SHORT PEACE

SHORT PEACEの画像・ジャケット写真

SHORT PEACE / 春名風花

全体の平均評価点:(5点満点)

11

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

「SHORT PEACE」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

“日本”をテーマにした四つの短編アニメーションで構成されるオムニバス作品。監督は「AKIRA」の大友克洋をはじめ「FREEDOM」の森田修平、「鉄コン筋クリート」の安藤裕章、「ガンダム」のメカニックデザインで知られるカトキハジメが担当。日本を代表するトップクリエイターたちによる“奇跡の饗宴”がついに実現。<BR> 「火要鎮」――大友克洋監督作。18世紀の江戸を舞台に、商家の娘お若と幼なじみの松吉との、結ばれない愛が引き起こす大惨事を描く。「九十九」――森田修平監督作。18世紀の山中で男が見つけた小さな祠は、捨てられた道具や着物の住む別世界につながっていた。「GAMBO」――安藤裕章監督作。16世紀末の東北地方。寒村に暮らす少女カオと出会った白く巨大な熊が、鬼のような化け物と激闘を繰り広げる。「武器よさらば」――カトキハジメ監督作。近未来の東京を舞台に、パワードスーツで武装した小隊に訪れる危機を描く。

「SHORT PEACE」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「SHORT PEACE」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

FREEDOM 特別編 FREEDOM SEVEN

Genius Party Beyond

東京喰種トーキョーグール√A

MEMORIES

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全11件

割と楽しめた

投稿日:2014/02/03 レビュアー:uti

殆どアニメは見ない私ですが大友だけは別物感をもっております。
ということでこの作品も手に取りました。
大友作品というわけでなくて大友周辺のクリエイターの作品集、という感じですね
楽しめましたよ

OPENING
森本晃司のやっつけ仕事。
この人の最近の仕事 同じようなイメージの使い回しで
もういいよって思う。

九十九
主人公が歌舞伎役者みたいな顔で
仕事道具からして何の仕事しているのか謎
あとなんであんな森の中の神社に
物の怪が入り込んで来たのかよくわからない
けどストーリーは日本人古来の感性をうまく表しており
短い中に起承転結がちゃんとあり和の作風によくマッチしている

火要鎮
絵はピカイチで綺麗
キャラは大友じゃないの?って思ったけど
和風の絵にはこの絵がマッチしてよかった。
話はふくらませようが合ったと思うけど
オチがなにもない。
この人AKIRAのイメージを払拭したいのかな、と感じた。

GAMBO
CMでみたけど絵がアニメっぽくて
これが大友の作品に入るのか、、て思ったけど
割と面白かった。鬼が恐い。

武器よさらば
絵も綺麗だし話も面白い。
これだけパワースーツ戦闘みせといてこのオチかいって感じで
そこがいい。
昔の大友はこういう面白いストーリー作ってたのに
火要鎮含め最近どーなんだろ







このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

SHORT PEACE ネタバレ

投稿日:2014/10/14 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 4作品ともそれぞれ見応えがあり日本の伝統をモチーフにしつつ最新の技術で描いたアニメーションで楽しめました。
 けど、全部15分ほどで、ヴィジュアルはどれも凄いけど。これまでのアニメーションと似たようなもので新鮮味を感じることができなかったです。

 ●【九十九】
 祠で休もうとした旅人がごみとなってしまったお化けに襲われてひたすら修理していく話。
 CGで作られた世界の中での日本昔話のような内容でわかりやすく楽しめました。

 ●【火要鎮】
 火消しの男に恋をした箱入り娘が火事を起こして……な話。
 巻物の上で絵が動いているという演出で時間経過を表す序盤から一気に惹きつけられるものでした。着物をCGで表現していてこれまた話は王道のものを新しいヴィジュアルで見せてくれるものでした。火消しの仕事なんかも結構詳しく描かれていて面白かったです。

 ●【GAMBO】
 村を襲って娘たちをさらう鬼と白熊の戦いの話。
 ひたすら白熊と鬼のプロレスを見せつけるもので、少女を何故白熊が守ろうとするのかとかよくわからず。ただただバイオレンス。さらわれた娘さんが鬼の子を孕んでるカットとか気持ち悪かったです。
 後はただただ殴り合いの映像。

 ●【武器よさらば】
 近未来の東京で不発弾とか危険な武器を回収するおじさんたちの話。
 パワードスーツを着たおじさんたちが無人兵器を倒すという内容で、様々な兵器や戦術が出てきて目まぐるしいアクションで面白かったです。ひたすら無人兵器を倒すというミッションの男たちで短編で登場人物の説明もしてないけれど個性を少なからずつけていてちゃんと誰が誰だかわかるものになっているのもよかったです。

