アメリカン・アサシン

アメリカン・アサシンの画像・ジャケット写真

アメリカン・アサシン / ディラン・オブライエン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

24

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「アメリカン・アサシン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ヴィンス・フリンの全米ベストセラー“ミッチ・ラップ”シリーズを「メイズ・ランナー」シリーズのディラン・オブライエン主演で映画化したサスペンス・アクション。婚約者をテロリストに殺され復讐に燃える若者がCIAのもとで凄腕の工作員となり、世界の命運を左右する過酷な任務に挑む姿を描く。共演はマイケル・キートン。監督はマイケル・クエスタ。スペインのイビサ島で恋人カトリーナとのバカンスを満喫していた青年ミッチ・ラップ。そこへ残忍なテロリストが現われ、カトリーナは無差別乱射の犠牲に。18ヵ月後、ミッチはテロリストへの復讐に人生の全てを捧げる男になっていた。やがて彼の才能に目をつけたCIAにスカウトされ、元ネイビー・シールズの鬼教官スタン・ハーリーのもとで過酷な訓練をこなしていくミッチだったが…。 JAN:4548967404562

「アメリカン・アサシン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: AMERICAN ASSASSIN

「アメリカン・アサシン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ラストタイム 欲望が果てるとき

ロックアップ

サブウェイNY

ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録

ユーザーレビュー:24件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全24件

暴走する主人公

投稿日:2019/11/03 レビュアー:こうさま

無差別テロによって恋人を殺されたミッチ青年、テロリストへの復讐に人生をかけるというストーリー展開はさほど目新しいものではない。
直接復讐すべき相手は早々に退場してしまうが、潜在能力を買われてCIAの対テロ極秘スパイチームにスカウトされ過酷な訓練を受けることになる、CIAのエージェントというよりも軍隊の最高峰であるネービーシールズ向けの訓練、CIAとネービーシールズの融合というところが目新しい。
こうして核兵器テロ阻止のためヨーロッパに派遣され、正体不明のテロリスト「ゴースト」を追ってミッチの暴走がはじまる。
上司の命令には耳を貸さずに暴れまわるアクションシーンの連続攻撃、格闘技には締め技、ナイフ、銃撃戦のオンパレードはかなりの過激度、骨折させた骨を胸部に突き刺すシーンや目をそむけたくなるような拷問シーンもある。
ミッチが止まらないのでアクションも止まらないのだ。
ラストのシーンはなかなか意味ありげ、続編もあるかも。
アクションファンにはお薦めの作品かも。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

それなりの面白さ

投稿日:2018/11/08 レビュアー:QWERTY

このシリーズは原作が好きだった。
英語覚えたての頃に洋書店で買い集めた日々が懐かしい・・
本棚を見たら今でも5巻のこってたww

で、この映画バージョンは・・・
うん、チョー普通ww
原作の原形をとどめていない普通の対テロアクション映画になってた。
それなりに面白いので暇つぶしにはなると思うww

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

シナリオがいまいち

投稿日:2020/02/08 レビュアー:勇光

イラン人女優の シーヴァ・ネガーってのがやけに魅力的だった。あと、ラストの核爆発が丁寧なCGでつくられてあって見ごたえあった。主役の兄ちゃんはどっかで観たなと思ってたらメイズ・ランナーだった。これはメイズ・ランナーのときはハツラツとしたいい雰囲気を出していたけど、この映画では暗いだけでぱっとしない。マイケル・キートンががんばって盛り上げようとしていたが、 悪役のテイラー・キャッシュがなんでそんなことをしてるのかよくわからない役で、これもぱっとせず、おかげで話が盛り上がらない。ただ、「エグゼクティブ・デシジョン」でテロリストを指揮していた名探偵ポワロがCIAの幹部の役で出演していて、そこがちょっと面白かった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

主人公の熱意や意欲にもう少し説得力が欲しかった

投稿日:2019/08/23 レビュアー:D.IKUSHIMA

テロリストへの強い復讐心を持つ男が
CIAの工作員として雇われる話。

冒頭の衝撃的な銃撃シーンをはじめ、
スピード感のあるアクションは非常に迫力があって目を引く。
冷酷無比な工作員として訓練していく様子も
その独特な内容が非常に面白い。

気になるのはキャラクターの魅力が薄いことで、
主人公やヒロイン、教官がイマイチ感情移入しにくく、
復習する対象のいなくなった主人公が
そこまで任務に精を出す理由も伝わってこなかった。

アクションシーンが魅力的なだけに
キャラクターやストーリーの貧弱さが残念で、
主人公の熱意や意欲にもう少し説得力が欲しかった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

