恋する惑星の画像・ジャケット写真

恋する惑星 / トニー・レオン

全体の平均評価点:(5点満点)

61

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「恋する惑星」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

麻薬取引にかかわる金髪の女ディーラーと、恋人にふられ落ち込み気味の刑事モウとの不思議な出会い。そして、モウが立ち寄る小食店の新入り店員フェイと、スチュワーデスの恋人にふられる警官との出会いとすれ違いという、平行線をたどる二組の関係を軸にして展開する、香港ニューウェイブ、ウォン・カーウァイ監督が描く恋愛映画。

「恋する惑星」 の作品情報

作品情報

製作年:

1994年

製作国:

香港

原題:

重慶森林/CHUNGKING EXPRESS

「恋する惑星」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ゴージャス

LOVERS外伝 もうひとつの“愛”の軌跡

ダウンタウン・シャドー

新・ 男たちの挽歌 ハード・ボイルド

ユーザーレビュー:61件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全61件

みずみずしい!!

投稿日:2003/12/10 レビュアー:ICHI

音楽とクリストファー・ドイルが撮影する映像が独特の空気感を出していてとても心地よい。あんまり好きで香港旅行に行っちゃったよー。
感性でみる映画。

金城武も初々しく母性本能をくすぐられる♪

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

この歳になって…なんだか…

投稿日:2009/09/13 レビュアー:まりこ

「レッドクリフ」以来トニー・レオンが大好きに…50年生きて来て、俳優がこんなに好きになったのは初めて。主人との恋愛時代以来のトキメキです。彼のおかげで殆ど興味のなかった香港映画を観るようになりました。作品毎に顔も雰囲気も見事にチェンジしてくる彼の演技力と存在感にに、ドキドキの毎日です。
本作ではトニー・レオンは勿論フェイ・ウォンが可愛らしくて、可愛らしくて、何度もリプレイして観てしまいました。
今晩あたり主人にも観せたいっっ

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

タランティーノ監督はすきなんだけど。

投稿日:2007/06/21 レビュアー:

当時、ウォン・カーウァイを筆頭に香港中国系映画が単館で行列ができた。食わず嫌いはよくないと思っているので、そのうちの数本を見た。だけど、なんかわたしにはどれもこれもあわなくて、今はその系列はすっとばす。その後にきた韓国ものは、更にわたしには合わない。キムチもユッケもナムルもプルコギもだいすきなんだけどな。

フェイ・ウォンの歌と、彼女が、カリフォルニア・ドリームに合わせてくるくる
踊る姿はかわいらしかった。でも、なんか、やらせてるというか狙ってるというか、
かっこいいだろみたいなのが見え隠れして、そういうのが苦手だ。ブランドのロゴがでかでか入ったTシャツ着ているひとが苦手なのとおなじ。嗜好の問題なんだけど、わたしはあわなかった。

これ、ニューウェイブってなってるけど、ニューウェイブに入れて欲しくないな。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

イメージの拡散・贅沢な監督の幸運

投稿日:2007/03/25 レビュアー:momo-eime

 ウォン・カーウァイに何を言いたいのかなんて言っちゃいけません。この監督はいつだって雰囲気を伝えたいのです。『その雰囲気の中のこの気持ち』を伝えたいのです。
 それにしてもこの監督はいつもいつも贅沢な人材に恵まれていますね。ドイルがいなかったら、フェイ・ウォンがいなかったら、トニー・レオンが、ジョイ・ウォンが、金城武がいなかったら、この恋愛のイメージが際限なく拡散するこんな映画が撮れただろうか?
 いつもいつも贅沢な人材を贅沢に使って撮りたい放題やっているこの監督の幸運を私は感心してしまうのです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

「恋する惑星」に恋する

投稿日:2006/07/16 レビュアー:ここち

原題からすると突拍子も無い邦題のように思えるが、素晴らしい邦題。この映画の世界観を表しているような・・・。
この映画に対する気持ちは「良い」ではなく「好き」な気持ち。だからあまり理由も思いあたらない。ウォン・カーワイだからでは無い。実際本作以外には何も感じない。
でも、この映画だけは何度観ても、繰り返し観たって色あせることが無い。
このオリジナリティに、ドリームスに、カリフォルニア・ドリーミングにフェイ・ウォンにただ酔いしれる映画。
この映画がもっともっと続けばいいのにと心から思った数少ない愛する映画。
この映画が、ある程度認められているのは単純に嬉しい。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全61件

恋する惑星

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:61件

みずみずしい!!

