ヒューマニスト 堕ちた弁護士

ヒューマニスト 堕ちた弁護士の画像・ジャケット写真

ヒューマニスト 堕ちた弁護士 / サイモン・ベイカー

全体の平均評価点:(5点満点)

15

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ヒューマニスト 堕ちた弁護士」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

報酬に捕らわれない弁護士のあるべき姿を描いたヒューマンドラマ第8巻。薬物使用が原因で奉仕活動を命じられたやり手の企業弁護士、ニック・フォーリンは児童法律サービスという全く異なる世界に関わることになり…。第15話と第16話を収録。

「ヒューマニスト 堕ちた弁護士」 の作品情報

作品情報

製作年: 2001年
製作国: アメリカ
原題: THE GUARDIAN

「ヒューマニスト 堕ちた弁護士」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

マイ・サイエンス・プロジェクト

マージン・コール

クローザー <ファイナル・シーズン>

THE MENTALIST/メンタリスト <セカンド・シーズン>

ユーザーレビュー:15件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全15件

大人の弁護(VOL8のレビュー)

投稿日:2014/09/25 レビュアー:ぽんぽん玉

今までは、明らかに弱者といえる子供達を弁護してきたが、ここに来て子供を福祉局に取られた母親の弁護をする事となる。
妊娠中からドラッグを続けた挙げ句、親としての責任を問われた女性。
子供を取り返そうと必至ではあるものの、すでにハイ状態(-_-;)
怒ったルルは暴言を吐き、担当を降りてしまいます。
仕方なく担当する事となったニック。なのに、ルルは出しゃばってくる。(じゃぁ、担当降りるなよ)
やりたくない仕事もやらなくちゃいけないって今回のような案件をいうんだろうね。
正直、福祉局が勝っていれば子供に被害はなかったのだ。
今回ばかりは、福祉局の対応に問題があったとしか言いようがない。
不本意ながらも裁判で勝ってしまったニックに責任はないとは言え、やはり後味の悪い案件となってしまいました。
だから、大人の弁護って嫌いよっ。




今回のゲスト。
第15話【裁きのあとに】
メリンダは【24 シーズン7】のアラマ。
第16話【ままならぬ気持ち】
ニネットは【24 シーズン6】のリタ・ブレイディ。
リーバイは【リゾーリ&アイルズ】のバリー・フロスト。
ジェームズの祖母は【プライベート・プラクティス】のソーシャルワーカー、ミルドレッド・クレモンス。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

秘匿特権(VOL7のレビュー)

投稿日:2014/09/25 レビュアー:ぽんぽん玉

良く出てくる【秘匿特権】や【守秘義務】という言葉。
どこまで有効なのだろう。
たとえば、精神科医の場合、明らかに他人に危害を加えると判断した場合通報する事が出来るらしい。
では、弁護士はどうなのだろう。
以前、テレビでえん罪の話をしていた。
えん罪で捕まったA。共犯者のB。別件で捕まったC。実際はBとCの犯行だったがAは有罪とされた。
その時、Bは自身の弁護士に【共犯はCだ】と伝え、弁護士はCの弁護士にその旨を伝えたのです。
ところが、Cはこれ以上刑期を伸ばす事を嫌い、弁護士に口止めをしたのだ。
Cの弁護士は、秘匿特権によりこの事実を公表する事が出来ず、結果Aは何十年も刑務所に入れられる事となった。
これこそが【秘匿特権】なのだ。
確かに、秘匿特権がなければ、自分に不利になる事を洗いざらい弁護士に話す事は出来なくなる。
とはいえ、それによって他の人の人生が壊される事となっても守らなくてはならないものなのだろうか。
今回のエピソードでは2人の姉妹の人生がかかっていた。
ニックは、規則よりも少女の人生に重きを置いたのだ。
とはいえ、規則を破った事に変わりはない。本来なら、弁護士資格を剥奪されてもおかしくないところだが、その後のお咎めについてうやむやとなっているところに色々と考えを巡らせてしまう私です。




今回のゲスト。
第13話【秘匿特権】
サムは【スターゲイト:SG−1】のシモンズ大佐。
ウェンディは【CSI:トリロジー】のマデリーン・ブリッグス。
第14話【母の秘密】
リズは【マッド・メン】のゲイル・ホロウェイ。
ジェレミーは【クーガータウン】のトラビス・コブ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

巣立ち(VOL6のレビュー)

投稿日:2014/09/25 レビュアー:ぽんぽん玉

今作ではリード事件が軸となっているのですね。
今回もその後日談となります。
カーク&マクフィー法律事務所に移る事になっていたニックですが、ハンターの代理人となるべく一時的に移籍を見送ります。
父親との確執を抱えたニックはこの案件を最後に事務所を移るわけですが、その途端にすべてがうまくいかなくなるのだ。
思っていたような仕事はなく、専門も変えさせられ、思い通りにならない現状に苛立つのです。
父親の事務所にいた時は、父親の影に怯え、思い通りには出来ず、移籍してもまた同じ思いを抱くニック。
結局、原因は父親ではないのだ。
それに気が付いたニックは成長できるでしょうか。




