No.178 RANKING

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.の画像・ジャケット写真

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO. / 緒方恵美

全体の平均評価点:(5点満点)

65

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

社会現象を巻き起こした「ヱヴァンゲリヲン」シリーズを全4部作として新たに製作した劇場版第3弾。前作から3年あまり、ついに完全新作としての「新たな物語」が始まる。宇多田ヒカルの楽曲や、併映の『巨神兵東京に現わる 劇場版』も収録。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 庵野秀明
原作: 庵野秀明
音楽: 鷺巣詩郎

関連作品

関連作品

もっけ

天地無用! in LOVE 劇場版

バビル2世

エスカフローネ 劇場版

ユーザーレビュー:65件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全65件

 Q

投稿日:2013/06/15 レビュアー:まみもぉ

シンジ君、もとに戻っちゃいましたね。彼の成長っぷりが好きだったからちょっとショックでした。
どのキャラもそれぞれの成長をいじられてて何だかかわいそうでした。
あの頭蓋骨の山はかなり不愉快。
カヲル君の台詞が逐一よかったのが救い。

「序」は無拍子、低速度で展開、太鼓の拍数を定めて自由に奏され、
「破」から拍子が加わり、「急」で加速が入り一曲が仕上がる。
「急」でなく「Q」なのは言逃れ脇道付きの抜け道でなく展望への道へ続くから!‥でありますように。


このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

人気シリーズの第3作としては画期的・・・かもしれない

投稿日:2013/04/26 レビュアー:さえぴょん

かつて映画史において、過去作の積み重ねをこれ程までに放棄した「3」があったでしょうか・・・ひょっとすると、これは観客が史上初めて遭遇する事態なのかもしれません。
しかし、それ故個人的には今までのシリーズで一番面白かったですね。「序」「破」よりエヴァらしいし、旧劇のような迷いもない。監督の描きたいことをきちんと描けている感覚があります。

本作で重要な鍵となるのはサブタイトルの"you can (not) redo"です。やり直せる。やり直せない。

誰でも見れば分かる通り、本作にはTVアニメ版や旧劇と類似したシチュエーションが少なからず散見されます。それは「病室での目覚め」であったり、「レイの部屋を訪ねる→裸を見てしまう」であったり、ほとんど自己模倣の域に到達しているのですが、先ほどのサブタイトルと照らし合わせれば自ずとその意味は明らかにされます。

そもそも海が赤かったりした時点で薄々察してはいたのですが、どうやらエヴァの世界はループするものとして語られているようです。
作中の事象は過去作と同じように繰り返されますが、細部においては異なって立ち現れます。例えばシンジはこれまでの作品において、周囲の命令に対しエヴァに乗ることを拒絶し続けてこなかったでしょうか。
然るに、今回は自ら乗せてくれと宣うシンジを、ミサトたちは絶対に乗せまいと攻撃してくるのです。

こうしたループ構造はカヲルとの連弾における反復練習や、冬月との将棋場面(構図が実相寺昭雄のウルトラセブン「狙われた街」のよう)においても端的に示されています。
廃墟と化したネルフ本部はさながら「過去の遺物」といったところでしょうか。

また、劇中で何度かカセットウォークマンのアップが挿入されることに違和感を覚えました。特にラストでは大きく扱われている。カセットを聴くには巻き戻して再生しなければなりません。
要するに「何度も繰り返されるもの」です。 これもまたループ世界であることの仄めかしとは考えられないでしょうか。

以上を踏まえてラストシーンをもう一度思い浮かべてみます。アスカに手を引かれ「カセット」を手放す=ループ世界からの訣別、つまり次作で因果の流れから抜け出す、ということを意味しているのでしょう。
丘を越えて歩を進める三人に今度こそ(ちゃんと終わらせる)希望を見出したいと思います。

