サインの画像・ジャケット写真

サイン / パク・シニャン

全体の平均評価点: (5点満点)

15

サイン /パク・シニャン

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「サイン」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

韓国で初めて法医学を扱い、韓国版『CSI:科学捜査班』と評され話題となったサスペンスドラマシリーズ第6巻。国立科学捜査研究院を舞台に、有能な法医学者と猪突猛進型の女性法医学者コンビが難事件の数々に挑む。第11話と第12話を収録する。

「サイン」 の作品情報

作品情報

製作年:

2011年

製作国:

韓国

原題:

Run, Jangmi( )

「サイン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

吹けよ春風

僕と彼女の借金戦争!

インディアン・サマー

春夏秋冬そして春<無修正版>

テバク 〜運命の瞬間(とき)〜

ユーザーレビュー:15件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全15件

最初から最後まで目が離せません。 ネタバレ

投稿日:2012/03/06 レビュアー:たんぱっちゅ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

観ていて、どうなる?どうなる?というドキドキ感はしっかりとあって、最初から最後まで目が離せない、見応えたっぷりなドラマでした。

ドラマは、アイドルグループの1人であるソ・ユンヒョンがコンサート中に死亡したことから始まります。
(このアイドルグループVOICE役を超新星が演じて、殺されてしまうユンヒョン役をゴニルが演じています。)

国立科学捜査研究院(科捜研)に運ばれるユンヒョンの遺体、しかしながら、検死をするのは有名医大の法医学者・チョン・グァンリョル演じるミョンハンだと知った
科捜研の法医官パク・シニャン演じるジフンは、何かしら裏があることに気づいて、ミョンハン到着前に検死を実行しようとします。
そこへ、ユンヒョンの死亡現場の鑑識捜査をした新人鑑識捜査官・キム・アジュン演じるダギョンが検死の見学に来ていて、成り行きで検死を手伝うことになります。

ジフンの検死結果は、『鼻と口を塞がれたことによる窒息死』 しかしながら、検死結果は捏造され、自首してきた関係者の毒殺と断定されてしまいます。

無理矢理検死を断行したジフンの親代わりでもある科捜研の院長・ビョンドは責任を負い、科捜研を辞め、ミョンハンが院長に就任します。そして、ジフンは地方へと左遷。
左遷先に、新人法医官としてダギョンがやってきます。ぶっきらぼうだし、厳しいし、煙たがるジフン。でもめげないダギョン。
ダギョンにもまだ終わってない悲しい過去があります。一生懸命なダギョンを少しずつ認めていくジフン、法医官として成長していくダギョン。

アイドルの死亡事件は、このドラマ大事なベースとなっています。これを引っ張り続けるので、カーっとなったり、イライラさせられたりします。
あともうちょっとってところで、大事な証拠が奪われたり消されたりすると、観てる方も敗北感を味わいます。それだけ集中させられるってことでしょうけどね。

この事件だけでなく、婦女連続殺人事件や毒殺事件、広島を舞台とした白骨死体の検死、ダギョンの過去と大きくかかわりをもつ事件もあり、どれも見逃せないものばかり。
事件の犯人たちの、どこか壊れていて勝手な言い分には本当に腹が立ちます。

どんな小さな証拠でも、法医官は死者が最期に遺した言葉に耳を傾ける・・・

ジフンを演じるパク・シニャンは、本当の法医官に見えるほどで、天才的で責任感が強く、この責任感が最後の最後まで。
どんな時も一生懸命なダギョンを演じるキム・アジュンは、この役どころにぴったりという感じでした。

アツい刑事・イハン役にチョン・ギョウン、ジフンの昔の恋人で検事のウジン役をオム・ジウォンが演じています。

ラストをどう受け止めるかは、人それぞれでしょうけど、私はちょっと残念だったかなぁ。
確かに、ああまでしないとダメだったってところまではいってましたけどね・・・

どんなに大きな野望なり、大儀があったとしても、人の命を犠牲にまでして守るべきものはないと思わされました。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

何も変わらないのか・・・ ネタバレ

投稿日:2012/10/01 レビュアー:kinako

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

もう少しでだまされるところだった。
これはひょっとしたらCSIよりも面白い?

そうなのだ。
実はとっても面白かったのだ。続きが気になって、
最終回を借りにTSUTAYAさん実店舗に走ったのだ。
だから、最初に最終回を見たときには
それはそれなりに納得したのだ。
最終回に賛否両論あるのは知っていたし、ある程度は予測できていた。
ジフンが身分の身を犠牲にして事件の真実を暴くということが。

ところが時間がたてばたつほど
あれはあれでよかったのか?
という思いがふくれあがってきた。

あれほど問われていた科捜研の存在意義。
死者の語る真実、真実のみを客観的に追求するというジフンの目的も
正しいことをするには権力が必要だというミョンハンの目的も
結局は巨大な悪の前には無力だったいうのを痛いほど知らされたわけだ。

