ウェールズの山の画像・ジャケット写真

ウェールズの山 / ヒュー・グラント

全体の平均評価点: (5点満点)

53

ウェールズの山 /クリストファー・マンガー

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「ウェールズの山」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

ヨーロッパが第一次世界大戦で荒廃していた1917年のある日、ウェールズの小さな村に2人のイングランド人がやって来た。彼らの目的は村の自慢である“フュノン・ガルウ”という山を測量する事。しかし測量の結果、この山が地図に載るには6メートル足りないということが分かり村は大騒動になるが……。小さな村に起きた大きな事件に巻き込まれる村人たちを、1人1人生き生きと描き、心温まる描写でコミカルに展開してゆく。

「ウェールズの山」 の作品情報

作品情報

製作年:

1995年

製作国:

イギリス

原題:

THE ENGLISHMAN WHO WENT UP A HILL BUT CA

「ウェールズの山」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

パンデミック・アメリカ

スパルタカス(2004)

ダーク・ブルー

泉のセイレーン

サイレントノイズ

ユーザーレビュー:53件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全53件

気が付けば 己の腹に 土を盛る (泣) ネタバレ

投稿日:2008/08/17 レビュアー:ひろぼう

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ポッシュさんのレビューで、ずっと気に掛かっていた作品で、やっと観賞しました。

時は第1次世界大戦の最中、イギリスはウェールズ地方を訪れたイングランド人の測量士が、山と丘の地理上の違いは、高さが305mを越えるか否かにあると村人に告げる。この地が彼等の誇りであって山はその象徴として崇められているので、断じて丘ではあってはならんと、村人達は“丘”に土を盛り“山”として測量士に認めさせようとする。
酒や色仕掛けといった、手を変え品を変えた妨害で測量士の出発を遅らせ、その間に平地から土を運び上げて“山”を造ろうとする村人達は、賄賂を渡して5mばかり嵩上げしてくれとは言わず、同じウェールズの土を盛り上げることによって、ここにあるのは“丘”ではなく“山”なのだと主張する。そこには村人のプライドもあるのだが、出征している兵士に対する故郷を護る姿も見え、ウェールズの持つイングランドへの敵対心も窺える。
興味深かったのは村人の1人の、戦争により精神障害を来した若者が、雷鳴轟くなか“山”を護ろうと“丘”に登り、稲光に浮かび上がった“山”のシルエットに脅える件で、彼はそれに塹壕と有刺鉄線の地獄絵図を思い出したのであろうと感じたこと。
一見すると、地図表記の些細な違いで、ハチの巣を突いた騒ぎになった村を描いたドタバタコメディのようにも受け止められる作品ではあるが、ここに込められた制作者の思いは、純朴足る者が飾らぬ真摯な願いを乞う姿を写すことで、それがウェールズの荒涼ながらも素朴な風景とよく絡まり、ラストで示される大団円にまとめ上げられた逸品だった。

ヒュー・グラントの清涼感ある2枚目半的な笑顔が、猛暑に爽やかさを運んでくれましたの、★4個ジャスト。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

ポッシュさんの爆笑レビューに触発されて ネタバレ

投稿日:2008/07/03 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

自慢じゃないけど、(やっぱり自慢かもしれません。ごめんね、ポッシュさん。)私は昔から胸はありました。偏差値でいうと65くらい。

おかげで、小学生時代には身体測定の時に担任の男性教師からいやらしい目で見られ、
中学時代には胸につけた名札の角度が異常だといわれ、
高校時代には彼氏の友達から妙なあだ名で呼ばれ、
(こんなことを書くつもりじゃなかったけど、次々と思い出されて・・・)
そして、大人になったある日、全くの見ず知らずの人から
「あなたすごくいい体型だけど、若いうちからきちんとした下着を着けないとくずれるよ。」
といわれる始末。
その忠告をちゃんと実行しなかったせいなのか、寄る年波には勝てず今や重力と戦う日々で、偏差値53くらいである。

