アベンジャーズ

アベンジャーズの画像・ジャケット写真
アベンジャーズ / ロバート・ダウニー・Jr
全体の平均評価点:
(5点満点)

141

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • シリーズ
ジャンル:

「アベンジャーズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

アイアンマンやハルクはじめスーパー・ヒーローたちによって結成されたドリーム・チーム“アベンジャーズ”を実写映画化する夢の企画がついに実現し、全米で空前の大ヒットを記録したSFアクション超大作。国際平和維持組織シールドで研究中だった四次元キューブが地球の支配を目論む邪悪な神ロキに奪われ、地球は史上最大の危機に直面する。長官のニック・フューリーは周囲の反対を押し切り、スーパー・パワーを持つヒーローを集めて最強チーム“アベンジャーズ”を結成することを決断、シールドのエージェントとなった魔性のスパイ、ナターシャ・ロマノフらとともにヒーローたちの招集に乗り出す。こうしてアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、そしてロキの兄ソーがシールド本部に勢ぞろいするのだが…。

「アベンジャーズ」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: THE AVENGERS

「アベンジャーズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アベンジャーズの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
143分 1.日本語字幕 2.英語字幕 3.日本語吹替用字幕 1.英語:ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語:ドルビーデジタル 5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDP1414 2012年12月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
254枚 55人 41人

アベンジャーズのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】アベンジャーズ 3D(ブルーレイ)

  • 旧作

アイアンマンやハルクはじめスーパー・ヒーローたちによって結成されたドリーム・チーム“アベンジャーズ”を実写映画化する夢の企画がついに実現し、全米で空前の大ヒットを記録したSFアクション超大作。国際平和維持組織シールドで研究中だった四次元キューブが地球の支配を目論む邪悪な神ロキに奪われ、地球は史上最大の危機に直面する。長官のニック・フューリーは周囲の反対を押し切り、スーパー・パワーを持つヒーローを集めて最強チーム“アベンジャーズ”を結成することを決断、シールドのエージェントとなった魔性のスパイ、ナターシャ・ロマノフらとともにヒーローたちの招集に乗り出す。こうしてアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、そしてロキの兄ソーがシールド本部に勢ぞろいするのだが…。

収録時間: 字幕: 音声:
143分 1.日本語字幕 2.英語字幕 3.日本語吹替用字幕 1.英語:DTS-HDマスター・オーディオ(ロスレス) 7.1ch
2.日本語:DTS-HDハイ・レゾリューション・オーディオ 7.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBP1412 2012年12月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 0人 5人

【Blu-ray】アベンジャーズ(ブルーレイ)

  • 旧作

アイアンマンやハルクはじめスーパー・ヒーローたちによって結成されたドリーム・チーム“アベンジャーズ”を実写映画化する夢の企画がついに実現し、全米で空前の大ヒットを記録したSFアクション超大作。国際平和維持組織シールドで研究中だった四次元キューブが地球の支配を目論む邪悪な神ロキに奪われ、地球は史上最大の危機に直面する。長官のニック・フューリーは周囲の反対を押し切り、スーパー・パワーを持つヒーローを集めて最強チーム“アベンジャーズ”を結成することを決断、シールドのエージェントとなった魔性のスパイ、ナターシャ・ロマノフらとともにヒーローたちの招集に乗り出す。こうしてアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、そしてロキの兄ソーがシールド本部に勢ぞろいするのだが…。

収録時間: 字幕: 音声:
143分 1.日本語字幕 2.英語字幕 3.日本語吹替用字幕 1.英語:DTS-HDマスター・オーディオ(ロスレス) 7.1ch
2.日本語:DTS-HDハイ・レゾリューション・オーディオ 7.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBP1413 2012年12月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
103枚 15人 19人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:141件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全141件

