ファースト・マン

ファースト・マンの画像・ジャケット写真
ファースト・マン / ライアン・ゴズリング
全体の平均評価点:
(5点満点)

29

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「ファースト・マン」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督&ライアン・ゴズリングのコンビが、人類で初めて月に降り立った宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を映画化した伝記ドラマ。壮大なミッションに立ち向かった男たちの過酷な道のりと、アームストロング船長の知られざる素顔を、圧倒的臨場感の映像とともに描き出す。1961年、空軍でテストパイロットを務めるニール・アームストロングだったが、幼い娘を病で亡くす。寡黙な彼は、悲しみに暮れる妻ジャネットの前でも感情を表に出すことはなかった。しかし悲しみから逃れるべくNASAのジェミニ計画の宇宙飛行士に応募し、みごと採用される。宇宙飛行士たちに課されるいくつもの過酷な訓練をこなしていく中で、エリオットやエドら飛行士仲間との間に確かな絆が結ばれていくニールだったが…。 JAN:4988102765897

「ファースト・マン」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: FIRST MAN

「ファースト・マン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ファースト・マンの詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
141分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR4856 2019年07月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
99枚 2人 5人

【Blu-ray】ファースト・マン(ブルーレイ)の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
141分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1332 2019年07月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
80枚 5人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:29件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全29件

月までの長いドラマ

投稿日:2019/08/02 レビュアー:ちゅく

「ファーストマン」(2018、米国、カラー、141分)。

監督はデイミアン・チャゼル(1985年、米国生)。「セッション」(2014)、「ラ・ラ・ランド」(2016)を20代後半から30代前半で作った、注目すべき逸材です。

「アポロ11号」の月面有人着陸は、1969年7月24日16時50分35秒 (UTC:世界協定の時間)。ということです。学校の教室でこのニュースを見たのですが、ピンと来なかった。翌1970年の大阪万博、1972年の札幌冬季五輪は鮮明に記憶しているのですが。
「アポロ11」が地球へ持ち帰った月の石を展示した万博のアメリカ館で2時間並んだ友人の回顧では、「ただの石や」ちゅうことです。

この映画を見ると、人類が初めて月に降りた日よりも、そこにたどり着くまでの宇宙飛行士たちの苦労に主眼におかれたことがわかります。

ニール・アームストロング船長〈1930〜2013〉の言葉「この一歩は小さいが、人類にとっては偉大な一歩である」は、名言です。「「a man」(「一人の男」)と言ったのが「a」が届かず「man」(「人類」)になったのではないかという邪推があります。冠詞「a」の有無で意味が変わる外国語にびっくりですが、「一人の男」は「人類」の一員には違いない。当時の合衆国大統領は、ニクソンの初年度です。
今も月面に星条旗が立っているのでしょう。しかし、そこは「人類」の到達点であって、米国の固有領土ではない。今後、中国に常識、叡智、節度を期待したいが、無理だろう。
火星への有人飛行で、初の着地を行うのは、白犬のお父さんかもしれない。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

月に行くまでの話

投稿日:2019/10/22 レビュアー:えいき

月に行くまでの宇宙でのあれこれではなく、それ以前にフォーカスを当てた作品。歴史物はどうなるかが分かった上で観るのは結構キツイもんがある。アポロ1号が失敗するのを分かった上で見るシーンはとても辛かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

静かなる傑作。しっかりと味付けされた実話もの

投稿日:2019/07/20 レビュアー:オッドジョブ

実話ベース映画にありがちな話のトレースだけやって「はい出来上がり」的なものとは一線を画す、映画としてしっかり味付けされた一本になっています。その分好き嫌いは分かれるだろうけれど個人的には大変気に入りました。

全ての表現が「アポロ13(こっちも傑作)」とは逆の方法ですが、それが映画としてとても心地よい。アームストロング船長の宇宙への思いもミッションへの恐怖も直接的に表現せずバックグラウンドでジワリと描いているのが沁みてきます。

時間的には僅かなシーンでしかなかった月面ですが、こちらも素晴らしく表現されておりサイエンスノンフィクションを堪能した感じです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

月に行く必要があったのか

投稿日:2019/07/10 レビュアー:ラストシアター

アームストロングは、寡黙で決断力があってリーダーシップもある

正に、サムライ

見終わった後に、月に行く必要があったのかと思った

この映画の狙いは、これだったんだ

見応えのある宇宙のシーンは良かった

^_−☆

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

 

投稿日:2019/09/26 レビュアー:綾奈

 

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全29件

ファースト・マン

月額課金で借りる

都度課金で借りる