SPACE BATTLESHIP ヤマト

SPACE BATTLESHIP ヤマトの画像・ジャケット写真
SPACE BATTLESHIP ヤマト / 木村拓哉
全体の平均評価点:
(5点満点)

158

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的アニメ「宇宙戦艦ヤマト」を木村拓哉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督で実写映画化したSFアドベンチャー大作。滅亡の危機に直面した人類最後の希望を背に旅立った宇宙戦艦ヤマトの運命を描く。2199年、正体不明の異星人ガミラスの突然の侵攻で人類の大半が死滅した地球。わずかな生存者たちは、放射能の汚染から逃れるべく地下での生活を余儀なくされていた。そんなある日、14万8千光年彼方の惑星イスカンダルに放射能除去装置があることが判明。そこに最後の希望を託した人類は、宇宙戦艦ヤマトのイスカンダルへの派遣を決定。一方、失意の中で一線を退いていたかつてのエースパイロット古代進も戦場への復帰を決意し、ヤマトへの乗艦を志願するのだが…。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

SPACE BATTLESHIP ヤマトの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 日(ガイド) 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV21209R 2011年06月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
24枚 2人 2人

【Blu-ray】SPACE BATTLESHIP ヤマト(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR21208R 2011年06月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 1人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:158件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全158件

思いのほか良かった!でもコレを褒めたら自分やないш(`∇´*)шネタバレ

投稿日:2011/05/19 レビュアー:KASPAR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

え!?ヤマト!?はい!ヤマトです♪なんで観たかと言うと・・・
TOHO1ヶ月パスポートで無料中なのですш(`∇´*)ш邦画がキライっつー訳でもないんで、無料なら観ます♪
でまぁそういうわけで『 SPACE BATTLESHIP ヤマト 』を観てきたんすけど、これがまぁ、そんなに悪くなかったっすねー(°∀°)b

もちろん個人的には不満だらけで、ぜんぜん面白くはなかったんすけど、
子供向け&TVアニメ映画としては、ぜんぜんOKなレベルにはあるんやないかなー((φ(・д・。)
これでOKっていうと、子供に怒られるかもしれんけどw

【バカ映画としてオモロイよ!とレビューをしても良いんすけど、一応この冬最大の大作ということなので、多少マジメに書いときます】

えーっと、まずは映像面(VFX&セット面のことです。撮影のことではありません)に関しては、ぜんぜんOKやと思います♪
元々がTVアニメなんで、ペライCG&ペライセットやからこそ、逆に良い雰囲気を出してるんやないかな(」°□°)」<褒めてます!

ストーリー&演出面については、まぁコレもTVアニメですな(・〜・)びっくりするようなぶっ飛び展開をしてます(・〜・)

まぁ元々TVアニメやもん!っつー部分から切り離すことはどうやっても出来ない映画なので、
ヤマトはコレで良いと言われたらそれまでなんすけど、個人的には、好きじゃないし、これは観客をバカにしすぎてるような気がするっすね。

ヤマトだからコレで良い!コレでなければならない!っという強い意思で出来てるのではなく、
ヤマトやからこんなもんで良いんちゃう?どーせアニメやしこんなもんっしょ!?っつー感じで出来てるような気がする。

何度もここで書いてるんすけど、よく出来てる娯楽映画(好き嫌いは置いといてね)っつーのは、
【距離、位置関係、時間経過】【感情と行動のリアリティ】この2点が非常にキチンと描けてるもんなんすね!

この2点が全てのリアリティの基本っつーても良いもんでして、
そこを積み上げておいてから、そこを崩すことで映画のテクニックっつーのは生まれるんすね!

ほんで、この映画はその土台がぐちゃぐちゃなんすね・・・
土台がぐちゃぐちゃな上に、さらにクライマックスでソコを崩す(歪める)ので、訳がわからんようになってるんすね。

※この映画では、地球からイスカンダルへ行く上での、距離感、位置関係、時間経過を考えるとぐちゃぐちゃ加減がわかりやすいかな?
※感情と行動については、古代と森の感情とか行動のぐだぐだ感がわかりやすいかな?