私も戦いました。睡魔と・・・

投稿日:2014/09/17 レビュアー:kazupon

予習なしに観たのは失敗だったかも。
観始めて直ぐに思いました。
マーベルのヒーローたちから成る“スーパーヒーローチーム”ということで期待していたんです。
各ヒーローの特徴を活かし、互いの弱点を補い合いながら敵と戦うヒーロー軍団。
知っているのは「アイアンマン」と「ハルク」だけで、あとのヒーローについては名前とコスチュームしか知りません。
でも、ガンガン戦って敵をやっつけるのを観るのに特別支障はないだろうと思っていました。
しかし、「マイティ・ソー」を観ていないので、肝心の導入部の状況が解らず、結果、睡魔に襲われることになりました。
mikittyさんのレビューやWikipediaを先に読んでおくのだったと、鑑賞後の今、反省しています。
 
地球滅亡の危機から救うため7人のヒーローたちが結集するのですが、ホークアイ、ブラック・ウィドウ、フューリーの3人もヒーローなんですかね?
他の4人とはちょっと違うような・・・
長官のフューリーは命令するだけで危険な現場には行っていないし。
この人、どうみても「あしたのジョー」のあの人でしょ、と思っていたら、柳生十兵衛のキャラクターを取り入れたのだとか・・・

後半の戦闘シーンになると眠気は一気に吹っ飛んで、ヒーローたちの個性溢れる戦いぶりをワクワクして眺めていました。
アイアンマンのトニー・スタークは相変わらず口数が多く、その自己中な性格を他のヒーローから指摘されていたけど、ラストの頑張りは良かったじゃないですか。
ホークアイは中世の戦士のようだし、ブラック・ウィドウは紅一点としてチームに花を添えるだけじゃなく、ちゃんと勇敢に戦っていて、二人とも生身の人間とは思えない活躍でした。
ソーは、何と言ってもあの威力あるハンマーと雷の武器ですね。
稲妻のシーンは迫力がありました。
キャプテン・アメリカは、あの盾が最強なんですね。
何でも跳ね返すという力は想像以上でした。
キャプテンというだけあって、ヒーローたちに指示を出すのですが、その仕切屋の部分が気に食わないと言うレビュアーさんもいらっしゃいました。
でもね、私、キャプテン・アメリカ好きですよ。
ちょっと古臭いヒーローですが、真面目で理路整然としたところが好きです。

最強のヒーローが集まって戦ったら一体どうなるのだろう?
誰しもそれを想像したり、集めるキャラクターを想定したり思い描いたことがあると思います。
それがこんな迫力ある綺麗な映像で実現されるのですから、本当にワクワクします。
時々思うのですが、ブラックジャックやドクターX、医龍、Dr.コトーなんかを集めたら、どんな困難な手術でもできちゃいますね。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

戦いを楽しむ必須条件は?

投稿日:2013/07/05 レビュアー:ちびた

「神」 の兄弟げんかが発端で
4次元空間をとおって 異なる宇宙から軍団が攻めてくる

これを迎え撃つのは
個性にあふれ 協調性に欠ける
アメリカンコミックのヒーロー達
という 痛快 アクション 娯楽 超 大作

なかでも ハルクが
「神」 をぼろきれみたいに扱うところなんか
大爆笑!!!

でも アメリカンだけじゃないですよね
あれ 宇宙戦艦ヤマトでしょ
アイ・パッチの長官だって…ね

でも最初の一目から
ジャクソンさん
丹下段平にしか見えなくて困りました

最後まで見て 見飽きない
そして とても興味深かったのが
「神」 がキリスト教ではなく
ギリシャ・ローマ神話の世界に近かったこと

もう一つ
超絶的なポテンシャルを持っている キューブ
人類には制御不能であると
「神」 に返却しちゃいます

従来のこういうタイプの映画にはない展開かな

それにしても
アメリカ映画というのは
破壊と戦いが好きですねえ

演じるのも 見るのも
戦いを楽しむための必須条件は
敵が 絶対悪 であること

実際の戦いには
正義はありません
もしくは たくさんの正義があるので
どのように処理しても 後味が残りますから…

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スーパー☆ヒーローのなる木

投稿日:2012/12/24 レビュアー:パンケーキレンズ

神様にむかって、“トナカイ野郎”呼ばわり♪

キャプテンアメリカの盾に、ソーの金槌が「ゴ〜ン」で、まるで除夜の鐘♪

「シェイクスピア・イン・ザ・パーク」♪

これが、私の、どツボ3点セットw

いや〜、ホントにホントに楽しかった!!!

