ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3

ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3の画像・ジャケット写真

ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3 / クリス・オドネル

全体の平均評価点:(5点満点)

14

全体の平均評価点:

DVD

「ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

海軍犯罪捜査局(NCIS)の特別部隊・潜入課メンバーの活躍を描いたサスペンスアクションの第3シーズン第11巻。天然痘の病原体を盗んだプロドマン博士。LAチームは彼の乗った飛行機を押さえられず、博士を見失ってしまう。第21話と第22話を収録。

「ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: NCIS: LOS ANGELES

「ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

HEROES/ヒーローズ シーズン1

殺人を無罪にする方法 シーズン2

BONES−骨は語る− シーズン7

エージェント・オブ・シールド シーズン1

ユーザーレビュー:14件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全14件

無敵のヘティ(VOL10のレビュー) ネタバレ

投稿日:2015/07/20 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

作戦室でゲームをするエリック。
ヘティに隠れて遊ぶなんて肝が据わっている?
でも結局みつかるんですよねぇ。。。
謎のプレイヤー【ホットショット7】に滅多打ちにされて凹むエリック。
その上、その【ホットショット7】の正体がヘティだと知ってびっくり( ̄□ ̄ゞ)
ヘティって何でもできるんだなぁ。。。



今回のゲスト。
第19話【大儀】
ウェスターマンは【グッド・ワイフ】のマタン・ブロディ。
グリーンは【ヴァンパイア・ダイアリーズ】のマドックス。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

みんな負けず嫌い(VOL9のレビュー)

投稿日:2015/07/20 レビュアー:ぽんぽん玉

こういう仕事をしていると、みんな負けず嫌いになるのだろうか。
今回、バスケをしていたメンバー達。
【俺のチーム】という言葉に敏感に反応する面々^^;
結局、サム・カレン・ネルvsディークス・ケンジー・エリックの戦いとなるのだ。
まぁ、当然ヘティは審判なんだけど、意地になる面々はまるで子供みたいです^^;




今回のゲスト。
第17話【父親2】
ジュリアは【ゴシップ・ガール】のエリザベス・フィッシャー。
第18話【身売】
ビンは【LOST】のチャン博士。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

好敵手?(VOL8のレビュー) ネタバレ

投稿日:2015/07/17 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

半年前の事件が蒸し返される第15話。
インターポールのカルストロムはギャングのボスであるデグラモンを追っていたが、彼はは半年前にカレン達によって葬られていた。
唯一の生存者である運転手に話を聞く為に刑務所を訪れるものの、服役していたのは別人。
本物のデグラモンを見付ける為に奔走するというストーリー。
このデグラモンなる人物、姿を変え、繰り返しカレン達の前に登場。完全にバカにしてます。。。
全体的には、つかみ所のないデグラモンを追うという、新たな軸ともなりそうな設定ですが、見終わった感想としては今ひとつ。。。(-_-;)
結局は逆恨みなわけだし、これから先、どれだけカレン達を悩ませてくれるのか?。。。と、期待できるほどではありませんでした^^;



今回のゲスト。
第15話【変貌】
カルストロムは【プリズン・ブレイク】のアブルッチ。
第16話【父親】
ハリスは【スキャンダル】のホリス・ドイル。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

相棒(VOL7のレビュー)

投稿日:2015/07/10 レビュアー:ぽんぽん玉

相棒になって5周年を迎えるサムとカレン。
そこへ飛び込んできたのは、外交貨物の強奪事件。容疑者とされた2人は10年来の相棒で、お互いをかばい合うのだ。
長い間、命を預け合ってきた相棒の絆は強い。サムとカレンの関係との共通点が絆の強さを感じさせます。
それと同時に、未だしっくりこないディークスとケンジーの関係が同時進行で描かれ、面白いです。
この2人の絆が完全に出来上がるのはいつになるのでしょうね。
いや、この関係こそが2人にとって完璧なのかも^^;



今回のゲスト。
第13話【葛藤】
バクリは【ボーンズ】のビクター・スターク。
モンタルバンは【チューダーズ】の大使チャールズ。
第14話【擁護】
ダイアンは【CSI:マイアミ】のマリソル・デルコ。
ロジャーは【メンタリスト】のウォルター・マッシュバーン。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱり家族持ち!(VOL5のレビュー)

投稿日:2015/07/10 レビュアー:ぽんぽん玉

スーダンで、独裁者の不正を暴く為に妹に近づくサム。
恋仲になってアメリカへの亡命を勧めるサム。
無事にアメリカに連れ帰ったものの、サムの正体を知り、裏切りととられてしまうのだ。
これってとても切ない。
もしも、何も気持ちがなかったら危険を冒してまでジェイダを出国させたりしなかったはず。
恋愛感情はなかったにしても、心配する気持ちは十分にあったんだけどね。
それを理解してもらうには何年もかかるのでしょう。
そして、ここにきてサムがカミングアウト!
やっぱり家族がいたのね。
ジェイダへの対応との対比が更に切ないです。




