バンクーバーの朝日

バンクーバーの朝日の画像・ジャケット写真

バンクーバーの朝日 / 妻夫木聡
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

15

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「バンクーバーの朝日」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

戦前のカナダ・バンクーバーで活躍し、2003年にはカナダ野球の殿堂入りを果たした実在の日本人野球チーム“バンクーバー朝日”の感動の物語を「舟を編む」の石井裕也監督、「悪人」の妻夫木聡主演で映画化。厳しい差別に立ち向かい、ベースボールを通じて自らの誇りを取り戻そうと奮闘する日系移民の姿を描く。1900年代初頭、多くの日本人が移民したカナダの西海岸都市バンクーバー。しかし、夢を抱いて渡った日本人を容赦ない差別と低賃金による過酷な肉体労働が苦しめる。そんな中、移民二世のレジー笠原は仲間を集めて日本人野球チーム“バンクーバー朝日”を結成する。最初は白人チーム相手に体力的にまるで歯が立たず、皆からバカにされるレジーたちだったが…。 JAN:4988104097149

「バンクーバーの朝日」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: 日本

「バンクーバーの朝日」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ちりとてちん 完全版

亡国のイージス

青春の門−筑豊編−

この胸いっぱいの愛を

ユーザーレビュー:15件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全15件

バンクーバーの朝日 ネタバレ

投稿日:2015/05/29 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 カナダの日本人移民がカナダ人の差別や偏見に苦しみながらも野球で正々堂々プレイしてカナダでフィーバーを巻き起こしていく話。

 太平洋戦争前のカナダの世界で、映像が全く安っぽくなくて、戦前のカナダにしか見えないのがスゴいです。それによる画面のリアリティが伝わってくるので、世界観に入り込みやすいルックでした。
 話もカナダ人の仕事を奪われる存在の日本人たちがカナダ人たちに差別され仕事もないまま苦しい生活の中、野球をして日本人に勇気を与えてしだいにカナダ人にまでそれが波及していくという王道の展開で見やすい映画だったと思います。

 ただ肝心の野球シーンの迫力が欠けている感じで野球のシーンでカナダ人たちに全然勝てなかったのがしだいに勝っていってアサヒのフィーバーを巻き起こしていくというのが伝わらず、これも淡々と進むだけにしか見えずに盛り上がりに欠けました。
 それにパワーのカナダ人に勝てないからと日本チームがスモールベースボールで対抗していきますが、馬鹿の一つ覚えみたいに同じ作戦しかしなくて、それが全部上手くいくので、カナダチームもそんな簡単に同じ手をくわないと思いますが。地味に勝っていっちゃうのが凄いです。そこで連戦連勝していきますが、登場人物たちは喜んでいるけど。見ているこちらはそんなにテンション上がらない地味さ。

 主人公たちが野球だけに没頭できず差別や戦争の気運が高まって排日運動が強くなって行く展開もこれまた地味に静かに描かれて行って120分正直退屈でした。
 主人公と父親の確執やチームメイトたちのそれぞれの家庭の問題なんかも描かれていきますが、主人公たちがどういう気持ちなのかが見ててわからなかったです。確かに悩んで落ち込んだりするけども。。亀梨クンの孤高のエースの悩みとかも淡々と進んでいくだけなのでもったいなかったです。

 映像の迫力はスゴイだけに話の展開がただ出来事を映しているだけという外野から見ているような作品だったので、当時のカナダで暮らす日本人の思いみたいなものを感じ取りたかったです。

 

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

日系カナダ移民野球史 ネタバレ

投稿日:2015/11/09 レビュアー:alterd

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

しっかりした作りだった。

妻夫木の演技もワンランク上がっていた。
さすがに亀梨の演技はイマイチだったが少し斜に構えたキャラには合っていただろう。
普段のキャラはあまり好きではないが、野球の話だったからだろうか雄輔の存在感も効いていた。

舞台は日中戦争が進行しつつあったカナダのバンクーバーである。
元々、カナダ人の倍働く上に賃金の安かった日本人に仕事を取られ日本人に対する反感が下地にあった為、さらに嫌悪が増幅する。

それは、ホテルのボーイをしていた日本人が荷物を持とうとすると「日本人は汚いから触るな」とか、成績優秀であるにも関わらず、日本人だから奨学金を出せないとかの様々な差別に現れていた。

