No.23 RANKING

クリード 炎の宿敵

クリード 炎の宿敵の画像・ジャケット写真
クリード 炎の宿敵 / マイケル・B・ジョーダン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

16

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「クリード 炎の宿敵」 の解説・あらすじ・ストーリー

シルベスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダンの共演による『クリード チャンプを継ぐ男』の続編。ロッキーの親友だったアポロの息子・アドニスと、アポロを死に追いやったドラゴの息子・ヴィクター。時代を超えた息子同士の宿命の対決を描く。※一般告知解禁日:3月1日

「クリード 炎の宿敵」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: CREED II

「クリード 炎の宿敵」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

クリード 炎の宿敵の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
130分 日・英・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000742616 2019年05月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,312枚 136人 136人

【Blu-ray】クリード 炎の宿敵(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
130分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000742615 2019年05月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
485枚 158人 203人

関連作品

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全16件

オレはやっぱりドラコ

投稿日:2019/06/16 レビュアー:ダックフック

ドラコにはドラコの家族ストーリーがあった。お互い背負ってるものがあり、劇中で善玉悪玉で括れない面白さがあった。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

評価できない

投稿日:2019/05/23 レビュアー:アクション大好き

ブルーレイで普通に最後まで観ました。

1作目が良かった印象だっただけに この2作目はガッカリ でした。

結末としてはどうなるか分かっているのですから(ストーリーの流れは大体把握されてるのですから)
こんな展開(内容)では許されません。まったく面白くありません。

唯一評価できるのは、特典映像の「ロッキーからクリードへ」の部分 でしょうか。
やはり「ロッキー」が映像的にも格別 です。

マイケルBジョーダンだと「優しすぎる」のですね、だから今回みたいに家族家族した内容にするとヘナチョコ映画な印象になってしまう、ボクシング映画 なので
マイケルBジョーダンにするなら 「ロッキー」と同じようにしてしまっては ダメ です。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱりこれロッキーの物語なんだな

投稿日:2019/06/16 レビュアー:Yohey

前作はアポロの息子が出てきて、ロッキーと息子の物語はうまく出来なかったからといって、まさかこっちに行くとは・・・と思ったのですが、これが良かった。やっぱり今の時代、黒人ボクサーの方が現実的なんだろうし、派手さも演出できて、そしていてロッキーの悲哀も描けていて、個人的にはスタローンにアカデミー賞助演男優賞あげたっていいじゃないかと思った作品だった。

で、その続編。スタローンの悪いところが出たのか(日本のマンガ的な展開ですな。)、今度はドラゴの息子を出してくる。いや、そら確かに因縁あるけど、ロッキーの息子がうまくからめられんかったからって、アポロの息子にやらす??なんか、ちょっとここが微妙でした。試合の流れも、まあそうなるわな、という展開でして、いつものようにロッキー映画の一旦どん底に落ちて、そこから這い上がるをやるんですが、繋げ方が微妙なんで、乗り切れず・・・うーーーん、残念。題材は良かったのに。

ドラゴのドルフ・ラングレンはえぇ味だしてました。あの時負けたことによってこんなことになってしまったという無骨なボクサーという感じが、彼自身の演技力がないんで、そのまんまで出来ていました。なんか、その姿が哀しい。息子役は現役ボクサーということで演技は素人さんなんでしょうが、それだからこそ雰囲気が出ていましたね。踊らされる強い男、っていう感じ。

そしてロッキー。こんな姿は見たくないよなぁ、とクリード作品では思ってしまいます。もう動けないし、なに言っているのかも分からないし。でも、ロッキーなんですよ。スタローンは色々言われるけど、やっぱりロッキーなんだな、一生ロッキーするんだな、と思いつつ終わりました。

続編つくるのならば、やっぱりロッキーのテーマをしっかりと流してほしいです。ラップじゃないんだよ。今風でいいんだけど、それは違うんだよ!!って思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

敗者に救済を。

投稿日:2019/06/15 レビュアー:ひゅう助

勝った者が正義。敗者は悪者。それが歴史の事実。

それを繰り返してきて、正義と悪は作られてきた。正義と悪はあるものではない。作られるのだ。

今作の悪者はドラゴ父子。ロッキーに敗れたことですべてを失ったイワン(ラングレン)が、息子を鍛え上げクリードに戦いを挑む。

まぁ、言うまでもないことだが、クリードは最終的に勝ちます。そんなことは見るまでもなくわかることなので。

その戦いに負けたドラゴ父子のその後は?

別れた妻(母親)を見返すこともなく、ベルトを巻くこともなく、ただ負けた事実があるのみ。

彼らに救済を。それが無ければ映画の意味がない。映画だから「救い」があるのだから。

冷たい映画だ。

☆3.5つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ロッキー4が面白かったことを思い出すためだけの映画

投稿日:2019/06/01 レビュアー:オッドジョブ

リアルタイムで観たんだけどロッキー4面白かったんですよ。冷戦をうまいこと利用してたしドラゴ側のキャラクターや描き方も完璧だったし。ベタな展開さえ「待ってました」だったし。

それを思い出すことだけに価値があった映画。今回この映画だけの純粋評価はだいぶ落ちます。

展開もありきたりでひねりも何もあったもんじゃない。ライバル側どころか主人公側ももキャラクターがあまり立っていない。家族を書いた箇所も適当すぎでしょう。映画的に派手にしたボクシングシーンは前回より良かったかな。もしスタローンが出ていなかったらただの残念作だよ。

せめて主人公設定の「二世だけど、あまり才能があるわけではない」というのをもうちょっと活かして欲しかったかな。


このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全16件

クリード 炎の宿敵