ウルヴァリン:SAMURAI

ウルヴァリン:SAMURAIの画像・ジャケット写真
ウルヴァリン:SAMURAI / 真田広之
全体の平均評価点:
(5点満点)

73

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ウルヴァリン:SAMURAI」 の解説・あらすじ・ストーリー

「X−MEN」シリーズの人気キャラクター“ウルヴァリン”を主人公に描くヒュー・ジャックマン主演の大ヒットSFアクション第2弾。異国の地・日本でミステリアスな出会いを果たしたウルヴァリンを待ち受ける過酷な運命と宿敵との壮絶な死闘を描く。日本各地で本格的なロケが敢行されたことでも話題に。日本人キャストには「ラスト サムライ」の真田広之のほか、モデルとして活躍するTAOと福島リラが参加。監督は「3時10分、決断のとき」のジェームズ・マンゴールド。余命わずかの旧友・矢志田に請われ、日本を訪れたウルヴァリンことローガン。やがて謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコを救い出し、一緒に逃避行を続ける中でいつしか恋に落ちるローガンだったが…。

「ウルヴァリン:SAMURAI」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: THE WOLVERINE

「ウルヴァリン:SAMURAI」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ウルヴァリン:SAMURAIの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR52504 2014年01月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
186枚 2人 6人

ウルヴァリン:SAMURAIのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】ウルヴァリン:SAMURAI〈3D〉(ブルーレイ)

  • 旧作

「X−MEN」シリーズの人気キャラクター“ウルヴァリン”を主人公に描くヒュー・ジャックマン主演の大ヒットSFアクション第2弾。異国の地・日本でミステリアスな出会いを果たしたウルヴァリンを待ち受ける過酷な運命と宿敵との壮絶な死闘を描く。日本各地で本格的なロケが敢行されたことでも話題に。日本人キャストには「ラスト サムライ」の真田広之のほか、モデルとして活躍するTAOと福島リラが参加。監督は「3時10分、決断のとき」のジェームズ・マンゴールド。余命わずかの旧友・矢志田に請われ、日本を訪れたウルヴァリンことローガン。やがて謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコを救い出し、一緒に逃避行を続ける中でいつしか恋に落ちるローガンだったが…。

収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語/(ロスレス)
2:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
3:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXM52504 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 1人

【Blu-ray】ウルヴァリン:SAMURAI(ブルーレイ)

  • 旧作

「X−MEN」シリーズの人気キャラクター“ウルヴァリン”を主人公に描くヒュー・ジャックマン主演の大ヒットSFアクション第2弾。異国の地・日本でミステリアスな出会いを果たしたウルヴァリンを待ち受ける過酷な運命と宿敵との壮絶な死闘を描く。日本各地で本格的なロケが敢行されたことでも話題に。日本人キャストには「ラスト サムライ」の真田広之のほか、モデルとして活躍するTAOと福島リラが参加。監督は「3時10分、決断のとき」のジェームズ・マンゴールド。余命わずかの旧友・矢志田に請われ、日本を訪れたウルヴァリンことローガン。やがて謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコを救い出し、一緒に逃避行を続ける中でいつしか恋に落ちるローガンだったが…。

収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語/(ロスレス)
2:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
3:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR52504 2014年01月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
89枚 4人 4人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:73件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全73件

寂寞のアダマンチウム

投稿日:2014/02/04 レビュアー:ビンス

ウルヴァリンを主人公としたX−メン・シリーズのスピンオフ第二弾。
この作品はシリーズを通して、ファイナル・ディシジョンに次ぐ興行成績を上げ
大ヒットしたらしいです。
ボクの中ではヒットと内容の面白さが比例しなくてガクンときましたけど。
やはりアメリカンを筆頭に外国人は日本などにおけるアジア要素
特に忍者だの刀だのが好きなんでしょうね。
外国でヒットするのも頷けるような気がします。
ストーリーとしては前半は面白かったです。
新幹線でのvsヤクザのバトルなんか手に汗握る感じが
圧倒的なスピード感と共に押し寄せて好感触。
しかし、結果的にここがクライマックスだったような気も・・
なんて、観終わった後に感じるのを防ぐことはできないような気がします。
後半は盛り上がりません。
色んなものが大掛かりになってるから余計にガクンときます。
まずもってウルヴァリン!
なんでそうなるの!!!!と
激しくツッコミたくなる恋模様。
はぁ!!!!!!!???????でした。
いやいやいやいや・・・ウルヴァリン。
なにをしとんねん!と
やること別にあるやんけ!と
なんかもう通り越して笑っちゃうほどです。
なに!?闇の共鳴?
お互いの暗い部分が鳴りあった?
というか、女性陣も
いかにも外国人が好きそうなアジアンビューティー。
美の基準はそれぞれなれど・・・
美しさとはなんだ・・と自問したくなるよな・・・
禅問答のような難解さ・・・
あまりに理解しがたい日本描写はありませんでしたが、
それにしても「日本人との感覚の違い」を見せつけられたようです。
でもですね。
面白くなくとも観たくなくとも
コレみないと始まらないんです。
例によって続いてるんです。
まもなく公開されるX−メン・ど真ん中シリーズに続いてるんです。
お約束のエンドロールで「席立っちゃダメよ」アンド「ストップボタン押しちゃダメよ」
続きのど真ん中シリーズはすこぶる期待できそうなので
ここは気楽に観て次作に備えましょう。
そして、スピンオフ第三弾もあるみたいですね・・・
そりゃあるよね。
大ヒットだもん。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

