ユー・ガット・メール

ユー・ガット・メールの画像・ジャケット写真
ユー・ガット・メール / トム・ハンクス
全体の平均評価点:
(5点満点)

124

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ユー・ガット・メール」 の解説・あらすじ・ストーリー

キャスリーンは、母親の代から続く小さな絵本の店を経営している。彼女は“ショップガール”というハンドルネームを持ち、顔も知らない“NY152”というハンドルネームの男性とメールのやり取りをすることを日々の楽しみにしていた。彼女の本屋の近くに大手の本屋チェーンがオープンするが、その経営者が実は“NY152”のジョーであった。彼も“ショップガール”とのメール交換を心の糧にしていたが、二人は顔を合わせると喧嘩が絶えなかった。そんなときキャスリーンは“NY152”から直接会わないかと提案される……。

「ユー・ガット・メール」 の作品情報

製作年: 1998年
製作国: アメリカ
原題: YOU’VE GOT MAIL

「ユー・ガット・メール」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ユー・ガット・メール 特別版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
149分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR16954 2002年10月31日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
34枚 1人 1人

【Blu-ray】ユー・ガット・メール(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
119分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CWBRY30384 2011年08月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:124件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全124件

「旬」を過ぎた設定、時代の流れに逆らえず・・・!?ネタバレ

投稿日:2011/04/03 レビュアー:みむさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

インターネットのチャットで毎日のように他愛のない会話を楽しむ男女が
実は大手書店の経営者の男ジョーと、町の小さな本屋のオーナの女キャスリーン。

ネットではお互いの正体を知らない。
現実では大手書店がすぐ近所にオープンすることから
女性のほうは、自身の店の経営が危ぶまれることが心配で
大型書店の経営者の男と出会ってギクシャク。

当時(98年?)ならネットが浸透し始めた頃で
この「設定」が旬な感じでよかったのかもしれない。

ですが、その「旬」をとっくに過ぎてしまった今観てみると
お話の陳腐さが若干目立つ気がします・・・(汗

ネットでのやりとりと、現実でのやりとりを
ほぼ並行に描いているだけで、
そこにドラマチックさや切なさはあまり感じませんでした。

ネットでの相手といざ会う!というのが
最大のクライマックスになっちゃってるところもなんだか物足りない。
そこから話広げて欲しいと思ったのは私だけでしょうか。

出会って正体がわかった直後のキャスリーンのリアクションが
ちょっと理解に苦しむ。
あの展開だったら、恥ずかしいか、笑っちゃうか
どっちかだと思うんだけど(笑

あんなこと言っちゃうラストに納得するような
気持ちの変遷が見えなかったからかなあ?

とかいいつつも、
トムハンクスとメグライアン出演で
期待以上でも以下でもない、ごくごく無難な映画ではあります。

ネットの普及にのっかったこの設定。
ですがネットの普及で
今やオンラインショッピング→電子書籍が普及。
今年に入って大型書店チェーンBordersが破綻したことを思い出しました。
なんとも時代の流れを感じる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

素敵な出会いはメールから♪ネタバレ

投稿日:2007/02/15 レビュアー:ゆみゆみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あたしの中で、メグ・ライアンと言えば『ユー・ガット・メール』。
彼女の作品の中で、一番可愛らしく見える!!

NYウェストサイドにある老舗の本屋さんの店主キャスリーンと、
大手本屋チェーン店をオープンする商売敵ジョーの、キュートなラブストーリー。
ジョーと会えば、いつも嫌味ばかり言うようになってしまうキャスリーンだけど、
すっごく素直で「人に面と向かって悪口が言えたのはあなたが初めてよ」とか言いながら、
ジョーに向かってケンカ腰なとこが、可愛らしいの。

二人はお互いに相手を、心を許せるメル友だとは知らずに最悪な関係で始まる。
ジョーはキャスリーンがそのメル友だと知って、それでも好きになる辺りから、
ジョーがなんとかキャスリーンにお店を潰した罪を許して貰おうと必死な感じが、
健気で共感できて、すっごくいい。トム・ハンクスが演じるとさらにね。
何度もNYの街中でキャスリーンと偶然出会うように装ったり。
って、よく考えたら、ちょっと怖いけどねw
お茶しながら、キャスリーンが想いを寄せるメル友の相談に乗ってあげたり。
って、これもよく考えれば、隠して反応見るなんて酷いけどw
でもまぁ、二人がとっても楽しそうだから、問題なし!

ラストもとっても素敵なシーンで、好きぃ♪
あの登場は、憎いねっこのぉ〜!感動しちゃったよw
そこで流れる「虹の彼方に」もいいんだけど、やっぱり主題歌にもなった
クランベリーズの「ドリームス」が最高にいいので、もう病み付きです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

PC 初心者です ブラインドタッチかっこいい

投稿日:2006/10/20 レビュアー:エイちゃん

ケーリーグラントの映画 「ピロートーク」のリメイクですね 当時は電話 今は e-mail 桐嶋洋子さん(桐嶋カレンちゃんのお母さん評論家)の随筆「淋しいアメリカ人」で今の出会い系みたいなものに はまる アメリカ人のことが描かれていて当時は
衝撃でした 確かにニューヨークには小さいけどポリシーを持った 本屋さんが沢山あります ティファニー ナイキタウン の次ぐらいに覗いてみる事をお勧めします   

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お勧めです!

投稿日:2005/08/03 レビュアー:Tomopy

トム・ハンクスさんとメグ・ライアンさんのコンビってGoodですね!
メールのやり取りがリアルでよかったです。
楽しめる作品です。
お勧めですよ!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こんなニューヨークに住みたい

投稿日:2009/02/03 レビュアー:ykk1976

ラブコメディのメグ・ライアンの真骨頂の映画のひとつです。
彼女の衣装も今見てもシンプルで上質な大人のおしゃれですが、
なにより描かれているニューヨークの風景がいい。
ノーラ・エフロンという脚本家であり、この映画の監督が描く
ニューヨークは全部いいと思う。
カフェや公園、海岸沿い、夜道、スタバまで。
ポップなイメージのニューヨークが、実はシックで古い街
なんだと思い知らされる。

ラブストーリー的には賛否両論だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全124件

ユー・ガット・メール