マイケル・キートンの鬼教官はいいけど強そうにみえない。

投稿日:2019/01/08 レビュアー:Yohey

うーーーん、漫画的というかなんというか。復讐のため、独学で鍛えた男がCIAに入り活躍するが、感情のコントロールができないため、色々と問題を起こす、という話。

主人公があまりにも超人で、それに対する敵も同じような感じでして、感情移入ができないなぁ。アメコミものと根は一緒なんだろうけど、主人公の人間としての良さが伝わってこないから、全く面白さを感じなかった。なかなか脚本というのは難しいものです。

鬼教官役でマイケル・キートンがでていて、らしくて良かったんですが、ただ彼は元バットマンとは言え、あまり強そうに見えないんです。そこそこ強いんだけど、ずる賢さがあるから教官として、上司としてすごい!!っていう感じにしてほしかったなぁ。ちょっと納得いかんのだね。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全24件

アメリカン・アサシン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:24件

暴走する主人公

投稿日

2019/11/03

レビュアー

こうさま

無差別テロによって恋人を殺されたミッチ青年、テロリストへの復讐に人生をかけるというストーリー展開はさほど目新しいものではない。
直接復讐すべき相手は早々に退場してしまうが、潜在能力を買われてCIAの対テロ極秘スパイチームにスカウトされ過酷な訓練を受けることになる、CIAのエージェントというよりも軍隊の最高峰であるネービーシールズ向けの訓練、CIAとネービーシールズの融合というところが目新しい。
こうして核兵器テロ阻止のためヨーロッパに派遣され、正体不明のテロリスト「ゴースト」を追ってミッチの暴走がはじまる。
上司の命令には耳を貸さずに暴れまわるアクションシーンの連続攻撃、格闘技には締め技、ナイフ、銃撃戦のオンパレードはかなりの過激度、骨折させた骨を胸部に突き刺すシーンや目をそむけたくなるような拷問シーンもある。
ミッチが止まらないのでアクションも止まらないのだ。
ラストのシーンはなかなか意味ありげ、続編もあるかも。
アクションファンにはお薦めの作品かも。

それなりの面白さ

投稿日

2018/11/08

レビュアー

QWERTY

このシリーズは原作が好きだった。
英語覚えたての頃に洋書店で買い集めた日々が懐かしい・・
本棚を見たら今でも5巻のこってたww

で、この映画バージョンは・・・
うん、チョー普通ww
原作の原形をとどめていない普通の対テロアクション映画になってた。
それなりに面白いので暇つぶしにはなると思うww

シナリオがいまいち

投稿日

2020/02/08

レビュアー

勇光

イラン人女優の シーヴァ・ネガーってのがやけに魅力的だった。あと、ラストの核爆発が丁寧なCGでつくられてあって見ごたえあった。主役の兄ちゃんはどっかで観たなと思ってたらメイズ・ランナーだった。これはメイズ・ランナーのときはハツラツとしたいい雰囲気を出していたけど、この映画では暗いだけでぱっとしない。マイケル・キートンががんばって盛り上げようとしていたが、 悪役のテイラー・キャッシュがなんでそんなことをしてるのかよくわからない役で、これもぱっとせず、おかげで話が盛り上がらない。ただ、「エグゼクティブ・デシジョン」でテロリストを指揮していた名探偵ポワロがCIAの幹部の役で出演していて、そこがちょっと面白かった。

主人公の熱意や意欲にもう少し説得力が欲しかった

投稿日

2019/08/23

レビュアー

D.IKUSHIMA

テロリストへの強い復讐心を持つ男が
CIAの工作員として雇われる話。

冒頭の衝撃的な銃撃シーンをはじめ、
スピード感のあるアクションは非常に迫力があって目を引く。
冷酷無比な工作員として訓練していく様子も
その独特な内容が非常に面白い。

気になるのはキャラクターの魅力が薄いことで、
主人公やヒロイン、教官がイマイチ感情移入しにくく、
復習する対象のいなくなった主人公が
そこまで任務に精を出す理由も伝わってこなかった。

アクションシーンが魅力的なだけに
キャラクターやストーリーの貧弱さが残念で、
主人公の熱意や意欲にもう少し説得力が欲しかった。

マイケル・キートンの鬼教官はいいけど強そうにみえない。

投稿日

2019/01/08

レビュアー

Yohey

うーーーん、漫画的というかなんというか。復讐のため、独学で鍛えた男がCIAに入り活躍するが、感情のコントロールができないため、色々と問題を起こす、という話。

主人公があまりにも超人で、それに対する敵も同じような感じでして、感情移入ができないなぁ。アメコミものと根は一緒なんだろうけど、主人公の人間としての良さが伝わってこないから、全く面白さを感じなかった。なかなか脚本というのは難しいものです。

鬼教官役でマイケル・キートンがでていて、らしくて良かったんですが、ただ彼は元バットマンとは言え、あまり強そうに見えないんです。そこそこ強いんだけど、ずる賢さがあるから教官として、上司としてすごい!!っていう感じにしてほしかったなぁ。ちょっと納得いかんのだね。

6〜 10件 / 全24件