しかし、元々、体格が劣り最下位だった日本人野球チームが
バントを多用し、かつ盗塁やサインによる頭脳プレイを展開し
やがて優勝を争うようになると、白人にもリスペクトされるようになる。
それは、白人贔屓だった審判が明らかなボールをストライクにカウントした時、白人の方から「Be Fair!」と罵声が飛んだ瞬間頂点に達した。

こうして、野球を通じ人種間の軋轢が越えられそうになった時
日本軍の真珠湾攻撃をきっかけに在カナダの日本人達は財産を没収され強制収容所送りになってしまう。

戦後、60年が経った時、彼らが活躍した野球チーム「Asahi」はカナダの野球殿堂入りを果たす。
しかし、その報が届いた時、大半のメンバーはこの世を去っていた。

劇中、内気で朴訥とした妻夫木がふと漏らした言葉
「野球さえ出来れば、この国に来て良かったと思える」が胸を打つ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

しょぼい勝ち方のせいか、しょぼい感動

投稿日:2015/10/05 レビュアー:Yohey

うーーーん。どこに需要があったんだろうと見て思いました。スポーツものって感動ものになるはずなんですけどないんだな。洋画だったら「うぉぉぉ!!」ってなる演出があったりするのですが、日本人は控えめなのかそういう演出はほとんどなし。まぁ、勝ち方がコツコツ当てていく、という野球の醍醐味から考えるとものすごく地味な戦法なんで難しかったのかな。

でもやりようはあるよな、と思いました。結局、迫害される日本人というのを描きつつ、それの希望が朝日軍だったという風にしたかったんだろうけど、それならもっとうまく大げさに描かないとなぁ。感動させないとダメな作品なのに、そういう気持ちにならんのね。

内輪だけで集まり、「マジメでコツコツやっているから、いつか分かってくれるよ。」ではやっぱりダメだよなぁ、と改めて思いました。いや、日本人だったらうけるけど、まずこれ、外国の人がみたら「何がおもろいねん。いじけた話ばっかりやないか。」ってなるよなぁ。なんか、そんな国民性を感じた作品でした。佐藤浩市の破天荒親父が全然破天荒に見えなかったのも、日本人だからだろうな。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

奇跡の野球

投稿日:2015/06/29 レビュアー:じゃじゃまる

主演妻夫木聡、共演佐藤浩市、亀梨和也、上地雄輔、勝地涼、池松壮亮、鶴見辰吾など。
監督石井裕也(「舟を編む」「ぼくたちの家族」など)

1900年代、カナダへ移民した日本人。
彼らは、差別と闘いながら、低賃金で過酷な労働を強いられながらも日本人街を作り、野球チーム「朝日」をつくる。

そして、そのチームはカナダの野球リーグにも参加させてもらえるようになる。
しかし、体格もパワーも白人にはかなわない日本人チーム。いつも最下位だった。

そして1941年。レジー(妻夫木君)がキャプテンになり、ある秘策を思いつく。

それは日本人の特性を生かしたバンド攻勢。盗塁を重ね、ついに1点を挙げる。

そこから奇跡の快進撃が起こる。


う〜ん、この映画、予告編以上ではないです。
実はすごく期待して見に行ったんですよ。
でも焦点をあっちこっちにつけてしまって、全体がぼやけてしまいました。

カナダでの差別を描きたい、この間に真珠湾攻撃が起こってと、ラストも尻すぼみでした。

一人一人の家族の事情を掘り下げて、チームのみに焦点を当てていけばもっと面白かったと思います。


たしかに戦争を避けて通れない時代設定ですが、取ってつけたような、野村監督がしたような、データ野球。

実は2003年、このチームはカナダで野球殿堂入りを果たしているんですよ。
その碑には「BRAIN BASEBALL」(頭脳野球)となっているんで、そこにももっと焦点を当ててほしかったです。

せっかくの豪華キャストなんですから。

無駄なキャスト、約2名。
ユースケサンタマリアと、宮崎あおい。この2人、いらん。

史実にフィクションを加えて、戦後に再会とかあれば、もうちょっとスカッとしたかな?





このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

出演者が豪華で驚きました

投稿日:2015/12/13 レビュアー:スヌーピー

実話だと思うと本当にせつなかったです。新天地を夢見たカナダで厳しい現実を突きつけられたんだなと思いました。野球だけじゃなく彼らの生活も知れて良かったです。野球を通じてようやく何かが変わろうとしていたときにあの事件が起こりこんなことになったんだと思うとせつなかったです。
ラストの収容所の移住は実話だからこんな残酷なんだと思いました。

出演者の演技も良くて特に父親役の佐藤浩市さんの演技良かったです。こういう役めずらしいなと思いました。エンドロールでのシーンは本当にせつなかったです。どんな気持ちだったのかなとか色々考えました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全15件

バンクーバーの朝日

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:15件

バンクーバーの朝日

投稿日

2015/05/29

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 カナダの日本人移民がカナダ人の差別や偏見に苦しみながらも野球で正々堂々プレイしてカナダでフィーバーを巻き起こしていく話。

 太平洋戦争前のカナダの世界で、映像が全く安っぽくなくて、戦前のカナダにしか見えないのがスゴいです。それによる画面のリアリティが伝わってくるので、世界観に入り込みやすいルックでした。
 話もカナダ人の仕事を奪われる存在の日本人たちがカナダ人たちに差別され仕事もないまま苦しい生活の中、野球をして日本人に勇気を与えてしだいにカナダ人にまでそれが波及していくという王道の展開で見やすい映画だったと思います。

 ただ肝心の野球シーンの迫力が欠けている感じで野球のシーンでカナダ人たちに全然勝てなかったのがしだいに勝っていってアサヒのフィーバーを巻き起こしていくというのが伝わらず、これも淡々と進むだけにしか見えずに盛り上がりに欠けました。
 それにパワーのカナダ人に勝てないからと日本チームがスモールベースボールで対抗していきますが、馬鹿の一つ覚えみたいに同じ作戦しかしなくて、それが全部上手くいくので、カナダチームもそんな簡単に同じ手をくわないと思いますが。地味に勝っていっちゃうのが凄いです。そこで連戦連勝していきますが、登場人物たちは喜んでいるけど。見ているこちらはそんなにテンション上がらない地味さ。

 主人公たちが野球だけに没頭できず差別や戦争の気運が高まって排日運動が強くなって行く展開もこれまた地味に静かに描かれて行って120分正直退屈でした。
 主人公と父親の確執やチームメイトたちのそれぞれの家庭の問題なんかも描かれていきますが、主人公たちがどういう気持ちなのかが見ててわからなかったです。確かに悩んで落ち込んだりするけども。。亀梨クンの孤高のエースの悩みとかも淡々と進んでいくだけなのでもったいなかったです。

 映像の迫力はスゴイだけに話の展開がただ出来事を映しているだけという外野から見ているような作品だったので、当時のカナダで暮らす日本人の思いみたいなものを感じ取りたかったです。

 

日系カナダ移民野球史

投稿日

2015/11/09

レビュアー

alterd

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

しっかりした作りだった。

妻夫木の演技もワンランク上がっていた。
さすがに亀梨の演技はイマイチだったが少し斜に構えたキャラには合っていただろう。
普段のキャラはあまり好きではないが、野球の話だったからだろうか雄輔の存在感も効いていた。

舞台は日中戦争が進行しつつあったカナダのバンクーバーである。
元々、カナダ人の倍働く上に賃金の安かった日本人に仕事を取られ日本人に対する反感が下地にあった為、さらに嫌悪が増幅する。

それは、ホテルのボーイをしていた日本人が荷物を持とうとすると「日本人は汚いから触るな」とか、成績優秀であるにも関わらず、日本人だから奨学金を出せないとかの様々な差別に現れていた。

しかし、元々、体格が劣り最下位だった日本人野球チームが
バントを多用し、かつ盗塁やサインによる頭脳プレイを展開し
やがて優勝を争うようになると、白人にもリスペクトされるようになる。
それは、白人贔屓だった審判が明らかなボールをストライクにカウントした時、白人の方から「Be Fair!」と罵声が飛んだ瞬間頂点に達した。