思えば、このお祭り映画
人物の背景描写や、感動のエピソードなどなど
その辺の要素がけっこう薄味で
まあ、でも、それは、個々の別映画で♪っていう
それが大前提にあるような映画でもあるので
そもそも、冷静になって考えれば、神様と戦争してるんですからw
「あの映画で見た、あのヒーローがっ!!」
っていう、ちょっとミーハー的な姿勢で楽しめないと
ただのバカ騒ぎ映画になっちゃうのかもしれません・・・

私は、もちろん、クスクス笑いながら楽しめたわけで♪

「そういえば、浅野忠信が出てたな〜」くらいの印象しか残ってない『マイティ・ソー』w
その世界を引っ張り出してきたかー!
商売上手だな!こんにゃろめ!!
また、もう一回観たくなるやんかー
『アベンジャーズ2』があるなら、尚更やんかー

キャプテン・アメリカ、ダサいかも・・・
中国の遊園地にいるドラ○もんみたい
マスクのてっぺんに付いてた、ちっちゃい羽、けっこう好きだったのに・・・w
でも、こういうマジメ君リーダーは必要!うんうん
でもでも、あんなに目立つハルクより浮いてるw

そのハルク
マーク・ラファロに変わって、好感度大幅アップ♪
なにしろ、ハルクに変身した時、ちょっと面影残ってる
E・ノートンでの違和感を見事に消化
ほんでもって
トニー・スタークとの、天才オジサン同士の友情がまたイイ♪

で、とどのつまり、ハルクが最強www

スカヨハの、お尻のショットが多いような気がしたのは、気のせい?w

弓の先端が、着脱可能って、カッコよすぎる!

まあ、そんなこんなで、このお祭りに便乗できて楽しかった♪

『アイアンマン3』や、その他の続編など
まだまだ続くシネマティック・ユニバース
この楽しみがこれからも続く!っていう、このドキドキは
映画が好きでよかった〜と思える瞬間の一つかもしれませんね☆

