アスファルト

アスファルトの画像・ジャケット写真

アスファルト / イザベル・ユペール

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

DVD

旧作

ジャンル :

「アスファルト」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

不器用な男女の出会いと奇跡を描いたドラマ。フランス郊外の団地。平凡で孤独な日常を過ごす車椅子の自称カメラマンと夜勤の看護師、鍵っ子の高校生と落ちぶれた女優、英語が通じない女性とNASAの宇宙飛行士が出会い…。出演はイザベル・ユペールほか。

「アスファルト」 の作品情報

作品情報

製作年:

2015年

製作国:

フランス

原題:

ASPHALTE/MACADAM STORIES

「アスファルト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

バルスーズ

ボヴァリー夫人

プロヴァンスの贈りもの

歓びのトスカーナ

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 7件 / 全7件

重たかった塊が、きづくとふわりと飛んでいる。

投稿日:2017/08/28 レビュアー:

落ちぶれた女優ジャンヌ:イザベル・ユペール
高校生 シャルリ:ジュール・ベンシェトリ

NASA宇宙飛行士 ジョン:マイケル・ピット
アルジェリア移民の老女 マダム ハミダ:タサディット・マンディ

車椅子の中年男 スタンコヴィッチ:ギュスタヴ・ケルヴァン
夜勤看護師:ヴァレリア・ブルーニ・デテスキ

舞台はパリ郊外のさびれた団地。
パリのあの華やかさとはほど遠い。時代に取り残され、忘れ去られたような団地。

登場するのは団地の住人と、ふとしたことから関わりをもつ人。
2人×3組。
名前からも分かるように移民が多い。

物語は誰が主人公というわけでもなく、ぼんやりとした輪郭ですすんでいく。
どの人の人生もなんだかおもしろそうじゃなく、
脇役にしかなれなそうな人ばかり。
団地のどんよりした灰色の塊みたいに、ずーーーんと暗い。

希望はあるのか。

たまたまこの映画を見る少し前に、阪本順二監督の「団地」を見た。
日本とフランス。
全く毛色の違う監督なのに、おどろくほど共通項がいっぱいで驚いた。
団地はそのまんま同じ。そして、ちょっとうそでしょ?!と目を疑う宇宙船。

すごく地味でありふれた日常で、下層の人々。
そこにアメリカのNASAの飛行士が不時着する。
もう絶対ありえない素っ頓狂な出来事なんだけど、不思議とすんなりと
その日常に入り込んでくる。

宇宙飛行士ジョンと、団地の住人マダムハミダのやり取りがなんともおかしい。
英語とアルジェリア語ちゃんぽんのフランス語。
通じないふたり。
ジョンとNASAのとんちんかんなやりとり。
失笑というのか爆笑というのかとにかくおかしい。

なんだかよく分からない珍客にマダムハミダは息子がだいすきなのよ、
と故郷アルジェリアの料理クスクスをご馳走する。
おいしそうなクスクス料理をはさんだ2人のほのぼのとしたやりとりが
なんともあたたかな気持ちにさせてくれる。

大きな事件やショッキングな要素はひとつもない。

でも、なぜだか不思議なんだけど、見終わった時とてもふわふわした幸福感に
包まれる。
あんなに灰色で重たかった空気がふわっと軽やかになる。

なんなんだろう、この感じ。

イザベル・ユペール目的でなんとなく見た作品だけど、思わぬ拾いもの。

しかも、この映画で初めて役者をしたという監督の息子でもあるジュール・ベシェントリ。
彼の人生、といってもまだ10代とかなんだけど、があまりに濃厚。
彼のおじいさんは、名優のジャン・ルイ・トランティニアン。
「男と女」が有名だけどわたしの中では「女性上位時代」だ。

ジャンの娘、マリー・トランティニアンがジュールの母親。彼女はとても美しく
奔放な女性だったようだ。マリーは、ジュールが17才の時に亡くなっている。
その亡くなり方がかなりスキャンダラスで、10代の男の子には衝撃が強かったのは
想像に難くない。ジュールの父親であり、本作の監督サミュエル・ベシェントリとマリーが
離婚した後、マリーはノワール・デジレのヴォーカル、カンタと恋仲になる。
カンタとマリーがホテルに滞在中、監督サミュエルからの電話にマリーが応じたことに
カンタが激怒し殴打、そのまま放置したため亡くなる。カンタは実刑となっている。

