デッドクリフ

デッドクリフの画像・ジャケット写真

デッドクリフ / ファニー・ヴァレット

全体の平均評価点:(5点満点)

29

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「デッドクリフ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

アルプスとピレネー山脈でオールロケを敢行したクライミング・スリラー。登山をするためクロアチアの大自然の中にやって来た5人の若者たち。彼らが目指す山には立ち入り禁止の看板が掲げてあったが、登山経験豊富なフレッドはそれを無視して…。※R15+

「デッドクリフ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: フランス
原題: VERTIGE/HIGH LANE/DEAD CLIFF

「デッドクリフ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ナイト・チェイサー

ミッシング

田園の守り人たち

ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路

ユーザーレビュー:29件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全29件

おねーちゃんその軽装はないでしょう

投稿日:2011/06/02 レビュアー:よふかし

 最近、山を舞台にしたホラーが続いて公開されています。昨今の流行は、家とかホームタウンとかキャンプ場といった割合安全なところで襲われるんじゃなくて、「危険なところへ行ったら、違う危険(モンスター)に襲われる」ってやつです。『ディセント』なんかの影響かもしれませんが、冒険ものとして始まったもがホラーに変わるというプロットの転換が目新しく見えるんでしょうか。
 とくにフレンチ・ホラーはこういう転換が大好きみたいで、近年いくつもそういう作品がありますね。本作は邦題が『レッドクリフ』のいただきということで、いかにもショボい感じは否めませんが、『クリフハンガー』のような高所サスペンスがホラーに変貌するというもの。出来としては同じ山でも『デッド・スノウ』よりは落ちるが『共喰山』より面白いというあたりですが、その2作にあったお笑い要素は皆無です。真面目にホラーしてます。
 序盤の高所サスペンスがあまりうまくないのがまず残念です。実際にキャストは断崖絶壁で懸命の演技をしているんですが、「自ら危機を招く愚かな若者」というベタなプロットや、「おねーちゃんその軽装はないでしょう」というリアリティのなさで、サスペンスが帳消しにされてしまいます。撮影はそんなに悪くないのでもったいないと思いました。
 で途中から、襲ってくるのがいるわけですが、これが意外なほどフツーの男。ま……なんというか狂人ですね。このフツーさをリアルととるかショボイととるかでこの映画の評価は分かれるんじゃないでしょうか。『悪魔のいけにえ』ふうの監禁ホラーにかわるというのも悪くはないんですが、これまた流行のコマ切れアクションが僕的にはマイナスですね。スピード感は出るんですが、どんどん怖くなくなっちゃうから。35点。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

山岳ホラーとしての頂を登りつめれば、後は転げ落ちるのみ。

投稿日:2011/12/25 レビュアー:伝衛門

ゾンビ映画と勘違いして鑑賞を始めた私。
クライミング・スリラーと気づくまで少々戸惑いました。(・・。)ゞ

ロック・クライミングとしては定番のネタなのかもしれませんが、
”ゾンビ映画としては新境地なのではないか”とワクワクしながら観ていました。(・・。)ゞ
さすがにベテランの男へのアクシデントで間違いに気づいたのですが、開始1時間は楽しめました。

メンバー5人の人間関係が良いです。
高校の同級生4人(男・女各2名)に今カレ1名。
同級生の男の中には元カレもいる。

”誰だあぁ〜 幹事は〜?”
”気まずいに決まってるだろうがぁ〜”
”同窓会にしたいのかダブルデートにしたいのか、どっちかに絞れぇ〜”
ついでに、プライベートでの文句を一つ!
”同窓会に奥さん連れてきて放置プレーすんなぁ〜!気ぃ〜使うだろうがぁ〜!!”

あぁ〜スッキリした!

