イノセント・ガーデン

イノセント・ガーデンの画像・ジャケット写真
イノセント・ガーデン / ミア・ワシコウスカ
全体の平均評価点:
(5点満点)

32

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「イノセント・ガーデン」 の解説・あらすじ・ストーリー

「オールド・ボーイ」のパク・チャヌクの記念すべきハリウッド・デビュー作となるミステリー・サスペンス。18歳になったヒロインの前に消息不明だった叔父が突如現われたことをきっかけに、彼女の周りで不可解な事件が次々と発生していくさまをスタイリッシュな映像美でスリリングに描き出す。主演はミア・ワシコウスカ。18歳の誕生日に不審な事故で最愛の父を亡くしたインディア・ストーカー。決して心を通わせたことのない母エヴィと2人きりになってしまったインディアだったが、葬儀の日、長年行方不明だった叔父のチャーリーが姿を現わし、そのままインディアたちと一緒に暮らし始める。そしていつしか、知的でエレガントなチャーリーの魅力に心奪われゆくインディアだったが…。

「イノセント・ガーデン」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: STOKER

「イノセント・ガーデン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

イノセント・ガーデンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR52507 2013年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 1人 1人

【Blu-ray】イノセント・ガーデン(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR52507 2013年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:32件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全32件

イノセント・ガーデンネタバレ

投稿日:2015/05/05 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 冒頭、車から一人の女が降りてきて、草むらの中へ進む。真っ赤に染まった花のカットが挿入され、進んでいく女にかぶさりのタイトルクレジット。この印象的なクレジットだけで傑作の予感をさせてくれる素晴らしいツカミでした。
 更にクレジットは進み、少女が木の幹におかれた誕生日プレゼントの箱を開けると一本の鍵が入っていて。バースデーケーキがテーブルにあり、ケーキを真上からとらえてからの叫び声で、メインタイトルどーん。
 最高でした。

 主人公の少女の父親の葬儀から始まる。交通事故で亡くなり、姿を今までくらましてた叔父さんがやってくる。
 主人公は感覚が鋭くて耳がめちゃくちゃいい。スーパースパイみたいに遠くの話し声なども聞こえてきちゃう能力の持ち主。
 謎の叔父さんは主人公と上手くいっていない母親といい感じになり、叔父さんの事を知っているような家政婦さんや大叔母さんが主人公に何か話があるようなそぶりをみせると翌日には姿を消してしまう。

 ストーリーは叔父さんが突然やってきて主人公の身の回りに異変が起こるというサイコサスペンス。この話自体は目新しい物でもなく、更に真相がわかるクライマックスもそんなに目を見張るものではなかったです。
 が、何と言っても冒頭から最後まで独特の映像と不気味な雰囲気が最高でした。

 ピアノが弾けないといってた叔父さんが主人公の隣に座って連弾したりするところで恍惚な表情になっていったり、主人公の太もものなかに入っていく蜘蛛。などエロティックなシーンも多く。
 更に主人公がある現場を目の前で目撃した後にそれを思いながらのオナニーシーンなんかもあったり。主人公を演じる女性の表情の変化なんかも素晴らしかったです。
 それは、ずっとプレゼントでもらっていたスニーカーから叔父さんからもらうハイヒール。主人公が、立ち上がるということでそこから明らかに主人公の表情が変わったのがわかるのが凄いです。成長した瞬間。

 印象的な映像やカメラワークも雰囲気を最高に出していて素晴らしかったです。主人公が男の子と夜の公園で語らうシーンやグイーンと被写体によっていったり、ドアップがインパクト強かったです。かと思いきや俯瞰を多用したりと。

 時代背景が1950年代くらいかな? と思ってたら主人公が1994年生まれだと知り現代だったんだと戸惑ったり。叔父さんに影響を受けて変化した主人公のその後が気になる終わり方で不完全燃焼を感じてしまったり、殺人が結構ずさんなんではないのかと思ったりもしなくもないですが。とても面白い映画でよかったです。 

