ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の画像・ジャケット写真
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦 / キリアン・マーフィー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

14

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」 の解説・あらすじ・ストーリー

ショーン・エリス監督が第2次世界大戦中の凄惨な暗殺事件「エンスラポイド作戦」を映画化。第2次大戦中期。イギリス政府とチェコスロバキアの亡命政府は、ナチスNo.3のラインハルト・ハイドリヒの暴走を止めるため、ふたりの軍人を送り込む。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: チェコ/イギリス/フランス
原題: Anthropoid

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBE75829 2018年02月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:14件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全14件

実話だと思うと苦しくなりました

投稿日:2019/01/21 レビュアー:スヌーピー

ナチスの映画ってすごくたくさんあるけど毎回見ていて切なくなるし苦しくなります。こんなことが実際に起きていたと思うと本当に怖い時代だなと思いました。ナチス政権の映画を見てもうこんなこと繰り返してはいけないという戒めのような気がします。ナチス政権時代に隣国で占領された人々は今でも恨んでるのでしょうか?日本も朝鮮半島の人達に過去にひどいことをして今でも辛い思いをしていて隣の国だけど色々あります。こういうのはいくら誠意を見せてもなかなか伝わらないのかそれとも国や国民性によるのかなと色々考えさせられました。日本も二度と同じ過ちを起こさないようにしないといけないと思いました。

実話だから派手さはないけど街並みなど忠実に描かれてる気がしました。二度と戦争は起きて欲しくないし、独裁者は誰でもなりえるのだけど現れないように願いたいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

イギリスとチェコ地下組織による暗殺計画!

投稿日:2018/09/21 レビュアー:カッチン

イギリスとチェコ地下組織による暗殺計画!
それにしても勇敢であると同時に切なくも果敢無い理不尽な時代を描いた映画(泣)
社会勉強の為に観たが…少し疲れた。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

見ました

投稿日:2018/09/17 レビュアー:東洋人

実話らしいのでダイナミックなアクション活劇ではありません。当時の街並みや車、人々の服装や感情まで見事に切実に表現されています。
残念ながら、邦題が全く内容を表現できていません。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

邦題がいけてない

投稿日:2018/07/22 レビュアー:さぴ

内容は切実で素晴らしいが、このギャグ寄りな響きになる邦題が残念。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「暁の七人」を想い出す。ネタバレ

投稿日:2018/06/10 レビュアー:CCR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

昔、同じ題材を扱ったティモシーボトムズ主演の「暁の七人」という作品があったが本作を観ていてどちらも史実を基にしているのでハイドリヒ襲撃のシーン、裏切者の密告、教会の攻防、水責めにより全員自決のシーン等ほぼ前作と同一の内容で当時を想い出した。前作もラストの教会地下室の水位が上昇していくなかで死を覚悟する哀しみは鮮烈に憶えていて素晴しい作品だったが映画が娯楽とするなら観ていてしんどい、つらい作品でもあった。今回も同様だが、こういう歴史があったという事を久々に映画という媒体を使って多くの人々に伝える事は本作の様な作品が作られる意義だと感じる。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全14件

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

月額課金で借りる

都度課金で借りる