【例ですが、実際のストーリーに近いことを書いてるので、観て無い方はここから先は読まない方が良いと思います】

例えば、ヤマトが爆発するとして、爆発までに2−3個の別れのエピソードを挟みたいとする。
ならば、いつ爆発するかわからない状態にするのではなく「爆発まで30分です!」「脱出猶予に20分です!」とか観客に伝えれば良い。
※違うエピソードで前もって脱出経路(距離と位置関係の提示)を見せておくのもセオリーやけど、それは予算の都合もあるから問いません。
そうすると、20分間のエピソードを挟みこむ時間が生まれるんすね。
そこをあやふやにすると、エピソードにリアリティがなくなってしまうんすね。
「いつ爆発するかわからんのにいつまでうだうだやってんねん!」ってなってまうんよね。
ほんで、30分というとったのを、途中で何かのアクシデントで15分に縮めて山場を作り出す。
別れが言えなくなるとか置き去りにするとかね・・・これが土台を作って崩す(歪める)効果っつーやつなんすね。

これはごくごく基本(ベタ)のことなんで、もちろんそこを複雑にしたり、シンプルにしたり、前後とのつながりを入れたりと、
さらに積み上げの作業をすることで深みを付けていくんすけど、この映画はその基本のベタすら出来て無いんすね・・・。

こういう部分に関しては、映画の規模はぜんぜん関係なく出来ることなんで、
ここが出来て無い映画っつーのは、観客をバカにしてる気がして、自分はどうしても好きになれないんすね・・・。
バカ映画ならそれでもぜんぜんOKなんすけど、これはバカ映画っつー評価を求めてる映画でも無いやろしね〜・・・。

※この例は、キチンと積み上げる映画の基本のことです。
※低予算映画や作家性の強い映画で、ワザとその部分を崩すことで効果をあげようとしてる映画もあります。それがダメということではありません。

◇◆◇

とまぁ、かなり厳しく書いたんすけど、映像面に関しては十分やし、子供向け映画としては、まぁOKなレベルやと思います!
オススメは流石に出来ないっすけどね〜

個人的満足度 56点!  オススメ度 55点!

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

80点(秀作)ネタバレ

投稿日:2011/07/26 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

うん!オモシロい!これで充分じゃないか!そこそこ楽しめる。
そもそも長〜い話を2時間18分で表す自体に無理がある。
三国志を3時間ドラマで表せるかってな話だ。なので、これ以上を望むのは酷ってもんだ!

要は、瀕死状態の地球を救うため「イスカンダル星」へ向かい多くの犠牲を払いながらも
な〜んとか目的を達成しようとする乗組員達の命がけの死闘を描いている。でもあまりにも淡泊過ぎる展開・・

ヤマトにとって運命を大きく左右する一番肝心な波動砲の使い方がヘタクソだ。
な〜んの溜めもなく初っ端から波動砲を撃っちゃうし何発も撃っちゃうし・・
波動砲って、一度使ったら船が疲れてしまうのでここぞって時にだけしか使ってはならぬのだ。
それを本作では、ヤバいから早く波動砲を撃っちゃえ〜みたいな軽いノリで撃っている印象だ。
それに波動砲の描写がショボい・・ハッキリ言って不発だ!
当然の期待として、これなら前方にいるヤツらが全滅するだろうみたいな迫力抜群のこぼれんばかりの大量の光を望んでいたが
細い光を放つCGにはガッカリだ。丸太のようなビームで何で全滅すんだよっ!