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ビスタサイズと赤いレバー

投稿日:2012/11/28 レビュアー:よふかし

 何がまず驚いたかって、スクリーンサイズがビスタだったこと。つまり最近の大型テレビのジャストサイズです。でも、こういうCG満載のお祭り映画って、やっぱシネマスコープサイズでしょうに。
 だっていろんな映画の総決算という触れ込み、「ライダー全員集合」みたいな大作のはずなのに、なにチマチマやるんだ! って、僕は最初から諦めモードです。
 でまあ中身は……可もなく不可もなくです。「期待した通り映画」なので、面白そうと思った人には面白い映画ではないでしょうか。
 アイアンマンはいつも以上に減らず口担当で、キャプテンアメリカは委員長キャラで、ハルクは悩んでいて、ソーは馬鹿で、と棲み分けのためメリハリを利かせて自分の担当をこなしています。
 「最初はもめる」→「最後に団結して戦う」という想像をミリ単位の誤差でなぞるプロットゆえ、数分トイレに行っていても何も影響はありませんでした。
 で、頭を極限までカラッポにし、ぼんやりみていてほとんど少しも心が躍らないわけですが、またまた驚いたのは「赤いレバー」の登場です。
 これはアベンジャーズのでっかい飛行艇が攻撃されてエンジンが止まり、墜落しそうになるシーンのこと。アイアンマンはスーパーマンが地球を逆回転させた要領で、プロペラをぐるぐる回します。
 その時に、なんか不都合があって、キャプテンアメリカが手伝うんですが、それが「赤いレバー」を操作するってことなんですね。なんて分かりやすい! あんなレバー、しかも目立つように必要なの? アベンジャー!(意味不明)
 以前、やはり『アイランド』というおバカ映画で、地下に「これを引いたらキケン」と書いてあるレバーがあって、それを巡って最後の戦いが行われてびっくりしたことを思い出しました。
 映画の秘密基地には往々にして「自爆スイッチ」があり、かならず押されてしまいますが、飛行艇でこんな荒業を使うとは……やはりメインの対象は小学生くらいなんでしょうか。
 ハルクだのソーだのが空中から放り出されても無事とわかっているのでまったく心配せずに安心してみられます。ドキドキしないので、ホラーやお化け屋敷が苦手な人、泥酔者でも大丈夫でしょう。
 最後の市街戦も『トランスフォーマー』シリーズでじゅうぶん積んだ予習に比べれば、なんてことなくこなせます。
 ついには『ダークナイトライジング』でも使われた必殺定番のクライマックス(宇宙へ棄てるんだ!)から地表への落下アクションは、日本人なら009と002のコンビプレイをデジャビューして泣かずにはおれません。
 楽しんだもん勝ち、という刹那的な慣用句がありますが、僕は負けでもぜんぜんオッケーと思えました40点。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ウィィィィィーーーーー!!!!!

投稿日:2013/01/06 レビュアー:ビンス

最初は
「2時間半って長いんじゃない?」
って思ってました。
で、実際長いんです。
1時間半ぐらいまでは。
割とモッサリ進み。
期待していたような派手さもなく。
「これはダメなのか・・・」
「そこそこか・・・・」
なんて思いに気持ちが傾きかけてました。
その原因はアベンジャーズ。
彼らにあります。
彼らは結局「俺がフォワード」の集まりで。
「俺が点取る」しか頭になくて。
「俺が俺が、俺が俺が」なので。
そこからの小競り合いや内輪もめ。
そんなの期待してない身としてはどーでもよく。
これが気持ちが「上がらない」原因でした。
この辺を「嫁の対決」と捉えられればさらに楽しめるんですねきっと。
がしかし、そこからのラスト1時間。
なんでしょう。
怒涛の面白さじゃないですか。
「個」だったヒーロが「輪」になる。
結束して戦う。
チームワークのステキさがこれでもかと。
そうなってきたら。
勝利の雄叫びはこれっきゃない。
そう、スタン・ハンセンばりに
「ウィィィィィーーーーー!!!!!」
これっきゃない。
(ま、実際のスタン・ハンセンは「ウィー!」とは言ってません)
(そう聞こえるんですけどね)
「Weeeee!!!!!」
続編も決定し、公開も決定し。
さらに「アイアンマン3」が春に公開され!
あんまり期待してないけど「ソー」や「キャプテン〜」の続編もある。
こりゃあ、まだまだアメコミ旋風は終わりそうにないですね。

やっぱりトニー・スタークが好き。
皮肉とジョークのオンパレード。
口を開けばソレばかり。
そんな彼が「個」よりも大切にしはじめたもの。
「I」より「We」の強さを信じ始める。
ますますたまらないでしょ!
大好きでしょ。

そのほかのキャラクターも個性が際立ってて良いです。
最年長だからなのか。
仕切り屋で「ザ・優等生」のキャプテン・アメリカ。
暴走爆走大爆発のハルクの暴れっぷりの気分爽快感。
相変わらずちょいダサいソー君。
そしてブラック・ウィドウのスカ子は、お色気控えめでも相変わらずステキ。

途中、トニーが指摘してた、シールド隊員がサボって遊んでたゲーム「ギャラガ」!!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全141件

アベンジャーズ