イノセント・ガーデン

イノセント・ガーデンの画像・ジャケット写真
イノセント・ガーデン / ミア・ワシコウスカ
全体の平均評価点:
(5点満点)

32

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「イノセント・ガーデン」 の解説・あらすじ・ストーリー

「オールド・ボーイ」のパク・チャヌクの記念すべきハリウッド・デビュー作となるミステリー・サスペンス。18歳になったヒロインの前に消息不明だった叔父が突如現われたことをきっかけに、彼女の周りで不可解な事件が次々と発生していくさまをスタイリッシュな映像美でスリリングに描き出す。主演はミア・ワシコウスカ。18歳の誕生日に不審な事故で最愛の父を亡くしたインディア・ストーカー。決して心を通わせたことのない母エヴィと2人きりになってしまったインディアだったが、葬儀の日、長年行方不明だった叔父のチャーリーが姿を現わし、そのままインディアたちと一緒に暮らし始める。そしていつしか、知的でエレガントなチャーリーの魅力に心奪われゆくインディアだったが…。

「イノセント・ガーデン」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: STOKER

「イノセント・ガーデン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

イノセント・ガーデンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR52507 2013年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
35枚 4人 1人

【Blu-ray】イノセント・ガーデン(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR52507 2013年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:32件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全32件

疑惑の影

投稿日:2013/11/01 レビュアー:よふかし

この映画はちょっとお話を聞いただけでヒチコックの『疑惑の影』が下敷きになっていることは明らかなのですが、
ヒチコック好きの僕としてはすごく期待して観に行ったのに、うーん、なんじゃこれは、肩透かしもいいところだと、
肩を落として帰ってきたのでした。
雰囲気とパッケージは悪くないんです、蜘蛛の使い方とかミア・ワシコウスカとか面白いイラストレーションとか。
しかし退屈です。分かり切ったお話を、魅力的にする演出力がかけています。
同じニコール・キッドマンがでているサスペンスで、『ペーパーボーイ』というのがありましたが、それと比べると映画的な魅力に一段落ちるんです。
お話はどちらもつまらないにせよ、緊張感や閉塞感、ぬめりとした空気感など、『ペーパーボーイ』にはそれなりにひりひりするものがあるんですよ。
ところが『イノセントガーデン』にはない。格好いいけど、からっぽ。そんな感想を抱きました。30点。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

かなり予想外のSTORYで、驚愕です。

投稿日:2015/07/01 レビュアー:カマンベール

パク・チャヌク監督作ですが、様式美に溢れ、
風景も美しく怖ろしいサスペンス・ミステリーです。
かなり私的に好みです。

主人公の少女、18歳のミア・ワシコウスカの父親が、
突然亡くなります。その葬儀に会ったことの無い叔父さんが
現れます。お父さんの弟です。
彼が現れたことで一変するミワと母親(ニコールキッドマン)。
叔父さんは、お洒落でカッコ良く、しかも優しい。
みんな彼に夢中になります。

しかし、しかし、不審なことが、次々と起こって・・・。

ミワ・ワシコウスカは、凄く、奥深い深淵を感じさせる女優ですね。
「マップ・トウ・ザ・スターズ」の怪演が、記憶に新しいですが、
この若さで、この人間性の奥深さ、は、なんでしよう?
ニコールキッドマンも叔父役のマシュー・クッドも、平凡なだけにしか
見えなくなってしまいます。
末、恐ろしいアクトレスですね。
心をかき乱すピアノ曲をフィリップ・グラスが、作曲。

この手の家族・・・サイコな?・・・
手に負えない家族の出現!最近の事件簿でも、突然、出現して、
俄然、堅実味のある映画でもあります。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ミア・ワシコウスカだからこそ

投稿日:2014/02/13 レビュアー:さむこ

オープニングから不思議な感覚の映画だと思ったら、韓国の監督なんですね。
独特な雰囲気とハリウッドを足したらいい意味で不安定さを醸し出していて、ミア・ワシコウスカの透明感あるガラスのような空気を際立たせていました。

下手するとB級で安っぽい映画になりそうなのに、ミアの演技がそうはさせません。
何を考えているのかとても惹きつけられるし、可憐さと恐ろしさが同居している稀有な女優さんだと思います。
脇役もよかったです。

しかしDVDの表紙、エロティックサスペンス??
確かに隠微な雰囲気は漂ってるけど、その文句に惹かれて見るとがっかりな気が・・。

思い返すとたいした内容じゃなかった気もしますが、見てる間は緊迫感あって楽しめました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんか登場する人物に共感出来ない。特にヒロインに・・"(-""-)"ネタバレ

投稿日:2014/01/04 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

監督は「オ−ルド ボーイ」のパク・チャヌク、主演は「アリス・イン・ワーダーランド」のミア・ワシコウスカ、何と脚本は「プリズン・ブレイク」主演のウエント・ワース・ミラーと言う事なので観てみました。

ヒロインのインディア(ミア・ワシコウスカ)は、18歳の誕生日に最愛の父を事故で亡くした。父からの誕生日プレゼント、今回は何と大きな箱に鍵が1つだけ入っていた。でも、何の鍵なのか・・・。
インディアは真面目で繊細過ぎる性格のせいか、高校では人付き合いが苦手で孤立している。母(ニコール・キッドマン)ともうまくいってない。
父の葬儀の日、行方不明だった叔父のチャーリーが現れ、当分一緒に住むことになった。だが、チャーリーに対しての周囲の人々の様子が変だと感じるインディア。
その後、お手伝いさんはじめ1人2人と姿を消していく・・・。チャーリーは一体何者なのか・・・。不信感を持つインディアだったが、徐々に惹かれていく。そして鍵が語る驚愕の真実とは・・・。

パク監督のハリウッドデビュー作と言う事ですが、イマイチ心に残るものがなく理解不能に陥ってしまった。登場人物のどなたにも共感出来ないような気がしました。2作目に期待したいと思います!!
ちなみに、脚本のウエントワース・ミラー氏ですが、昨年8月にゲイであることをカミングアウトしたそうです。あのマイケルがゲイだったとは・・・。
それと、今作にニコール・キッドマンが出演していますが、ウエントワースとニコールは「白いカラス」で共演しているそうです。初めて知りました^^;

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もういいや。

投稿日:2013/11/24 レビュアー:TOMY

繊細な少女インディアは、自分の誕生日に父親を失う。
そこへ、まだ会ったことのない叔父が現れ、母とインディアと叔父の奇妙な共同生活が始まる。

冒頭からイヤな予感がしたのだけど、
1画面、1画面がデザイン処理されてる美しい画像で、もう、こだわりまくってます。
きれいです。
きれいなんですが、私は今、そういうあざとい映画はいいや、という感じなんです。
エロチックなシーンもあざとくて、空きというか溜めの箇所でウンザリしてしまった。
あと、こちらも「血」の絆もかかわると言いたいお話のようで……そういう話、私ダメみたい。
好みじゃないんですよね。

サスペンスとしては、ほんの少しは驚きもしたし、
ミアちゃんは相変わらず美しい少女役にハマってるし、
ニコール・キッドマンもきれいですが、
お話も割とストレートで、何も残りませんでした。
残念。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全32件

イノセント・ガーデン