ダイ・ハード/ラスト・デイ

ダイ・ハード/ラスト・デイの画像・ジャケット写真
ダイ・ハード/ラスト・デイ / ジェイ・コートニー
全体の平均評価点:
(5点満点)

33

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ダイ・ハード/ラスト・デイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

ブルース・ウィリス主演の人気アクションシリーズ第5弾。長らく疎遠だった息子・ジャックがモスクワで投獄されたことを知ったマクレーン刑事。娘・ルーシーに見送られ、息子の身柄を引き取りにロシアへ向かうが…。

「ダイ・ハード/ラスト・デイ」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: A GOOD DAY TO DIE HARD

「ダイ・ハード/ラスト・デイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ダイ・ハード/ラスト・デイの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
98分 1.日本語2.英語 1.英語ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語ドルビーデジタル 5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR55130 2013年07月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
302枚 9人 6人

関連作品

ユーザーレビュー:33件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全33件

なんら必然性を感じない

投稿日:2013/10/17 レビュアー:Yohey

ダイハードってなんだかんだ言っても1が一番面白くて・・・という話なんだろうけど、私はそこそここのシリーズ好きなんです。マクレーン刑事の巻き込まれ感がたまらんじゃないですか。なんか変に巻き込まれて、結局のところはヒーローになってしまう。アクション俳優じゃなかった頃のブルース・ウィリスっぽくて好きなんです。

でも、この作品は・・・完全に巻き込まれではなく、わざわざ自分から向かっていっているというパターンでして、ですから、普通のスパイアクションとかそういうのと変わらないんです。今までとやっていることは同じやんって思うんだろうけど、これって違うんですよね。「なんで俺が・・・」っていうボヤキながら戦うっていうのが無い。だって目的があって戦っているんだもん。それはちゃうやろ、っていうことです。

息子が主人公のアクション映画に助っ人として現れる父親、そんな感じですね。こうやって視点を変えてしまえば、なんてことはないB級作品。まぁ、シリーズに流れる「結局のところ金目当てなんかい!!」という部分は踏襲されていてニヤリとしてしまいますが、でもまぁ、それだけです。

それでも、次も作るらしいんだから凄いね、マクレーン刑事、引退させてあげたらいいのに。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あー、それ、くださいネタバレ

投稿日:2013/10/07 レビュアー:ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

随分前にレンタルしたので、ほとんど内容を覚えていない・・・
とにかく、すごいドンパチだった・・・

おっと、息子かよ!!
あんま、似てなくない??

とにかく大量のベンツが破壊される映画だったということ。
映画に登場するベンツは、メルセデス社からの提供だそうで。
宣伝効果はあったんだろうか?
マクレーンは壊しすぎるから、意味がないような・・・

さて、ベンツがもったいない、1コ、くれ!!と思った方も少なくないようですが、
それとは別に、「原発事故で放出された放射能を中和する機械」は、いまいまでほしいものです。
映画やドラマの中で夢のような装置はたくさん出てきますが、この装置だけは「ぶっとんだ」というか「白けた」。
ここまでご都合主義だと、興醒めするね・・・

続編があるような、ないような。
続編がれば、やっぱり見ちゃいますが、初期のようなもうちょっと単純明快で、使命がはっきりしているものがいいな。
ぶっちゃけ、息子とかW主演みたいな作品は期待していませんので、もうやめてね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

フルスタメン

投稿日:2015/01/18 レビュアー:ビンス

さあ、最近はほとんどの作品でチョイ出演で
それほどチョイ役でもないのにチョイ出演で
楽〜に小遣いを稼いでいたブルースさんの
待ちに待ったフルスタメン作品です。
スタメンでもほとんど動かない、とか
たまに絶好のパスだすけど守備しない、とか
2、3個自分の仕事したらすぐベンチに引っ込む、とか
なにかと楽して儲けるスタイルが目に付いたブルースさんですが
さすがにこの作品ではそんなこと言ってられないんでしょうね。
今日の成功の第一歩を築いたともいえる「ダイハード」シリーズの最新作。
世界一のアンラッキーマンの名を欲しいままにしていたマクレーン刑事が
今度はロシアでそのアンラッキーぶりを発揮します。
シリーズ5作目にして遂に息子と組んでの悪党退治。
シリーズのお約束よろしく、派手なアクションシーンがたくさんありますが、
全体的に小粒感がいなめませんでした。
面白かったけど、大爆発はしてないかなぁ〜という感じです。
ロシアという土地のせいなのか
画面から伝わる雰囲気もちょっと湿ってて
ダイハードの色とは若干違いますね。
それでも走って、殴って、落下して、ぶっ放してと
最近ではいつになく張り切っている
いや、張り切らされてる(笑)ブルースさんを見れる楽しみはあります。

