猿の惑星:創世記(ジェネシス)

猿の惑星:創世記(ジェネシス)の画像・ジャケット写真
猿の惑星:創世記(ジェネシス) / ジェームズ・フランコ
全体の平均評価点:
(5点満点)

149

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 の解説・あらすじ・ストーリー

記番:FXBB50196,FXWC50196,FDR50196の収録内容は同じです。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: RISE OF THE PLANET OF THE APES

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

猿の惑星:創世記(ジェネシス)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 1.日本語字幕 2.英語字幕 1.英語5.1chサラウンド
2.日本語5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBB50196 2012年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
152枚 6人 3人

【Blu-ray】猿の惑星:創世記(ジェネシス)(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 1.日本語字幕 2.英語字幕 1.英語5.1ch DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス)
2.日本語5.1ch DTS
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR50196 2012年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
72枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:149件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全149件

シーザーと育ての親ウィルとの愛と絆そして決別の時に涙しました・・ネタバレ

投稿日:2011/12/19 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画「猿の惑星」シリーズのルーツが知りた〜い!!
なぜチンパンジーが人間以上の知能を持つようになったのか、そして人間と立場が逆転したのか・・・。
この映画は、そのルーツの謎を心理描写をベースにリアルなドラマとして描いています。涙なしでは見られない感動作です。
ウィル(ジェームズ・フランコ)が勤める製薬研究所で、新薬の実験用に飼っていたチンパンジーが暴れだし射殺される。
このチンパンジーが、殺される直前に産み落とした赤ちゃんチンパンジーを、ウィルは内緒で家に連れて帰ります。
ウィルは、アルツハイマー病の父と二人暮らしで、父の病気を治すため、この研究所で新薬の開発に携わっています。
赤ちゃんチンパンジーは、”シーザー”と名付けられウィルに大切に育てられます。
母親の特殊な遺伝子を受け継いだシーザーは知性豊かなチンパンジーに成長していき、ウィルと強い絆で結ばれて行きます。
数年後には森林公園に1人で遊びに行くようになります。もう大人のチンパンジーで、知能も人間の同じように発達しています。
シーザーはある日、ウィルの父を助けるため隣人トラブルを起こしてしまい、霊長類保護施設に入れられてしまいます。
そこでシーザーは飼育員から酷い虐待をうけます。「家に帰りたい」と言うシーザーをウィルは本心を隠し突き放します。
シーザーは、人間不信に陥るようになり、それが徐々に怒りに変わる。そっと檻を抜け出しウィルの家にある新薬を盗み出します。
それを同じ施設に入れられているチンパンジー達に与えます。そして、強く賢く進化したチンパンジー達を引き連れ愚かな人間共に戦いを挑みます。
☆ハンパなくおおぜいのチンパージーが人間に向かって行くようすは凄まじいものがありました。
赤ん坊から少年・青年と成長していくシーザー。父親同然のウィル。当然家族の絆が生まれていきます。
知性があるので心が通じいろんな感情が出て来ます。だから、胸にジーンと響くシーンが多々ありました。
特に霊長類保護施設に入れられた時のシーザーは、ウィルに助けを求めます。家に帰りたいって・・・。
でも、もう世間に知られたからには家で一緒には暮らせないのです。
シーザーもウィルも可哀想で、こんな時が来るのは分かってたけど、いたたまれない気持ちになりました。
とても心に残る素晴らしい作品なので、ファミリーはもちろんお友達同士やカップルなどどなたにもオススメしたいです!!

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

旧作に思い入れがない方が楽しめる。

投稿日:2012/03/23 レビュアー:ゆういちろう

娯楽作品としては上出来。面白かったです。
劇場公開時に「もうひと練りで傑作になってた…」みたいな、微妙なニュアンスの評価を聞いてたので、変にハードルを上げなかったのが良かったのかも。

前半は、人間の都合で誕生した生き物が不幸を被る展開に、ちょっとゲンナリ。当然、主人公(ジェームズ・フランコ)にも感情移入できず、これは合わないかなーと思っていたのですが、後半に入ってグングン楽しくなりました。ほんとの主役はシーザー(猿)だったのですね。
この主役交代劇というか、感情移入の対象をスライドさせる手腕って、なかなか見事。前半ストレスがたまった分、彼が本領発揮してからはスカッとしました。


ただ、観る側のスタンスが微妙な作品ですね。(クロニクルとしての不都合は、さっちゃんさんのレビューに詳しく書かれているので、ご参考に。ここで書くのは、楽しむための立ち位置みたいなもんです)
当たり前ですが、本作は旧『猿の惑星』ありきで作られています。ですので、アチラを全然知らない人が観ると、頭のいい猿が暴動を起こして逃げちゃうという、なんとも言えない作品に映る可能性があります。
では旧作を知ってるほどいいかと言うと、そうでもない。本作ではアチラの持っていた「文明批判・社会風刺」というテーマが、ほぼ失われているので、オリジナルが貶められているように感じる人もいそうです。このへんが、公開時に若干賛否が分かれた原因かもしれません。