だからと言って、巨大な悪を止めるために
死をもって戦うのか。それでいいのか。

それではドラマの最初と最後で
何も変わっていないのではないか。

どれだけ真実に近づいても、それでもそれを上回る悪の前に屈してしまうことになった。
どれだけ死者が真実を語ろうが、権力を持っていないと悪に屈ししてします。
ジフンとミョンハンの目的はここでも堂々巡りをしてしまう。

そう、結局、
何も変わらないということを認めてしまったラストではないのかと。

とまあ、そんなことをうだうだ考えてしまった訳だ。
見終わってはや1週間もたつというのに。

科捜研の仲間たちも活躍の場がなかったなあ。
もっとチームプレーが見たかったと思う。
最後は思いっきり駆け足じゃなかったのか。

と、つくづく
いいドラマであっただけに
いろいろと思うのであった。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

さすが演技派俳優パク・シニャンさんです!

投稿日:2012/09/09 レビュアー:syusyu

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

あれもこれも…詰め込みすぎの、作り込みすぎ ネタバレ

投稿日:2013/06/17 レビュアー:BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

*****全20話みての感想*****
信念のある法医官が主人公。
なかなか面白そうな出だしだったんだけど……

見れば見るほど、よく解んない展開に……。

あれもこれもと、詰め込みすぎた?
法医学に、人間ドラマに、恋愛に、事件に、陰謀に……
結局、どれも中途半端な感じ……。

考え方の違う法医官2人の、
人間ドラマのみに絞った方が楽しめたかも?


*****以下、ネタバレMAX*****
特に、ラストが嫌い。

自らの命をかけて、犯人を捕まえようとした主人公。
解剖を見越し、
これでもかと言う位に、自らの体に証拠を残す……
締まりのある、完璧なラスト…。

って、かっこ良すぎやろ……( ̄▽ ̄;)

あまりにも作り込まれすぎてて……
出来すぎたシナリオに白けた……。

う〜ん…
面白そうなドラマだったのに…、残念…。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

命を懸けて守りたいもの ネタバレ

投稿日:2013/01/25 レビュアー:ユカ・チャン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

科捜研の仕事に誇りと愛情を持った3人が、
それぞれ違う形・立場から科捜研を命懸けで守ろうとするお話。
ビョンド院長は科捜研の存続を。
ミョンハンは権力に屈しない科捜研を。
ジフンは「科学的な真実だけを追求する」科捜研を。。。
パクシニャンとチョングァンリョルのカリスマ対決だけでも十分観る価値アリですが、
サスペンスも秀逸。スリリングでスピード感があり、ドキドキが止まりません!
最後は「科学的な真実だけを追求する科捜研」を守るためのジフンの決断だったのでしょう。
それが命を懸けて守りたいものだった。
個人的には死んでしまっては何も守れないと思うのですが・・
ドラマだから!と思うしかない??それにしても割り切れない〜!!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全15件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:15件

最初から最後まで目が離せません。

投稿日

2012/03/06

レビュアー

たんぱっちゅ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

観ていて、どうなる?どうなる?というドキドキ感はしっかりとあって、最初から最後まで目が離せない、見応えたっぷりなドラマでした。

ドラマは、アイドルグループの1人であるソ・ユンヒョンがコンサート中に死亡したことから始まります。
(このアイドルグループVOICE役を超新星が演じて、殺されてしまうユンヒョン役をゴニルが演じています。)

国立科学捜査研究院(科捜研)に運ばれるユンヒョンの遺体、しかしながら、検死をするのは有名医大の法医学者・チョン・グァンリョル演じるミョンハンだと知った
科捜研の法医官パク・シニャン演じるジフンは、何かしら裏があることに気づいて、ミョンハン到着前に検死を実行しようとします。
そこへ、ユンヒョンの死亡現場の鑑識捜査をした新人鑑識捜査官・キム・アジュン演じるダギョンが検死の見学に来ていて、成り行きで検死を手伝うことになります。

ジフンの検死結果は、『鼻と口を塞がれたことによる窒息死』 しかしながら、検死結果は捏造され、自首してきた関係者の毒殺と断定されてしまいます。

無理矢理検死を断行したジフンの親代わりでもある科捜研の院長・ビョンドは責任を負い、科捜研を辞め、ミョンハンが院長に就任します。そして、ジフンは地方へと左遷。
左遷先に、新人法医官としてダギョンがやってきます。ぶっきらぼうだし、厳しいし、煙たがるジフン。でもめげないダギョン。
ダギョンにもまだ終わってない悲しい過去があります。一生懸命なダギョンを少しずつ認めていくジフン、法医官として成長していくダギョン。

アイドルの死亡事件は、このドラマ大事なベースとなっています。これを引っ張り続けるので、カーっとなったり、イライラさせられたりします。
あともうちょっとってところで、大事な証拠が奪われたり消されたりすると、観てる方も敗北感を味わいます。それだけ集中させられるってことでしょうけどね。