思うに大事なのは全体のバランスとメリハリ。
つまり谷が深ければ、丘だって低い山くらいには見えるってもんである。
シリコン盛るより、腰回し運動で谷を深くするよう、頑張りましょうよ、ポッシュさん。

さてこの映画、我らが山を守るため、一致団結する村人たちの姿がすがすがしく、そしてユーモラスでもあります。
細かい部分は忘れていましたが、山を守るということはウェールズ人だという自分たちのアイデンティティを守ることだったのですね。
絶対山なんだ!丘なんかであるはずがない!

この映画を作るにあたり再び計測しなおすと、丘に戻っていたというラストにも笑いました。
山は消えて、ウェールズ人とイングランド人を隔てるものはなくなったのかな?

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ゆったりとした和やかなストーリーの展開は必見!

投稿日:2004/03/02 レビュアー:yussuke

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

一体どういう動機でこんな話を映画にするんだろうかと笑ってしまう ネタバレ

投稿日:2008/10/06 レビュアー:bokensdorf

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いったいどういう動機でこんな話を映画にするんだろうかと笑ってしまう映画だ。全国地図を作るためにイングランド人が測量に来て、ウェールズ人が自分たちの誇りの山を山として認めさせるために村人が総出で、安息日【働いてはいかん】もものともせず、山に盛り土をする、というただそれだけの話しなのである。

1000フィート無いと山ではなく丘になるという。字幕は1000フィートを305メートルと言っているが、間違っている。1000フィートはぴったり300メートルである。詰めの甘い仕事は気になる。

この映画に結論は無い。しかし、なんだかほのぼのする映画だ。人生に意味があるのだろうか、という永遠の問いに、土を運ぶ村人たちの姿が答えているかのようだ。実話と信じられているそうだが、実はフィクションだそうだ。脚本のもとになった山(最後に映る山)は、実際は青銅器時代の埋葬塚であることが分かっていて、この映画の話しを本物だと信じ込んだ人が登りに来るので、現地の役場は1999年に「この埋葬塚を荒らしたら二年間刑務所にぶち込みます」と看板を建てたそうだ。【出所:http://www.imdb.com/title/tt0112966/trivia】

最後まで笑わせてくれる映画だった。カネカネ、成功、人生の勝者、ばかり追いかけているハリウッド映画に無い味わいのある映画だ。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

のんびり観れます

投稿日:2003/11/29 レビュアー:kozaiku

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全53件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:53件

気が付けば 己の腹に 土を盛る (泣)

投稿日

2008/08/17

レビュアー

ひろぼう

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ポッシュさんのレビューで、ずっと気に掛かっていた作品で、やっと観賞しました。

時は第1次世界大戦の最中、イギリスはウェールズ地方を訪れたイングランド人の測量士が、山と丘の地理上の違いは、高さが305mを越えるか否かにあると村人に告げる。この地が彼等の誇りであって山はその象徴として崇められているので、断じて丘ではあってはならんと、村人達は“丘”に土を盛り“山”として測量士に認めさせようとする。
酒や色仕掛けといった、手を変え品を変えた妨害で測量士の出発を遅らせ、その間に平地から土を運び上げて“山”を造ろうとする村人達は、賄賂を渡して5mばかり嵩上げしてくれとは言わず、同じウェールズの土を盛り上げることによって、ここにあるのは“丘”ではなく“山”なのだと主張する。そこには村人のプライドもあるのだが、出征している兵士に対する故郷を護る姿も見え、ウェールズの持つイングランドへの敵対心も窺える。
興味深かったのは村人の1人の、戦争により精神障害を来した若者が、雷鳴轟くなか“山”を護ろうと“丘”に登り、稲光に浮かび上がった“山”のシルエットに脅える件で、彼はそれに塹壕と有刺鉄線の地獄絵図を思い出したのであろうと感じたこと。
一見すると、地図表記の些細な違いで、ハチの巣を突いた騒ぎになった村を描いたドタバタコメディのようにも受け止められる作品ではあるが、ここに込められた制作者の思いは、純朴足る者が飾らぬ真摯な願いを乞う姿を写すことで、それがウェールズの荒涼ながらも素朴な風景とよく絡まり、ラストで示される大団円にまとめ上げられた逸品だった。