今回のゲスト。
第10話【駆引】
ベイツは【レボリューション】のウェイン・ラムジー。
タリーは【プリティ・リトル・ライアーズ シーズン3】のダイアン・フィッツジェラルド。
クインは【Dr.ハウス】のルーカス・ダグラス。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全14件

ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:14件

無敵のヘティ(VOL10のレビュー)

投稿日

2015/07/20

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

作戦室でゲームをするエリック。
ヘティに隠れて遊ぶなんて肝が据わっている?
でも結局みつかるんですよねぇ。。。
謎のプレイヤー【ホットショット7】に滅多打ちにされて凹むエリック。
その上、その【ホットショット7】の正体がヘティだと知ってびっくり( ̄□ ̄ゞ)
ヘティって何でもできるんだなぁ。。。



今回のゲスト。
第19話【大儀】
ウェスターマンは【グッド・ワイフ】のマタン・ブロディ。
グリーンは【ヴァンパイア・ダイアリーズ】のマドックス。

みんな負けず嫌い(VOL9のレビュー)

投稿日

2015/07/20

レビュアー

ぽんぽん玉

こういう仕事をしていると、みんな負けず嫌いになるのだろうか。
今回、バスケをしていたメンバー達。
【俺のチーム】という言葉に敏感に反応する面々^^;
結局、サム・カレン・ネルvsディークス・ケンジー・エリックの戦いとなるのだ。
まぁ、当然ヘティは審判なんだけど、意地になる面々はまるで子供みたいです^^;




今回のゲスト。
第17話【父親2】
ジュリアは【ゴシップ・ガール】のエリザベス・フィッシャー。
第18話【身売】
ビンは【LOST】のチャン博士。

好敵手?(VOL8のレビュー)

投稿日

2015/07/17

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

半年前の事件が蒸し返される第15話。
インターポールのカルストロムはギャングのボスであるデグラモンを追っていたが、彼はは半年前にカレン達によって葬られていた。
唯一の生存者である運転手に話を聞く為に刑務所を訪れるものの、服役していたのは別人。
本物のデグラモンを見付ける為に奔走するというストーリー。
このデグラモンなる人物、姿を変え、繰り返しカレン達の前に登場。完全にバカにしてます。。。
全体的には、つかみ所のないデグラモンを追うという、新たな軸ともなりそうな設定ですが、見終わった感想としては今ひとつ。。。(-_-;)
結局は逆恨みなわけだし、これから先、どれだけカレン達を悩ませてくれるのか?。。。と、期待できるほどではありませんでした^^;



今回のゲスト。
第15話【変貌】
カルストロムは【プリズン・ブレイク】のアブルッチ。
第16話【父親】
ハリスは【スキャンダル】のホリス・ドイル。

相棒(VOL7のレビュー)

投稿日

2015/07/10

レビュアー

ぽんぽん玉

相棒になって5周年を迎えるサムとカレン。
そこへ飛び込んできたのは、外交貨物の強奪事件。容疑者とされた2人は10年来の相棒で、お互いをかばい合うのだ。
長い間、命を預け合ってきた相棒の絆は強い。サムとカレンの関係との共通点が絆の強さを感じさせます。
それと同時に、未だしっくりこないディークスとケンジーの関係が同時進行で描かれ、面白いです。
この2人の絆が完全に出来上がるのはいつになるのでしょうね。
いや、この関係こそが2人にとって完璧なのかも^^;



今回のゲスト。
第13話【葛藤】
バクリは【ボーンズ】のビクター・スターク。
モンタルバンは【チューダーズ】の大使チャールズ。
第14話【擁護】
ダイアンは【CSI:マイアミ】のマリソル・デルコ。
ロジャーは【メンタリスト】のウォルター・マッシュバーン。

やっぱり家族持ち!(VOL5のレビュー)

投稿日

2015/07/10

レビュアー

ぽんぽん玉

スーダンで、独裁者の不正を暴く為に妹に近づくサム。
恋仲になってアメリカへの亡命を勧めるサム。
無事にアメリカに連れ帰ったものの、サムの正体を知り、裏切りととられてしまうのだ。
これってとても切ない。
もしも、何も気持ちがなかったら危険を冒してまでジェイダを出国させたりしなかったはず。
恋愛感情はなかったにしても、心配する気持ちは十分にあったんだけどね。
それを理解してもらうには何年もかかるのでしょう。
そして、ここにきてサムがカミングアウト!
やっぱり家族がいたのね。
ジェイダへの対応との対比が更に切ないです。




今回のゲスト。
第10話【駆引】
ベイツは【レボリューション】のウェイン・ラムジー。
タリーは【プリティ・リトル・ライアーズ シーズン3】のダイアン・フィッツジェラルド。
クインは【Dr.ハウス】のルーカス・ダグラス。

6〜 10件 / 全14件