この事件だけでなく、婦女連続殺人事件や毒殺事件、広島を舞台とした白骨死体の検死、ダギョンの過去と大きくかかわりをもつ事件もあり、どれも見逃せないものばかり。
事件の犯人たちの、どこか壊れていて勝手な言い分には本当に腹が立ちます。

どんな小さな証拠でも、法医官は死者が最期に遺した言葉に耳を傾ける・・・

ジフンを演じるパク・シニャンは、本当の法医官に見えるほどで、天才的で責任感が強く、この責任感が最後の最後まで。
どんな時も一生懸命なダギョンを演じるキム・アジュンは、この役どころにぴったりという感じでした。

アツい刑事・イハン役にチョン・ギョウン、ジフンの昔の恋人で検事のウジン役をオム・ジウォンが演じています。

ラストをどう受け止めるかは、人それぞれでしょうけど、私はちょっと残念だったかなぁ。
確かに、ああまでしないとダメだったってところまではいってましたけどね・・・

どんなに大きな野望なり、大儀があったとしても、人の命を犠牲にまでして守るべきものはないと思わされました。

何も変わらないのか・・・

投稿日

2012/10/01

レビュアー

kinako

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

もう少しでだまされるところだった。
これはひょっとしたらCSIよりも面白い?

そうなのだ。
実はとっても面白かったのだ。続きが気になって、
最終回を借りにTSUTAYAさん実店舗に走ったのだ。
だから、最初に最終回を見たときには
それはそれなりに納得したのだ。
最終回に賛否両論あるのは知っていたし、ある程度は予測できていた。
ジフンが身分の身を犠牲にして事件の真実を暴くということが。

ところが時間がたてばたつほど
あれはあれでよかったのか?
という思いがふくれあがってきた。

あれほど問われていた科捜研の存在意義。
死者の語る真実、真実のみを客観的に追求するというジフンの目的も
正しいことをするには権力が必要だというミョンハンの目的も
結局は巨大な悪の前には無力だったいうのを痛いほど知らされたわけだ。

だからと言って、巨大な悪を止めるために
死をもって戦うのか。それでいいのか。

それではドラマの最初と最後で
何も変わっていないのではないか。

どれだけ真実に近づいても、それでもそれを上回る悪の前に屈してしまうことになった。
どれだけ死者が真実を語ろうが、権力を持っていないと悪に屈ししてします。
ジフンとミョンハンの目的はここでも堂々巡りをしてしまう。

そう、結局、
何も変わらないということを認めてしまったラストではないのかと。

とまあ、そんなことをうだうだ考えてしまった訳だ。
見終わってはや1週間もたつというのに。

科捜研の仲間たちも活躍の場がなかったなあ。
もっとチームプレーが見たかったと思う。
最後は思いっきり駆け足じゃなかったのか。

と、つくづく
いいドラマであっただけに
いろいろと思うのであった。

さすが演技派俳優パク・シニャンさんです!

投稿日

2012/09/09

レビュアー

syusyu

あれもこれも…詰め込みすぎの、作り込みすぎ

投稿日

2013/06/17

レビュアー

BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

*****全20話みての感想*****
信念のある法医官が主人公。
なかなか面白そうな出だしだったんだけど……

見れば見るほど、よく解んない展開に……。

あれもこれもと、詰め込みすぎた?
法医学に、人間ドラマに、恋愛に、事件に、陰謀に……
結局、どれも中途半端な感じ……。

考え方の違う法医官2人の、
人間ドラマのみに絞った方が楽しめたかも?


*****以下、ネタバレMAX*****
特に、ラストが嫌い。

自らの命をかけて、犯人を捕まえようとした主人公。
解剖を見越し、
これでもかと言う位に、自らの体に証拠を残す……
締まりのある、完璧なラスト…。

って、かっこ良すぎやろ……( ̄▽ ̄;)

あまりにも作り込まれすぎてて……
出来すぎたシナリオに白けた……。

う〜ん…
面白そうなドラマだったのに…、残念…。

命を懸けて守りたいもの

投稿日

2013/01/25

レビュアー

ユカ・チャン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

科捜研の仕事に誇りと愛情を持った3人が、
それぞれ違う形・立場から科捜研を命懸けで守ろうとするお話。
ビョンド院長は科捜研の存続を。
ミョンハンは権力に屈しない科捜研を。
ジフンは「科学的な真実だけを追求する」科捜研を。。。
パクシニャンとチョングァンリョルのカリスマ対決だけでも十分観る価値アリですが、
サスペンスも秀逸。スリリングでスピード感があり、ドキドキが止まりません!
最後は「科学的な真実だけを追求する科捜研」を守るためのジフンの決断だったのでしょう。
それが命を懸けて守りたいものだった。
個人的には死んでしまっては何も守れないと思うのですが・・
ドラマだから!と思うしかない??それにしても割り切れない〜!!

6〜 10件 / 全15件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

サイン