CSI:NY シーズン6

CSI:NY シーズン6の画像・ジャケット写真

CSI:NY シーズン6 / ゲイリー・シニーズ

全体の平均評価点:(5点満点)

35

全体の平均評価点:

DVD

旧作

「CSI:NY シーズン6」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

N.Y.を舞台に科学捜査班のメンバーが犯罪現場の物的証拠を分析し、事件の真相を推理する人気サスペンスドラマ第6シーズン。女性を刺殺して起訴されたアントニオ・レイエスが、証拠に問題ありとして保釈され…。

「CSI:NY シーズン6」 の作品情報

作品情報

製作年:

2009年

製作国:

アメリカ

原題:

CSI: NY

「CSI:NY シーズン6」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

GOTHAM/ゴッサム <サード・シーズン>

レジェンド・オブ・タイタンズ

スウィート・ノベンバー

GRIMM/グリム シーズン4

ユーザーレビュー:35件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全35件

やっぱりダメだったのね。。。

投稿日:2011/12/14 レビュアー:ぽんぽん玉

ジェシカを失い、ヤバヤバだったフラック。
いつもビシッとスーツで決めていた彼がラフな格好になった時点で嫌な予感はしたが、やっぱり彼女の死から立ち直ってはいなかった。
まぁ、無精ひげや内にこもるまでは許せるけど、さすがにベロンベロンに酔っぱらって無断欠勤はマズイ。
テレンスがいなかったら死んでた(-_-;)
今ディスクは重要なエピソード3つで構成されている。

第6話【つまずき】
ホークスの【問題】が発覚。
第7話【CSI:トリロジー】
ベガス・マイアミ・NYにまたがるクロスオーバーエピソード。
第8話【カッコーの巣】
コンパス・キラー事件の最終章。

その割にあまり重要度が高くないのはなぜ?
なんか、とってつけたような感じが否めなかった。
すべて、後に引かないのも問題があるかも。

ちなみに、トリロジーに関しては、
■ベガス :【シーズン10】第7話。
■マイアミ:【シーズン8】第7話。
■NY  :【シーズン6】第7話。
に該当します。


今回のゲスト。
第7話【CSI:トリロジー】
スティールは【フラッシュフォワード】のギボンズ。
ジョセフは【CSI科学捜査班】ロックウッド刑事(シーズン3の第23話【封印された過去】で殉職)

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

海外と日本ドラマの決定的違い

投稿日:2011/09/10 レビュアー:四十肩六郎

CSIシリーズでは特に凄い美人やイケメンが死体役、ちょい役で出演している。
これは日本ドラマでは考えられないw
レギュラー陣より綺麗な人はでてこないw
容疑者がモデルとかであっても主人公が女性刑事なら、どっちがモデルか分からない。
出演者の配役からリアル感のなさ、それが日本ドラマに僕がのめり込めない理由かもしれない。

そして今日本のドラマでは死体のレントゲン写真を巡ってもめているが、CSIでは細部にわたる映像がだされている。
これは演出なのか、演出であっても違和感を思わせない、これぞCSIクオリティw

さて今回、
第一話、金髪美人がゲホンゲホン違った、ホークスが大変な事というか自業自得にw
第二話、これは今年頭にレンタルされたトリノジーの話。
第三話、エンジェルの死から立ち直れない彼、今シーズン、前半からダニー、ホークス、フラックとマックも大変w
コンパスキラー事件解決なるか!!!

面白くなってきたw

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ホークスの過去が明らかに ネタバレ

投稿日:2011/12/17 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第19話【贖罪】は今シーズン最大の事件の伏線であると共にホークスにとっても特別な出来事となっています。
見ず知らずの死刑囚から死刑執行当日に呼び出されたホークス。
面識のない為、不審がるホークスに対して、死刑囚レジーは衝撃的な告白をする。
【あんたの姉さんを殺したのは俺だ】
。。。。。。。。。。
えーと。これって、すんごい告白ですけど?
これだけで前後編できますけど?
なのに、結局、シェーン・ケイシー脱獄事件の影に埋もれ、レジーも射殺され、事件はうやむやに。。。
これってむごすぎる^^;
最後、姉マヤの墓に語りかけるホークスのシーンは心を打たれるものの、事件の
詳細がはっきりとしていないので、今ひとつ真実味が少ない。
こんな大事件を取って付けたようにエピに組み込んでしまうのはどうなのだろう。

