ピラニア

ピラニアの画像・ジャケット写真
ピラニア / エリザベス・シュー
全体の平均評価点:
(5点満点)

58

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「ピラニア」 の解説・あらすじ・ストーリー

アメリカ南西部の湖を舞台に、独自の進化を遂げたピラニアの大群が若者たちに襲い掛かる恐怖を描いたパニックホラー。毎春恒例のイベントで盛り上がるビクトリア湖周辺で大規模な地割れが発生。その裂け目から何千匹ものピラニアが発生し…。※R15+

「ピラニア」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: PIRANHA 3D

「ピラニア」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ピラニアの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
89分 日 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 PCBE73960 2011年12月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
41枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:58件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全58件

もちろんキライじゃないけど、もっと出来る子ちゃうのんwネタバレ

投稿日:2011/11/05 レビュアー:KASPAR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ホラー映画ファン期待の新星だったはずのアレクサンドル・アジャ監督の新作『ピラニア3D』を観てきました!

うん、予想通りのバカ映画でした!!!
予想通りなので、満足は満足ですが、予想以上は何も無いというガッカリ感があったのも事実っすね(´・ω・`)
残念だ。。。残念すぎる。。。しかし!残念すぎるのを楽しむという映画であることも否定は出来ないのです!

◇◆◇

【多少ネタバレ含みます】

この映画の何が残念かというと、大きく分けて2つあります。(こんな映画で真面目に書くつもりなのか!?)

1、根本的に話が面白くない
2、エログロバカのバリエーションの少なさ

1につていは、バカ映画なんやから話なんて別にええやん!っつーのはもちろんあるんすけど、
最低限の面白さは必要やし、面白く無い部分は2が補完してる状態にないとあかんのっすよね〜

例えば、とある場面で、女の子を船内に長々とほったらかしにするんすけど、
そこを補完するエログロバカのネタが無いのがダメなんすね、
何もなくそのまま話が続いてしまうと、ネタのための粗じゃないんで、
単純に構成下手なだけになってまうんすね・・・こういうのが山盛りあるんすよね〜

2については、エロとバカが特にダメっつー大問題があるっすね・・・
グロに関しては十分合格やけど、エロとバカはぜんぜんダメ!!!

アジャがエロが撮れないのにはビックリ!!!
ぜんぜんエロくない!!!
同じ系統のエロなら、もっとソフトなマイケル・ベイのほうがなんぼってエロイって!!!
スローを使えよ!!!舐めるように撮れよ!!!

バカも全然ダメ!!!悪ノリの笑いがあるだけで、ぜんぜんネタになってない!!!

ち○ち○ドアップの悪ノリとか、あほやな〜ってワロタけど、そこにさらにネタを乗っけんとあかんやん!!!
例えばサック系のネタとか入れといて、ピラニアにサックサックされるとかでネタが乗っかるから笑えるんちゃうの?

スケスケTシャツネタとかでも、なかなかスケないところで、ピラニアにお○ぱいを喰われて、
心臓が丸見え(もしくはここでシリコンネタ)になって、そこまでスケスケいらんって!とかでネタになるんちゃうの?

最後の最後も、なんでその一瞬だけストップ&スローモーションつかわんかな〜
一瞬だけストップモーション使うことで、ソイツのエグイ姿のUPと、え!?っつーアイツの顔のUPを入れんと!!!

そして空中でスローモーションのまま、顔を食いちぎって、コッチに向きを変えて、
ぐぐぐぐぐ〜っ顔を咥えたメガピラニアがコッチ向いて飛び出してきてから、ふつーのスピードに戻って水の中へ!!!

これで完璧ちゃうのん!?←さすがに其処までの描写はムリ!?R18でもダメやって!?

定番のバカ映画をしようとしてるのに、なんでこういう定番のネタを入れんかな〜・・・
※代わりのネタを入れてるとか、ストーリーを強化してるとかがあればOKやけど、それが無いだけにね〜・・・

◇◆◇

ということで、残念なバカ映画なんで、むっちゃ文句書きましたが、まぁ楽しかったのはたのしかったです♪
なんかかんやゆーても、キライじゃないっすからね、こういうの♪

とりあえず、アジャ監督は、流石こういうの撮らせても上手くこなすけど、こういうのが得意な監督では無いっしょ?
っつーか、根本的にアジャはバカじゃないんで、バカがこっちの予想を超えないんすよ!

