黄金のアデーレ 名画の帰還

黄金のアデーレ 名画の帰還の画像・ジャケット写真
黄金のアデーレ 名画の帰還 / ヘレン・ミレン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

20

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「黄金のアデーレ 名画の帰還」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「黄金のアデーレ 名画の帰還」 の作品情報

製作年: 2015年
原題: WOMAN IN GOLD

「黄金のアデーレ 名画の帰還」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

黄金のアデーレ 名画の帰還の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
109分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP12198 2016年05月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
76枚 5人 12人

【Blu-ray】黄金のアデーレ 名画の帰還(ブルーレイ)の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
109分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPBP12199 2016年05月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
40枚 5人 0人

黄金のアデーレ 名画の帰還の詳細

  • 見放題
再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:49:16 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
複数言語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
レンタル:2030年03月16日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全20件

美術品のあり方

投稿日:2016/07/18 レビュアー:ミッキー

ナチスに奪われた美術品を一人のおばさん?がオーストリア政府から取り戻す物語、事実に基づいた内容だけに見る価値はあったと思います。最近この手の映画がちょこちょこありますね。
ただ取り戻した後、その美術品をどのように保管するか?どのように社会に還元するか?個人の所有にとどめるのか、広くたくさんの方に観ていただくのか、私的には取り戻した後、もう一度オーストリア政府に寄贈するという展開がいいかと思った(勿論事実とは違いますが…)
美術品のあり方、価値を問われる映画だったと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

歴史の中のある略奪

投稿日:2016/06/21 レビュアー:飛べない魔女

略奪行為は人間の歴史そのもの。
ナチスに限らず、戦争という名を借りた略奪行為はどの国でも行ったことでしょう。
全ての美術品を正当な持ち主に返すことになったら、
著名な美術館から多くの美術品が姿を消してしまうかもしれませんね。

オーストリアのモナリザと呼ばれていた名画、『黄金のアデーレ』。
その本来の持ち主はアデーレの親族にあると、オーストラリア政府を相手にアメリカ在住のブティックを経営するユダヤ人女性、アデーレの姪であるマリア・アルトマンが訴訟を起こし、名画をいかにして取り戻したかというお話。
友人の息子である駆け出し弁護士ランディと共に、略奪の記録と証拠を探り、政府を相手に訴訟を起こしていく過程が事細かに、且つ叙情的に描かれていきます。
祖国と両親を捨てざるを得なかった悲しい時代。
ウィーンの街はそのときのまま、今でも残っていて、訴訟のために亡命後初めてウィーンに戻ったマリアの心に揺れ動く激しい感情。
そんなマリアをヘレン・ミレンが見事に演じていました。

たとえ体の傷は癒えようとも、心の傷は何十年たっても癒えることはないでしょう。
ナチスによって奪われた生活と愛する人たち。
捨てざるを得なかった祖国。
自分の罪はユダヤ人であったこと。それ以上でもそれ以下でもありません。
新天地でも難民としてきっと辛い生活が待っていたのでしょうけど、その辺りは一切描かれていません。
まあ、これは『名画を取り戻す』というお話ですから、そこまでは描く必要が無かったということでしょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ドラマティックな締め括りを期待したけど...。ネタバレ

投稿日:2016/06/12 レビュアー:土豆

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

感動するストーリーになってはいるが、見方を変えれば、果たしてどうなんだろうと考えも起こる。
アデーレはオーストラリアのアイコン的な存在だとしたら、変換したオーストラリア国民は
この結末に悲しんだのかもしれない。
ナチスの時代の仕打ちを現オーストラリア政府にぶつけて、奪還はしたものの、
結局、持ち帰ったアメリカで売却したって事は、
「結局、お金が目的だったの...。」って事で少し興冷めしてしまう。
ドラマティックな締め括りであるならば、政府は謝罪し、持ち主は気前良く
オーストラリア政府に寄贈って流れを期待したが...。
すごく現実的な終わり方でした。
なので、ナチスの非道さ、移民の苦悩などを根底に描いたとしても、
何か言い訳の様で、歯切れの悪さを感じる事も。

迫害を受けた側は、決して忘れる事は無くて、
当時の民族間の思いが、現在まで消える事無く鳴り止まないことが、
問題なのかと思う。

歴史的に見ると、征服者は美術品・宝物を略奪し、自国に戦利品として持ち帰る事は
繰り返し行われています、
世界最大の収蔵品を誇る大英博物館なんか、植民地で略奪した収蔵品、美術品など多く存在していて、
しばし、持ち主の国から返還要求が起きている。
これらは其々の国で作られた遺物を国の宝物と考え、国の成り立ちを大切にしようとする考えでもあると思う。
持ち去られた他国で展示されているいるよりも、自国で展示される事で、その存在感も増すと考えられる。
政治的な問題も含み、色々な問題があると思うけど...