ヒュー・グラントの清涼感ある2枚目半的な笑顔が、猛暑に爽やかさを運んでくれましたの、★4個ジャスト。

ポッシュさんの爆笑レビューに触発されて

投稿日

2008/07/03

レビュアー

パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

自慢じゃないけど、(やっぱり自慢かもしれません。ごめんね、ポッシュさん。)私は昔から胸はありました。偏差値でいうと65くらい。

おかげで、小学生時代には身体測定の時に担任の男性教師からいやらしい目で見られ、
中学時代には胸につけた名札の角度が異常だといわれ、
高校時代には彼氏の友達から妙なあだ名で呼ばれ、
(こんなことを書くつもりじゃなかったけど、次々と思い出されて・・・)
そして、大人になったある日、全くの見ず知らずの人から
「あなたすごくいい体型だけど、若いうちからきちんとした下着を着けないとくずれるよ。」
といわれる始末。
その忠告をちゃんと実行しなかったせいなのか、寄る年波には勝てず今や重力と戦う日々で、偏差値53くらいである。

思うに大事なのは全体のバランスとメリハリ。
つまり谷が深ければ、丘だって低い山くらいには見えるってもんである。
シリコン盛るより、腰回し運動で谷を深くするよう、頑張りましょうよ、ポッシュさん。

さてこの映画、我らが山を守るため、一致団結する村人たちの姿がすがすがしく、そしてユーモラスでもあります。
細かい部分は忘れていましたが、山を守るということはウェールズ人だという自分たちのアイデンティティを守ることだったのですね。
絶対山なんだ!丘なんかであるはずがない!

この映画を作るにあたり再び計測しなおすと、丘に戻っていたというラストにも笑いました。
山は消えて、ウェールズ人とイングランド人を隔てるものはなくなったのかな?

ゆったりとした和やかなストーリーの展開は必見!

投稿日

2004/03/02

レビュアー

yussuke

一体どういう動機でこんな話を映画にするんだろうかと笑ってしまう

投稿日

2008/10/06

レビュアー

bokensdorf

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いったいどういう動機でこんな話を映画にするんだろうかと笑ってしまう映画だ。全国地図を作るためにイングランド人が測量に来て、ウェールズ人が自分たちの誇りの山を山として認めさせるために村人が総出で、安息日【働いてはいかん】もものともせず、山に盛り土をする、というただそれだけの話しなのである。

1000フィート無いと山ではなく丘になるという。字幕は1000フィートを305メートルと言っているが、間違っている。1000フィートはぴったり300メートルである。詰めの甘い仕事は気になる。

この映画に結論は無い。しかし、なんだかほのぼのする映画だ。人生に意味があるのだろうか、という永遠の問いに、土を運ぶ村人たちの姿が答えているかのようだ。実話と信じられているそうだが、実はフィクションだそうだ。脚本のもとになった山(最後に映る山)は、実際は青銅器時代の埋葬塚であることが分かっていて、この映画の話しを本物だと信じ込んだ人が登りに来るので、現地の役場は1999年に「この埋葬塚を荒らしたら二年間刑務所にぶち込みます」と看板を建てたそうだ。【出所:http://www.imdb.com/title/tt0112966/trivia】

最後まで笑わせてくれる映画だった。カネカネ、成功、人生の勝者、ばかり追いかけているハリウッド映画に無い味わいのある映画だ。

のんびり観れます

投稿日

2003/11/29

レビュアー

kozaiku

6〜 10件 / 全53件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ウェールズの山