セブン・サイコパス

セブン・サイコパスの画像・ジャケット写真

セブン・サイコパス / コリン・ファレル

全体の平均評価点:(5点満点)

16

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「セブン・サイコパス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

アイルランドの劇作家マーティン・マクドナーが、監督デビュー作「ヒットマンズ・レクイエム」に続いて再びコリン・ファレル主演で描くクライム・コメディ。スランプ中の脚本家が、お節介な悪友のせいで危険な裏社会へと巻き込まれていくさまを、ユーモアとバイオレンスを織り交ぜ軽妙に綴る。共演はクリストファー・ウォーケン、サム・ロックウェル、ウディ・ハレルソン、トム・ウェイツ。アメリカ、ロサンジェルス。脚本家のマーティは「セブン・サイコパス」というタイトルだけが決まっている作品の執筆を請け負うが、1行も書けないまま締め切りだけが迫ってくる。そこで見かねた親友の売れない俳優ビリーは、ネタ集めにと“サイコパス(イカれた奴)募集”の新聞広告を勝手に出してしまうのだが…。 JAN:4532640315016

「セブン・サイコパス」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: イギリス
原題: SEVEN PSYCHOPATHS

「セブン・サイコパス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス

ヒッチコック

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート

ノーカントリー

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全16件

これは、サム・ロックウェルの珍走に尽きる(笑)

投稿日:2014/04/04 レビュアー:MM3

これ一応主役はコリンファレルなんだろう。

だけど、完全にサムロックウェルの映画じゃないか(笑

サムが演じるビリー、
見た目はフツーなのに、
なにかイカレてる、
なにかズレてる。

おかしな人のやることはほんとに予想がつかない(笑

そこでそれ!?みたいな行動多々。

ビリーの友人でもあるマーティは振り回されっぱなし。
コリンファレルの下がった太眉が、
余計に困ってあたふたした様子を増幅させる(笑

「セブン・サイコパス」とはマーティが執筆してる脚本のタイトルであり、
劇中も脚本の内容と現実に起きてることが入り乱れ、
かつオフビートな独特のテンポであるため、
合わない人は合わないだろうな、という印象。

わたしも正直テンポは悪いかなあ、と思いましたが、
それよりも、
ビリーのあのズレた会話とおかしな行動が
ツボにはいってしまい、意外と楽しめた。

他にも
クリストファー・ウォーケン、
ウディ・ハレルソン、
トム・ウェイツ、
オルガ・キュリレンコ
など結構な豪華キャスト
しかも、無駄遣いレベルのチョイ出演もあり(笑

ウォーケンのキャラもちょっとおかしくて良かった。

サムロックウェルはこの映画では
ほんと、ちょいと前のゲイリーオールドマンぽかった。

アメイジング・ハイウェイでのゲイリーを
思い出す、
あのニコニコしながらおかしな男を
生き生き演じてた。

突然のバイオレンス描写もあり、
好き嫌いの分かれる映画かもしれませんが、
私は意外に好き。

思い出したら同じ監督の
「ヒットマンズ・レクイエム」も面白かったもんなあ。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

哲学なのか俺が馬鹿なのか!つまらなかったなから

投稿日:2017/02/07 レビュアー:ムービードリンク

セブンサイコパス

カリフォルニア州ロスアンゼルス
犯罪クライムコメディー



『セブンサイコパス』と言うタイトルで映画の脚本を書くことに決めている主人公。

しかし題名しか決まっていない状況で締切も過ぎている。

なにを考えているか解らない友人が主人公の為新聞にサイコパスの体験エピソードを募集した。

友人がマフィアのボスのペットを盗んだ事からゴタゴタに巻き込まれる主人公。
巻き込まれながらも脚本作りに協力?する仲間。

43点。 つまらなない。みなくて良いと思います。


イマイチな点。
何を考えているか解らない友人とその友人!
自分の言いたい事言ってるだけ!マジで!
★彡哲学なのか?全く伝わらない。

良かった点。
マフィアのハレルソンさんは味があって良かった。★彡若干可愛くも見えました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

セブン・サイコパス ネタバレ

投稿日:2014/10/13 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 脚本家が新作を書けなくて親友の役者が新聞にサイコパス募集の広告を載せる。それによって集まってくるサイコパスたち。それと犬を盗んでそれで商売をしている仲間たちもいて、犬を盗まれたマフィアとの抗争も入ってきて。

