プリズナーズ

プリズナーズの画像・ジャケット写真

プリズナーズ / ヒュー・ジャックマン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

51

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「プリズナーズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「灼熱の魂」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールを主演に迎えて贈る緊迫のクライム・サスペンス。アメリカの田舎町を舞台に、何者かに掠われた6歳の少女の捜索を巡って、警察への捜査に不満を募らせ、自ら我が子を見つけ出そうと暴走していく父親の姿をスリリングに描き出していく。感謝祭の日、工務店を営むケラーの6歳になる愛娘が、隣人の娘と一緒に忽然と姿を消してしまう。警察は現場近くで目撃された怪しげなRV車を手がかりに、乗っていた青年アレックスを逮捕する。しかしアレックスは10歳程度の知能しかなく、まともな証言も得られないまま釈放の期限を迎えてしまう。一向に進展を見せない捜査に、指揮を執るロキ刑事への不満を募らせるケラーだったが…。 JAN:4988013059580

「プリズナーズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: PRISONERS

「プリズナーズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

大統領の執事の涙

卒業の朝

ブレイブ ワン

ヴァン・ヘルシング アニメーテッド

ユーザーレビュー:51件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全51件

囚われた人々

投稿日:2014/11/08 レビュアー:ポッシュ

いやぁ、これはなかなかイイ作品だと思いますよ。

とにかくロジャー・ディーキンスのカメラが素晴らしい!
彩度の低いしっとりした画(え)、場面毎にしっかり計算されている構図、
落ち着いたフィクスできっちり切り返す会話シーンなど、個人的にすごーく好きなカメラワーク。
「さぁ次のシーンはどう来る?どう来る?」ってワクワクさせられっぱなしで(笑)、
長尺ながら1秒たりとも飽きることがなかった。

BGM代わりに(?)もう1度最初から再生させながらレビューを書いていますが、
ふむふむ、最初の方に伏線がいっぱい散りばめられていたのだね。
「我らに罪を犯すものを我らが許すごとく、我らの罪をも許したまえ」という聖句。
娘が失くした赤いホイッスル。
「口笛を吹くと見つかるよ」
「常に備えよ。死に直面しても」・・・などのセリフ。上手いなぁ。

娘を助けたい一心でだんだん常軌を逸していく父親。彼に監禁され拷問される容疑者。
更に怪しい人物も現れ、翻弄される刑事。
真実はどこにあるのか?少女たちは何処にいるのか?果たして生きているのか?
謎が謎を呼び、目が離せない。

父親役のヒュー・ジャックマンは、思い込みの激しいワンマンな男がハマっていて良かった。
敬虔な信仰者でありながら容疑者に対してはあそこまで冷酷になれるっていうのも、
刑務所の看守だった父親の影響なのかなと納得できる。罪人に対しては容赦なかったのだろうと。

彼の友人テレンス・ハワードの曖昧な態度も、ジャックマンとは古い付き合いというか、
おそらく幼馴染(高校が一緒だったというセリフはある)で家族同然だったから、
親友の暴走を生ぬるく見逃してしまったんだろうと思える。

ジェイク・ギレンホールが優秀な刑事ってわりに「偶然」が多すぎるという指摘もありますが(苦笑)、
とにかく良く動いているから「偶然」を引き寄せているという感じもする。
頭脳派で分析や推理で捜査を進めていくタイプではないもんね。「少年院にいた」ってセリフもあったし、
現場でのし上がってきた叩き上げなんじゃないかな。だから勘と粘りが勝負。ひたすら取り調べのテープを
見続けているシーンも多かったし。こういうのってなんかドン臭く見えちゃうけど、小さな作業を疎かにしない
っていうのが本当に優秀な人の仕事ぶりなんじゃないかしらん。

まぁ、細かいツッコミどころは生温かくスルーして、丁寧に作られているその「手触り」を堪能したい作品かなーと思います。
うん、面白かった!

