1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. SFのDVDレンタル
  5. ダイバージェントNEO

ダイバージェントNEO

ダイバージェントNEOの画像・ジャケット写真

ダイバージェントNEO / シェイリーン・ウッドリー
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

16

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

ジャンル :

「ダイバージェントNEO」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

解説・ストーリー

ベロニカ・ロス原作による近未来SFアクションシリーズ第2弾。性格で振り分けられる5つの共同体のどれにも当てはまらない異端者・ダイバージェントであると判明したトリス。危険分子とされた彼女は同じ異端者のフォーと共に逃げ続けていたが…。※一般告知解禁日:2015年12月18日

「ダイバージェントNEO」 の作品情報

作品情報

製作年:

2015年

製作国:

アメリカ

原題:

INSURGENT

「ダイバージェントNEO」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

彼が二度愛したS

きみといた2日間

ディスクローザー

KIMI/サイバー・トラップ

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全16件

まぁまぁ

投稿日:2017/07/08 レビュアー:塩胡椒

前作が面白かった割に微妙な感じ。
フォーは相変わらずイケメンだったけどね。
トリスの髪型がちょっと……ねぇ?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

子供だまし級

投稿日:2016/10/30 レビュアー:ビンス

一作目は設定の新しさもあり
面白さに欠けながらもなんとか観れました。
すぐ忘れるだろうな、という確信付きで。
そして二作目。
やはり忘れてます。
人類を5つの適応性に分けるっていう設定だけ覚えてて
あとはほとんど忘れている有様です。
主人公と、敵対する女ボスのケイトだけは覚えてたけど
あとは誰が出演してたかもおぼろげ
開始から30分ぐらいは
思い出すのに精一杯でした。
で、思い出したとて・・・です。
思い出したとて、おもしろくない。
つまらないです。
一作目から確実にレベルダウン。
全てが中途半端。
それはヒロインの魅力に至るまで、です。
全4部作で作られることが決定している、と
1作目が作られた頃から話題になっていましたが
先行きは思いっきり不安です。
2作目は次回作への橋渡し
その橋が危うくて危うくて
渡りたくない感じです。
渡ってる途中に崩落しそうです。
悪いイメージしか浮かんできません。
果たして3作目を観るのだろうか・・・・
魅力が全くと言っていいほどない今の状態で
一体どうやって我々を
この危うい橋の先に誘うつもりでしょうか・・・

同じような世界観の「ハンガーゲーム」は
もっとハッキリとした対立構図があり
何よりヒロインの魅力が段違いで
物語に引き込む力がありました。
こちらは子供だまし級です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ファースト観ずにここから入ってしまった

投稿日:2016/03/27 レビュアー:才谷屋

前作観ないとつまらないのか?
次回作が気になる?
前者後者どちらも興味もなくなるお話であった
なのでこれで自分にとっては終わりな作品
以上

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

やはり「共産主義国」の話か

投稿日:2018/09/04 レビュアー:タカツキ

前作の「博士」「無欲」「勇敢」等の、ポジションの他「平和」ゾーンがあり、トリス達は食べ物を支給され平和に暮らしている。
これは「共産主義革命」とされた「労働革命の支援をする」というコミンテルン(共産主義インターナショナル)の規約にある内容に即していると思われ、前作は「北朝鮮の国民階層風」と感じたものも正しかったかも。北朝鮮は1990年代までソ連から「食糧支給」をされていたらしい。

平和ゾーンではトリス達は、二人の子供たち?を大きなブランコに乗せて遊んでいるし、これは「アカ族」の特徴と同じ様子で
共産党員は「アカ」「シンパ」と呼ばれ、戦争当時も政府に睨まれていたから、やはり「共産主義国家の内部紛争」的な現象を作品は表しているのかも?
延々、トリス達「異端者(ダイバージェント)」はリンチされている。
実験としているが
共産党員の真なる目的は「快楽殺人」的な快楽を求める為か?一人死ぬと次のターゲットを見つけ、まず異端者から処刑、血祭りにあげる。
精神的にいためつけ、追い詰め、罪を捏造していく。
自殺もコントロール出来る。

これは共産主義国家的な、おそらく「体細胞的な排除活動(アリ的な)」と考えられるなあと
恐ろしいですねm(_ _)m

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

まあ、ええとここんなもんやろな・・

投稿日:2017/11/29 レビュアー:勇光

これは観ないつもりだったが、他にめぼしいものがなくて仕方なく観た。
つまらんのだろうなと思って観たせいか、そこそこ楽しめた。悪玉と善玉がはっきりしていて、前半は追いかけっこで、終盤は謎解きのための主人公の人格テストっていう単純な構成になっており、酒飲みながら何も考えずに観たのがよかったのかも。
結末はなにやらこの手の映画にありがちなどんでん返しだった。正義が勝ったように見えたが、しかし、どうなのだろう・・? ナオミ・ワッツが政権をとってまたひと波乱となるみたいな終わり方だったが、完結編を見るかどうかはまだ決めていない。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全16件

ダイバージェントNEO

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:16件

まぁまぁ

投稿日

2017/07/08

レビュアー

塩胡椒

前作が面白かった割に微妙な感じ。
フォーは相変わらずイケメンだったけどね。
トリスの髪型がちょっと……ねぇ?

