シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの画像・ジャケット写真

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ / クリス・エヴァンス
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

38

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

ジャンル :

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

解説・ストーリー

マーベル原作の大ヒット・シリーズ「キャプテン・アメリカ」の第3弾にして“アベンジャーズ”の豪華再結集で贈るヒーロー・アクション超大作。最強チーム“アベンジャーズ”が意見の対立から2つに分裂、それぞれが信じる正義を胸に敵・味方に別れて壮絶な戦いを繰り広げるさまを描く。監督は前作「ウィンター・ソルジャー」に引き続きアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ。数々の危機を救ってきた“アベンジャーズ”だが、彼らを国連の監視下に置くことが議論され、その対応を巡ってアイアンマンとキャプテン・アメリカは激しく対立してしまう。そんな中、ウィーンで新たなテロ事件が発生し、キャプテン・アメリカの旧友バッキーが容疑者として指名手配される事態となり、重い決断を迫られるキャプテン・アメリカだったが…。 JAN:4959241763792

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: CAPTAIN AMERICA: CIVIL WAR

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

キル・ユア・ダーリン

ウェルカム・トゥ・コリンウッド

ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション

ギャングスター・ナンバー1

ユーザーレビュー:38件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全38件

サードアルバム

投稿日:2016/09/30 レビュアー:ビンス

キャプテン・アメリカのサードアルバムが発売。
タイトルは「シビル・ウォー」
デビューアルバムは、まあまあのヒットでした。
セカンドアルバム「ウィンター・ソルジャー」は
デビューアルバムを大きく上回る大ヒットを記録
マーベルレコーズのトップアーティストの仲間入りを果たし
次回作が待ちわびられていました。
そしてサードアルバム「シビル・ウォー」
サードアルバムにしてベストアルバムなのような完成度
そして特大ボリューム。
各曲の完成度もこれまで以上に高いんですが、
その上にゲストアーティストがハンパない。
フィーチャリングされてるゲストは
アイアンマン
ホークアイ
アントマン
ウォーマシン
スカーレット・ウィッチ
ヴィジョン
そしてお馴染みのキャプテン組ともいえる
ウィンター・ソルジャー
ブラック・ウィドウ
ファルコン
さらにさらに期待の新人アーティスト
ブラックパンサーに
レーベル移籍してきた大人気アーティスト
スパイダーマンも参加しています。
デラックスすぎるアルバムです。
曲はバラエティーに富んでいて
ウィットが効いてるもの
切ないもの
派手でノリノリなもの
シリアスなもの
各種取り揃えていて、統一感もある。
大ヒット間違いなし。
シビれました。
ヘビロテ決定!

これはもう
「アベンジャーズ3」と言っていいんじゃないか?
それぐらいのヒーローの数

今回スパイダーマンが登場し
またスパイダーマン・ワールドはリブートされたようです。
「アメイジング・スパイダーマン」シリーズは好きで
特に2作目が良かったんですが
北米では2作目の人気が振るわず
興行収入が製作費を超えられなかったそうです。
そのせいで3作目、4作目、
ヴィランズのスピンオフなどの企画が白紙となり
マーベル・ユニバースに吸収されました。
残念。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

個性を生かしたアクションが見ごたえあるし、キャラが魅力的♪

投稿日:2016/08/21 レビュアー:みなみ

映画館で見た時の感想です。

政府の指揮下に入るか入らないかで、2つにわかれるアベンジャーズ。
どちらの言い分も一理あります。
「キャプテンアメリカ」の映画なんですが、私は心情的にはアイアンマンに共感。
でもルックスはキャプテンアメリカがかっこいいですね〜!クリス・エヴァンス、ハマってます♪

ヒーロー同士の戦いのアクションシーンは、激しくて個性が出てて、見ごたえありました!
おなじみのヒーローがふたり参入し、今後ますます面白くなりそうですね。

少し前に見た「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」と同じくらいの長さなのに、全く中だるみもなく、あっという間に終わってしまった感じ。
やっぱりヒーロー映画は明るいほうがいいですね。

3D吹替版鑑賞だったので、レンタル出たら字幕版で見たいです♪

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

大作感は十分

投稿日:2016/12/14 レビュアー:たんたかたん

劇場で見たので約半年前のことになりますがお許しを。
感想を一言で、もっと若い時に観たかった。
スクリーンを所狭しと暴れまわるヒーローは迫力十分ですが、
劇場だとめまぐるしくておっさんにはつらい。
私はキャプテンアメリカの深刻な雰囲気は苦手で、
アイアンマンの陽気さが好きなので、今回のむやみな深刻なストーリーには辟易しました。
ヒーローの存在について語るなどはファンは嬉しいんだろうけど、
深刻な映画がみたけりゃほかの映画みるからなー。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