まあ、全ては庵野監督の気分次第だと思うと、馬鹿らしくて考察する気が失せてくるのも事実なのですが笑 何せループ世界なら何でもアリですからね。
戦艦ヤマトもどきやファンネルのようなものまで登場させて、とにかくやりたい放題。今回はその出鱈目さが良い意味で映画を牽引し、成功に導きましたが次作はどうなることやら・・・

・戦闘場面は何が起こってるのか見づらいですね。はっきりいって退屈。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

浮ついた「言葉」より、温もりある「行動」が必然!^^

投稿日:2013/04/25 レビュアー:アルディ

日本人…と言うか日本のアニメのCGワークスって、いつになったら「大きいモンを大き『そうだ』」と表現出来るまでに習熟するでしょうね?。
相変わらず巨大感の無い「物体」のCGIを有り難がる傾向が有るのには正直辟易とします。
多少の進化は感じられるモノのリメイク版のスタートレックでJJエイブラムスのスタッフが「鮮やか美しく」に再現した宇宙戦艦の末端肥大デフォルメなんか微塵も再現する気は無いんでしょうね。
…で、ヒューマンワークで再現される「画」のクオリティーが半端無く「濃く深く重い」。
この「ちぐはぐさ」が作品の全体的な「質」に大きく関わっているだろうと個人的には感じてしまうんですよね。
隻眼集腕(エヴァは神経系がパイロットと繋がっているのでリアルタイムで腕の挿げ替えなんて出来ない)になってしまいながら、かつてボーイフレンドだったシンジにジンワリと「少女的」な想いをよせるアスカのツンデレ的行動が「単純」に可愛くて感情移入出来るだけで、後のキャラは妙に「腹にイチモツ、背中に荷物」的な行動と発言ばかりで煙を巻き、周囲に絶対領域を示そうとするので「全てに於いて」歯切れが悪くなってしまって「完遂」する事が「何一つ」無い。
こんなモンは観ているモノの疲労度を上げる工夫以外の何物でもないでしょう。
インパクト毎にキーパーソンになったイキモノの魂を中心に世界が再構築されてしまう「架空の宇宙」での話なので「何をやっても良い」のかも知れませんが、オリジンのエヴァ「キモチワルイ」と言う拒絶と福音の含ん言葉をもって「美しく」は既に完結してしまっているのです。
今更ながら、この「ネタ」にすがる「大人」の事情が寒々しく思えてしまいます。
前作、前々作が「肩透かしのド期待外れ」でバランスが悪い作品だったので全く期待はしていませんでしたが、ここまで内容がヒドイと笑ってしまいますなぁ。
「ジャパニメーション」としての完成度は(一部のCGIを除いて)高品質なので、時間をドブに捨てるとは言いませんが、「いいオトナ」が評価出来る様な内容の物語でも有りませんでした。
でも、次も観てしまうんでしょうね。
私も一部の「姿」は変わらないままでいる「エヴァの呪縛」に捉えられた一人だからです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

わけわからん映画

投稿日:2013/07/25 レビュアー:勇光

情感に訴える緊張感やメランコリックな雰囲気が場面ごとに溢れ出すが、話のつじつまがわからないためにノリきれない。見はじめた当初は、第2作と本作の間にもう1本あったんだっけ・・? って思ってしまった。
ただ、ひとつ、これまでの疑問にきちんとした解答が出た。それは、シンジ君の母さんがエバ初号機の核心部のなにかになっている、という点。この件は前からそうなのではないかと思っていたのだが、ハッキリとした解答がないままうやむやになっていた。が、今回、ハッキリした。
だが、そのかわり、人類補完計画なるものの全容がまったくつかめなくなり、シンジの父親がなにをやろうとしてるのかもさっぱり見当がつかなくなった。ゼーレなるものがなんだったのかも益々よくわからなくなり、渚くんが何をしようとしていたのかもさっぱりわからなかった。
ただ、メカアクションはけっこうカネかけてあり、見ていて飽きない。
ここまできたら次回作も観るだろうが、期待感はない。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

