No.167 RANKING

マイティ・ソー

マイティ・ソーの画像・ジャケット写真
マイティ・ソー / クリス・ヘムズワース
全体の平均評価点:
(5点満点)

106

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • シリーズ
ジャンル:

「マイティ・ソー」 の解説・あらすじ・ストーリー

『アイアンマン』『スパイダーマン』などを生み出してきたマーベル社が贈るヒーローアクション。神の世界の戦士・ソーは、その傲慢さから神の国を危機にさらしてしまう。それに怒った父・オーディンは、ソーの力と権力を奪い地球に追放するが…。※一般告知解禁日:8月26日

「マイティ・ソー」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: THOR

「マイティ・ソー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

マイティ・ソーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
115分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSZ117972 2011年10月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
163枚 21人 32人

【Blu-ray】マイティ・ソー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
115分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕・音声解説用字幕 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV117972 2011年10月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
88枚 14人 18人

関連作品

ユーザーレビュー:106件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全106件

クリス・ヘムズワースがすごくイイ!

投稿日:2011/11/05 レビュアー:みなみ

突っ走るだけだった若者の成長物語。
オーソドックスなストーリーで単純だけど面白かったです。
笑えるシーンもあり、アクションも迫力あったし、映像もきれいでした。

血気盛んで自信家でまっすぐな若者、ソーを演じていたクリス・ヘムズワース、
サイコーにハマッてた♪
ジャケ写とか雑誌に出てる写真はイマイチなんだけど、実際動いてる彼は、とっても魅力的。
天真爛漫な笑顔がキュート、瞳がきれい、オーラがある、おまけにすごい肉体美!!
彼の他の出演作が見てみたくなりました。

弟役の人は、オカマさんっぽく見えてしまいました…

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

決戦は木曜日♪

投稿日:2011/10/23 レビュアー:パンケーキレンズ

星空を見上げて想うことが一つ増えた♪

なんて壮大なストーリーなんだぁーーー!!

地上に降り立ったソーの一部始終は、まさにタイムスリップモノのテッパン
笑える♪
ってか、彼の武器はハンマーw
RPGなら巨漢のサブキャラが持ってる武器wでしょww
そこがまたいい♪
剣ではないのです・・・♪

同じ世界を舞台とした『アイアンマン』シリーズなんかを観ていなくても、充分楽しめますが
観ていた方が、クスっと笑えたり
「ほ〜」と、うなずけたり
「そういうことか!」と繋がる気持ち良さがあったり
楽しさが倍増すると思います☆

SFは、サイエンス・フィクションじゃなくて、サイエンス・ファクト!

この世界観、好き♪

マーベルワールド、最後まで見届けるぞぇーーー☆

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

遅れ馳せながら

投稿日:2014/10/03 レビュアー:kazupon

何の予備知識もなく「アベンジャーズ」を観てしまった私。
アイアンマンやハルクほど馴染みがないので、ずっと「何者?」という感じが付き纏っていた。
なので、「アベンジャーズ2」に備えて、遅れ馳せながらも観ておくことに。
アメコミのキャラクターとしては、アスガルドの神の王オーディンと人間界の女神とのハーフらしい。
ロキという弟がいるが、実は血の繋がりの無いワケアリのきょうだいで、父オーディンの後の王の座を巡りソーと争うことになる。
こういう因縁を知ってからアベンジャーズを観る方が、ソーの人間への対し方やロキの悪者だけどどこか情けない表情の意味が理解できるかも。
伝説と科学を結び付けての展開など面白いと思うのだけど、前半部分はちょっと退屈に感じた。
怪力も武器となるハンマーも取り上げられてしまったソーは、ただの筋肉だけの男で魅力がなかった。
地球の天体物理学者ジェーンと恋に落ちるのもちょっと唐突だった。(だって、早い話が宇宙人だよね)
オーディン王を演じたアンソニー・ホプキンスは、やはり中々の存在感。
オーディンの眠りだっけ?王が冬眠状態みたくなるのは・・・
この王の持てる力というのをもっと見てみたかった気がする。
そして橋を守る門番がカッコイイ。
凍らされてもソーの声に反応して自分を解凍しちゃうんだから。
番人て、橋を守るだけじゃなくて、すべてを透視できちゃうのかなあ。
地球でのソーやウォーリアーズ・スリーの行動を把握していた。
まだ王には相応しくないと力を奪われてしまったソーなので、雷を駆使することもなく意外に地味な印象だった。
エンドロールの後のシーンで、ジェーンの師であるセルヴィグ博士がシールドの一員に迎えられた経緯がわかった。
ほんのおまけのようなシーンだけど、アベンジャーズに繋がっているのね。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まあまあ楽しめました。