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

プリズナーズ

投稿日:2014/10/08 レビュアー:片山刑事

 娘さん2人が失踪して怪しい男を逮捕するけど証拠不十分で釈放されて、被害者のお父さんは納得できずに私的制裁を加えるけど。誰が真犯人かわからなくなっていく話。

 先が読めないミステリー映画としてとても面白く見ることができました。容疑者として挙がる人物たちがTHE怪しいという感じですが、決定的な証拠がないため犯人ではないのか? けど犯人っぽいし。と主人公が拉致してボッコボコに拷問していく。
 刑事さんも捜査を開始していろんな小道具やらが出てきてしだいに真相に近づいていく。

 宗教観が強くて宗教に馴染みのないニッポン人のボクが見たら、よくわからない部分があってもう1度見直してしまったりしてしまいました。そして整合性やリアリティを考えると突っ込みどころもあって、映画でしょうがないとはいえ警察無能すぎだし、刑事さんの捜査は棚からぼた餅で解決しちゃうしで見終わって疑問が残ってしまう映画でもありました。あとはひたすらネガな展開の映画なので見ててグッタリしてしまいました。
 とはいえヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、ポール・ダノ、マリア・ベロなど皆さんの演技が素晴らしくて150分という長い時間飽きずに見ることができました。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ヘビーでダークで、グロテスク。

投稿日:2014/10/08 レビュアー:カマンベール

まことにリアル。
近年、家の外で子供を遊ばせられない・・・といった状況にある。
隣から、街角から、車の中から、犯罪者は隙を伺っている。
一瞬で拐われて、監禁されて、生死は犯罪者の気持ち次第。

この映画のように犯罪が実行されたら、抗いようがない。
最初の頃、神父の事件が露見するが、神の言葉をしても止められない人間が居る
・・・という事か?
犯罪者は自分の信仰が裏切られたと感じたとき、神への挑発者となるのか?
ヒュー・ジャツクマンの父親役よりポール・ダノの青年の心理と行動に
興味を覚えた。
彼は、あそこ迄、ジャツクマンの暴力に耐え、真実を語らなかったのか?
本当のキーマンは彼では無いか?
真相を知っているのは、解決出来るのは彼しか居ない。
本当に知的障害者で理解出来てないのか?
実は彼の心の中こそ悪意と深い闇の中では?


このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

謎がいっぱい ネタバレ

投稿日:2014/10/19 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

すごく惹きこまれましたが、長いです!
でもって、いろいろばら撒かれた謎は
結局なんだったのでしょう?

・迷路の意味することは?
・ペンダントの模様の意味は?
・自殺した男と犯人とは全く関係なかったの?
・なんで自殺した男は、勝手に家に入ってこれたの?
・なんで自殺した男は少女たちの衣類を持っていたの?
・神父の犯罪は全く無関係と考えていいの?
・真犯人の動機も今一つよく判らなかった。単なる異常者?

とまあ、いろいろ私の中で解決されなくて・・・

父親の暴走は、娘を取り戻したい一心だということは判るものの、
あれはやり過ぎ。
そして母親は弱すぎ、警察は無能すぎ。
でも、後が気になる終わり方は好き。

あと、ちょっと気になったのはジェイク・ギレンホールのぽっこりお腹、シャツがはち切れそうだったよ(笑)

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

娘を誘拐された父親の狂気の行動vs刑事の沈着冷静な捜査◎ ネタバレ

投稿日:2014/10/08 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

”愛する娘を奪われた時 父が踏み越えた一線とは” (Byジャケ写)
ヒュー・ジャックマン主演による衝撃のクライムサスペンス。

感謝祭の日、2人の少女が失踪した。1人はケラー(ヒュー·ジャックマン)の娘アナ。
警察の捜査が開始される中、不審者として青年アレックスを拘束する。しかし、証拠不十分な上、知能の遅れもあり自白には至らず釈放された。
事件を担当するロッキー刑事(ジェイク·ギレンホール)は、情報捜査や不審者リストを捜査して周るが、進展がなく行き詰まる。
娘を思うあまり怒り狂ったケラーは、アレックスを誘拐犯と決めつけ監禁する。暴力や拷問を繰り返しそれは次第にエスカレートしていく。
ロッキー刑事は真犯人の捜査中、ケラーの不審な行動に気付き尾行する。その頃、アレックスが行方不明だと警察は捜索していた。
その後、ロッキー刑事がある男を誘拐容疑で逮捕し家宅捜索をする。地図を発見し娘たちを何処に隠したと尋問するが、口を割らない。
そんな中、尋問中に容疑者は警官から拳銃を奪い自殺した。誘拐犯人は、アレックスなのかその自殺した容疑者なのか・・・。
ラスト、沈着冷静に捜査するロッキー刑事が逮捕したのは?まさか・・・?! の誘拐犯でした。

