デス・ウィッシュ

デス・ウィッシュの画像・ジャケット写真

デス・ウィッシュ / ブルース・ウィリス
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

24

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「デス・ウィッシュ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

鬼才、イーライ・ロス監督、ブルース・ウィリス主演によるリベンジアクション。救急救命の患者を診る外科医、ポール・カージー。ある日、ポールの留守に家族が襲われ、妻は死に娘は昏睡状態に陥ってしまう。だが、警察の捜査は進展を見せず…。

「デス・ウィッシュ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: DEATH WISH

「デス・ウィッシュ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アウトポスト

ミッション:30ミニッツ

虚栄のかがり火

ラン・オールナイト

ユーザーレビュー:24件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全24件

DEATH WISH

投稿日:2019/04/09 レビュアー:Goose

ブルース・ウイリスは医者に見えないし、銃の扱いが素人という設定はどうやっても無理がある。警部役ならいいのに。でも近年の彼は適当な作品のちょい役が多い癖に宣伝は主役みたいに大きく載せてギャラ泥棒とも言われる中、今回はちゃんとした主役なのでブルース・ウイリスファンには一応楽しめるかも。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

顔色の良いリッパー

投稿日:2019/03/29 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

この映画 なんかもう覚えてないんだよね イーライなのに印象が薄くね
例えば 勿論イーライだから レイプ場面などは避けていて 狼より上品よ

最初の方で 料理本が二頁ほどめくられる なんか無意味なサスペンスが
あって 場面としては これが一番気に入ったかなあ なんじゃろ
得意の饒舌な場面や 構成にバランスを欠く演出がなくなり より普通に
なわけで どこまでも矩ノリを越えない普通の演出が いまひとつなんよね

イーライが普通に面白い作品を撮っても しゃあない それは二本同時公開
の快挙はあるにしても 「ルイス」の方も 同じく特に言うこともない感じ
奇跡の事態に 狂喜する様な出来を期待したのににゃあ 美味しくない

トランプ政権下におけるビジランテ自警は SNSによる大量移民が押し
寄せる アメリカにあっては正邪の混沌を招くであろう その辺突っ込んで
もらいたいね もう治りのつかない国に一直線なんだけど

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ポール・カージー役、誰がいい?

投稿日:2019/03/21 レビュアー:哲郎

チャールズ・ブロンソン主演のあの名作をうまくリメイクできるか、それと主人公のポール・カージー役をブルース・ウィルスがやるということで、やや懐疑的な気持ちで見始めると...

大筋は同じなんだけど、オリジナルとはやはり作風が違う。
オリジナル作のP・カージーは夜にさりげなく獲物を撃つ暗殺者風なんだけど、こちらは日中でも積極的に悪人を狙い撃つ今風ガンバトル。B・ウィリスのキャラに合わせたのかもしれないが、やはり彼には『ダイ・ハード』のように派手なアクション劇のほうが抜群に似合う。それでも、そこはやはり大物。最初はなんか違和感あったけど、それなりにハマってた。

内容には不満ありかなぁ。
このリメイクでの新鮮味は主人公を医者にしたことだ。ところが、そのアイデアが話に十分生かされていない。
命を救う側で仕事をする立場なら、たとえ家族を殺されたとしても、闇の仕置人になることには相当な葛藤、逡巡に頭を悩ませるはずなのだ。その辺の描き方にきめ細かさが足りないため、なんかリアリティがない。
また、オリジナルでは個性豊かな警部の存在が作品に絶妙な味を加えてたんだけど、今作では並の刑事で特段の見せ場はなし。それと、ポールの弟としてフランク・カージーが登場するのだが、全編を通して登場するわりに凡庸な日常風景しか見せていないんだよな。当初はこの役にストーリーの要となる重要な役割が与えられていたのではないか。これの製作では、脚本の修正を巡って監督の降板劇があったようなので、その迷走ぶりが内容の薄さとして表れてしまったのかもしれない。

ところで、ポール・カージー役には他大物俳優らも候補に挙がっていたとのことだが、そのなかにブラッド・ピットがいたという。ブラビがあの『セブン』(1995)のラストで見せた苦悩する刑事のシーンを思い出すと、彼なら医者が仕置人になるという、通常ありえない変貌をうまく見せたかもしれない。
う〜ん...これは、ストーリーをもっと緻密にした“再映画化(リメイクでなく)”をさらに望みたい。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

アメリカらしい作品

投稿日:2020/05/17 レビュアー:チキンハート

感想・総評:ストーリー的には平凡

対象年齢:高校生以上(残酷場面あり。H場面はほとんどなし)