 とにかく喋る喋る登場人物たち。映画ではなく舞台演出を見ているかのような映画であり、更に執拗なバイオレンスシーンの連続で血しぶきや火だるま、頭部爆発とえらいことになってます。
 ストーリーはサム・ロックウェルさん演じる主人公の親友のテンションの高さで持っていく展開ですが、回想も入りなおかつ主人公が考えてる脚本の映像化の妄想も入り、今何をしているのかが見づらくなる構成。

 登場人物全員に悲しい過去やら何やらが配置されてますが、果たして効果があったのかが謎で。マフィアから逃げるという展開より中盤から砂漠で3人きりになり延々とぶっ飛んだ行動をする人たちの会話を見せられて果たしてどうしたらいいのか戸惑う内容でした。
 虚実入り乱れて人がたくさん死んで、それをおふびーとな笑いでくるんでるのはわかる。けど、この映画のテーマは一体何なんだろう? と。

 ネタがない脚本家の悩みって何だろう。奥さんが酷いことになったクリストファー・ウォーケンの復讐心はどこへいったのだろう。
 サイコパスの全員が自分のためではなく相手のために行動するというのは感動できるポイントかもしれないですが、テキスト量の多さにぐったりしてしまう映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

マクドナー!

投稿日:2014/05/30 レビュアー:ちゃず

監督・脚本のマーティン・マクドナーって世界の演劇界ではめちゃめちゃ有名な人なんだけどなー。ヒットマンズ・レクイエムに続く長編第二作はやはりブラックコメディ。前作が「何か面白い」と思った人にはおすすめですが、典型的なハリウッド映画に対する皮肉のような映画なので、何しろ「知ってる」展開にならない!主役のコリン・ファレルだって全編受身の役回りで、見たこと無いほど活発に動く眉毛がとても効果的です。ミッキー・ロークはマクドナーに腹を立てておりてしまったらしいけど、出演しているクセのある役者さんたちは皆のびのびしている感じ。皮肉・風刺を込めながら暴力的でもあり、しかも楽しめる作品になっているところが現在最高の劇作家の一人と目されるマクドナーの技量なのではないでしょうか。何度か観たい作品です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

なんだこりゃww

投稿日:2014/05/06 レビュアー:

映画自体はしょーもないんだけど、主役のコリン・ファレルより、明らかにサム・ロックウェルの映画。
クリーンマイルでのワイルドビル役の人でしたね。逝っちゃってる役がうまいなぁ。

俳優陣がそこそこ豪華なのと、なんだかんだ言いながらも最後まで見れました。

嫌いじゃないけど、出来栄えのいい映画ではないし、何気にグロだし、好き嫌いが別れる映画ではないでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全16件

セブン・サイコパス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:16件

これは、サム・ロックウェルの珍走に尽きる(笑)

投稿日

2014/04/04

レビュアー

MM3

これ一応主役はコリンファレルなんだろう。

だけど、完全にサムロックウェルの映画じゃないか(笑

サムが演じるビリー、
見た目はフツーなのに、
なにかイカレてる、
なにかズレてる。

おかしな人のやることはほんとに予想がつかない(笑

そこでそれ!?みたいな行動多々。

ビリーの友人でもあるマーティは振り回されっぱなし。
コリンファレルの下がった太眉が、
余計に困ってあたふたした様子を増幅させる(笑

「セブン・サイコパス」とはマーティが執筆してる脚本のタイトルであり、
劇中も脚本の内容と現実に起きてることが入り乱れ、
かつオフビートな独特のテンポであるため、
合わない人は合わないだろうな、という印象。

わたしも正直テンポは悪いかなあ、と思いましたが、
それよりも、
ビリーのあのズレた会話とおかしな行動が
ツボにはいってしまい、意外と楽しめた。

他にも
クリストファー・ウォーケン、
ウディ・ハレルソン、
トム・ウェイツ、
オルガ・キュリレンコ
など結構な豪華キャスト
しかも、無駄遣いレベルのチョイ出演もあり(笑

