DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見るの画像・ジャケット写真

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る / AKB48

全体の平均評価点:(5点満点)

11

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

国民的アイドルグループ・AKB48の2011年に密着したドキュメンタリー映画第2弾。前作をしのぐ膨大な量の取材映像からメンバーたちの孤独と重圧、喜びと悲しみ、栄光と挫折などを紡ぎ出していく。監督はAKB48のPVを多数手掛ける高橋栄樹。※一般告知解禁日:3月2日

「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: 日本

「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督: 高橋栄樹
製作: 窪田康志新坂純一秋元伸介北川謙二吉田立
出演: AKB48
撮影: 村上拓
音楽: 大坪弘人

関連作品

関連作品

ネ申テレビ シーズン5

HaKaTa百貨店 Vol.2

マジムリ学園

AKB48 ネ申テレビ シーズン9 2nd

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全11件

アイドルも大変だなと思いました

投稿日:2012/11/03 レビュアー:スヌーピー

舞台裏ってどんな感じなのだろうと思い借りて見ました。AKB自体はファンでもないけど嫌いではないです。ファンでもない私でもそれなりに楽しめました。ファンの人はもっと楽しめたと思います。見ていて本当にアイドルも大変だなと思いました。西武ドームでのライブのシーンは特にすごくてみんなの必死さが分かりました。アイドルグループは人数が多ければ多いほど大変なんだろうなとも思いました。その中で頂点に立つ前田敦子さんのプレッシャーはすごいものだろうなと思いました。過呼吸にもなるだろうなと思いました。目まぐるしいほど忙しい毎日で好きなことをしていたり夢を叶えるためでも時々逃げ出したりしたくなるのではないかなと思いながら見てました。これからもいろいろあると思うけど頑張って欲しいです。あと、ファンの人は長ければ長いほどいいのかもしれないけどもう少し短くてもいいのではとも思いました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

少女たちは傷つきながら、夢を見る ネタバレ

投稿日:2014/11/10 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ファンだったら楽しめるしファンじゃなかったら退屈だし、ファンは見るである作品なのはわかってましたが。深いファンでもないボクにとっては、女の子たちが震災の被災地へと向かって思いを語ったり総選挙への思いを語ったり。正直、何の感情も生まれないものでした。総選挙への思いだったり、ボクには何のことだかわかりませんでしたが、本人たちはみんな泣いてたのでファンだったら感動できるものなんだろうと思います。

 面白くなるのは、中盤の西武ドームでのコンサートの裏側で1日目はグズグズのまま終わってしまい。あれは、本人たちのせいでなく。制作側のミスなのではなかろうかと思ってしまいます。その後の裏側の大騒動も、華やかさの舞台とは違いみんな倒れながらやっているのは壮絶で見ていてかわいそうになっていきました。

 ただボクはアイドルの裏側だったり素の姿よりPVの華やかな部分を見ていたいと思いました。頑張ってる姿を見せられても応援したいというより、見てはいけないものを見ているような気持ちで心が離れていってしまいました。ただ、ファンならあの好きなアイドルの素の姿が観れると相当楽しめる内容だと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

関係者すべて名前載せてください

投稿日:2014/03/20 レビュアー:youki

AKB48のドキュメンタリー映画としては感動しました、が、エンドタイトルのところで疑問が生じました
どうして衣装関係者などの名前が載っていないのだろうか?美術、大道具、小道具などしかり・・
マネージャー、ミュージシャンなど細かく載せているのに 不公平にかんじます
 公演を撮った映画だから? AKB48の公演は様々なジャンルの人々の手が掛かり成立している 総合舞台芸術です
・・それとも この程度のものだと考えたのでしょうか、だとしたら あれだけ頑張っているタレントさんたちに失礼です 言葉は悪いけれど(女衒)にみえてきてしまいます
この分野の進んでる欧米からすれば 絶対クレームものです
次回 こういった企画がある場合には 平等に名前が載せられている事を期待します

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

頑張ろうって思える ネタバレ

投稿日:2013/01/20 レビュアー:にこにこぶん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

そんなに詳しくないAKBなので、そこまで深く考えずに観たけど、始めの被災地支援のところがなぜか何度観ても泣ける。東日本大震災に特別思い入れが強いわけじゃないんだけど…。
コンサート裏の、メンバーが次々に過呼吸になっていくところは、良くないと思ったな。あの感じ、うつる気がする。観てると息が辛くなる。
私の周囲に過呼吸になる人がいるんだけど、その子はAKBに憧れてて、なんかそういうところまで憧れちゃうのか、すごく良くないなと思った。まあ、ドキュメンタリーだから、そういう生々しい部分は必要なんだろうけど。
「普通の女の子たちが、こんなに頑張ってる」って思うと、自分ももっと努力しよう、もっともっと自分を高めていこうって素直に思えるのが嬉しい。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

