雷桜

雷桜の画像・ジャケット写真
雷桜 / 岡田将生
全体の平均評価点:
(5点満点)

60

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「雷桜」 の解説・あらすじ・ストーリー

宇江佐真理の同名時代小説を岡田将生と蒼井優主演で映画化。江戸時代の山あいの村を舞台に、ある事情から山奥で育った奔放な少女と将軍の血を引く孤独な青年が繰り広げる身分を越えた純愛とその顛末を描く。監督は「ヴァイブレータ」の廣木隆一。将軍家に生まれ、重い宿命を背負いながらも心に病を抱えて生きる孤独な若い殿様、清水斉道。家臣・瀬田助次郎が語る“故郷の瀬田村には天狗がいる”という話に興味を持ち、静養のため瀬田村へと向かう。道中、“天狗の棲む山”にさしかかると、家臣の制止を振り切り、ひとり山へと馬を走らせる。やがて、雷という山育ちの若い娘と出会う斉道だったが…。

「雷桜」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「雷桜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

雷桜の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
133分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED1091 2011年05月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
50枚 5人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:60件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全60件

28pts. 【主演】蒼井優ネタバレ

投稿日:2012/04/21 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映像的には、綺麗に撮れてる面はある。

ただ、空中からのカットとか、
よくできてると思って、作ってるんだろうけど、
なんか、それがかえって、作り物っぽくなっている、
そんな感じもする。

ただ、それよりも、問題なのは、
ストーリーの陳腐さ。

泣くシーンを多用して、感動させようとする、
浅はかさ。

身分の違いというのを、
おとぎ話としてしか描けていない、
幼稚さ。

かどわかしという設定に対する
心情表現のなさによる、
レベルの低さ。

すべてが、基本、脚本、監督の責任が大きく、
非常に、つまらないすとーりーになっていると思う。

特に、身分に関しては、
おとぎ話で行くのなら、もっとくらだなく描くべきで、
恋愛に特化するのなら、もっと、きちんと、
心情表現を豊かにするべきで、
そういう意味で、非常に幼稚な作りになっていると思う。

蒼井優についても、
非常に、演技力のある娘だとは思うが、
本作では、その良さが全く発揮されておらず、
ある意味、沈黙での演技がない分、
非常に、レベルの低い演技に感じてしまう。

演出の問題が大きいという面もあるので、
結局は、これらも含めて、
監督の力のなさということが原因のように、私は感じた。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

しょっぱくてスイマセン

投稿日:2011/06/13 レビュアー:ビンス

あれ?って思うくらいつまらない。
全体的にベタで。
ベタなのは全然いいんだけど。
しょっぱいです。
しょぱい出来栄えです。
ここはひとつ、平田さんに出てきてもらって、謝っていただきましょう。
(↑わかる人だけに、わかってもらえれば・・・・)
岡田くんも好きだし。
優ちゃんも好き。
なのに気持ちが全然盛り上がってこない。
ドキドキとか。
切なさとか。
ラヴストーリーを観てる時に感じる気持ちが働きません。
運命。
その一言で片付けるには、どうしても納得できないこと。
それは「好きになる瞬間」。
そこに理由はないし。
自分でも「いつから?」って思うこともある。
一目惚れで片付けるのも、なんだかなぁ・・だし。
そこがキラキラしてないから、後はどうにもこうにも・・・
脇役陣も豪華だったから、余計勿体無いです。
ホント、優ちゃん側の気持ちの揺れ動きが、唐突すぎて違和感しかなかった。
優ちゃんは相変わらずステキだったけど。
と、言いながらも、あーゆー言葉遣いの優ちゃんってのは、中々受け入れ難いものがあります。
岡田くんは、何でも似合いますね。
好青年も。
ダメ男も。
冷血漢も。
冴えない感じも。
今回の「愛情が足りなかった故にキレ気味」の殿も似合ってました。
あまりにもキレるのが早いので、なんとなく「バカ殿」が頭に浮かんできましたけど・・・
バカ殿がキレて、刀を手にして、お馴染みのテーマがかかって・・・・
それが邪魔でした(笑)
あとは殺陣がしょぼい・・・・
遊んでるんですか?
って言いたくなりますよ、きっと。
ペラペラです。
チャンバラごっこです。

自然がとても美しいです。
世にも珍しい桜も見れて。
そっち方面はとても満足できるものだったんですけどねぇ。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

