりました。

ツッコミどころ満載ながらも、芸術作品の域。
なんとも言いようのない良い意味で気持ち悪い感覚は、一周回って、ナイスセンス。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

静かな作品

投稿日:2019/12/05 レビュアー:inui

序盤はほとんど動きがない。その演出は終盤になると表現方法として理解はできるのだが、驚くほど動きがなくて面食らった。敢えての4:3ぽい画面の意図はわからない。
登場する人物達には見えていない、シーツを被った人が存在するだけといった感じで、特殊効果はほとんど使われていなそう。そこも意外だった。
ケイシー・アフレックとルーニー・マーラである必要はあまりなかったというか、無駄遣い感。そこも予想外だった。この二人が出てなかったら見ようと思わなかった気がするので意味はあったのだろうとは思うが。
何かドラマティックなものを期待して見ると肩透かしだと思う。そして少しわからないところがある。
こういうアプローチの作品もありだとは思うが、お勧めはし難い。
期待したようなものではなかったが、長い年月存在することについて少し考えさせられた。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

静か過ぎる

投稿日:2020/04/16 レビュアー:塩胡椒

映画。
ごめん、ちょっと理解不能で寝ちゃった(苦笑)

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 8件 / 全8件

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:8件

実寸布人間

投稿日

2021/05/29

レビュアー

★5レビュー

ゴーストに100点です!
名付けるならば、「実寸布人間」だ。

人に布をすっぽりと被せただけのシンプルな風貌。
布の長さが絶妙でエレガント。
なぜ今までこのビジュアルに誰もが挑戦しなかったのだろう。

ノソっと佇む姿はシュールで、突如、皿を割り出す乱暴ぶりはカオス空気。
家族はホラーでしかないぞ!笑

時代を行き来し存在し続けながら、鑑賞者は最後まで柱に埋めたメモの内容が分からないのが残念。
ゴーストはやっとの事でメモを見て成仏ってことで、布のみ=無、になりました。

ツッコミどころ満載ながらも、芸術作品の域。
なんとも言いようのない良い意味で気持ち悪い感覚は、一周回って、ナイスセンス。

静かな作品

投稿日

2019/12/05

レビュアー

inui

序盤はほとんど動きがない。その演出は終盤になると表現方法として理解はできるのだが、驚くほど動きがなくて面食らった。敢えての4:3ぽい画面の意図はわからない。
登場する人物達には見えていない、シーツを被った人が存在するだけといった感じで、特殊効果はほとんど使われていなそう。そこも意外だった。
ケイシー・アフレックとルーニー・マーラである必要はあまりなかったというか、無駄遣い感。そこも予想外だった。この二人が出てなかったら見ようと思わなかった気がするので意味はあったのだろうとは思うが。
何かドラマティックなものを期待して見ると肩透かしだと思う。そして少しわからないところがある。
こういうアプローチの作品もありだとは思うが、お勧めはし難い。
期待したようなものではなかったが、長い年月存在することについて少し考えさせられた。

静か過ぎる

投稿日

2020/04/16

レビュアー

塩胡椒

映画。
ごめん、ちょっと理解不能で寝ちゃった(苦笑)

6〜 8件 / 全8件