食事中に見られるか:無理

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

デス・ウィッシュ ネタバレ

投稿日:2019/05/16 レビュアー:ぴゅうた

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

面白かったですが、ハッピーエンドすぎてちょっとすっきりしませんでした。結局娘のバカな行動で母親が犠牲になってるんだし、私刑を続けた主人公は何のおとがめなしとか。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全24件

デス・ウィッシュ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:24件

DEATH WISH

投稿日

2019/04/09

レビュアー

Goose

ブルース・ウイリスは医者に見えないし、銃の扱いが素人という設定はどうやっても無理がある。警部役ならいいのに。でも近年の彼は適当な作品のちょい役が多い癖に宣伝は主役みたいに大きく載せてギャラ泥棒とも言われる中、今回はちゃんとした主役なのでブルース・ウイリスファンには一応楽しめるかも。

顔色の良いリッパー

投稿日

2019/03/29

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0

この映画 なんかもう覚えてないんだよね イーライなのに印象が薄くね
例えば 勿論イーライだから レイプ場面などは避けていて 狼より上品よ

最初の方で 料理本が二頁ほどめくられる なんか無意味なサスペンスが
あって 場面としては これが一番気に入ったかなあ なんじゃろ
得意の饒舌な場面や 構成にバランスを欠く演出がなくなり より普通に
なわけで どこまでも矩ノリを越えない普通の演出が いまひとつなんよね

イーライが普通に面白い作品を撮っても しゃあない それは二本同時公開
の快挙はあるにしても 「ルイス」の方も 同じく特に言うこともない感じ
奇跡の事態に 狂喜する様な出来を期待したのににゃあ 美味しくない

トランプ政権下におけるビジランテ自警は SNSによる大量移民が押し
寄せる アメリカにあっては正邪の混沌を招くであろう その辺突っ込んで
もらいたいね もう治りのつかない国に一直線なんだけど

ポール・カージー役、誰がいい?

投稿日

2019/03/21

レビュアー

哲郎

チャールズ・ブロンソン主演のあの名作をうまくリメイクできるか、それと主人公のポール・カージー役をブルース・ウィルスがやるということで、やや懐疑的な気持ちで見始めると...

大筋は同じなんだけど、オリジナルとはやはり作風が違う。
オリジナル作のP・カージーは夜にさりげなく獲物を撃つ暗殺者風なんだけど、こちらは日中でも積極的に悪人を狙い撃つ今風ガンバトル。B・ウィリスのキャラに合わせたのかもしれないが、やはり彼には『ダイ・ハード』のように派手なアクション劇のほうが抜群に似合う。それでも、そこはやはり大物。最初はなんか違和感あったけど、それなりにハマってた。

内容には不満ありかなぁ。
このリメイクでの新鮮味は主人公を医者にしたことだ。ところが、そのアイデアが話に十分生かされていない。
命を救う側で仕事をする立場なら、たとえ家族を殺されたとしても、闇の仕置人になることには相当な葛藤、逡巡に頭を悩ませるはずなのだ。その辺の描き方にきめ細かさが足りないため、なんかリアリティがない。
また、オリジナルでは個性豊かな警部の存在が作品に絶妙な味を加えてたんだけど、今作では並の刑事で特段の見せ場はなし。それと、ポールの弟としてフランク・カージーが登場するのだが、全編を通して登場するわりに凡庸な日常風景しか見せていないんだよな。当初はこの役にストーリーの要となる重要な役割が与えられていたのではないか。これの製作では、脚本の修正を巡って監督の降板劇があったようなので、その迷走ぶりが内容の薄さとして表れてしまったのかもしれない。

ところで、ポール・カージー役には他大物俳優らも候補に挙がっていたとのことだが、そのなかにブラッド・ピットがいたという。ブラビがあの『セブン』(1995)のラストで見せた苦悩する刑事のシーンを思い出すと、彼なら医者が仕置人になるという、通常ありえない変貌をうまく見せたかもしれない。
う〜ん...これは、ストーリーをもっと緻密にした“再映画化(リメイクでなく)”をさらに望みたい。

アメリカらしい作品

投稿日

2020/05/17

レビュアー

チキンハート

感想・総評:ストーリー的には平凡

対象年齢:高校生以上(残酷場面あり。H場面はほとんどなし)

食事中に見られるか:無理

デス・ウィッシュ

投稿日

2019/05/16

レビュアー

ぴゅうた

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

面白かったですが、ハッピーエンドすぎてちょっとすっきりしませんでした。結局娘のバカな行動で母親が犠牲になってるんだし、私刑を続けた主人公は何のおとがめなしとか。

6〜 10件 / 全24件