奇妙な巨木に咲く美しい花

投稿日:2011/08/11 レビュアー:こうさま

評価68点(100点満点)
銀杏の木に落雷しそこに桜が花を咲かせた奇妙な巨木が身分違いの許されざる「恋」を象徴するかのようにそそり立っているのが印象的。時代劇のラブストーリー仕立てではあるが内容的には現代劇調。
徳川将軍家斉の子息として生まれた斉道(岡田将生)幼少時代のトラウマのせいか心を病み「うつけ」と呼ばれる殿、そんな彼がこれまた幼いときにかどわかされ、山で育った野性の女、遊(蒼井優)に恋をするというストーリーで当然のことながら悲劇の結末が予測されるというもの。
将軍家の子息として生まれたものの母親に疎まれて愛を知らずに育ち、その孤独感から心を病んでしまった斉道の前に馬で自由気ままに野山を駆ける野生の少女遊が登場、山しか知らぬ彼女にとって「殿」なんていう身分すら理解できない。ハレものに触るような家臣たちしか知らない斉道にとって遊は最適のセラピストみたいなもの、いつしか心の病も癒えて人の心の痛みもわかるようになってくる。一方の遊はまさしく野生の少女、そんな彼女が本能で感じる愛、恋のせつなさでだんだんと「女性」に成長してゆく姿を蒼井優が好演している。遊が美しすぎない少女に描かれているところがよいのかもしれない。
ファンタジックな時代劇という印象なんだけど、いたるところで感じる違和感が多すぎるんじゃなかろうか。設定、台詞、所作や人間関係なんかで「これはないだろう」と思うシーンがいっぱい、逆に言うとストーリーそのものに無理があるからこうなってしまうのかもしれないなんて言ってしまうとオシマイか。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

岡田将生と蒼井優をイメージしながら原作を読みましょう

投稿日:2012/04/30 レビュアー:みみ

 映画化が決まった頃に原作を読みました。
 必然的に、岡田将生と蒼井優をイメージしながら。

 あまり原作、原作、と言っちゃいけないと思ってはいるのですが、本作は、それにつけても原作が素晴らしかった。
 だから、期待する一方でガッカリするのが怖くてなかなか手に取れなかった一本。
 でも、いざ映画を観始めると、まるで原作から抜け出したように2人が演じてくれているので、まるで一回体験した世界のように感動が蘇ってきて、冒頭から涙腺が緩みっぱなしでした。

 そんな私の涙がぴたりと止まったのは、1時間半を過ぎた頃からかな。

 あれ・・・?なんだか。。。しつこい。。
 「お前を愛している」「2人で逃げよう」
 えー・・?なんだか、演出が、薄っぺらい。。。安っぽい失楽園みたい。。

 情愛に流され、運命に抗うだけが美談や感動を生むのではない。
 斉道もユウも、幼いながらに自分たちの置かれている状況を本能でわきまえていて、“運命(さだめ)”を静かに受け容れるからこその美がある。そんなマグマをじっと湛えたような奥深しさがこの物語の魅力だったのに。。

 主役の2人がイメージぴったりで、演技も良かっただけに残念。
 後半はもっとシンプルでよかった。オヤジさんや榎戸の見せ場など、不要な演出はバッサリ切るべきだった。岡田将生の2役に至っては、もはやコントの領域で、すっかり興醒めさせられる始末。。。

 はい。この物語の最良の楽しみ方は、私がしたように岡田将生と蒼井優をイメージしながら原作を読むことだと思います。
 ぜひ映画を観た後に、原作を手に取っていただくことをお勧めします。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

B− あんまりネタバレ

投稿日:2011/10/10 レビュアー:かづしげ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 18年後とか不要だし、オオラスのシーンなど単なるアイドル映画と宣言してるような感じだし、もう一ランク下げたくなった位だ。
 ミドルティーン位なら純愛で感動できるかも知れない。純粋な心って好いなぁ。優ちゃんは熱愛してたけどそれが実ったかどうかは不明。乗馬シーンは実に巧いと思う。

(ここからは独り言みたいなものだが、時代劇のズラって上手に処理してもかぶってる感じが出ちゃう。ズラしてラブシーンって演者も辛いだろうなぁ。笑いを必死でかみ殺してるんじゃないかな。どうせなら自分の髪で剃髪束髪しても好い位の素晴らしい時代劇作って欲しい)



※レーティングは、A+,A,A->B+,B,B->C+,C,C- の9段階。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全60件

雷桜

月額課金で借りる

都度課金で借りる