この映画で、問題視されるのは、娘を誘拐された父親がとった行動です。それは、狂気の沙汰だとしか言いようがありません。
アレックスが誘拐犯だと確証がないのに勝手に決めつけ監禁し拷問するのは、許されない行為だと思います。
私は、もう一人の、娘を誘拐された父親の行動が正しいと思いました。彼も激しい怒りや憤りを感じ、嘆き苦しんだ筈です。
ラスト、事件は解決に至りますが、あのような結末はちょっとスッキリしませんが、「まぁ しょうがないかな」と思ってしまいました。。。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全51件

プリズナーズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:51件

囚われた人々

投稿日

2014/11/08

レビュアー

ポッシュ

いやぁ、これはなかなかイイ作品だと思いますよ。

とにかくロジャー・ディーキンスのカメラが素晴らしい!
彩度の低いしっとりした画(え)、場面毎にしっかり計算されている構図、
落ち着いたフィクスできっちり切り返す会話シーンなど、個人的にすごーく好きなカメラワーク。
「さぁ次のシーンはどう来る?どう来る?」ってワクワクさせられっぱなしで(笑)、
長尺ながら1秒たりとも飽きることがなかった。

BGM代わりに(?)もう1度最初から再生させながらレビューを書いていますが、
ふむふむ、最初の方に伏線がいっぱい散りばめられていたのだね。
「我らに罪を犯すものを我らが許すごとく、我らの罪をも許したまえ」という聖句。
娘が失くした赤いホイッスル。
「口笛を吹くと見つかるよ」
「常に備えよ。死に直面しても」・・・などのセリフ。上手いなぁ。

娘を助けたい一心でだんだん常軌を逸していく父親。彼に監禁され拷問される容疑者。
更に怪しい人物も現れ、翻弄される刑事。
真実はどこにあるのか?少女たちは何処にいるのか?果たして生きているのか?
謎が謎を呼び、目が離せない。

父親役のヒュー・ジャックマンは、思い込みの激しいワンマンな男がハマっていて良かった。
敬虔な信仰者でありながら容疑者に対してはあそこまで冷酷になれるっていうのも、
刑務所の看守だった父親の影響なのかなと納得できる。罪人に対しては容赦なかったのだろうと。

彼の友人テレンス・ハワードの曖昧な態度も、ジャックマンとは古い付き合いというか、
おそらく幼馴染(高校が一緒だったというセリフはある)で家族同然だったから、
親友の暴走を生ぬるく見逃してしまったんだろうと思える。

ジェイク・ギレンホールが優秀な刑事ってわりに「偶然」が多すぎるという指摘もありますが(苦笑)、
とにかく良く動いているから「偶然」を引き寄せているという感じもする。
頭脳派で分析や推理で捜査を進めていくタイプではないもんね。「少年院にいた」ってセリフもあったし、
現場でのし上がってきた叩き上げなんじゃないかな。だから勘と粘りが勝負。ひたすら取り調べのテープを
見続けているシーンも多かったし。こういうのってなんかドン臭く見えちゃうけど、小さな作業を疎かにしない
っていうのが本当に優秀な人の仕事ぶりなんじゃないかしらん。

まぁ、細かいツッコミどころは生温かくスルーして、丁寧に作られているその「手触り」を堪能したい作品かなーと思います。
うん、面白かった!

プリズナーズ

投稿日

2014/10/08

レビュアー

片山刑事

 娘さん2人が失踪して怪しい男を逮捕するけど証拠不十分で釈放されて、被害者のお父さんは納得できずに私的制裁を加えるけど。誰が真犯人かわからなくなっていく話。

 先が読めないミステリー映画としてとても面白く見ることができました。容疑者として挙がる人物たちがTHE怪しいという感じですが、決定的な証拠がないため犯人ではないのか? けど犯人っぽいし。と主人公が拉致してボッコボコに拷問していく。
 刑事さんも捜査を開始していろんな小道具やらが出てきてしだいに真相に近づいていく。

 宗教観が強くて宗教に馴染みのないニッポン人のボクが見たら、よくわからない部分があってもう1度見直してしまったりしてしまいました。そして整合性やリアリティを考えると突っ込みどころもあって、映画でしょうがないとはいえ警察無能すぎだし、刑事さんの捜査は棚からぼた餅で解決しちゃうしで見終わって疑問が残ってしまう映画でもありました。あとはひたすらネガな展開の映画なので見ててグッタリしてしまいました。
 とはいえヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、ポール・ダノ、マリア・ベロなど皆さんの演技が素晴らしくて150分という長い時間飽きずに見ることができました。