投稿日

2003/12/10

レビュアー

ICHI

音楽とクリストファー・ドイルが撮影する映像が独特の空気感を出していてとても心地よい。あんまり好きで香港旅行に行っちゃったよー。
感性でみる映画。

金城武も初々しく母性本能をくすぐられる♪

この歳になって…なんだか…

投稿日

2009/09/13

レビュアー

まりこ

「レッドクリフ」以来トニー・レオンが大好きに…50年生きて来て、俳優がこんなに好きになったのは初めて。主人との恋愛時代以来のトキメキです。彼のおかげで殆ど興味のなかった香港映画を観るようになりました。作品毎に顔も雰囲気も見事にチェンジしてくる彼の演技力と存在感にに、ドキドキの毎日です。
本作ではトニー・レオンは勿論フェイ・ウォンが可愛らしくて、可愛らしくて、何度もリプレイして観てしまいました。
今晩あたり主人にも観せたいっっ

タランティーノ監督はすきなんだけど。

投稿日

2007/06/21

レビュアー

当時、ウォン・カーウァイを筆頭に香港中国系映画が単館で行列ができた。食わず嫌いはよくないと思っているので、そのうちの数本を見た。だけど、なんかわたしにはどれもこれもあわなくて、今はその系列はすっとばす。その後にきた韓国ものは、更にわたしには合わない。キムチもユッケもナムルもプルコギもだいすきなんだけどな。

フェイ・ウォンの歌と、彼女が、カリフォルニア・ドリームに合わせてくるくる
踊る姿はかわいらしかった。でも、なんか、やらせてるというか狙ってるというか、
かっこいいだろみたいなのが見え隠れして、そういうのが苦手だ。ブランドのロゴがでかでか入ったTシャツ着ているひとが苦手なのとおなじ。嗜好の問題なんだけど、わたしはあわなかった。

これ、ニューウェイブってなってるけど、ニューウェイブに入れて欲しくないな。

イメージの拡散・贅沢な監督の幸運

投稿日

2007/03/25

レビュアー

momo-eime

 ウォン・カーウァイに何を言いたいのかなんて言っちゃいけません。この監督はいつだって雰囲気を伝えたいのです。『その雰囲気の中のこの気持ち』を伝えたいのです。
 それにしてもこの監督はいつもいつも贅沢な人材に恵まれていますね。ドイルがいなかったら、フェイ・ウォンがいなかったら、トニー・レオンが、ジョイ・ウォンが、金城武がいなかったら、この恋愛のイメージが際限なく拡散するこんな映画が撮れただろうか?
 いつもいつも贅沢な人材を贅沢に使って撮りたい放題やっているこの監督の幸運を私は感心してしまうのです。

「恋する惑星」に恋する

投稿日

2006/07/16

レビュアー

ここち

原題からすると突拍子も無い邦題のように思えるが、素晴らしい邦題。この映画の世界観を表しているような・・・。
この映画に対する気持ちは「良い」ではなく「好き」な気持ち。だからあまり理由も思いあたらない。ウォン・カーワイだからでは無い。実際本作以外には何も感じない。
でも、この映画だけは何度観ても、繰り返し観たって色あせることが無い。
このオリジナリティに、ドリームスに、カリフォルニア・ドリーミングにフェイ・ウォンにただ酔いしれる映画。
この映画がもっともっと続けばいいのにと心から思った数少ない愛する映画。
この映画が、ある程度認められているのは単純に嬉しい。

6〜 10件 / 全61件