なんだかなあ・・・

投稿日:2013/07/09 レビュアー:みさこ

私は諦めた・・・
エヴァは監督の好きなように作って、映画ができたら、パチンコやパチスロ作って儲ければ良いじゃない。
監督も大して考え無く適当に作って、後から、エヴァ好きが監督はこう考えてるって理由付けてんでしょ。
次も終わらないんでしょ。5.55まで行くよ・・・きっと・・・

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全65件

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:65件

 Q

投稿日

2013/06/15

レビュアー

まみもぉ

シンジ君、もとに戻っちゃいましたね。彼の成長っぷりが好きだったからちょっとショックでした。
どのキャラもそれぞれの成長をいじられてて何だかかわいそうでした。
あの頭蓋骨の山はかなり不愉快。
カヲル君の台詞が逐一よかったのが救い。

「序」は無拍子、低速度で展開、太鼓の拍数を定めて自由に奏され、
「破」から拍子が加わり、「急」で加速が入り一曲が仕上がる。
「急」でなく「Q」なのは言逃れ脇道付きの抜け道でなく展望への道へ続くから!‥でありますように。


人気シリーズの第3作としては画期的・・・かもしれない

投稿日

2013/04/26

レビュアー

さえぴょん

かつて映画史において、過去作の積み重ねをこれ程までに放棄した「3」があったでしょうか・・・ひょっとすると、これは観客が史上初めて遭遇する事態なのかもしれません。
しかし、それ故個人的には今までのシリーズで一番面白かったですね。「序」「破」よりエヴァらしいし、旧劇のような迷いもない。監督の描きたいことをきちんと描けている感覚があります。

本作で重要な鍵となるのはサブタイトルの"you can (not) redo"です。やり直せる。やり直せない。

誰でも見れば分かる通り、本作にはTVアニメ版や旧劇と類似したシチュエーションが少なからず散見されます。それは「病室での目覚め」であったり、「レイの部屋を訪ねる→裸を見てしまう」であったり、ほとんど自己模倣の域に到達しているのですが、先ほどのサブタイトルと照らし合わせれば自ずとその意味は明らかにされます。

そもそも海が赤かったりした時点で薄々察してはいたのですが、どうやらエヴァの世界はループするものとして語られているようです。
作中の事象は過去作と同じように繰り返されますが、細部においては異なって立ち現れます。例えばシンジはこれまでの作品において、周囲の命令に対しエヴァに乗ることを拒絶し続けてこなかったでしょうか。
然るに、今回は自ら乗せてくれと宣うシンジを、ミサトたちは絶対に乗せまいと攻撃してくるのです。

こうしたループ構造はカヲルとの連弾における反復練習や、冬月との将棋場面(構図が実相寺昭雄のウルトラセブン「狙われた街」のよう)においても端的に示されています。
廃墟と化したネルフ本部はさながら「過去の遺物」といったところでしょうか。

また、劇中で何度かカセットウォークマンのアップが挿入されることに違和感を覚えました。特にラストでは大きく扱われている。カセットを聴くには巻き戻して再生しなければなりません。
要するに「何度も繰り返されるもの」です。 これもまたループ世界であることの仄めかしとは考えられないでしょうか。

以上を踏まえてラストシーンをもう一度思い浮かべてみます。アスカに手を引かれ「カセット」を手放す=ループ世界からの訣別、つまり次作で因果の流れから抜け出す、ということを意味しているのでしょう。
丘を越えて歩を進める三人に今度こそ(ちゃんと終わらせる)希望を見出したいと思います。

まあ、全ては庵野監督の気分次第だと思うと、馬鹿らしくて考察する気が失せてくるのも事実なのですが笑 何せループ世界なら何でもアリですからね。
戦艦ヤマトもどきやファンネルのようなものまで登場させて、とにかくやりたい放題。今回はその出鱈目さが良い意味で映画を牽引し、成功に導きましたが次作はどうなることやら・・・