緊迫感が無い・・もっと絶望的な危機を演出しいや!あ〜っさり死んでるぞ?人が死ぬんだからもっと引っ張れ!
仲間や地球を救うためとは言え、あまりにも主役級の犠牲者が続出するので超死闘編だ。
ってか、自殺行為を美化してねえか?何か大日本帝国を思い出させるような感じもするが・・(まぁ、大和だから。。。
さらに不満なのは歌に音楽。「佐々木いさお」の、さらば〜♪地球よ〜♪を聞きたかった〜〜〜
せめてトランペット、トロンボーン、ホルン等の金管楽器の音色でも大きく聞こえるようにして欲しかった・・

良かった所は、「沖田十三」艦長に「山崎努」がピ〜〜ッタリである事!!! (もうこの人以外に適役はいないよぉ^^
「古代進」戦闘班長に「木村拓哉」ってえのもピッタリかと思う(まぁ、イケメンなら誰でも良いだろう^^
でも本来は男である「佐渡先生」船医の役を何で「高島礼子」にしたのや?遊び心って事かな?^^
本当はこの役を「西田敏行」がやればピ〜〜ッタリだったろうに^^
か弱いはずの「森雪」役に「黒木メイサ」ってえのは似合わない。髪とか黄色に染めてコスプレしろ!
いやいや、私はその「黒木メイサ」目当てで本作を借りたので大変満足じゃぁ^^
他にも「柳葉敏郎」「緒形直人」「橋爪功」等々、豪華キャストだ。が、肝心な「デスラー」が登場しない・・

まぁ、全然オモロかった。アニメを全部見返したくなったぞぉ?(でもシリーズ物は長いからヤメとこ・・^^

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

red earthネタバレ

投稿日:2011/11/23 レビュアー:AVANZSUR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

邦画では最弱ジャンル、否、不毛地帯とも云える宇宙空間が舞台のSF・スペースオペラ作品としてこれほど血湧き肉躍るルックを持つ邦画は初めてです。
勿論アニメ版ヤマトへの思い入れがそんなに強く無い私なので、オリジナルファンの方と観方が違うための評価違いなのは認識も、どれほどオリジナルを忠実に再現しても結局注文が付く作品なのは確かでしょう。

オープニングの敵の攻撃による艦内の壁崩壊により、人間が宇宙空間へのみ込まれるシーンから特撮マンの力の入れようが伝わる素晴らしい画に始まり、戦隊ヒーローモノでしかその真価を発揮出来ないでいた、彼等の嬉々とした世界に誇れる技術を目の当たりにし、彼等の『スターウオーズ』を作りたいんだ!と云う気迫も感じ、私はのっけから興奮モード全開でした。

と云っても相変わらず邦画の勘違いも甚だしい、艦内での誤解から氷解までのがさつな人間ドラマ、特にディザスタームービーで顕著な陳腐過ぎる恋愛ドラマへの力の入れよう、溜めに溜めての乾坤一擲ではなく明らかに無駄遣いの波動砲、身体に何の影響(副作用)も与えないワープ(船が横倒しになりながらのワープなんて凄まじいですよね)の多用等、奇異に感じる描写も盛り込まれてますが、好意的に観れば地球滅亡までのカウントダウンを挿入しなかったのはやはりラストの泣き所で効果的に用いる為なんだろうと納得したり、ナレーション・ささきいさお、イスカンダル・上田みゆき、アナライザー・緒方賢一等々、オリジナルファンへのサービスも怠りがありません。

登場人物のキャラアレンジも当初は違和感感じても、物語が進行するに従い雲散霧消。
顔立ちからしてアグレッシブな黒木メイサ演ずる武闘派森雪、もし顔立ちだけは繊細なルックスの持ち主・沢尻エリカが演じていたら癒し系森雪が観れたのかも?とか、古代は致死量の放射能を浴びたのに死ななかった理由は真田みたいな隠された理由のせい?とか色んな想像(妄想?)膨らませながら鑑賞も実に楽しい作業でした。

また、ガミラスドロイドの意外性溢れるパラサイトな特性や個の生命体では無く意思の集合体等、オリジナルを進化させた造形もお見事。
イスカンダルでの白兵戦なんて『スターシップトゥルーパーズ』並みにおぞましい画ヅラ再現でしたし、よもやの号泣に発展したアナライザーや弁慶を連想させる斉藤、真田の最期も視野が霞むぐらい泣いてしまい、よもやのおくりびとを疑似体験してしまった哀しさに打ちのめされました。