ウォーケンのキャラもちょっとおかしくて良かった。

サムロックウェルはこの映画では
ほんと、ちょいと前のゲイリーオールドマンぽかった。

アメイジング・ハイウェイでのゲイリーを
思い出す、
あのニコニコしながらおかしな男を
生き生き演じてた。

突然のバイオレンス描写もあり、
好き嫌いの分かれる映画かもしれませんが、
私は意外に好き。

思い出したら同じ監督の
「ヒットマンズ・レクイエム」も面白かったもんなあ。

哲学なのか俺が馬鹿なのか!つまらなかったなから

投稿日

2017/02/07

レビュアー

ムービードリンク

セブンサイコパス

カリフォルニア州ロスアンゼルス
犯罪クライムコメディー



『セブンサイコパス』と言うタイトルで映画の脚本を書くことに決めている主人公。

しかし題名しか決まっていない状況で締切も過ぎている。

なにを考えているか解らない友人が主人公の為新聞にサイコパスの体験エピソードを募集した。

友人がマフィアのボスのペットを盗んだ事からゴタゴタに巻き込まれる主人公。
巻き込まれながらも脚本作りに協力?する仲間。

43点。 つまらなない。みなくて良いと思います。


イマイチな点。
何を考えているか解らない友人とその友人!
自分の言いたい事言ってるだけ!マジで!
★彡哲学なのか?全く伝わらない。

良かった点。
マフィアのハレルソンさんは味があって良かった。★彡若干可愛くも見えました。

セブン・サイコパス

投稿日

2014/10/13

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 脚本家が新作を書けなくて親友の役者が新聞にサイコパス募集の広告を載せる。それによって集まってくるサイコパスたち。それと犬を盗んでそれで商売をしている仲間たちもいて、犬を盗まれたマフィアとの抗争も入ってきて。

 とにかく喋る喋る登場人物たち。映画ではなく舞台演出を見ているかのような映画であり、更に執拗なバイオレンスシーンの連続で血しぶきや火だるま、頭部爆発とえらいことになってます。
 ストーリーはサム・ロックウェルさん演じる主人公の親友のテンションの高さで持っていく展開ですが、回想も入りなおかつ主人公が考えてる脚本の映像化の妄想も入り、今何をしているのかが見づらくなる構成。

 登場人物全員に悲しい過去やら何やらが配置されてますが、果たして効果があったのかが謎で。マフィアから逃げるという展開より中盤から砂漠で3人きりになり延々とぶっ飛んだ行動をする人たちの会話を見せられて果たしてどうしたらいいのか戸惑う内容でした。
 虚実入り乱れて人がたくさん死んで、それをおふびーとな笑いでくるんでるのはわかる。けど、この映画のテーマは一体何なんだろう? と。

 ネタがない脚本家の悩みって何だろう。奥さんが酷いことになったクリストファー・ウォーケンの復讐心はどこへいったのだろう。
 サイコパスの全員が自分のためではなく相手のために行動するというのは感動できるポイントかもしれないですが、テキスト量の多さにぐったりしてしまう映画でした。

マクドナー!

投稿日

2014/05/30

レビュアー

ちゃず

監督・脚本のマーティン・マクドナーって世界の演劇界ではめちゃめちゃ有名な人なんだけどなー。ヒットマンズ・レクイエムに続く長編第二作はやはりブラックコメディ。前作が「何か面白い」と思った人にはおすすめですが、典型的なハリウッド映画に対する皮肉のような映画なので、何しろ「知ってる」展開にならない!主役のコリン・ファレルだって全編受身の役回りで、見たこと無いほど活発に動く眉毛がとても効果的です。ミッキー・ロークはマクドナーに腹を立てておりてしまったらしいけど、出演しているクセのある役者さんたちは皆のびのびしている感じ。皮肉・風刺を込めながら暴力的でもあり、しかも楽しめる作品になっているところが現在最高の劇作家の一人と目されるマクドナーの技量なのではないでしょうか。何度か観たい作品です。

なんだこりゃww

投稿日

2014/05/06

レビュアー

映画自体はしょーもないんだけど、主役のコリン・ファレルより、明らかにサム・ロックウェルの映画。
クリーンマイルでのワイルドビル役の人でしたね。逝っちゃってる役がうまいなぁ。

俳優陣がそこそこ豪華なのと、なんだかんだ言いながらも最後まで見れました。

嫌いじゃないけど、出来栄えのいい映画ではないし、何気にグロだし、好き嫌いが別れる映画ではないでしょうか?

6〜 10件 / 全16件