今回のゲスト。
第18話【マリーナよ安らかに眠れ】
マリーナは【crash クラッシュ】のイネス。
ルークは【HEROES】の子供時代のサイラー。
第19話【贖罪】
レジーは【LOST】のマイケル。
第20話【埋もれた英雄】
テリーは【ギャラクティカ】のジャック・フィスク。
ブランソンは【CSI マイアミ】のラボスタッフ、ダン・クーパー。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

アメリカの色彩感覚が理解できません。。。

投稿日:2011/12/14 レビュアー:ぽんぽん玉

今回は色々と見せ場の多いエピソードとなっています。
NYで1番気に入っているのはメンバー同士の仲が良い事。
マイアミのような対立もなければ、ベガスのような足の引っ張り合いもない。
みんなが仲良し♪
これって見ていて心地良いです。
第15話のエンディングでは、マックとステラがフォーミュラに乗ってご満悦 笑
まるで子供のような2人が見物です。
ところで、第17話で【緑のビール】なる物が登場。
おいしいのだろうか。。。
緑や青のゼリー、ピンクや青のホイップクリームを見ておいしそうと思うアメリカ人の感覚は日本人には到底理解できるものじゃない。
話は飛ぶが、第16話のジェームズが若いアダム・サンドラーに見えて仕方がなかった。(どうでも良い事だが^^;)
でも、1番気になったのは、第16話【悲劇の確率】の回だけ、ホークスの頭が膨張している事。。。


今回のゲスト。
第15話【殺しのフォーミュラ】
ウィーバーは【デクスター】のエリオット。
第16話【悲劇の確率】
ルーファス役は【HEROES】のウィル。
第17話【欲望のゴールド】
オーブリーは【ツイン・ピークス】のシェリー・ジョンソン。
ウィアーは【ビバリーヒルズ高校白書/青春白書】のスティーブ。
ヴァンデマンは【ヴェロニカ・マーズ】のトロイ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

どんな家?

投稿日:2011/12/14 レビュアー:ぽんぽん玉

第10話【デスハウス】は面白かった。
トラップだらけのペントハウスを捜索するCSIメンバー達。
おりこうちゃんの腕の見せ所と言ったところでしょうか。
それにしても、どんだけトラップがあるん?
どんなに手を加えようと、所詮はアパートでしょ?
まぁ、ペントハウスって言うのは最上階なので階段があったり入り組んでいたり、色々出来るわけだけど。
まるでアトラクションのような作りに少々苦笑い^^;
あのペントハウスは絶対に売れないよね?
っていうか、開かずのペントハウスにしないと死人が出る。。。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全35件

CSI:NY シーズン6

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:35件

やっぱりダメだったのね。。。

投稿日

2011/12/14

レビュアー

ぽんぽん玉

ジェシカを失い、ヤバヤバだったフラック。
いつもビシッとスーツで決めていた彼がラフな格好になった時点で嫌な予感はしたが、やっぱり彼女の死から立ち直ってはいなかった。
まぁ、無精ひげや内にこもるまでは許せるけど、さすがにベロンベロンに酔っぱらって無断欠勤はマズイ。
テレンスがいなかったら死んでた(-_-;)
今ディスクは重要なエピソード3つで構成されている。

第6話【つまずき】
ホークスの【問題】が発覚。
第7話【CSI:トリロジー】
ベガス・マイアミ・NYにまたがるクロスオーバーエピソード。
第8話【カッコーの巣】
コンパス・キラー事件の最終章。

その割にあまり重要度が高くないのはなぜ?
なんか、とってつけたような感じが否めなかった。
すべて、後に引かないのも問題があるかも。

ちなみに、トリロジーに関しては、
■ベガス :【シーズン10】第7話。
■マイアミ:【シーズン8】第7話。
■NY  :【シーズン6】第7話。
に該当します。


今回のゲスト。
第7話【CSI:トリロジー】
スティールは【フラッシュフォワード】のギボンズ。
ジョセフは【CSI科学捜査班】ロックウッド刑事(シーズン3の第23話【封印された過去】で殉職)

海外と日本ドラマの決定的違い

投稿日

2011/09/10

レビュアー

四十肩六郎

CSIシリーズでは特に凄い美人やイケメンが死体役、ちょい役で出演している。
これは日本ドラマでは考えられないw
レギュラー陣より綺麗な人はでてこないw
容疑者がモデルとかであっても主人公が女性刑事なら、どっちがモデルか分からない。
出演者の配役からリアル感のなさ、それが日本ドラマに僕がのめり込めない理由かもしれない。

