蛇にピアス

蛇にピアスの画像・ジャケット写真
蛇にピアス / 吉高由里子
全体の平均評価点:
(5点満点)

182

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「蛇にピアス」 の解説・あらすじ・ストーリー

金原ひとみの芥川賞受賞作を蜷川幸雄監督、吉高由里子主演で映画化した青春ドラマ。“痛み”だけでしか生きている実感を得られず、ボディピアスや刺青といった身体改造にハマっていくヒロインの心の軌跡を赤裸々かつショッキングな描写満載で描く。19歳のルイは、ある日渋谷の街で一人の青年、アマと出会う。顔中にピアスをしている彼の舌は、先端が蛇のように2つに割れたスプリットタンだった。まったく違う世界に触れ、ルイはその舌に心奪われてしまう。自分も同じような舌になりたいと、アマが紹介してくれた店で舌にピアスをあけるルイ。そこで彫り師のシバと出会ったルイは、背中に刺青を彫ることも決意するが…。

「蛇にピアス」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: 日本

「蛇にピアス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

蛇にピアスの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
123分 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 ASBX4263 2009年01月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
160枚 5人 2人

【Blu-ray】蛇にピアス(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 ASBDX1054 2012年08月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:182件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全182件

ルイに共感なんてできねぇですが、、、ネタバレ

投稿日:2010/04/22 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

凄い映画だったな〜(汗
とにかく、ルイを演じた吉高由里子には感服いたしました。
あそこまで…(#^.^#) 脱げば凄い!!って訳ではないですがねw
ほんとに綺麗なボディーでございました。

正直、私にとって異次元空間のような映画でした。
ルイにアマ(高良健吾)、シバ(ARATA)全員に共感はできないんです。
やってる事がペッラペラで、「何でもいいや〜」って感じがしまして。
若いってあんなに無気力なんだろうか?彼らなりに何かしら考えてるのかも知れません。
でも、それが私には全く分からない。
【痛みを感じてる時だけが生きてると実感できる】なんて…。
でも、じゃあ、何で生きてるんだろ?痛みを感じる事なんて、そんなに頻繁にないのに。

私は13歳の時に初めてピアスをしました。
ピアッサーなんて買えなかったので、安全ピンで(笑
今は計3個の穴が開いてます。あの時の『開けたい!!』って気持ちは
こんな感じだったんだろうか?昔の事過ぎて忘れてしまいました(^_^;)

生きるって何だろ?死ぬってなんだろ?愛情って何だろ?
久しぶりにお酒飲んで、友達と語りあいたくなった。
映画を観た後にいろいろ考えさせられるのってあんまり好きではないんですが
観てよかったかな〜。「何で?何で?」ばっかり言ってましたがw
ただ、、、1人観がいいかも?w いろんな意味で(^_^;)

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

65pts/100ptsネタバレ

投稿日:2009/05/02 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

吉高由里子の魅力全開だね。

ストーリーとは、別物として、
鍛えてるのでもなく、豊満でもないんだけど、
でも、バランスのいい吉高のヌードは、
なかなか、魅力的に撮られていて、
拘束セックスシーンも、そこそこ、エロチックだが・・・

最近の中では、
”ラスト,コーション”での、
激しいセックスシーンに比べると、
ライティングと、コマ割りのうまさの差かな、、、
残念ながら、ちょっと、見劣りするね。

ただ、それは、スタッフの問題であって、
吉高のヌードは、なかなかいいし、
アニメ声は、ちょっと気にはなるけど、
TVドラマの棒読み演技とは違って、
一部を除いて、なかなか、いい演技もしてると思う。

これが、テレビでも出来ればいいのにね。。。
たぶん、天性ではなく、努力と、いい演出がされれば、
できる女優さんということで、
蜷川監督は、そこには注力したんだろうね。

ただ、男側は、演技自体は、そこそこなんだけど、
いまいち、間が悪いところがある気がする。

そういう細部が、ちょっと気になるところが多い感じで、
吉高のパート以外は、正直、
演出力は、それほど高くないと感じた。

で、作品そのものだけど。。。

原作は読んでないので、この映画から受ける感覚だが、
確かに、現代を象徴するいくつもの面が、
表現されていて、
新人賞としての芥川賞のレベルにはある作風だなとは思う。
それが、原作の力なのか、蜷川監督の表現方法によるのかは、
わからないけど。。。