今回のゲスト。
第11話【我が家の記憶】
サムは【CSI:科学捜査班】のジェフリー・マッキーン。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

人種問題(VOL5のレビュー)

投稿日:2014/09/25 レビュアー:ぽんぽん玉

第10話【背信の行方】はモヤモヤが残るエピソードでした。
アラブ系の男性が経営するレストランに押し入った少年。男性はバットで応戦し、無事に撃退。
ところが、少年の両親から傷害罪で訴えられてしまうのだ。
こんな無茶な話があるだろうか。
そもそもが、押し入った少年が悪いのに。
それはそれ。これはこれ。といった、いかにもアメリカらしい訴訟。
その上、少年が白人という事もあって、アラブ系の男性は嫌がらせを受け、挙げ句の果てにはレストランを放火されてしまうのだ。
理由はどうあれ、店を失い、信用も失い、金も取れず。。。この男性にとっては踏んだり蹴ったりなのだ。
それでも、広い心を見せた男性は素晴らしい。
私なら逆に訴え返すけどねっ。




今回のゲスト。
第9話【満たされぬ思い】
ピアースは【ソウ】のジグソー。
第10話【背信の行方】
アーマッドは【タッチ】のマコーミック。
ラリーは【CSI:NY】のシド。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

里親の条件(VOL4のレビュー)

投稿日:2014/09/25 レビュアー:ぽんぽん玉

【子供に罪はない】という事をつくづく感じさせられたエピソード。
心臓の悪いレスリーは、移植を待つ身。
ところが、現在の里親が介護疲れから引き取りを拒否した事により事態は悪化。
引取先が決まらないと移植を受ける事が出来ないというのだ。
保護者がいないせいで死ぬかもしれないというのは何という不幸。。。
ニックとソルトは、急遽里親捜しに取りかかるものの、特殊な状況だけになかなか決まらず。。。
そんな中、レスリーとの時間を通じて、心を動かされたニックは、自分が里親に名乗りを上げるのです。
おかげで無事に手術を受ける事が出来たレスリーですが、里親について疑問も残る。
経済力、世話が出来る人、病院のそば、車、看護経験etc条件が厳しかったはずの里親に、なぜニックがなれたのか?
経済力と車以外は当てはまらないんですけど^^;
ちょっとご都合主義かも。




今回のゲスト。
第7話【裏切りと絶望と】
デビーは【スキャンダル】のモリー。
第8話【命のかぎり】
サラは【デクスター シーズン2】のゲイル・ブランドン。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全15件

ヒューマニスト 堕ちた弁護士

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:15件

大人の弁護(VOL8のレビュー)

投稿日

2014/09/25

レビュアー

ぽんぽん玉

今までは、明らかに弱者といえる子供達を弁護してきたが、ここに来て子供を福祉局に取られた母親の弁護をする事となる。
妊娠中からドラッグを続けた挙げ句、親としての責任を問われた女性。
子供を取り返そうと必至ではあるものの、すでにハイ状態(-_-;)
怒ったルルは暴言を吐き、担当を降りてしまいます。
仕方なく担当する事となったニック。なのに、ルルは出しゃばってくる。(じゃぁ、担当降りるなよ)
やりたくない仕事もやらなくちゃいけないって今回のような案件をいうんだろうね。
正直、福祉局が勝っていれば子供に被害はなかったのだ。
今回ばかりは、福祉局の対応に問題があったとしか言いようがない。
不本意ながらも裁判で勝ってしまったニックに責任はないとは言え、やはり後味の悪い案件となってしまいました。
だから、大人の弁護って嫌いよっ。




今回のゲスト。
第15話【裁きのあとに】
メリンダは【24 シーズン7】のアラマ。
第16話【ままならぬ気持ち】
ニネットは【24 シーズン6】のリタ・ブレイディ。
リーバイは【リゾーリ&アイルズ】のバリー・フロスト。
ジェームズの祖母は【プライベート・プラクティス】のソーシャルワーカー、ミルドレッド・クレモンス。

秘匿特権(VOL7のレビュー)