そして今日本のドラマでは死体のレントゲン写真を巡ってもめているが、CSIでは細部にわたる映像がだされている。
これは演出なのか、演出であっても違和感を思わせない、これぞCSIクオリティw

さて今回、
第一話、金髪美人がゲホンゲホン違った、ホークスが大変な事というか自業自得にw
第二話、これは今年頭にレンタルされたトリノジーの話。
第三話、エンジェルの死から立ち直れない彼、今シーズン、前半からダニー、ホークス、フラックとマックも大変w
コンパスキラー事件解決なるか!!!

面白くなってきたw

ホークスの過去が明らかに

投稿日

2011/12/17

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第19話【贖罪】は今シーズン最大の事件の伏線であると共にホークスにとっても特別な出来事となっています。
見ず知らずの死刑囚から死刑執行当日に呼び出されたホークス。
面識のない為、不審がるホークスに対して、死刑囚レジーは衝撃的な告白をする。
【あんたの姉さんを殺したのは俺だ】
。。。。。。。。。。
えーと。これって、すんごい告白ですけど?
これだけで前後編できますけど?
なのに、結局、シェーン・ケイシー脱獄事件の影に埋もれ、レジーも射殺され、事件はうやむやに。。。
これってむごすぎる^^;
最後、姉マヤの墓に語りかけるホークスのシーンは心を打たれるものの、事件の
詳細がはっきりとしていないので、今ひとつ真実味が少ない。
こんな大事件を取って付けたようにエピに組み込んでしまうのはどうなのだろう。

今回のゲスト。
第18話【マリーナよ安らかに眠れ】
マリーナは【crash クラッシュ】のイネス。
ルークは【HEROES】の子供時代のサイラー。
第19話【贖罪】
レジーは【LOST】のマイケル。
第20話【埋もれた英雄】
テリーは【ギャラクティカ】のジャック・フィスク。
ブランソンは【CSI マイアミ】のラボスタッフ、ダン・クーパー。

アメリカの色彩感覚が理解できません。。。

投稿日

2011/12/14

レビュアー

ぽんぽん玉

今回は色々と見せ場の多いエピソードとなっています。
NYで1番気に入っているのはメンバー同士の仲が良い事。
マイアミのような対立もなければ、ベガスのような足の引っ張り合いもない。
みんなが仲良し♪
これって見ていて心地良いです。
第15話のエンディングでは、マックとステラがフォーミュラに乗ってご満悦 笑
まるで子供のような2人が見物です。
ところで、第17話で【緑のビール】なる物が登場。
おいしいのだろうか。。。
緑や青のゼリー、ピンクや青のホイップクリームを見ておいしそうと思うアメリカ人の感覚は日本人には到底理解できるものじゃない。
話は飛ぶが、第16話のジェームズが若いアダム・サンドラーに見えて仕方がなかった。(どうでも良い事だが^^;)
でも、1番気になったのは、第16話【悲劇の確率】の回だけ、ホークスの頭が膨張している事。。。


今回のゲスト。
第15話【殺しのフォーミュラ】
ウィーバーは【デクスター】のエリオット。
第16話【悲劇の確率】
ルーファス役は【HEROES】のウィル。
第17話【欲望のゴールド】
オーブリーは【ツイン・ピークス】のシェリー・ジョンソン。
ウィアーは【ビバリーヒルズ高校白書/青春白書】のスティーブ。
ヴァンデマンは【ヴェロニカ・マーズ】のトロイ。

どんな家?

投稿日

2011/12/14

レビュアー

ぽんぽん玉

第10話【デスハウス】は面白かった。
トラップだらけのペントハウスを捜索するCSIメンバー達。
おりこうちゃんの腕の見せ所と言ったところでしょうか。
それにしても、どんだけトラップがあるん?
どんなに手を加えようと、所詮はアパートでしょ?
まぁ、ペントハウスって言うのは最上階なので階段があったり入り組んでいたり、色々出来るわけだけど。
まるでアトラクションのような作りに少々苦笑い^^;
あのペントハウスは絶対に売れないよね?
っていうか、開かずのペントハウスにしないと死人が出る。。。

6〜 10件 / 全35件