 ただやっぱり尺が短くしっかりと起承転結あるものもなかったりして、短編という難しさを改めて再確認できる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

絵は綺麗。それだけ。

投稿日:2014/06/19 レビュアー:ひで

絵は確かに綺麗です。
3Dで作成したキャラクタの動きは、モーションキャプチャしているようで自然です。
でもそれだけです。
短編作品の集まりですが、それぞれに感動するものがありません。
見ているのが退屈になってきます。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

長いCMみたい

投稿日:2014/06/05 レビュアー:クロ

 基本的にすべての作品で、登場人物のセリフに意味はない。実際、登場人物が何をしゃべっているのか良く聞き取れなかったし、分かったところで大して考え抜かれたセリフはないのだろう。シナリオに期待することもなく、ただ映像がどう流れるのかだけを見るだけで満足、と考えれば、ありだと思う。
 むしろ全部、本編が始まる前のコマーシャルだと思えば、すごくよくできている。

 1作目、2作目は、外国人が好きそうな「和風総本家」。2作目の絵巻物を動かすあたりが面白かった。

 3作目は、鬼がグロい。デブで禿げで、体臭がきつくて、頭が悪いくせに、力だけは強いという嫌われ要素満点。「世の中の人、誰が見ても『こいつ嫌い』というキャラクターを描いて」といったら、あんな感じになるのかなと思った。映像的には、悪の鬼対正義の白熊の戦闘シーンをいかに見せるか。ほとんど肉弾戦という、ヘビー級の格闘技を見ているようだった。ひたすら締め技で白熊の首をへし折ろうとする鬼に、白熊が噛み付いたりして抵抗する。うわーって思ってたら終わっちゃった。

 4作目は、無人兵器が強すぎ。今でも、米軍が開発した無人攻撃機があるけど、標的の選定やミサイルの発射などは人間がやる仕組みになっている。映像では、敵の選定から、ミサイルの発射までがすべてコンピューター判断。しかも、動力源が不明だが、長時間の戦闘行動が可能な模様。それって技術的に無理じゃね?と思いながらも、見せ所は、そこではない。その無人機を破壊する人間側の近未来武器の性能。こちらは、実際に使われいそうなものばかり。個人的には、空中に飛ばして空からの映像をリアルタイムで兵士に送り、あげく最終的にはミサイルとなって飛んでいく兵器の性能がすごいと思った。対戦車用の兵器としてスゴすぎ。面白かった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

大友の

投稿日:2014/03/05 レビュアー:たそがれ

名前がなければ、見たかどうかでしょうね。見た結果は、いまいちかな。映像は凝っていますが、短編のためかストーリーがいまいち。内容が薄くて何を言いたいのか分からない。最後の「武器よさらば」は、良かったですが。結局、「アキラ」の遺産で出来た作品かな。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全11件

SHORT PEACE

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:11件

割と楽しめた

投稿日

2014/02/03

レビュアー

uti

殆どアニメは見ない私ですが大友だけは別物感をもっております。
ということでこの作品も手に取りました。
大友作品というわけでなくて大友周辺のクリエイターの作品集、という感じですね
楽しめましたよ

OPENING
森本晃司のやっつけ仕事。
この人の最近の仕事 同じようなイメージの使い回しで
もういいよって思う。

九十九
主人公が歌舞伎役者みたいな顔で
仕事道具からして何の仕事しているのか謎
あとなんであんな森の中の神社に
物の怪が入り込んで来たのかよくわからない
けどストーリーは日本人古来の感性をうまく表しており
短い中に起承転結がちゃんとあり和の作風によくマッチしている

火要鎮
絵はピカイチで綺麗
キャラは大友じゃないの?って思ったけど
和風の絵にはこの絵がマッチしてよかった。
話はふくらませようが合ったと思うけど
オチがなにもない。
この人AKIRAのイメージを払拭したいのかな、と感じた。

GAMBO
CMでみたけど絵がアニメっぽくて
これが大友の作品に入るのか、、て思ったけど
割と面白かった。鬼が恐い。

武器よさらば
絵も綺麗だし話も面白い。
これだけパワースーツ戦闘みせといてこのオチかいって感じで
そこがいい。
昔の大友はこういう面白いストーリー作ってたのに
火要鎮含め最近どーなんだろ