お疲れ

投稿日:2012/07/04 レビュアー:take

昨年の選挙の様子とライブ
大変そう 舞台裏
面白かった

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全11件

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:11件

アイドルも大変だなと思いました

投稿日

2012/11/03

レビュアー

スヌーピー

舞台裏ってどんな感じなのだろうと思い借りて見ました。AKB自体はファンでもないけど嫌いではないです。ファンでもない私でもそれなりに楽しめました。ファンの人はもっと楽しめたと思います。見ていて本当にアイドルも大変だなと思いました。西武ドームでのライブのシーンは特にすごくてみんなの必死さが分かりました。アイドルグループは人数が多ければ多いほど大変なんだろうなとも思いました。その中で頂点に立つ前田敦子さんのプレッシャーはすごいものだろうなと思いました。過呼吸にもなるだろうなと思いました。目まぐるしいほど忙しい毎日で好きなことをしていたり夢を叶えるためでも時々逃げ出したりしたくなるのではないかなと思いながら見てました。これからもいろいろあると思うけど頑張って欲しいです。あと、ファンの人は長ければ長いほどいいのかもしれないけどもう少し短くてもいいのではとも思いました。

少女たちは傷つきながら、夢を見る

投稿日

2014/11/10

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ファンだったら楽しめるしファンじゃなかったら退屈だし、ファンは見るである作品なのはわかってましたが。深いファンでもないボクにとっては、女の子たちが震災の被災地へと向かって思いを語ったり総選挙への思いを語ったり。正直、何の感情も生まれないものでした。総選挙への思いだったり、ボクには何のことだかわかりませんでしたが、本人たちはみんな泣いてたのでファンだったら感動できるものなんだろうと思います。

 面白くなるのは、中盤の西武ドームでのコンサートの裏側で1日目はグズグズのまま終わってしまい。あれは、本人たちのせいでなく。制作側のミスなのではなかろうかと思ってしまいます。その後の裏側の大騒動も、華やかさの舞台とは違いみんな倒れながらやっているのは壮絶で見ていてかわいそうになっていきました。

 ただボクはアイドルの裏側だったり素の姿よりPVの華やかな部分を見ていたいと思いました。頑張ってる姿を見せられても応援したいというより、見てはいけないものを見ているような気持ちで心が離れていってしまいました。ただ、ファンならあの好きなアイドルの素の姿が観れると相当楽しめる内容だと思いました。

関係者すべて名前載せてください

投稿日

2014/03/20

レビュアー

youki

AKB48のドキュメンタリー映画としては感動しました、が、エンドタイトルのところで疑問が生じました
どうして衣装関係者などの名前が載っていないのだろうか?美術、大道具、小道具などしかり・・
マネージャー、ミュージシャンなど細かく載せているのに 不公平にかんじます
 公演を撮った映画だから? AKB48の公演は様々なジャンルの人々の手が掛かり成立している 総合舞台芸術です
・・それとも この程度のものだと考えたのでしょうか、だとしたら あれだけ頑張っているタレントさんたちに失礼です 言葉は悪いけれど(女衒)にみえてきてしまいます
この分野の進んでる欧米からすれば 絶対クレームものです
次回 こういった企画がある場合には 平等に名前が載せられている事を期待します

頑張ろうって思える

投稿日

2013/01/20

レビュアー

にこにこぶん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

そんなに詳しくないAKBなので、そこまで深く考えずに観たけど、始めの被災地支援のところがなぜか何度観ても泣ける。東日本大震災に特別思い入れが強いわけじゃないんだけど…。
コンサート裏の、メンバーが次々に過呼吸になっていくところは、良くないと思ったな。あの感じ、うつる気がする。観てると息が辛くなる。
私の周囲に過呼吸になる人がいるんだけど、その子はAKBに憧れてて、なんかそういうところまで憧れちゃうのか、すごく良くないなと思った。まあ、ドキュメンタリーだから、そういう生々しい部分は必要なんだろうけど。
「普通の女の子たちが、こんなに頑張ってる」って思うと、自分ももっと努力しよう、もっともっと自分を高めていこうって素直に思えるのが嬉しい。

お疲れ

投稿日

2012/07/04

レビュアー

take

昨年の選挙の様子とライブ
大変そう 舞台裏
面白かった

6〜 10件 / 全11件