投稿日:2011/09/27 レビュアー:パープルローズ

神の国からやってきた、変り種のヒーロー・ソー。
その最強の戦士ソーを演じるクリス・ヘムズワースは初めてみる俳優さんで、初めは傲慢で自分勝手で「全く好きなタイプじゃないわ。」と思っていたけど、パワーを奪われて人間界に追放されてきてからは、弱さも見せるようになったところがちょっとかわいい。極めつけがあの鍛え抜かれた体!!シャツを脱ぐところで、ナタリー・ポートマンと一緒になって、ポ〜ッとなってしまいました。

今年はとにかく出ずっぱりのナタリー・ポートマン。が、これが彼女でないといけない理由は、全く見つかりません。アシスタント役のカット・デニングスがとってもかわいいので、かわってあげればよかったのに。

浅野忠信はせりふがほんとに2行しかなかったのにはびっくり。このあと、ハリウッド版「忠臣蔵」とか出演作が続くみたいなので、これは単に顔見世ってことなのかな。

父そして異母兄弟との確執というシェークスピアの戯曲みたいな内容なんだけど(だからケネス・ブラナーなのね)、肝心の弟ロキ役の俳優さんがぱっとしなかったのが痛かったな。

ジェレミー・レナーがスナイパー役で登場だけど、クレジットなし。

「アイアンマン」だったかで、「ニューメキシコの一件」って言ってたのは、これのことだったんですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

『ジ・アベンジャーズ』でまた会おう!

投稿日:2011/11/09 レビュアー:ぶわつ

 アイアンマン
 ハルク
 ブラック・ウィドウ
 ホークアイ
 キャプテン・アメリカ
 そして、ソー。

 今さら言うまでもないかもしれないが、来年公開の『ジ・アベンジャーズ』のメンバーである。

 本作は、『ジ・アベンジャーズ』の前日譚のひとつ、雷神ソーの物語。
 神の世界アスガルトで最強の戦士として君臨するソーは、その傍若無人さゆえについに父である王オーディンの怒りをかい、自らの武器ムジョルニアを取り上げられ、地球へと放逐されてしまう・・・。

 最初、どうしてもソーというキャラの傲慢さが受け入れられず、観るのにちょっとした苦痛を伴い、これは期待はずれだったか・・・と思いながらもとにかく頑張って観続けた。すると、ソーが地上に突き出たムジョルニアを取り上げられず落ち込むあたりから彼の表情、雰囲気が変わり、すごくいい顔になってきた。そこからはもう、どっぷり彼に感情移入して観ることが出来た。
 ソーを演じているのはクリス・ヘムズワース。あまり見覚えがないと思っていたが、『スタートレック』では冒頭で男前な死に様を見せてくれたカークの父を演じていたという。『スタートレック』はけっこう気に入っているのに・・・不覚である。早急に再チェックしなければ。
 とにかく、なかなかいい男だと思う。ソー共々気に入った。

 それから、ソーの仲間の一人に浅野忠信がいてビックリした。オーディションで役を勝ち取りハリウッドデビューしたというのは、何かで読んだ記憶があったが、それが本作だったのか。役どころ的に、それほど目立っていたわけでもないが、最後までまんべんなく出演シーンがあったのはやはり嬉しかった。

 あと、監督がケネス・ブラナーということで、「アメコミ映画に、ケネスって・・・」と怪訝に思っていたのだが、じっさいに観てみて納得した。
 アメコミ原作の映画であるけれど、テイストはどちらかというと史劇テイスト。
 これはもうケネス・ブラナーの管轄である。
 ともあれ、結果的にはけっこう満足できた。
 『ジ・アベンジャーズ』が楽しみだ。

 ちなみに本作には、ちょっとだけホークアイも登場する。弓でソーに狙いをつけるのが彼だ(言うまでもないか・・・)。
 そして、もちろんエンドロール後にも今後の展開を暗示する一幕が用意されている。
 まだ未見の方はお見逃しなく。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全106件

マイティ・ソー