SHORT PEACE

投稿日

2014/10/14

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 4作品ともそれぞれ見応えがあり日本の伝統をモチーフにしつつ最新の技術で描いたアニメーションで楽しめました。
 けど、全部15分ほどで、ヴィジュアルはどれも凄いけど。これまでのアニメーションと似たようなもので新鮮味を感じることができなかったです。

 ●【九十九】
 祠で休もうとした旅人がごみとなってしまったお化けに襲われてひたすら修理していく話。
 CGで作られた世界の中での日本昔話のような内容でわかりやすく楽しめました。

 ●【火要鎮】
 火消しの男に恋をした箱入り娘が火事を起こして……な話。
 巻物の上で絵が動いているという演出で時間経過を表す序盤から一気に惹きつけられるものでした。着物をCGで表現していてこれまた話は王道のものを新しいヴィジュアルで見せてくれるものでした。火消しの仕事なんかも結構詳しく描かれていて面白かったです。

 ●【GAMBO】
 村を襲って娘たちをさらう鬼と白熊の戦いの話。
 ひたすら白熊と鬼のプロレスを見せつけるもので、少女を何故白熊が守ろうとするのかとかよくわからず。ただただバイオレンス。さらわれた娘さんが鬼の子を孕んでるカットとか気持ち悪かったです。
 後はただただ殴り合いの映像。

 ●【武器よさらば】
 近未来の東京で不発弾とか危険な武器を回収するおじさんたちの話。
 パワードスーツを着たおじさんたちが無人兵器を倒すという内容で、様々な兵器や戦術が出てきて目まぐるしいアクションで面白かったです。ひたすら無人兵器を倒すというミッションの男たちで短編で登場人物の説明もしてないけれど個性を少なからずつけていてちゃんと誰が誰だかわかるものになっているのもよかったです。

 ただやっぱり尺が短くしっかりと起承転結あるものもなかったりして、短編という難しさを改めて再確認できる映画でした。

絵は綺麗。それだけ。

投稿日

2014/06/19

レビュアー

ひで

絵は確かに綺麗です。
3Dで作成したキャラクタの動きは、モーションキャプチャしているようで自然です。
でもそれだけです。
短編作品の集まりですが、それぞれに感動するものがありません。
見ているのが退屈になってきます。

長いCMみたい

投稿日

2014/06/05

レビュアー

クロ

 基本的にすべての作品で、登場人物のセリフに意味はない。実際、登場人物が何をしゃべっているのか良く聞き取れなかったし、分かったところで大して考え抜かれたセリフはないのだろう。シナリオに期待することもなく、ただ映像がどう流れるのかだけを見るだけで満足、と考えれば、ありだと思う。
 むしろ全部、本編が始まる前のコマーシャルだと思えば、すごくよくできている。

 1作目、2作目は、外国人が好きそうな「和風総本家」。2作目の絵巻物を動かすあたりが面白かった。

 3作目は、鬼がグロい。デブで禿げで、体臭がきつくて、頭が悪いくせに、力だけは強いという嫌われ要素満点。「世の中の人、誰が見ても『こいつ嫌い』というキャラクターを描いて」といったら、あんな感じになるのかなと思った。映像的には、悪の鬼対正義の白熊の戦闘シーンをいかに見せるか。ほとんど肉弾戦という、ヘビー級の格闘技を見ているようだった。ひたすら締め技で白熊の首をへし折ろうとする鬼に、白熊が噛み付いたりして抵抗する。うわーって思ってたら終わっちゃった。

 4作目は、無人兵器が強すぎ。今でも、米軍が開発した無人攻撃機があるけど、標的の選定やミサイルの発射などは人間がやる仕組みになっている。映像では、敵の選定から、ミサイルの発射までがすべてコンピューター判断。しかも、動力源が不明だが、長時間の戦闘行動が可能な模様。それって技術的に無理じゃね?と思いながらも、見せ所は、そこではない。その無人機を破壊する人間側の近未来武器の性能。こちらは、実際に使われいそうなものばかり。個人的には、空中に飛ばして空からの映像をリアルタイムで兵士に送り、あげく最終的にはミサイルとなって飛んでいく兵器の性能がすごいと思った。対戦車用の兵器としてスゴすぎ。面白かった。

大友の

投稿日

2014/03/05

レビュアー

たそがれ

名前がなければ、見たかどうかでしょうね。見た結果は、いまいちかな。映像は凝っていますが、短編のためかストーリーがいまいち。内容が薄くて何を言いたいのか分からない。最後の「武器よさらば」は、良かったですが。結局、「アキラ」の遺産で出来た作品かな。

6〜 10件 / 全11件