訳が分からないほどぐちゃぐちゃ。

投稿日:2016/11/08 レビュアー:きーちゃん

 タイトルに”キャプテン・アメリカ”とあるので第三作目なんだと思いきや、アベンジャーズのお話ではないですかっ!。ネットで調べたら確かに「『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編となるシリーズ第3作である」と記載されていますが、アベンジャーズの続編と思える台詞が続々と出てきます。「キャプテン・アメリカ」シリーズしかレンタルされてない方は止めておいた方がいいです。訳が分からないから。

 今回キャラクター不足なのかスパイダーマンジュニアみたいなのを勝手に登場させ、そう、「アントマン」のラング(ポール・ラッド)も参加させてと、なんでも有りの様相です。「使えるものは何でも使え!てめぇらは所詮は同じ穴のムジナだろ!」みたいな感じ。コアとなっているのはキャプテン・ロジャース(クリス・エヴァンス)とアイアンマンのトニー(ロバート・ダウニー・Jr)との意見相違によるアベンジャーズ内部対立抗争を描いているだけで、中身空っぽ。気分次第で製作したアドリブ的作品。アベンジャーズに関連した作品を視聴していないと訳の分からない雰囲気で終わってしまいそうです。

 お騒がせマンのバーンズ(セバスチャン・スタン)。キャプテンの無二の友人として描かれていますが、初作の『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』で、二人の親交ぶりを描いたシーンなど殆どありませんでしたが・・・?。トニーが少し言い訳じみた台詞をちょこっと言ってましたが、アイアンマンも三作目で「おらぁ、アイアンマンや〜めた」って終わってるじゃないですかっ!。意見対立がちょうど6人対6人も出来すぎでは?さながら出来レースですね、手抜きの対決かと。マーヴェルもディズニーに買収されて頭がぐちゃぐちゃになっているようです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

人手が足りないんです

投稿日:2016/11/05 レビュアー:裸足のラヴァース

さて8日はヒラリーかトランプか わからなくなってきたね
アメリカは分裂するのか 映画はそれに先行する

撮影 照明 編集 は芳しくないですなあ ルッソ兄弟は中身 脚本勝負
の人達だね 心理戦の鬱陶しさが始まる

前に どっかに書いたんだけど こんだけヒーローが破壊を繰り返すと
無辜の死者が大量に出る筈 それでいいんかいと そこに目を付けて
CGの惨劇 映画的嘘を安易にリサイクルする ニュー「デスノート」
と同じく何でもありだ 大風呂敷のフィクションに責任転嫁する
そうなると 嘘の大量死はそれで良かったんだとも言えるw

超人が増えりゃ 敵も強大になり増えてくる それは映画の法則だ
悪化する事態をひねり出さなければならない 協定やら法を絡ませて
内ゲバにする 仮想敵はロシアか 90年代初頭から新帝国主義戦争が
始まっているとゆう認識なのだろうか

90分過ぎから手慣れたCGで活劇の面白さで面目を保つ しかし
だらこん お喋りしてるシーンこそをしっかり撮って欲しいのよ
ジョンファブロー「アイアンマン」の強いヒーローでなく強い
画面が懐かしいね

みんなで力を合わせれば 人生なんてニャンとかなる って つまり
語るに落ちるお話なのでした

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全38件

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:38件

サードアルバム

投稿日

2016/09/30

レビュアー

ビンス

キャプテン・アメリカのサードアルバムが発売。
タイトルは「シビル・ウォー」
デビューアルバムは、まあまあのヒットでした。
セカンドアルバム「ウィンター・ソルジャー」は
デビューアルバムを大きく上回る大ヒットを記録
マーベルレコーズのトップアーティストの仲間入りを果たし
次回作が待ちわびられていました。
そしてサードアルバム「シビル・ウォー」
サードアルバムにしてベストアルバムなのような完成度
そして特大ボリューム。
各曲の完成度もこれまで以上に高いんですが、
その上にゲストアーティストがハンパない。
フィーチャリングされてるゲストは
アイアンマン
ホークアイ
アントマン
ウォーマシン
スカーレット・ウィッチ
ヴィジョン
そしてお馴染みのキャプテン組ともいえる
ウィンター・ソルジャー
ブラック・ウィドウ
ファルコン
さらにさらに期待の新人アーティスト
ブラックパンサーに
レーベル移籍してきた大人気アーティスト
スパイダーマンも参加しています。
デラックスすぎるアルバムです。
曲はバラエティーに富んでいて
ウィットが効いてるもの
切ないもの
派手でノリノリなもの
シリアスなもの
各種取り揃えていて、統一感もある。
大ヒット間違いなし。
シビれました。
ヘビロテ決定!