※続編は、フィーストシリーズのジョン・ギャラガーです!!!
※コイツはほんとにバカなので、本当のバカ映画を期待!!!コッチの想像を超えてやりすぎてくれよ〜♪

個人的満足度 70点!(それでも満足) オススメ度 50点(それでもオススメできない)

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

“パイ”レーツ・“オツ”・“カリ”ビヨ〜ン  〜失われたムスコ〜ネタバレ

投稿日:2012/01/03 レビュアー:ホラーいいよネ〜

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

え〜海賊は出てきません。。当然、ジョニー・デップも出演してません。。(あしからず)
しかし、パイオツ(オッパイ)はたくさん見せてくれます。。(デレ〜笑)

パニック作品としての要所も解り易くて気軽に楽しめますねぇ〜。。

地震で湖底に亀裂が入って、ピラニアが発生する原因がシンプルで解り易い。そのピラニアの生態なんかも説明が入るし、ダイバーを潜らせて湖底の現状まで把握できるので、鑑賞する側から言えば親切・丁寧な作りですね。。

それにパニック作品には欠かせない、スラッシュ!スラッシュ!!スRUSH!!!
ピラニアの襲撃により拡大する二次被害、三次被害の連鎖がたまんなくよろしいぃ〜。。。(笑)

平穏な湖で美しく舞っていた女性達の可憐な姿が、見るも無残に変わり果てた姿になるギャップがなんとも痛々しい。。
平穏な湖で見苦しい男の粗チンが、見るも無惨に湖の藻屑になるのがなんとも痛々しい。。(大笑)

オチはベタオチなんですが、ちょっと予想外でした。。

ピラニアの恐怖ではなく、“パイオツ”と“スRUSH”を存分に味わえる作品だと思いますぅ。。(ペコリ)


このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

しっかりスプラッタ、でも笑えるネタバレ

投稿日:2011/12/25 レビュアー:ウンコロビッチ中将

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画の要所要所で、伊集院光氏がラジオでよくアドリブする「おっぱい音頭」(正式名不詳)が鳴り響いてました(笑)

お正月の夜、友達・恋人・家族・親子で、「ぎゃはは」って見るには丁度いいんじゃないでしょうか。

そのものズバリの男女のシーンが出てくるわけでもないし、
スプラッタシーンは、それなりに強烈スプラッタなのですが、直接的で、また全編が太陽の下ってこともあり、
かつ、直接的なグロ描写をされる対象は、基本悪玉なやつらなんで、不条理・精神的に参るとかそういうシーンはないですし、

かなり観客を選ばず、笑いつつ、それなりにドキドキ、それなりに「ウヒャー!」って
気軽に見れる映画ではないかなと思います。
まぁ、良くも悪くも、後に残る、あとを引く映画ではありません。
これで眠れなくなる人とかはまずいないでしょう(子供でも(笑))

ま、曲がりなりにも「親子で一緒に」とはオススメしませんけれども(笑)

ピクサー、ディズニー、ジブリの健全路線もいいけど (ジブリは裏読みすれば健全ではないという議論はとりあえず置いといて(苦笑))
そればっかりじゃねーというお正月に構えず観られる映画としてどうでしょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

気軽に観れて怖くないパニック映画♪グロは多いけど笑えるよ(^_-)b

投稿日:2011/12/22 レビュアー:mikitty.

舞台はヴィクトリア湖。”春フェスタ”開催中で2万人の若者達で賑わっている。
そこへ、殺人魚ピラニアの大群が出没し人間達を襲うと言うパニック映画です。
面白いって言えば 面白いし。面白くないって言えば 面白くないって感じ^^;
緊迫感がまるでないけど、グロシーンは結構ある。でも、グロシーンがゆるくなんか超笑える。
特にクライマックスの大勢のビキニの女性達が殺られるシーンは面白い^^
ピラニアは作り物丸出しで恐怖感がない。(でも、前に観た空飛ぶマンボウのような大型よりはましだ)
ところで、ピラニアって肉だけ食べて骨だけキレイに残すの?あれは芸術的でした^^
ラストがまた最悪。あれはないよねーーー。「あの大群は赤ちゃんピラニアだよ」 ガバーッ!!!! THE.END.
笑えるパニック映画なので、上から目線でポテチつまみながら観るならd(゜-^*) OKだよ♪