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヘレン・ミレンによって浄化された話っていう感じの映画

投稿日:2016/05/16 レビュアー:勇光

面白かった。暗い悲惨な話をリズミカルに明るく描いている。
争点になっているのは1枚の絵。クリムトの名作というが、正直言ってどこがいいのかよくわからない絵。でも、120億円の価値があるとか・・。
ウィーンに居住していた裕福なユダヤ人一家のひとりがクリムトに画かせた肖像画なのだが、ナチスによって略奪され、それをオーストリア政府が受け継いでいる。本来の所有者の遺族が返還を要請するが、オーストリア政府は門前払いを続ける。その様子が腹立たしく描かれてある。ユダヤ人をひどい目にあわせたのはヒトラーで、オーストリア人も被害者だという建て前があるらしいが、実はヒトラーのお先棒をかついで積極的にユダヤ人を迫害したオーストリア人も多数あった・・・という点が映画の主題。この件について現代のオーストリア人がどういう態度をとるのか・・というところがクライマックスになっている。
ヘレン・ミレンがいい雰囲気をかもしだしていたので観る側としては思わずユダヤ人の味方になってしまうのだが、映画の最後に映し出された実際のユダヤ人の婆さんの顔はちょっとなんである。
ユダヤ人が迫害を受けたのには、それなりの事情がある・・という点について発言することはタブーのようだが、最後に出てきた婆さんの顔からはそのタブーを感じた。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

戦争の後遺症のじつわ

投稿日:2017/10/25 レビュアー:ムービードリンク

黄金のアデーレ 名画の帰還

1998年ロスアンゼルス
現代のオーストリアのウィーン

1998年、ロサンゼルスに住む主人公。
姉が亡くなり、遺書が見つかりる。

遺書の内容は、第2次世界大戦中に姉妹の故郷であるオーストリアでナチスに奪われてしまった1枚の絵画を取り戻す事だった。
主人公は姉の引き継ぐ決意。


その絵は19世紀を代表する画家・クリムトが1907年に描いた自分の叔母で価値のあると思われるものだった。

この絵を取り戻すべく、友人の息子で弁護士をしている若者に協力してもらいウイーンに旅立つ!


◎81D点。消し去った、記憶を戻す、勇気かな。★彡諦めてはいけない大切な事やポリシーが大事な事を学べました。


◎徐々に変わってくる時代の背景◎
★彡ナチスが力を持ち、色々な法案も即実行され、国外に出る事を禁じられたり、ユダヤ人を排除しようとする動きがよくわかった。まなび!

◎ヘレンミレンさんよかった。
★彡本当に綺麗でした。こんな歳の取り方をしたいね。男ですけどね。
チャーミングさを兼ね備え素敵です。
★彡ライアンレイノルズさんも良かったなぁ
デッドプールと同じ人物には見えませんでした(笑)



◎私が題名つけるならコーナー!
★彡「ナチスに奪われ記憶と名画」。ってな?
これまたつまらなそう(笑)



◎ネタバレ保管記憶用

家族や友人を殺された記憶のあるオーストリアに決意して出発した主人公。


(回想シーン)
幼少時代子供として扱ってくれた叔母のアデーレ、そしてその後アデールは亡くなってしまい、時代もナチスの時代に変わっていき、家の物や財産を募集されてしまう。
また家に見張りがいて逃げる事も厳しい。

しかし、ちょっとした隙をつき国外に逃げる!
★彡この辺りのシーンは緊迫して怖かった。

(現在)
オーストリアに向かい美術館の人間に絵を返せと交渉するが、アデーレの意思でこの美術館で管理すると主張。

高価な絵を取り戻す協力をしていた弁護士は、なす術もなくロスアンゼルスに戻って来た。
内心金の為に協力した事をを後悔していた。

子供がお腹にいる妻にも相談なく、会社を辞める。長い裁判で主人公と弁護士は二人とも疲れていた。

法廷はオーストリアで行い、アウェーの戦い。
しかも主人公はもう諦めてしまい、オーストリアにはいかないと言う始末。

家族に迷惑かけて仕事を辞めた弁護士は一人でオーストリアに行く。当日弁論の途中に主人公が弁護士のためにオーストリアに駆けつけて判決は勝訴!無事に絵は主人公の元に。

主人公は昔住んでいた家を拝見し、過去の思いにふける。完。

★彡これは戦争の後遺症映画で凄く良かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全20件

黄金のアデーレ 名画の帰還

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

動画見放題

見放題プランへのお申込みはこちら

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。