ザ・ウォール

ザ・ウォールの画像・ジャケット写真
ザ・ウォール / アーロン・テイラー=ジョンソン
全体の平均評価点:
(5点満点)

11

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ザ・ウォール」 の解説・あらすじ・ストーリー

『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマン監督が、実在のスナイパーをモデルに描くサバイバルアクション。イラクの荒廃した村で戦うアメリカ軍狙撃兵・アイザックとマシューズ。足を撃たれたアイザックは、通信機で救助を呼び掛けるが…。

「ザ・ウォール」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: THE WALL

「ザ・ウォール」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ザ・ウォールの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
90分 日本語・字幕OFF 英語・日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000703411 2018年01月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
639枚 10人 13人

【Blu-ray】ザ・ウォール(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
90分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000703410 2018年01月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
243枚 2人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全11件

たった一人の最終決戦

投稿日:2018/02/17 レビュアー:ひゅう助

イラク戦争下。2人のアメリカ兵が、最強のイラク人狙撃主と対峙する。

全編砂漠の中、見えない狙撃主との会話劇。ワンシチュエーションスリラーでもある。

もうイラク戦争は飽きたよ、って、アメリカ人に言ったら殺されそうなセリフだが、実際そうなので困る。

飽きたよ。

しかし、ラストはなかなかよかった。まだまだ俺はやるぜ!って感じで。そして真の主人公は誰かということで背筋がゾクッとする。

☆4つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ストーリーがお粗末すぎる

投稿日:2018/01/31 レビュアー:アクション大好き

ブルーレイで最後まで観ました。

最後まで何かあると信じてましたが何もなく。スッキリもせず。

映画作品としては素人でも作れそうな作品。

こういう借りる手を落胆されるような作品は無くしてほしいです。

借りるべきではない作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ゴルゴ13も真っ青ネタバレ

投稿日:2018/02/09 レビュアー:仙人の杖

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 狙撃の腕が凄すぎる 漫画でも無理ではないでしょうか?
風が吹いていても 走っていても 1.5km離れた処からのピンポイイント射撃
ヘリコプターの狙撃 ヘリコプターは来た方向に戻っていれば
狙撃されないのに何処に向かったのでしょうか?
最後はすっきりしない 詰まらなかった

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ピンダウンされた状態が7割のツマラナイ映画

投稿日:2018/01/31 レビュアー:ちょくせんばんちょー

ラストはホラー映画と同じくだり

まともな戦争映画ではありませんので注意して下さい

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

死人の望遠鏡

投稿日:2018/01/25 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

2017映画界最大の奇跡は ダグリーマンの新作二本が同時公開された事!

最初に出て来る アマゾンスタジオって何やねん? アマゾンの流通帝国
主義は映画界にも波及なのか!?

物語舞台は殺風景な戦争映画 ここにおける空間処理を楽しまないとね
画面はびしっと決まってるな 五分で期待大だ グッドなショットと空間
の捉え方が見事だ

何も無くたって 澄んだ蒼い空がある その下のただの石壁 能の舞台かよ
しかし因縁があるのよん まるで荒野の七人 西部劇だ そしてストレイト
なパイプラインが これ又 空間を仕切る 上手いなあ

スナイパーとの 野郎と野郎 一対一の対決と会話劇 アメリカンスナイパ
やゼロダーク何とか にはイスラム教徒などどうでもよく アメリカ軍人
の苦悩とやらが いけずうずうしく描かれるのだが 今作は それらの傾向
に慎ましく抵抗していると言えるだろう ただの普通のアメリカ娯楽映画
ですよって 顔はしてるけどね

壁に対する 瓦礫の山も 何とも存在感を示す 会話の探り合いが続き その
間にも 小細工が エドガーアランポーの大鴉がスナイパーに詩われる
死体を介す 丸でSAWのようなギミックがあり 真実の告白とやらを
主人公は漏らしてしまう

ラストの簡潔な一瞬の対決の鮮やかさ! しかしその後には苦々しく
観客は突き放される 中近東戦争の虚しき泥沼!

バリーシールにも 勝るとも劣らぬ ダグリーマンの英智ある傑作だ!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全11件

ザ・ウォール