投稿日

2014/09/25

レビュアー

ぽんぽん玉

良く出てくる【秘匿特権】や【守秘義務】という言葉。
どこまで有効なのだろう。
たとえば、精神科医の場合、明らかに他人に危害を加えると判断した場合通報する事が出来るらしい。
では、弁護士はどうなのだろう。
以前、テレビでえん罪の話をしていた。
えん罪で捕まったA。共犯者のB。別件で捕まったC。実際はBとCの犯行だったがAは有罪とされた。
その時、Bは自身の弁護士に【共犯はCだ】と伝え、弁護士はCの弁護士にその旨を伝えたのです。
ところが、Cはこれ以上刑期を伸ばす事を嫌い、弁護士に口止めをしたのだ。
Cの弁護士は、秘匿特権によりこの事実を公表する事が出来ず、結果Aは何十年も刑務所に入れられる事となった。
これこそが【秘匿特権】なのだ。
確かに、秘匿特権がなければ、自分に不利になる事を洗いざらい弁護士に話す事は出来なくなる。
とはいえ、それによって他の人の人生が壊される事となっても守らなくてはならないものなのだろうか。
今回のエピソードでは2人の姉妹の人生がかかっていた。
ニックは、規則よりも少女の人生に重きを置いたのだ。
とはいえ、規則を破った事に変わりはない。本来なら、弁護士資格を剥奪されてもおかしくないところだが、その後のお咎めについてうやむやとなっているところに色々と考えを巡らせてしまう私です。




今回のゲスト。
第13話【秘匿特権】
サムは【スターゲイト:SG−1】のシモンズ大佐。
ウェンディは【CSI:トリロジー】のマデリーン・ブリッグス。
第14話【母の秘密】
リズは【マッド・メン】のゲイル・ホロウェイ。
ジェレミーは【クーガータウン】のトラビス・コブ。

巣立ち(VOL6のレビュー)

投稿日

2014/09/25

レビュアー

ぽんぽん玉

今作ではリード事件が軸となっているのですね。
今回もその後日談となります。
カーク&マクフィー法律事務所に移る事になっていたニックですが、ハンターの代理人となるべく一時的に移籍を見送ります。
父親との確執を抱えたニックはこの案件を最後に事務所を移るわけですが、その途端にすべてがうまくいかなくなるのだ。
思っていたような仕事はなく、専門も変えさせられ、思い通りにならない現状に苛立つのです。
父親の事務所にいた時は、父親の影に怯え、思い通りには出来ず、移籍してもまた同じ思いを抱くニック。
結局、原因は父親ではないのだ。
それに気が付いたニックは成長できるでしょうか。




今回のゲスト。
第11話【我が家の記憶】
サムは【CSI:科学捜査班】のジェフリー・マッキーン。

人種問題(VOL5のレビュー)

投稿日

2014/09/25

レビュアー

ぽんぽん玉

第10話【背信の行方】はモヤモヤが残るエピソードでした。
アラブ系の男性が経営するレストランに押し入った少年。男性はバットで応戦し、無事に撃退。
ところが、少年の両親から傷害罪で訴えられてしまうのだ。
こんな無茶な話があるだろうか。
そもそもが、押し入った少年が悪いのに。
それはそれ。これはこれ。といった、いかにもアメリカらしい訴訟。
その上、少年が白人という事もあって、アラブ系の男性は嫌がらせを受け、挙げ句の果てにはレストランを放火されてしまうのだ。
理由はどうあれ、店を失い、信用も失い、金も取れず。。。この男性にとっては踏んだり蹴ったりなのだ。
それでも、広い心を見せた男性は素晴らしい。
私なら逆に訴え返すけどねっ。




今回のゲスト。
第9話【満たされぬ思い】
ピアースは【ソウ】のジグソー。
第10話【背信の行方】
アーマッドは【タッチ】のマコーミック。
ラリーは【CSI:NY】のシド。

里親の条件(VOL4のレビュー)

投稿日

2014/09/25

レビュアー

ぽんぽん玉

【子供に罪はない】という事をつくづく感じさせられたエピソード。
心臓の悪いレスリーは、移植を待つ身。
ところが、現在の里親が介護疲れから引き取りを拒否した事により事態は悪化。
引取先が決まらないと移植を受ける事が出来ないというのだ。
保護者がいないせいで死ぬかもしれないというのは何という不幸。。。
ニックとソルトは、急遽里親捜しに取りかかるものの、特殊な状況だけになかなか決まらず。。。
そんな中、レスリーとの時間を通じて、心を動かされたニックは、自分が里親に名乗りを上げるのです。
おかげで無事に手術を受ける事が出来たレスリーですが、里親について疑問も残る。
経済力、世話が出来る人、病院のそば、車、看護経験etc条件が厳しかったはずの里親に、なぜニックがなれたのか?
経済力と車以外は当てはまらないんですけど^^;
ちょっとご都合主義かも。




今回のゲスト。
第7話【裏切りと絶望と】
デビーは【スキャンダル】のモリー。
第8話【命のかぎり】
サラは【デクスター シーズン2】のゲイル・ブランドン。

6〜 10件 / 全15件