デーヴ

デーヴの画像・ジャケット写真
デーヴ / ケヴィン・クライン
全体の平均評価点:
(5点満点)

83

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「デーヴ」 の解説・あらすじ・ストーリー

大統領に瓜二つのデーヴは一夜限りの代役を引き受けるが、大統領が脳卒中で倒れたために彼の替え玉生活は延長される事になった……。操り人形でしかなかったデーヴが、持ち前の誠実さで政治を改革していく様を描いたヒューマン・コメディ。

「デーヴ」 の作品情報

製作年: 1993年
製作国: アメリカ
原題: DAVE

「デーヴ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

デーヴの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/サラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR12962 2002年10月31日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
36枚 0人 1人

【Blu-ray】デーヴ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
110分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000344099 2012年11月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:83件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全83件

オバマ大統領、就任おめでとうございます。

投稿日:2009/01/20 レビュアー:ロキュータス

軽い気持ちで大統領の臨時の「影武者」になった一市民が、大統領が倒れたことで、代役をつとめることになる様子を描いたヒューマン・コメディ。
ケビン・クラインが飄々とした好人物を演じるが、大統領としての風格もあって、この役者さんはうまい(「ワンダとダイヤと優しい奴ら」と比較してみると面白い) です。 
シガーニー・ウィーバー、ベン・キングスレーもさすがに風格があるし、ケビン・ダンという俳優さん、初めて知りましたが微妙な役柄をうまく演じていると思う。 

「天国から来たチャンピオン」や「ミッドナイト・ラン」のチャールズ・グローディンも、いつもながらのいい味出しています。
ドラキュラをやったこともあるフランク・アンジェラが悪役を貫禄たっぷりに演じつつ、どこか可笑しい。
そしてビング・レイムズがもうけ役。クライマックスのせりふ、ぐっときました。

いい映画だなと思ったら、脚本は「ビッグ」を書いた人なんですね。 
ラストは拍手喝采ものです。心地よい快作です。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「君のためなら死ねる」が印象的。

投稿日:2006/01/23 レビュアー:旭竜

完成度は屈指の出来です。
政治的風刺を見事にコメディ的ストーリーに仕上げていて、政治色が強くても妙に説教がましくないので見る人を選びません。

影武者という設定はありがちですが、脚本に一切の無駄がなく、押しと引きの呼吸やテンポ配分も絶妙です。
また、この種の「ありえない話」では最後にどう着地するかで作品の価値が大きく左右されますが、そのラストも見事でした。

さらに、単に話として面白いだけではなくて、エレン夫人の心の変わる様など人間ドラマとしても優れていますね。

センスのいいハートウォーミングですっごくいい映画でした。観てよかった。
「おもしろい映画はない?」と聞かれたらぜひ!と薦めたい作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

レビューを書きたくなる好感のもてる映画

投稿日:2013/05/31 レビュアー:hinakksk

 レンタルリストに入れた理由も忘れてしまって、何の予備知識も先入観もなく気軽に借りた映画。観た後で確認すると、レビューもたくさん書かれていて私ごときが今さらと思いつつ、なぜか自分でもレビューが書きたくなるそんな映画です。

 コメディのジャンルに入っていて、確かにとても楽しい映画でしたが、あまり喜劇という感じはしませんでした。政治家やニュースショーの名物キャスターの数々が、実名で多彩に出演。クレジットに登場する数だけでも何と29人です。ホワイトハウスの内幕も描かれていて、軽い政治的風刺も効いています。

 なによりも図らずも大統領の替え玉となってしまったデーブの温かい飾らない人柄が気持ちよく、観ている私たちまでをも笑顔にしてしまいます。偽物だと分かっているボディガードや大統領夫人の信頼を勝ち得るほどに。クールビューティで品格のあるシガニー・ウィーバーが、夫婦関係の破綻という不幸のなかにも毅然とした大統領夫人を控えめに好演していて、役柄にぴったり。

 都合のよい替え玉にすぎなかったデーブが側近を出し抜いて本気で仕事をし始めるのも痛快です。決着のさせ方も秀逸で見事。この映画の撮影のためだけに、セットとして新たにホワイトハウスを建て、内部も忠実に再現するなんてワォーです。さすがハリウッド、その完璧を求める実行力には敬服です。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

大統領は国民の生活改善のための臨時雇い!ネタバレ

投稿日:2009/09/28 レビュアー:ムーミンママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これももう何度も観ている大好きな映画のひとつ。

ありえないようなストーリーだけれど
コメディとシリアスのバランスも良くて
そこに上手くラブロマンスも絡めて・・・と
本当に脚本の出来がいいんだと思います。

やはり福祉のために巨額の資金を捻出しちゃうところが
一番のみどころでしょうか。
民主党の皆さんも、見習っていただいて
日本政府の借金体質を改善してもらいたいものです。

ちょっとファンタジックでロマンチックなラストが嬉しいです。
いかつい顔のSPの存在が楽しさを増してくれています。

何度観ても楽しい、誰にでもお勧めできる作品ですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

心がほくほく

投稿日:2008/03/23 レビュアー:neko

本当に心が温まる映画でした。
もう観ながら、ハートウォーミングだなぁとしみじみ実感してしまうほどに。
倒れた大統領の替え玉として雇われたデーヴ。
言われた事を言われたとおりにすればいいだけのデーヴ。
大統領として表に立つうちに、徐々に気持ちの中に変化が現われ、大統領としての自我に目覚めていき・・・。

ふと気がつくと、デーヴが替え玉であることを忘れてしまっていました。そのくらいデーヴはハマっているし、福祉に回す予算を捻出するシーンは勢いがあってとても格好いいし、清々しい。
明らかに険悪だった大統領夫人と徐々に心を通わせていく、この過程がまたいいですよね。カチカチのお堅いイメージがシガニー・ウィーバーにピッタリで、ちょっとづつ女性の柔らかさを見せていくあたりは、何だか胸がいっぱいになるんです。
あぁ1人の可愛い女性だなぁって。
観ている間中とても楽しかったし、観終わった後もとても心地よい、いい映画でしたね。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全83件

デーヴ