収穫は真田広之のガチアクションをハリウッド大作で拝めたことかな。

投稿日:2013/11/03 レビュアー:みむさん

ジャパンプレミア生ヒュー&真田(そのたキャスト)つきで見てきた。

元々ウルヴァリンシリーズがあまり好きじゃなかったこともあり
ハードルを超下げまくって観に行ったのが正解。

もう、くっちゃくちゃですよ(笑

かつて命をすくってあげた男が
ウルヴァリンを日本に呼ぶっていうことで
全編日本が舞台。

そこでその男の孫娘と恋に落ちたり、
恋に落ちた女の父がとんでもないツワモノだったりと、
ウルヴァリンさん忙しいんですが
正直あんまし集中してみるような映画じゃないんで、
ほけーっと見ててイイ感じ。

真田さんが日本の描写について
いろいろ監督に進言したっていってたけど、
もっとなんとかならなかったのかね〜!?
外国人にも楽しめるような日本の描写って
イコール、トンでも日本描写じゃないか・・・・(笑

外人がみたらそりゃ気にならないだろうけど、
日本人が見たら気になるところだらけだよ!

地理的におかしいところたくさんあるし(笑
その電車のってそこにつくの!?とか
新幹線乗ってたのにアレ!?とか
もうね、気になって仕方ない(笑

そのうえ増上寺であんなこと!!!!

そのへんツッコミながら見るとなかなか楽しい。

あと、マジメな見所はやはり真田広之だろうなあ。

アクション俳優だけあって、キレッキレだけど、
この人のガチのアクションをハリウッドの大作で見れるとは思わなかった。
あのバトルのシーンはヒュージャックマンに負けてないかっこよさ。

あとは、福島リラが意外にアクション合ってたってことかなあ。

逆に言うと、それ以外あまり印象に残るところがなかったデス。

私はシリーズ全体が苦手なんでこんな感想しか出てこないけど、
これ、シリーズ好きな人はどうなんだろうね。

映画単品とするとイマイチな感じは否めません。

ヒュー&真田鑑賞映画としてはいいかもです。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

安っぽさ全開の映画^^;

投稿日:2014/02/10 レビュアー:みなみ

なんだか全般的に安っぽさ漂う映画でしたね・・・

アクションは迫力あるし、
映像は、日本でロケしてるにもかかわらずビミョーに日本的じゃない感じが却って面白いんだけど、
ストーリーが単純すぎ。
日本人女優、しかも知らない人が大活躍してたのは嬉しかったですけどね。

スピンオフと言えども、あまりにもペラペラすぎたかな…
でも「ローンレンジャー」の直後に見たので、あれよりは面白かったです^^;

(以下、ちょっとネタバレ)

ラブホのくだりはちょっと笑いました。
3室しか空いてなくて、どれにするか?…私は当たりました(^_^)v

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

新幹線のシーンが気に入った。

投稿日:2014/09/12 レビュアー:oyoyo


期待小で観たこの映画。
特に、日本が舞台という点で期待していなかった。
しかし!首を傾げる所はあるが、まだマシじゃありませんか?
日本の描写。 
海外の映画が描いたとしては、まだまともに日本を描けてると思います。

前半、新幹線のシーンがスピード感あって良かったです。
ん?新幹線って屋根にパンタグラフ無かったっけ?
まあ、細かい所は大目にみましょうw

後半は、なんかグダグダ。クライマックスも盛り上がりません。
ってか、クライマックスはどこだったっけ?って感じ。

70点

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

おらおらー!ガイジンー!!

投稿日:2014/07/02 レビュアー:パンケーキレンズ

これは明らかに、ザ・番外編だろうし、観なくてもいいかな〜と思ったけど
『ナイト&デイ』のジェームズ・マンゴールド監督だったので、ちょいと拝見♪

最初に思ったのは、ショーン・コネリーの『007は二度死ぬ』を観たときに
感じたのと同じ感覚だったなwww
それに、映画の色が、とてもよく似てる
今も昔も、ジャパンと言えばコレ!みたいな・・・
そういうのは、ちっとも変わってないんだな〜なんて(^^;)

ショーン・コネリーのボンドも
ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンも
日本に生息させたら、とりあえずデカさが強調されるんですよねwww
日本家屋に足を踏み入れたら、「デカッ!」と何度言いたくなった事か
そしてお決まりの
ネオンに、ヤクザさんに、忍者に・・・
なんですけど
アクションシーンは、意外と面白かった♪
新幹線の屋根シーンも、ベタな障害物ファイトだけど

どこぞのだれぞか知らんヤクザさんも、何気にめっちゃ頑張ってるwww

ミュータントの数が明らかに少ない分
普通の人間がミュータントと対等に戦うという
そういう面白みがちょっとあって
それがまた、ヤクザさんと忍者だからね〜♪

「おらおらー!ガイジンー!」

「殺すぞー!デカいのー!」

っていう、アクション中のヤクザさんの野次が何気にツボwww

でもね、これ
よく考えたら、ウルヴァリンが日本で浮気する話なんですわ(爆)
ジーンにシバかれるよっ
フェニックスの呪いかけられるよっ
そういうウルヴァリンの軽さも、ショーン・コネリー(007)と被ったんだな〜w

ストーリーとしては面白かったし
登場人物が次々とウルヴァリンを前にして倒れていったりと
スッキリしてた印象♪

予想以上に楽しめました!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全73件

ウルヴァリン:SAMURAI