・戦闘場面は何が起こってるのか見づらいですね。はっきりいって退屈。

浮ついた「言葉」より、温もりある「行動」が必然!^^

投稿日

2013/04/25

レビュアー

アルディ

日本人…と言うか日本のアニメのCGワークスって、いつになったら「大きいモンを大き『そうだ』」と表現出来るまでに習熟するでしょうね?。
相変わらず巨大感の無い「物体」のCGIを有り難がる傾向が有るのには正直辟易とします。
多少の進化は感じられるモノのリメイク版のスタートレックでJJエイブラムスのスタッフが「鮮やか美しく」に再現した宇宙戦艦の末端肥大デフォルメなんか微塵も再現する気は無いんでしょうね。
…で、ヒューマンワークで再現される「画」のクオリティーが半端無く「濃く深く重い」。
この「ちぐはぐさ」が作品の全体的な「質」に大きく関わっているだろうと個人的には感じてしまうんですよね。
隻眼集腕(エヴァは神経系がパイロットと繋がっているのでリアルタイムで腕の挿げ替えなんて出来ない)になってしまいながら、かつてボーイフレンドだったシンジにジンワリと「少女的」な想いをよせるアスカのツンデレ的行動が「単純」に可愛くて感情移入出来るだけで、後のキャラは妙に「腹にイチモツ、背中に荷物」的な行動と発言ばかりで煙を巻き、周囲に絶対領域を示そうとするので「全てに於いて」歯切れが悪くなってしまって「完遂」する事が「何一つ」無い。
こんなモンは観ているモノの疲労度を上げる工夫以外の何物でもないでしょう。
インパクト毎にキーパーソンになったイキモノの魂を中心に世界が再構築されてしまう「架空の宇宙」での話なので「何をやっても良い」のかも知れませんが、オリジンのエヴァ「キモチワルイ」と言う拒絶と福音の含ん言葉をもって「美しく」は既に完結してしまっているのです。
今更ながら、この「ネタ」にすがる「大人」の事情が寒々しく思えてしまいます。
前作、前々作が「肩透かしのド期待外れ」でバランスが悪い作品だったので全く期待はしていませんでしたが、ここまで内容がヒドイと笑ってしまいますなぁ。
「ジャパニメーション」としての完成度は(一部のCGIを除いて)高品質なので、時間をドブに捨てるとは言いませんが、「いいオトナ」が評価出来る様な内容の物語でも有りませんでした。
でも、次も観てしまうんでしょうね。
私も一部の「姿」は変わらないままでいる「エヴァの呪縛」に捉えられた一人だからです。

わけわからん映画

投稿日

2013/07/25

レビュアー

勇光

情感に訴える緊張感やメランコリックな雰囲気が場面ごとに溢れ出すが、話のつじつまがわからないためにノリきれない。見はじめた当初は、第2作と本作の間にもう1本あったんだっけ・・? って思ってしまった。
ただ、ひとつ、これまでの疑問にきちんとした解答が出た。それは、シンジ君の母さんがエバ初号機の核心部のなにかになっている、という点。この件は前からそうなのではないかと思っていたのだが、ハッキリとした解答がないままうやむやになっていた。が、今回、ハッキリした。
だが、そのかわり、人類補完計画なるものの全容がまったくつかめなくなり、シンジの父親がなにをやろうとしてるのかもさっぱり見当がつかなくなった。ゼーレなるものがなんだったのかも益々よくわからなくなり、渚くんが何をしようとしていたのかもさっぱりわからなかった。
ただ、メカアクションはけっこうカネかけてあり、見ていて飽きない。
ここまできたら次回作も観るだろうが、期待感はない。

なんだかなあ・・・

投稿日

2013/07/09

レビュアー

みさこ

私は諦めた・・・
エヴァは監督の好きなように作って、映画ができたら、パチンコやパチスロ作って儲ければ良いじゃない。
監督も大して考え無く適当に作って、後から、エヴァ好きが監督はこう考えてるって理由付けてんでしょ。
次も終わらないんでしょ。5.55まで行くよ・・・きっと・・・

6〜 10件 / 全65件