結局、なんと続け様に3回も鑑賞してしまうほどハマってしまった点、今後、邦画最大の弱点であるエンタメスペースオペラが続々と制作されることを楽しみに、そして世界に誇れる作品群が出現することを確信して。。満点評価です♪

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

東電の原発のせいで本当に放射能除去装置が必要になったニッポン

投稿日:2011/06/25 レビュアー:デジコン


   【 FAQ @デジコン 】  


■艦内が狭いようですが → 大昔の戦艦を再利用したので狭くて当然です

■艦内はプラスチック製ですか? → スチール製より軽量かつ硬質なカーボン素材を使用しています

■日数が分からない → ワープ航法を繰り返しているので日にちの概念は有りません。地球時間のカウントは省いています

■他の映画で見たシーンが色々あるような・・・ → 鋭いですね

■敵は昆虫ですか? → 戦闘的な異星人が人型である確立の方が稀です。また人型よりもCG描写が単純という利点があります

■戦死シーンがあっけない → 戦場での死は一瞬で訪れるものです。上映時間の節約という側面もあります

■CG結構良いですね → はい。それなりの予算を掛けて外注しています

■コスモタイガーがちょっとチープ  → 上記理由からVFX費用のバランスを取っています。

■雪と古代はいつ仲良くなった? → 恋は突然やってきます

■乗組員が少ないのでは? → 本来は沢山の乗員がおりますが、メインキャスト重視とご理解ください

■森 雪が怖いです → 女性とはいえ戦場ではこの位の気概が必要です。ただ、沢尻エリカさんが出演していた場合も同様キャラだったのかは不明です

■デスラーの声が渋い → 本物のデスラーなので当たり前です
 
■古代進は死んだの? → 任務を果たしました。念のため、スポンサー次第でパート2が出来るラスト仕様にはなっています

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

軽〜い命、カッコだけの映画ネタバレ

投稿日:2011/07/08 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ヤマトのアニメは大好きでした。
これは…一言で言えば、がっかりでしたねー。

ブルーレイだと鮮明に見えるので、艦内がいかにもセットって感じでした。
もう少し暗くしてもよかったのでは(見え過ぎ…)

…とまあ、映像は仕方ないとしても、ストーリーがダメでした(・_・;)

時代が変わってきてるから、私は、佐渡先生が女医でも
森雪が戦闘隊員でも、気にならなかったんですけど(女医、華があっていいかも)
人物の行動が納得できない…特に古代進と森雪。

雪は古代に憧れて入隊したのに、除隊していた彼に失望していたという設定はわかるけど
食堂で「静かにしてください、酒がまずくなります!」
なんて言うかな〜森雪!こんな状況なのに。大人でしょ?

そして、その後の不自然すぎる二人の接近ぶり!!ありえないでしょ。

古代進も、みんなに慕われるような人には見えないし。
もちろん艦長にふさわしいとも思えない。

すべてがリアリティなくて、引き込まれませんでした。
カッコだけ、それらしく見せてる感じがしました

やたら人は死んでしまうし。しかもいつも同じようなパターン。
ここまでバタバタ死ぬと、慣れてきてしまって
命の重みが感じられなくなってしまう。

そして、エンドロール後の驚愕…
あ、あなたなんでいるの??それって、あの時?!
…なんか冷めました。

でもキャストで2人、よかった人がいました♪

「よせ、古代!」の声がアニメの真田さんにしか聞こえなかった柳葉敏郎さん。
顔も声も、真田さんそのもの!
緒方直人さんは、島さんのイメージじゃないと思ってたけれど、すごい熱演!
操縦桿握る姿が真剣そのもの。そうだよなあ、地球のために命をかけてる状況なんだから
この位が当然のはず。
チャラチャラしたほかの人達がおかしいのよね。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全158件

SPACE BATTLESHIP ヤマト

月額課金で借りる

都度課金で借りる