子供だまし級

投稿日

2016/10/30

レビュアー

ビンス

一作目は設定の新しさもあり
面白さに欠けながらもなんとか観れました。
すぐ忘れるだろうな、という確信付きで。
そして二作目。
やはり忘れてます。
人類を5つの適応性に分けるっていう設定だけ覚えてて
あとはほとんど忘れている有様です。
主人公と、敵対する女ボスのケイトだけは覚えてたけど
あとは誰が出演してたかもおぼろげ
開始から30分ぐらいは
思い出すのに精一杯でした。
で、思い出したとて・・・です。
思い出したとて、おもしろくない。
つまらないです。
一作目から確実にレベルダウン。
全てが中途半端。
それはヒロインの魅力に至るまで、です。
全4部作で作られることが決定している、と
1作目が作られた頃から話題になっていましたが
先行きは思いっきり不安です。
2作目は次回作への橋渡し
その橋が危うくて危うくて
渡りたくない感じです。
渡ってる途中に崩落しそうです。
悪いイメージしか浮かんできません。
果たして3作目を観るのだろうか・・・・
魅力が全くと言っていいほどない今の状態で
一体どうやって我々を
この危うい橋の先に誘うつもりでしょうか・・・

同じような世界観の「ハンガーゲーム」は
もっとハッキリとした対立構図があり
何よりヒロインの魅力が段違いで
物語に引き込む力がありました。
こちらは子供だまし級です。

ファースト観ずにここから入ってしまった

投稿日

2016/03/27

レビュアー

才谷屋

前作観ないとつまらないのか?
次回作が気になる?
前者後者どちらも興味もなくなるお話であった
なのでこれで自分にとっては終わりな作品
以上

やはり「共産主義国」の話か

投稿日

2018/09/04

レビュアー

タカツキ

前作の「博士」「無欲」「勇敢」等の、ポジションの他「平和」ゾーンがあり、トリス達は食べ物を支給され平和に暮らしている。
これは「共産主義革命」とされた「労働革命の支援をする」というコミンテルン(共産主義インターナショナル)の規約にある内容に即していると思われ、前作は「北朝鮮の国民階層風」と感じたものも正しかったかも。北朝鮮は1990年代までソ連から「食糧支給」をされていたらしい。

平和ゾーンではトリス達は、二人の子供たち?を大きなブランコに乗せて遊んでいるし、これは「アカ族」の特徴と同じ様子で
共産党員は「アカ」「シンパ」と呼ばれ、戦争当時も政府に睨まれていたから、やはり「共産主義国家の内部紛争」的な現象を作品は表しているのかも?
延々、トリス達「異端者(ダイバージェント)」はリンチされている。
実験としているが
共産党員の真なる目的は「快楽殺人」的な快楽を求める為か?一人死ぬと次のターゲットを見つけ、まず異端者から処刑、血祭りにあげる。
精神的にいためつけ、追い詰め、罪を捏造していく。
自殺もコントロール出来る。

これは共産主義国家的な、おそらく「体細胞的な排除活動(アリ的な)」と考えられるなあと
恐ろしいですねm(_ _)m

まあ、ええとここんなもんやろな・・

投稿日

2017/11/29

レビュアー

勇光

これは観ないつもりだったが、他にめぼしいものがなくて仕方なく観た。
つまらんのだろうなと思って観たせいか、そこそこ楽しめた。悪玉と善玉がはっきりしていて、前半は追いかけっこで、終盤は謎解きのための主人公の人格テストっていう単純な構成になっており、酒飲みながら何も考えずに観たのがよかったのかも。
結末はなにやらこの手の映画にありがちなどんでん返しだった。正義が勝ったように見えたが、しかし、どうなのだろう・・? ナオミ・ワッツが政権をとってまたひと波乱となるみたいな終わり方だったが、完結編を見るかどうかはまだ決めていない。

6〜 10件 / 全16件

同シリーズ作品を借りる