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

妖しくて美しい・・・

投稿日:2014/08/09 レビュアー:Love Movies

妖しくて美しい・・・そんな言葉がぴったりな映画でした。 ウェントワースミラーの完全オリジナル脚本っていうのもとても興味があったので見てみました。
ミステリーサスペンスってだけあって、その謎めいた感じや妖しい感じはものすごくあるというか伝わってきます。
主人公インディア。彼女の18歳の誕生日に最愛の父が事故で亡くなってしまいます。母と2人きりになってしまいましたが、父のお葬式の日、長年消息不明だった父の弟チャーリーが現れてインディアと母と3人で暮らすようになります。 そこから不可解なことが次々と起こり始め・・・・
インディア。影があってどこか儚げで、でも芯は強そうで・・・・そういうところうまいと思います。チャーリーも知的でエレガントなのに何かものすごく怖い・・・不気味な印象・・・っていうのもすごくよく表現されてる。 静かに淡々とじわじわとくる感じ。
インディアも、はじめはチャーリーはどこかおかしい、何か怖い・・・と感じていてもどうする事もできなくて、次第にものすごくひかれていってしまったんだろうな〜って思います。はじめはあれだけ拒絶して、迎えの車に乗るのも嫌だったのに、あっという間にものすごい近い距離まで近づいてしまいます。。。 女性として目覚めてしまったからなのか?もともと持っていた何かなのか・・・?それはわからないけれど、危険だとわかっていても自分ではどうにもできなかったんだろうな・・・。。。
そして、インディアのお父さん。 きっと彼はチャーリーがもっとずっと若い時から何かをわかっていたんじゃないかな・・・と思う。だからこそ、インディアに近づけたくなかったし、迎えに行っても家に一緒に帰りたがらなかったんだろう・・・と思います。 インディアについても、お父さんは何かを感じていたのかも・・・だからこそいつも一番そばに居たんだろうし、ハンティングを教えたのかもしれない。。。それは彼女自身の身を守るためだったのか、それとも彼女の中の何かをハンティングで埋め合わせにしていたのかも・・・・
美しい映像美と狂気・・・・ 理解はできないけれど推測はできる。。。 あの後、インディアはどうなったのでしょう・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

少女の心の葛藤を描いた天才パク監督

投稿日:2014/06/24 レビュアー:Mike Rue

これまでのパク監督作品もはずれがないけれど、この作品も良かった。異常な遺伝子を受け継いでしまった少女の心の葛藤をパク監督ならではの美しい映像で魅せてくれる。なんといっても殺人と性描写を描く技は一品。それぞれの俳優が、繊細で美しいのも何より良い。これからもパク監督に注目。そして、主演のミア・ワシコウスカにも期待!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

うちの母

投稿日:2014/06/08 レビュアー:Kavi

悲しいかな、あんなに美しかったニコールキッドマンが、
ミア・ワシコウスカの前だと、
飢えたオバサンに映る。

ニコール演じる子供に無関心な母親を見ていると、
うちの母を思い出したわ。

砂を噛むような、嫌な気分になった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

シーズリーヴィングホーム

投稿日:2014/05/20 レビュアー:裸足のラヴァース

パクチャヌクのハリウッド進出応援と 普通に面白いので星は三つですが

よふかしさんや さえぴょんさんが おっしゃるようにもろに ヒッチコックのボクの大好きな「疑惑の影」なのですが どうもそれに物足りない 
この物語的平板さはなんなのか それはさえぴょんさんの 物語内容を具体的アクションで示しえない ってことになりますが 
物語のベースになる血の連続性のようなテーマが引っかかるところでしょうか

「疑惑の影」は何といっても テレサライトの魅力に尽きるわけです 純粋無垢なアメリカンガールの明るい性格に疑惑の影が落ちるわけです 
この陰り 少女が女へとなる通過儀式の哀しみが胸を打つのです そして少女のトラウマは その後の華麗なヒッチコック映画のヒロインたち
の原型となっているのです

それが「イノセントガーデン」では 叔父貴が 同じ暗い血脈であるらしい ミワに懸想するわけで 日常性が突然崩れ落ちるサスペンス
とはならずに 血まみれのホラーなわけです ミワはなかなか魅力がありますが 最初から変人で射殺のラストは何の驚きもなく 
まして警官殺しはまったく蛇足となります

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全32件

イノセント・ガーデン