監督がまさかのマイケル・ムーアさん
こういうのも撮るんだなぁって、驚きました。
一作目の音楽を使用したり
一作目のハイライトシーンでもある
消防ホース体に巻きつけてのビルからダイブにオマージョを捧げたような落下シーンや
同じく一作目でガラスまみれの床を裸足で歩いたシーンの
逆パターンのようなシーンがあったりと
シリーズを繋げる、
ずっとシリーズを見続けてきたファンを楽しませるような場面が印象的でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ダイ・ハード的要素は・・・

投稿日:2013/11/14 レビュアー:ケーパノ

「ダイ・ハード」シリーズの最新作、ということですが、「ダイ・ハード」であるべき理由があまり見当たらないのが正直なところ。「1」「2」で顕著だった、常に軽口を叩くような「いかにもアメリカの刑事」が分不相応な大物(大抵は軍隊化されたテロ組織)に単身挑む、というスタイルがシリーズの原点だったような気がする。コメディアン出身であるブルース・ウィリス(以下BW)の「話芸」によって作られたキャラクター、それがマクレーン刑事であったはずだが、「3」あたりからBW自身がボソボソ喋る芸風になったことと「3」の相棒が「説教役者」サミュエル・L・ジャクソンだったことも相まって、あまり軽口を叩かなくなった。

今こうやって俯瞰してみると「3」がシリーズの転換ポイントであったことが分かる。あんまり喋らなくなったBWとよく喋る相棒。この相棒は基本的には素人であるので戦闘の主導権はマクレーンにあったが、今回の「ラスト・デイ」の相棒は息子(!)のジャック。CIAのエージェントになっている息子(親にも知らせずに就職)の方がこのシチュエーションでは主導権を握っており、職業柄、そうベラベラとは喋らない。「3」以降の要素も抜けてしまい、BWがマクレーンでなければならない理由がますますなくなった。ただ、BWが刑事アクションをやるのなら「ダイ・ハード」の冠は避けられないのでやむをえず、というところか。

「ダイ・ハード」らしいのは敵が同情の余地も共感するところもない拝金主義のテロリスト、というところ。これは全作共通。だから、何のためらいもなく銃を撃ちまくっても、心はちーっとも痛まない。本作中にも「殺しまくってやる」という物騒なセリフがある。いみじくも第一作目の敵、ハンス・グルーバー(アラン・リックマン)が「カウボーイ」と評したこの要素がマクレーンの本質なのかも知れない。

そういう意味では一切疑問を抱くこともない痛快アクションの王道である。何せ、日本人にとっては大変デリケートな扱いをしなければならない「あの場所」を「謎のガス」一発でオーケーにしてしまうのだから、深い考えを持って見てはいけない映画なのだろう。ブロックバスター時代のハリウッド映画好きなら文句なしだろう。私も頭を80年代モードに切り換えたらすんなり楽しむことができました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

強引でね?ネタバレ

投稿日:2013/10/03 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ダイ・ハードシリーズ好きなのは1と4・・・
2と3は話が強引過ぎて・・・
さてさて・・・
これはどちらに転ぶのか?

う〜ん。
これは後者ですね(TT
設定強引過ぎて・・・

一応、どんでん返しがあるんだけど・・・
真の悪はみたいな?
ここは確かに驚いたんだけど・・・

でもな〜
ストーリーに深みが無い・・・・

しかもチェルノブイリの下り、ハッキリ言って無理がありすぎ・・・

どう見てもみんな被ばくするでしょう(笑

親子そろってビルから飛び降りるシーンも・・・
映画じゃなければ死んでるし(苦笑
映画だからいいのか(笑
もう少しストーリーにメリハリと繋ぎ込みをしっかりとして欲しかった。

なんか最近のブルース・ウィルスが、どんどんパワーダウンしている。
小銭稼ぎで、映画に出すぎているのかな?

年のせいなのか?
まあ無難に見れますが、格別おすすめもしません。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全33件

ダイ・ハード/ラスト・デイ