本作品では、この辺の人間関係・心情が見事にハマっているように感じました。

ポロリは無いものの、見えそうで見えないオッパイ担当、美形美脚担当、申し分なしです。
終盤に『ディセント』、『クライモリ』の失敗作に成り下がってしまったのが、ただただ残念。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

勘違いと思い込み

投稿日:2011/08/12 レビュアー:ビンス

勘違いってコワイ。
思い込みってコワイ。
まずジャケットを見てください。
タイトルが「デッドクリフ」で。
このジャケット。
視力が良くないボクには、ジャケットの中央で崖を上る人物が「ゾンビ」に見えました。
勘違いと思い込みのスタートです。
最初のミスにして最大のミスです。
ゾンビとクライミングものをミックスした物語か・・・・・
一体どんな展開になるんだ・・・・・・
勘違いと思い込みの果てに、最早どう転んでも正解にたどり着けない思考に捉われていきます。
そんな気持ちを胸に鑑賞スタート。
目眩です。
クラクラします。
高所恐怖症。
何で山に登るのか?、未だに意味がわからないボクにとっては恐怖以外の何者でもない展開のオンパ。
緊張感の持続です。
それにメンドクサイ人間関係がプラスされ。
しょうもないキャラがイラつかせ。
イイ感じで進むストーリー。
さて、このへんか?
ここから第二部か?
なんて期待と共にゾンビの登場を待つボク。
どうやってゾンビが登場する?
誰がゾンビになる?
どうやって?
・・・・・・・・
しかし、待てど暮らせど出てこないゾンビ。
しまいにゃ「違うの」が出てきちまった・・・・・
違うのでてきちまったけど。
やっぱりコワイのは山登りと。
人間関係と。
バルカン半島で実際に何千人という数が謎の失踪をとげているという事実です。
そして何よりも怖いのは「勘違いと思い込み」。

ファニ・ヴァレットがパッチリおめめでカワイイです。
おめめが大きいから絶叫顔も似合いますね。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

・・・・・・・

投稿日:2011/05/27 レビュアー:エロエロ大魔神

結局最後は自分がかわいい〜

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

山から下を見る方がよっぽど怖い(´Д⊂)

投稿日:2011/07/19 レビュアー:け−な

う〜ん・・
前半が結構ドキドキした割には
後半が残念なことになりましたねぇヽ(-公-;
全然R15じゃなくてぃいと思うんだけどなぁ♪♪

でも山からの景色はもぉ・・怖い!!
私高所恐怖症じゃなぃんですけど
見ながら”ひぃいいい〜ヽ(;▽;)ノ”って叫んじゃった★
全然残酷なシーンじゃなぃのにおかしいな笑( *´艸`)
そのシーンスタントとか合成じゃないみたいで・・
そこは本当100点満点です!!!

ストーリー的には
本当暇つぶし程度で大丈夫(●*´U’●)

あ!!
ちなみに原題の意味は『VERTIGE=めまい』だそうで・・
山に登るのにそこら辺の庭に行くみたいな
女の子達の服装にわたしがめまいです笑

女の子の谷間ばっかり見ないで
山ちゃんと登りなさ〜い笑♪

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全29件

デッドクリフ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:29件

おねーちゃんその軽装はないでしょう

投稿日

2011/06/02

レビュアー

よふかし

 最近、山を舞台にしたホラーが続いて公開されています。昨今の流行は、家とかホームタウンとかキャンプ場といった割合安全なところで襲われるんじゃなくて、「危険なところへ行ったら、違う危険(モンスター)に襲われる」ってやつです。『ディセント』なんかの影響かもしれませんが、冒険ものとして始まったもがホラーに変わるというプロットの転換が目新しく見えるんでしょうか。
 とくにフレンチ・ホラーはこういう転換が大好きみたいで、近年いくつもそういう作品がありますね。本作は邦題が『レッドクリフ』のいただきということで、いかにもショボい感じは否めませんが、『クリフハンガー』のような高所サスペンスがホラーに変貌するというもの。出来としては同じ山でも『デッド・スノウ』よりは落ちるが『共喰山』より面白いというあたりですが、その2作にあったお笑い要素は皆無です。真面目にホラーしてます。
 序盤の高所サスペンスがあまりうまくないのがまず残念です。実際にキャストは断崖絶壁で懸命の演技をしているんですが、「自ら危機を招く愚かな若者」というベタなプロットや、「おねーちゃんその軽装はないでしょう」というリアリティのなさで、サスペンスが帳消しにされてしまいます。撮影はそんなに悪くないのでもったいないと思いました。
 で途中から、襲ってくるのがいるわけですが、これが意外なほどフツーの男。ま……なんというか狂人ですね。このフツーさをリアルととるかショボイととるかでこの映画の評価は分かれるんじゃないでしょうか。『悪魔のいけにえ』ふうの監禁ホラーにかわるというのも悪くはないんですが、これまた流行のコマ切れアクションが僕的にはマイナスですね。スピード感は出るんですが、どんどん怖くなくなっちゃうから。35点。