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

悪ノリ下品ノー天気

投稿日:2014/05/02 レビュアー:みなさん

『ピラニア』と『殺人魚フライング・キラー』は、私たち世代には懐かしい作品。
スティーブン・スピルバーグ監督作品『ジョーズ』のヒット以来、数多作られた亜流作品の中でも、知名度とネタの多さでは、この2本は、ひときわ輝いていた。何しろ、前者はジョー・ダンテ監督、後者はジェームズ・キャメロン監督だ。映画スズメたちが見逃すはずはない。噂話やデタラメが実に喧しかった。マニアックなビデオ雑誌でも頻繁に取り上げられていた。
――その話は、また今度。(笑)

本作品は、その『ピラニア』のリメイク作品。
米国は中西部のビクトリア湖。地震で生じた裂け目が、地底湖に通じる口を開けてしまう。
そこで生き延びていた太古の狂暴なピラニアが、ビクトリア湖に浮上。
数千匹の群れは、折しも春フェスタに集まっていた若者たちを喰い散らす。
……というお話し。
何とも、悪ノリ下品でノー天気な映画だった。(笑)

物語としては、『ジョーズ』を下敷きにしたようだ。テイストは『ザ・フィースト』に近い。マジメなのか不真面目なのか判然としない。
――でも、やっぱりコメディなんだろうなぁ。キャストが揃っていたから、正統なモンスター・ホラーを期待していたんだけどね。(笑)

主人公は、保安官の息子ジェイク。演じてるのは、スティーブン・R.マックィーン。スティーブ・マックィーンの孫だそうだ。芽の出なかったチャド・マックィーンの息子になる。あまり似てないな。(笑)
祖父のようにB級SFホラー映画の主演を足掛かりにスターダムをのし上がるかと思われたが、現実は厳しいようだ。

その母親、ジュリー保安官役には、エリザベス・シュー。『ベビーシッター・アドベンチャー』の頃は可愛かったけれど、だんだんゴツい顔になって来た。最近の『CSI:科学捜査班』を観ていると特にそう思う。(笑)
最初にクレジットされているのは、役者としてのランクが一番上だからだろう。
彼女は、S.スピルバーグが製作にまわり、ロバート・ゼメキスが監督した『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』と『3』に主人公マーティの恋人役で出演していた。

冒頭、湖で釣りをしていた老人が、リチャード・ドレイファス。スピルバーグ監督の『ジョーズ』への敬意を表しての起用だろうなぁ。すっかりおじいちゃんだった。

スピルバーグを連想させる起用が、もう1人いる。『BTTF』でドクを演じたクリストファー・ロイド。ここでも、ちょっとイカレた魚類学者を演じてる。

映画監督気取りの男、デレクを演じるのは、ジェリー・オコンネル。子役の頃に『スタンド・バイ・ミー』でバーンを演じたことが信じられないくらいにマッチョな体格になっている。人間って努力と継続が大切なんだなぁと改めて思った。
――でも、彼に何があったんだろ? 何を契機に肉体改造に取り組み始めたんだろ? 気になる。(笑)

さて、本作品は、小気味良いくらいに人か喰われる。(笑) チ○チンも喰われる。
見事なくらい喰われたところを見せる。足が骨だけになったり、皮がズルむけたりするのはカワイイ方で、胴体が千切れたりする。
ピラニアに喰われるだけでなく、パニックによって引き起こされた事故(?)で頭を潰されたり、袈裟斬りにされたり、顔面の皮を剥がされたり……。よくもまぁ、これだけヴァリエイション豊かに描いたものだと感心してしまった。
更に感心したのは、ちっともグロテスクじゃないこと。善し悪しは別にして、カラっと明るい。空も青いし湖もキレイ。(笑) やっぱりホラー映画には美しい映像が必要だ。

そんなわけで、オススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全58件

ピラニア