これはもう
「アベンジャーズ3」と言っていいんじゃないか?
それぐらいのヒーローの数

今回スパイダーマンが登場し
またスパイダーマン・ワールドはリブートされたようです。
「アメイジング・スパイダーマン」シリーズは好きで
特に2作目が良かったんですが
北米では2作目の人気が振るわず
興行収入が製作費を超えられなかったそうです。
そのせいで3作目、4作目、
ヴィランズのスピンオフなどの企画が白紙となり
マーベル・ユニバースに吸収されました。
残念。

個性を生かしたアクションが見ごたえあるし、キャラが魅力的♪

投稿日

2016/08/21

レビュアー

みなみ

映画館で見た時の感想です。

政府の指揮下に入るか入らないかで、2つにわかれるアベンジャーズ。
どちらの言い分も一理あります。
「キャプテンアメリカ」の映画なんですが、私は心情的にはアイアンマンに共感。
でもルックスはキャプテンアメリカがかっこいいですね〜!クリス・エヴァンス、ハマってます♪

ヒーロー同士の戦いのアクションシーンは、激しくて個性が出てて、見ごたえありました!
おなじみのヒーローがふたり参入し、今後ますます面白くなりそうですね。

少し前に見た「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」と同じくらいの長さなのに、全く中だるみもなく、あっという間に終わってしまった感じ。
やっぱりヒーロー映画は明るいほうがいいですね。

3D吹替版鑑賞だったので、レンタル出たら字幕版で見たいです♪

大作感は十分

投稿日

2016/12/14

レビュアー

たんたかたん

劇場で見たので約半年前のことになりますがお許しを。
感想を一言で、もっと若い時に観たかった。
スクリーンを所狭しと暴れまわるヒーローは迫力十分ですが、
劇場だとめまぐるしくておっさんにはつらい。
私はキャプテンアメリカの深刻な雰囲気は苦手で、
アイアンマンの陽気さが好きなので、今回のむやみな深刻なストーリーには辟易しました。
ヒーローの存在について語るなどはファンは嬉しいんだろうけど、
深刻な映画がみたけりゃほかの映画みるからなー。

訳が分からないほどぐちゃぐちゃ。

投稿日

2016/11/08

レビュアー

きーちゃん

 タイトルに”キャプテン・アメリカ”とあるので第三作目なんだと思いきや、アベンジャーズのお話ではないですかっ!。ネットで調べたら確かに「『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編となるシリーズ第3作である」と記載されていますが、アベンジャーズの続編と思える台詞が続々と出てきます。「キャプテン・アメリカ」シリーズしかレンタルされてない方は止めておいた方がいいです。訳が分からないから。

 今回キャラクター不足なのかスパイダーマンジュニアみたいなのを勝手に登場させ、そう、「アントマン」のラング(ポール・ラッド)も参加させてと、なんでも有りの様相です。「使えるものは何でも使え!てめぇらは所詮は同じ穴のムジナだろ!」みたいな感じ。コアとなっているのはキャプテン・ロジャース(クリス・エヴァンス)とアイアンマンのトニー(ロバート・ダウニー・Jr)との意見相違によるアベンジャーズ内部対立抗争を描いているだけで、中身空っぽ。気分次第で製作したアドリブ的作品。アベンジャーズに関連した作品を視聴していないと訳の分からない雰囲気で終わってしまいそうです。

 お騒がせマンのバーンズ(セバスチャン・スタン)。キャプテンの無二の友人として描かれていますが、初作の『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』で、二人の親交ぶりを描いたシーンなど殆どありませんでしたが・・・?。トニーが少し言い訳じみた台詞をちょこっと言ってましたが、アイアンマンも三作目で「おらぁ、アイアンマンや〜めた」って終わってるじゃないですかっ!。意見対立がちょうど6人対6人も出来すぎでは?さながら出来レースですね、手抜きの対決かと。マーヴェルもディズニーに買収されて頭がぐちゃぐちゃになっているようです。

人手が足りないんです

投稿日

2016/11/05

レビュアー

裸足のラヴァース

さて8日はヒラリーかトランプか わからなくなってきたね
アメリカは分裂するのか 映画はそれに先行する

撮影 照明 編集 は芳しくないですなあ ルッソ兄弟は中身 脚本勝負
の人達だね 心理戦の鬱陶しさが始まる

前に どっかに書いたんだけど こんだけヒーローが破壊を繰り返すと
無辜の死者が大量に出る筈 それでいいんかいと そこに目を付けて
CGの惨劇 映画的嘘を安易にリサイクルする ニュー「デスノート」
と同じく何でもありだ 大風呂敷のフィクションに責任転嫁する
そうなると 嘘の大量死はそれで良かったんだとも言えるw

超人が増えりゃ 敵も強大になり増えてくる それは映画の法則だ
悪化する事態をひねり出さなければならない 協定やら法を絡ませて
内ゲバにする 仮想敵はロシアか 90年代初頭から新帝国主義戦争が
始まっているとゆう認識なのだろうか

90分過ぎから手慣れたCGで活劇の面白さで面目を保つ しかし
だらこん お喋りしてるシーンこそをしっかり撮って欲しいのよ
ジョンファブロー「アイアンマン」の強いヒーローでなく強い
画面が懐かしいね

みんなで力を合わせれば 人生なんてニャンとかなる って つまり
語るに落ちるお話なのでした

6〜 10件 / 全38件