こうして、野球を通じ人種間の軋轢が越えられそうになった時
日本軍の真珠湾攻撃をきっかけに在カナダの日本人達は財産を没収され強制収容所送りになってしまう。

戦後、60年が経った時、彼らが活躍した野球チーム「Asahi」はカナダの野球殿堂入りを果たす。
しかし、その報が届いた時、大半のメンバーはこの世を去っていた。

劇中、内気で朴訥とした妻夫木がふと漏らした言葉
「野球さえ出来れば、この国に来て良かったと思える」が胸を打つ。

しょぼい勝ち方のせいか、しょぼい感動

投稿日

2015/10/05

レビュアー

Yohey

うーーーん。どこに需要があったんだろうと見て思いました。スポーツものって感動ものになるはずなんですけどないんだな。洋画だったら「うぉぉぉ!!」ってなる演出があったりするのですが、日本人は控えめなのかそういう演出はほとんどなし。まぁ、勝ち方がコツコツ当てていく、という野球の醍醐味から考えるとものすごく地味な戦法なんで難しかったのかな。

でもやりようはあるよな、と思いました。結局、迫害される日本人というのを描きつつ、それの希望が朝日軍だったという風にしたかったんだろうけど、それならもっとうまく大げさに描かないとなぁ。感動させないとダメな作品なのに、そういう気持ちにならんのね。

内輪だけで集まり、「マジメでコツコツやっているから、いつか分かってくれるよ。」ではやっぱりダメだよなぁ、と改めて思いました。いや、日本人だったらうけるけど、まずこれ、外国の人がみたら「何がおもろいねん。いじけた話ばっかりやないか。」ってなるよなぁ。なんか、そんな国民性を感じた作品でした。佐藤浩市の破天荒親父が全然破天荒に見えなかったのも、日本人だからだろうな。

奇跡の野球

投稿日

2015/06/29

レビュアー

じゃじゃまる

主演妻夫木聡、共演佐藤浩市、亀梨和也、上地雄輔、勝地涼、池松壮亮、鶴見辰吾など。
監督石井裕也(「舟を編む」「ぼくたちの家族」など)

1900年代、カナダへ移民した日本人。
彼らは、差別と闘いながら、低賃金で過酷な労働を強いられながらも日本人街を作り、野球チーム「朝日」をつくる。

そして、そのチームはカナダの野球リーグにも参加させてもらえるようになる。
しかし、体格もパワーも白人にはかなわない日本人チーム。いつも最下位だった。

そして1941年。レジー(妻夫木君)がキャプテンになり、ある秘策を思いつく。

それは日本人の特性を生かしたバンド攻勢。盗塁を重ね、ついに1点を挙げる。

そこから奇跡の快進撃が起こる。


う〜ん、この映画、予告編以上ではないです。
実はすごく期待して見に行ったんですよ。
でも焦点をあっちこっちにつけてしまって、全体がぼやけてしまいました。

カナダでの差別を描きたい、この間に真珠湾攻撃が起こってと、ラストも尻すぼみでした。

一人一人の家族の事情を掘り下げて、チームのみに焦点を当てていけばもっと面白かったと思います。


たしかに戦争を避けて通れない時代設定ですが、取ってつけたような、野村監督がしたような、データ野球。

実は2003年、このチームはカナダで野球殿堂入りを果たしているんですよ。
その碑には「BRAIN BASEBALL」(頭脳野球)となっているんで、そこにももっと焦点を当ててほしかったです。

せっかくの豪華キャストなんですから。

無駄なキャスト、約2名。
ユースケサンタマリアと、宮崎あおい。この2人、いらん。

史実にフィクションを加えて、戦後に再会とかあれば、もうちょっとスカッとしたかな?





出演者が豪華で驚きました

投稿日

2015/12/13

レビュアー

スヌーピー

実話だと思うと本当にせつなかったです。新天地を夢見たカナダで厳しい現実を突きつけられたんだなと思いました。野球だけじゃなく彼らの生活も知れて良かったです。野球を通じてようやく何かが変わろうとしていたときにあの事件が起こりこんなことになったんだと思うとせつなかったです。
ラストの収容所の移住は実話だからこんな残酷なんだと思いました。

出演者の演技も良くて特に父親役の佐藤浩市さんの演技良かったです。こういう役めずらしいなと思いました。エンドロールでのシーンは本当にせつなかったです。どんな気持ちだったのかなとか色々考えました。

6〜 10件 / 全15件