生きる価値の薄さ。

人間関係の薄さから来る、心地よさと切なさと非人間性。

痛みを感じることだけで、生きてることを実感する
精神的に病んだ生命への実感。

ある意味、上にも上げた、
いやがうえでも生きる実感を感じざるを得ない
戦時中を描いた、ラスト、コーションと、
同じ、サディスティックな激しい性描写を含みながらも、
女性側の反応の変化は、対照的な内容で、
逢瀬を繰り返すうちに、
男と対等になっていくラスト、コーションに対して、
人間性を失っていく、本作の表現は、
生きる実感のない実感を、表しているのだろう。

その行く先が、例えば、
”俺が神だったら、鶏のような馬鹿ばかりにして、
 神がいることさえ感じなくさせる”
という発想であり、
他人の歯を、恋人が自分を愛した証として、
嚥下できる発想で、
表現しているのだろう。

人体改造と、
大げさなことを書いている面もあるが、
その実は、痛みを感じることで、
生きていることを実感するということは、
特にそういう発想のない人間から見ると、
精神的に病んでいる人々には、よくある症状であると感じられる。

個性的であることを実行することで、
自分というものを維持できるとする勘違いの面と、
両方を得ることができる、
このような世界に、惹かれていく発想は、
理解はできるし、説得力もあると思う。

ただ、元の気持ちは、共感できるものは、あるものの、
それから先の発想は、
まったく共感はできないわけで、
でも、元から、芥川賞というのは、
共感を得るような作風を評価する世界ではないわけで・・・

共感できる発想を、
作者独特の感性で、綴った先にあるものが、
これだったということで、
それは、ひとつの意見として、
私とは違うけど、
ありな感性と思うし、興味深いと、私は感じた。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この世界を知っている人程面白くない

投稿日:2009/04/19 レビュアー:アマギン

原作見読者です。

吉高由里子さんがオールヌードの体当たり演技を見せなかったら、この作品はどこまで話題をよんでいたのでしょうか。
彼女の演技はかなり自然体なものでしたが、それが心に残る素晴らしい演技力かと言われると、そこまでの印象は残っていません。

原作者は「身体改造に興味を持つ人間の心理を分析したくてこれを書いた」と述べられてます。原作がそれにいかほど成功したのかは知りませんが、はたして映画はその心理を分析されていたのかは疑問です。
ARATAさんや高良さんのビジュアルを筆頭に、中途半端に映像化されている印象は全く受けませんでしたが、「身体改造に生きる人達」がそこまで知れたかというとそれもなく、アングラな世界観を堪能することもできず仕舞いです。
僕にはその気があるのでしょうか(^^;)

「女の子の心情なんて、男になんかわかるもんですか!!」

などと罵声を浴びせられる前に、もう一言。
19歳の若者。何にでも興味を示すことは当然。何かの弾みで性格が正反対に変わる事も時にはあるでしょうが、真っ黒な髪の毛、おかっぱ頭が、

「おもいきって、パッ金にしよかなぁ。髪も伸ばして盛ってもらおっかな」

って次元ではありません。
渋谷で遊ぶ若い姉ちゃんが、見知らぬパンク野郎にいきなり興味を抱き、舌をまっぷたつにする心理なんて“冒頭数十分では”到底理解できませんでした。痛みを快楽とすることに共感する以前に、そんな女の子を作りあげるリアリティがまず感じられなかったです。

私の筆力不足でうまく表現しにくいのですが、この世界を知らないと言えど、極やくざ道の世界を知らされる程のリアルやショッキングさはありません。イントロに「ショッキングな描写満載で描く」と掲載されていますが、インプラントやスカリフィケーションといった強烈な描写は用意されていません。スプリットターンがリアルなだけです。
原作知らぬ私のような、ショッキング映像だけを求めた超絶勘違いな方は控えてください(^^;)

ラストに明かされる真実こそ、初めて見るショッキングな描写と言いたいところですが、それは会話の中でしか知ることができず、映像なし。残念。っとこれも必要なくていいのでしょうが。

彼女の深い孤独に共感できる人とできない人で、心に残る度合いが全く異なるであろう作品。私は後者でした。

話を見事に変えますが、CHARAさんの主題歌。よかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

/////

投稿日:2009/09/13 レビュアー:エロエロ大魔神

究極のM女?
痛みが快感に?
お父さんお母さんからもらった体を大切にしましょう!

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

無理ですわぁ

投稿日:2009/04/30 レビュアー:ぱんだ

私には理解不可能でした。

言いたいことが伝わらない映画です。

豪華なゲスト出演にはビックリしましたが、
この映画では輝けないはず・・・。


キチガイという言葉はよくないですが、
この映画を観て・・・私はそう感じました。

心理的なお話ではなく、
ただ「痛いなぁ」「ないわぁ」「ありえない」「理解不可能」といういうのが感想。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全182件

蛇にピアス