山岳ホラーとしての頂を登りつめれば、後は転げ落ちるのみ。

投稿日

2011/12/25

レビュアー

伝衛門

ゾンビ映画と勘違いして鑑賞を始めた私。
クライミング・スリラーと気づくまで少々戸惑いました。(・・。)ゞ

ロック・クライミングとしては定番のネタなのかもしれませんが、
”ゾンビ映画としては新境地なのではないか”とワクワクしながら観ていました。(・・。)ゞ
さすがにベテランの男へのアクシデントで間違いに気づいたのですが、開始1時間は楽しめました。

メンバー5人の人間関係が良いです。
高校の同級生4人(男・女各2名)に今カレ1名。
同級生の男の中には元カレもいる。

”誰だあぁ〜 幹事は〜?”
”気まずいに決まってるだろうがぁ〜”
”同窓会にしたいのかダブルデートにしたいのか、どっちかに絞れぇ〜”
ついでに、プライベートでの文句を一つ!
”同窓会に奥さん連れてきて放置プレーすんなぁ〜!気ぃ〜使うだろうがぁ〜!!”

あぁ〜スッキリした!

本作品では、この辺の人間関係・心情が見事にハマっているように感じました。

ポロリは無いものの、見えそうで見えないオッパイ担当、美形美脚担当、申し分なしです。
終盤に『ディセント』、『クライモリ』の失敗作に成り下がってしまったのが、ただただ残念。

勘違いと思い込み

投稿日

2011/08/12

レビュアー

ビンス

勘違いってコワイ。
思い込みってコワイ。
まずジャケットを見てください。
タイトルが「デッドクリフ」で。
このジャケット。
視力が良くないボクには、ジャケットの中央で崖を上る人物が「ゾンビ」に見えました。
勘違いと思い込みのスタートです。
最初のミスにして最大のミスです。
ゾンビとクライミングものをミックスした物語か・・・・・
一体どんな展開になるんだ・・・・・・
勘違いと思い込みの果てに、最早どう転んでも正解にたどり着けない思考に捉われていきます。
そんな気持ちを胸に鑑賞スタート。
目眩です。
クラクラします。
高所恐怖症。
何で山に登るのか?、未だに意味がわからないボクにとっては恐怖以外の何者でもない展開のオンパ。
緊張感の持続です。
それにメンドクサイ人間関係がプラスされ。
しょうもないキャラがイラつかせ。
イイ感じで進むストーリー。
さて、このへんか?
ここから第二部か?
なんて期待と共にゾンビの登場を待つボク。
どうやってゾンビが登場する?
誰がゾンビになる?
どうやって?
・・・・・・・・
しかし、待てど暮らせど出てこないゾンビ。
しまいにゃ「違うの」が出てきちまった・・・・・
違うのでてきちまったけど。
やっぱりコワイのは山登りと。
人間関係と。
バルカン半島で実際に何千人という数が謎の失踪をとげているという事実です。
そして何よりも怖いのは「勘違いと思い込み」。

ファニ・ヴァレットがパッチリおめめでカワイイです。
おめめが大きいから絶叫顔も似合いますね。

・・・・・・・

投稿日

2011/05/27

レビュアー

エロエロ大魔神

結局最後は自分がかわいい〜

山から下を見る方がよっぽど怖い(´Д⊂)

投稿日

2011/07/19

レビュアー

け−な

う〜ん・・
前半が結構ドキドキした割には
後半が残念なことになりましたねぇヽ(-公-;
全然R15じゃなくてぃいと思うんだけどなぁ♪♪

でも山からの景色はもぉ・・怖い!!
私高所恐怖症じゃなぃんですけど
見ながら”ひぃいいい〜ヽ(;▽;)ノ”って叫んじゃった★
全然残酷なシーンじゃなぃのにおかしいな笑( *´艸`)
そのシーンスタントとか合成じゃないみたいで・・
そこは本当100点満点です!!!

ストーリー的には
本当暇つぶし程度で大丈夫(●*´U’●)

あ!!
ちなみに原題の意味は『VERTIGE=めまい』だそうで・・
山に登るのにそこら辺の庭に行くみたいな
女の子達の服装にわたしがめまいです笑

女の子の谷間ばっかり見ないで
山ちゃんと登りなさ〜い笑♪

6〜 10件 / 全29件