そんなジュールが母と同じ職業の女優とやりとりするエピソードの役をする
というのは、普通の役者が演じるのとは随分意味合いが違ってくるだろう。

ジュールが若く、初めての映画なのにあんなに落ち着いていて、
雰囲気のある存在感だったのはそういうバックグラウンドがあったからだろう。

彼の今後もとても興味がある。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

アスファルト 

投稿日:2022/04/13 レビュアー:ラストシアター

フランス郊外の寂れた古い団地

冴えない中年男と孤独な夜勤の看護師、母親が留守がちな少年と落ちぶれた女優、不時着したNASAの宇宙飛行士と服役中の息子を持つ移民の女性

団地を舞台に孤独を抱えた6人の男女の3つの奇妙な感動的な物語を描いた愛すべき作品

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 7件 / 全7件

アスファルト

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

重たかった塊が、きづくとふわりと飛んでいる。

投稿日

2017/08/28

レビュアー

落ちぶれた女優ジャンヌ:イザベル・ユペール
高校生 シャルリ:ジュール・ベンシェトリ

NASA宇宙飛行士 ジョン:マイケル・ピット
アルジェリア移民の老女 マダム ハミダ:タサディット・マンディ

車椅子の中年男 スタンコヴィッチ:ギュスタヴ・ケルヴァン
夜勤看護師:ヴァレリア・ブルーニ・デテスキ

舞台はパリ郊外のさびれた団地。
パリのあの華やかさとはほど遠い。時代に取り残され、忘れ去られたような団地。

登場するのは団地の住人と、ふとしたことから関わりをもつ人。
2人×3組。
名前からも分かるように移民が多い。

物語は誰が主人公というわけでもなく、ぼんやりとした輪郭ですすんでいく。
どの人の人生もなんだかおもしろそうじゃなく、
脇役にしかなれなそうな人ばかり。
団地のどんよりした灰色の塊みたいに、ずーーーんと暗い。

希望はあるのか。

たまたまこの映画を見る少し前に、阪本順二監督の「団地」を見た。
日本とフランス。
全く毛色の違う監督なのに、おどろくほど共通項がいっぱいで驚いた。
団地はそのまんま同じ。そして、ちょっとうそでしょ?!と目を疑う宇宙船。

すごく地味でありふれた日常で、下層の人々。
そこにアメリカのNASAの飛行士が不時着する。
もう絶対ありえない素っ頓狂な出来事なんだけど、不思議とすんなりと
その日常に入り込んでくる。

宇宙飛行士ジョンと、団地の住人マダムハミダのやり取りがなんともおかしい。
英語とアルジェリア語ちゃんぽんのフランス語。
通じないふたり。
ジョンとNASAのとんちんかんなやりとり。
失笑というのか爆笑というのかとにかくおかしい。

なんだかよく分からない珍客にマダムハミダは息子がだいすきなのよ、
と故郷アルジェリアの料理クスクスをご馳走する。
おいしそうなクスクス料理をはさんだ2人のほのぼのとしたやりとりが
なんともあたたかな気持ちにさせてくれる。

大きな事件やショッキングな要素はひとつもない。

でも、なぜだか不思議なんだけど、見終わった時とてもふわふわした幸福感に
包まれる。
あんなに灰色で重たかった空気がふわっと軽やかになる。

なんなんだろう、この感じ。

イザベル・ユペール目的でなんとなく見た作品だけど、思わぬ拾いもの。

しかも、この映画で初めて役者をしたという監督の息子でもあるジュール・ベシェントリ。
彼の人生、といってもまだ10代とかなんだけど、があまりに濃厚。
彼のおじいさんは、名優のジャン・ルイ・トランティニアン。
「男と女」が有名だけどわたしの中では「女性上位時代」だ。

ジャンの娘、マリー・トランティニアンがジュールの母親。彼女はとても美しく
奔放な女性だったようだ。マリーは、ジュールが17才の時に亡くなっている。
その亡くなり方がかなりスキャンダラスで、10代の男の子には衝撃が強かったのは
想像に難くない。ジュールの父親であり、本作の監督サミュエル・ベシェントリとマリーが
離婚した後、マリーはノワール・デジレのヴォーカル、カンタと恋仲になる。
カンタとマリーがホテルに滞在中、監督サミュエルからの電話にマリーが応じたことに
カンタが激怒し殴打、そのまま放置したため亡くなる。カンタは実刑となっている。

そんなジュールが母と同じ職業の女優とやりとりするエピソードの役をする
というのは、普通の役者が演じるのとは随分意味合いが違ってくるだろう。

ジュールが若く、初めての映画なのにあんなに落ち着いていて、
雰囲気のある存在感だったのはそういうバックグラウンドがあったからだろう。

彼の今後もとても興味がある。

アスファルト 

投稿日

2022/04/13

レビュアー

ラストシアター

フランス郊外の寂れた古い団地

冴えない中年男と孤独な夜勤の看護師、母親が留守がちな少年と落ちぶれた女優、不時着したNASAの宇宙飛行士と服役中の息子を持つ移民の女性

団地を舞台に孤独を抱えた6人の男女の3つの奇妙な感動的な物語を描いた愛すべき作品

6〜 7件 / 全7件