遥かな町へ

遥かな町への画像・ジャケット写真

遥かな町へ / パスカル・グレゴリー

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「遥かな町へ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

谷口ジローの漫画を『やわらかい手』のサム・ガルバルスキ監督が映画化したヒューマンドラマ。パリ在住の漫画家、トマ・ヴェルニアは48歳の中年男性。ある時彼はふとしたことから郷里である60年代フランスの田舎町にタイムスリップしてしまう。

「遥かな町へ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2010年
製作国: ベルギー/フランス/ドイツ
原題: QUARTIER LOINTAIN

「遥かな町へ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ウェイクアップ・デッドマン〜奇跡の朝〜

コッポラの胡蝶の夢

スズメバチ

エンジェル

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 7件 / 全7件

cartoonからアニメーションに。

投稿日:2015/08/10 レビュアー:casey25

この抒情的な映画の原作が日本のアニメだと知らされてヨーロッパの人々は驚いたのではないか? 谷口ジロー(最後の方でチラッと画面に登場する。)が故郷の鳥取県倉吉市をイメージして作ったアニメが実写版でリヨンを舞台にして蘇った。哀愁もそのまま維持され不自然さが殆ど無い。はじめからリヨンを舞台としてできた物語のようだ。
アニメの実写物にはどこか漫画的でがっかりすることも多いがこれは良い出来だった。
画面も奇麗で主人公の少年時代もハッとするほど美しい。映画でも漫画家の主人公が珍しくアニメを作っていると話していたがこの原作ももはやcartoonとは呼ばせたくない。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

あの頃に戻れたら ネタバレ

投稿日:2016/08/28 レビュアー:CLIMBER

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作未読。この映画観て、是非読んでみたいと思った。

これ、若くして父親と別れた(死別、生き別れに関わらず)男には、特に沁みると思う。
思い出の中の父親の年齢に近づき、そして追い越した時、あの時、親父はなにを思ってたんだろう...... と、ふと考える。
もっといろんなこと聞いておけばよかった、腹を割って話しときゃよかったって。
(父親がまだ存命で、いつでも会えたり一緒に暮らしたりしてたら、そんなの照れくさくて聞けやしない、いまわの際にでも聞いてみるか、ってなっちゃうんだろうけどね(^-^;......... )

いわゆるタイムスリップものだけど、主人公の行動によって未来が変わるとか、そういう話にならないところが逆に良かった。
息子、トマが何をしたところで、父の失踪はとめることができなかった。
父の思い、そして母の思い。過去に戻ってみても、真に二人の気持ちを理解することはできなかったし、救えなかった。
そんな苦い思いを抱えて、トマは妻と二人の娘のもとへと帰っていく.........

じんわりと心に沁みる良作でした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 7件 / 全7件

遥かな町へ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

cartoonからアニメーションに。

投稿日

2015/08/10

レビュアー

casey25

この抒情的な映画の原作が日本のアニメだと知らされてヨーロッパの人々は驚いたのではないか? 谷口ジロー(最後の方でチラッと画面に登場する。)が故郷の鳥取県倉吉市をイメージして作ったアニメが実写版でリヨンを舞台にして蘇った。哀愁もそのまま維持され不自然さが殆ど無い。はじめからリヨンを舞台としてできた物語のようだ。
アニメの実写物にはどこか漫画的でがっかりすることも多いがこれは良い出来だった。
画面も奇麗で主人公の少年時代もハッとするほど美しい。映画でも漫画家の主人公が珍しくアニメを作っていると話していたがこの原作ももはやcartoonとは呼ばせたくない。

あの頃に戻れたら

投稿日

2016/08/28

レビュアー

CLIMBER

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作未読。この映画観て、是非読んでみたいと思った。

これ、若くして父親と別れた(死別、生き別れに関わらず)男には、特に沁みると思う。
思い出の中の父親の年齢に近づき、そして追い越した時、あの時、親父はなにを思ってたんだろう...... と、ふと考える。
もっといろんなこと聞いておけばよかった、腹を割って話しときゃよかったって。
(父親がまだ存命で、いつでも会えたり一緒に暮らしたりしてたら、そんなの照れくさくて聞けやしない、いまわの際にでも聞いてみるか、ってなっちゃうんだろうけどね(^-^;......... )

いわゆるタイムスリップものだけど、主人公の行動によって未来が変わるとか、そういう話にならないところが逆に良かった。
息子、トマが何をしたところで、父の失踪はとめることができなかった。
父の思い、そして母の思い。過去に戻ってみても、真に二人の気持ちを理解することはできなかったし、救えなかった。
そんな苦い思いを抱えて、トマは妻と二人の娘のもとへと帰っていく.........

じんわりと心に沁みる良作でした。

6〜 7件 / 全7件