よーするに本作がいちばん楽しめるのは、1・2作目くらいは観てるけど、細かいことは覚えてないなーという人。言葉は悪いですが、わりと表層的に観られる人です。
僕が楽しめたのも、もちろんこの条件にドンピシャだったから。ラッキーでした。

余談ですが、父ちゃん役のジョン・リスゴー、久しぶりですね。これ、『ハリーとヘンダスン一家』をリスペクトしての配役なんでしょーか?あっちはビッグフットの話なので、猿とは微妙に違う気がしないでもないけど…どーだろ。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

プロローグ作品として

投稿日:2012/01/04 レビュアー:vanilla coke

おすすめ度★★☆☆☆

この映画を初めて観た方にはパンデッミック系の大作娯楽映画として楽しめると思います。
シリーズのファンにとっては物足りない部分もあるかもしれないけど、
この続きを観れるなら話は別かも・・・。

まあ、その名の通り「創世記」なので、プロローグ作品としてのツカミはよかったと思います。
早く続きがみたいな〜(^^)♪

SF独特の皮肉な世界観は次回に期待します!

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白い。ネタバレ

投稿日:2011/12/29 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

脚本不足といわれるハリウッドらしいエピソード1の作品。
確かにどうやって猿が進化したのか、言葉を喋るようになったのかを
説明しているような作品でストーリーは至ってシンプル。

だけど、このシンプルさと、猿の描写だけで十二分に満足できる出来。
面白いです、私はこれ大好きだな。
そもそも「猿の惑星」自体も好きなんですけどね。

迫力もあり、スピード感もあり。
エンターテイメント要素に満ちていて且つ去るの惑星のテーマも忘れてない
とくれば面白くないわけがない。
猿の惑星が苦手で本作を敬遠している人にもお勧め。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

猿万歳(笑)ネタバレ

投稿日:2012/03/08 レビュアー:ウンコロビッチ中将

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

猿万歳!(笑)

いや、人類にとっては当然バッドエンドな訳ですが、
この映画を見る段階で、まぁ90%の人は、それは判ってるでしょうしね(笑)

それでも、不思議と猿を応援したくなってしまう映画ですね(笑)

なんかいろいろ、想像が逞しい方が世の中には多いらしく
私にいわせりゃ、もう「それはもう妄想に近いよ」って思うのですが(苦笑)
娯楽超大作にさえ、亡国の王女カッサンドラー並みの「予言」を見出そうと
なさる方もいて、世の中は面白いです(笑)
まぁ、三文雑誌の「占いコーナー」でさえ、そこに意味やあたってる部分を
肯定的に(ワラ)見出そうとすれば、見出せるわけで(ワラワラ)
でも、映画専門サイトとかがそれに乗っかるのはどんなもんかねぇ(苦笑)
【オリジナル原作の、捕虜経験による有色人種蔑視説さえ、捕虜にしたのはフランス軍のはず等の諸説あるようで・(笑)】


まぁ、私なんかは根が単純でアホなので、娯楽SF作品としてみましたです(笑)
んで、そう見てると、不思議と「猿がんばれ!」とか思うんだなぁ・・・(笑)

あとね、やっぱり
あれだね人間ザマミロ!とか思ったね(爆)
私の中でのザマミロTOP3は
3位 研究所長
2位 霊長類保護センターの飼育員A(笑)
1位 隣家のパイロット野郎 (殴られまくった時も、感染した時も(笑))
   特にこいつは、なんか、「Freeeeeez!(フリーズ!)」とか言いそうなタイプで
   シーザーにボコ殴られたときは、すかっとした(笑)

あと、疑問というか、それはないんじゃね?TOP3(爆)

3位 パイロットが鼻血を出して(鼻腔粘膜を傷付けたか、鼻腔炎症性疾患の可能性があって)そのままフライト搭乗とかありえないんじゃね(爆)
2位 実験用動物、特に霊長類を扱っていて、しかも薬品開発ラボが【プロゲストロン】濃度さえ計っていない=妊娠に気付かないってのはあり得ないんじゃね(核爆)
そして、栄えある【第1位】!
【第1位】 ウィルスの特性上というか、宿主は個体が多く、かつ、鳥インフルエンザの例を出すまでもなく、異種間感染出来た方がウィルスにとっては都合がいいわけで
      猿はどんな猿も免疫を持った上に知能向上特性が得られて、人間は数日でウィルス毒性に負けて死亡という設定は無理があるんじゃね(笑)
      とりあえず、百歩譲って開発当初はそういう特性だったとしても、継代感染するに従って特性は猛烈なスピードで変化というか進化すると
      考えた方が自然じゃね(ワラ)

まぁ、どうして猿が圧倒的優位になったかっていう理由を妥当性で考えると
個体数の問題的にも、「ウィルス原因論」とするしかなかったんだろうけど、
ウィルスって明確に決めちゃったのは、続編があるとすれば失敗なんじゃないのかなぁ。

まぁ、そういうわけで、SF的、似非科学的には「ありそう度」的に問題がないわけじゃないんですが(笑)
それをとりあえず横に置いといて、娯楽SFとして楽しめる作品だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全149件

猿の惑星:創世記(ジェネシス)