ヘビーでダークで、グロテスク。

投稿日

2014/10/08

レビュアー

カマンベール

まことにリアル。
近年、家の外で子供を遊ばせられない・・・といった状況にある。
隣から、街角から、車の中から、犯罪者は隙を伺っている。
一瞬で拐われて、監禁されて、生死は犯罪者の気持ち次第。

この映画のように犯罪が実行されたら、抗いようがない。
最初の頃、神父の事件が露見するが、神の言葉をしても止められない人間が居る
・・・という事か?
犯罪者は自分の信仰が裏切られたと感じたとき、神への挑発者となるのか?
ヒュー・ジャツクマンの父親役よりポール・ダノの青年の心理と行動に
興味を覚えた。
彼は、あそこ迄、ジャツクマンの暴力に耐え、真実を語らなかったのか?
本当のキーマンは彼では無いか?
真相を知っているのは、解決出来るのは彼しか居ない。
本当に知的障害者で理解出来てないのか?
実は彼の心の中こそ悪意と深い闇の中では?


謎がいっぱい

投稿日

2014/10/19

レビュアー

飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

すごく惹きこまれましたが、長いです!
でもって、いろいろばら撒かれた謎は
結局なんだったのでしょう?

・迷路の意味することは?
・ペンダントの模様の意味は?
・自殺した男と犯人とは全く関係なかったの?
・なんで自殺した男は、勝手に家に入ってこれたの?
・なんで自殺した男は少女たちの衣類を持っていたの?
・神父の犯罪は全く無関係と考えていいの?
・真犯人の動機も今一つよく判らなかった。単なる異常者?

とまあ、いろいろ私の中で解決されなくて・・・

父親の暴走は、娘を取り戻したい一心だということは判るものの、
あれはやり過ぎ。
そして母親は弱すぎ、警察は無能すぎ。
でも、後が気になる終わり方は好き。

あと、ちょっと気になったのはジェイク・ギレンホールのぽっこりお腹、シャツがはち切れそうだったよ(笑)

娘を誘拐された父親の狂気の行動vs刑事の沈着冷静な捜査◎

投稿日

2014/10/08

レビュアー

mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

”愛する娘を奪われた時 父が踏み越えた一線とは” (Byジャケ写)
ヒュー・ジャックマン主演による衝撃のクライムサスペンス。

感謝祭の日、2人の少女が失踪した。1人はケラー(ヒュー·ジャックマン)の娘アナ。
警察の捜査が開始される中、不審者として青年アレックスを拘束する。しかし、証拠不十分な上、知能の遅れもあり自白には至らず釈放された。
事件を担当するロッキー刑事(ジェイク·ギレンホール)は、情報捜査や不審者リストを捜査して周るが、進展がなく行き詰まる。
娘を思うあまり怒り狂ったケラーは、アレックスを誘拐犯と決めつけ監禁する。暴力や拷問を繰り返しそれは次第にエスカレートしていく。
ロッキー刑事は真犯人の捜査中、ケラーの不審な行動に気付き尾行する。その頃、アレックスが行方不明だと警察は捜索していた。
その後、ロッキー刑事がある男を誘拐容疑で逮捕し家宅捜索をする。地図を発見し娘たちを何処に隠したと尋問するが、口を割らない。
そんな中、尋問中に容疑者は警官から拳銃を奪い自殺した。誘拐犯人は、アレックスなのかその自殺した容疑者なのか・・・。
ラスト、沈着冷静に捜査するロッキー刑事が逮捕したのは?まさか・・・?! の誘拐犯でした。

この映画で、問題視されるのは、娘を誘拐された父親がとった行動です。それは、狂気の沙汰だとしか言いようがありません。
アレックスが誘拐犯だと確証がないのに勝手に決めつけ監禁し拷問するのは、許されない行為だと思います。
私は、もう一人の、娘を誘拐された父親の行動が正しいと思いました。彼も激しい怒りや憤りを感じ、嘆き苦しんだ筈です。
ラスト、事件は解決に至りますが、あのような結末はちょっとスッキリしませんが、「まぁ しょうがないかな」と思ってしまいました。。。

6〜 10件 / 全51件