プリンセス・オブ・ペルシャ エステル勇戦記

プリンセス・オブ・ペルシャ エステル勇戦記の画像・ジャケット写真

プリンセス・オブ・ペルシャ エステル勇戦記 / ルーク・ゴス

全体の平均評価点:(5点満点)

8

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「プリンセス・オブ・ペルシャ エステル勇戦記」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

旧約聖書に記述されているペルシャ王妃の活躍を忠実に映像化したファンタジー。紀元前5世紀。ユダヤ教徒の孤児・エステルは、王が信頼を寄せる宦官に認められ王妃の座を獲得する。そんな折、あることがきっかけでユダヤ人の虐殺が計画され…。

「プリンセス・オブ・ペルシャ エステル勇戦記」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: ONE NIGHT WITH THE KING

「プリンセス・オブ・ペルシャ エステル勇戦記」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ブリティッシュ・ギャングスター

ヘヴィメタル・クロニクル ドリーム・フィクサー 〜サプライズ・スリラー篇〜

バレット・ライン

レディ・ダルタニアン 新・三銃士

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 8件 / 全8件

面白くない ネタバレ

投稿日:2012/03/16 レビュアー:ちづる

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

はっきり言って駄作。聖書とは違う視点もあっていいが、エステル記を読んだことのある方なら「なんだ、これは?」と思うだろう。ラストシーンに近い場面では、涙を誘われたが、それ以外はごくごくありそうな話。レビューの採点が悪いのももっとも。期待していただけに残念。練りこまれていないシナリオで、昔のハリウッド映画と比べるとイマイチ…映像は豪華だし、”ラストエンペラー”溥儀の教師役、”天地創造”の天使の一人、ピーター・オトゥルが出演していたのはサプライズで嬉しかったけれど…余り感動しないし、感激出来ないし「何が言いたいの?」と言いたい。巨財を投じるなら、もう少し…残念。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

なんだこりゃ? ネタバレ

投稿日:2012/01/23 レビュアー:なおぷー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これは残念ながら‥。まず、話の流れが実に分かりにくい。ペルシャ在住のユダヤ人が、悪い大臣の陰謀で大虐殺を受けそうになったときに、王様のお妃になっていた有能な女性エステル(これもユダヤ人)が活躍して陰謀を防ぐ、という話で、ユダヤ人の勝利で幕を閉じる。旧約聖書の「エステル記」に記されている話をほぼ忠実に映像化したような具合である。この映画を観る人は、まず「エステル記」に目を通しておかないとサッパリ理解できないと思う。恐らく、制作者としては、視聴者が聖書を読んでいることを前提にしているのだろう。仕方がないので、私はその原作を読んでみた。映画と同じことが書いてあった。はっきり言って、ユダヤ人以外の民族には別にどうでもいい物語である。なんだか呆気にとられたような気分であった。古代ペルシャの風物を見聞できたのは有意義であったが、映画としては駄作と思う。体育会系で、案外単純な好男子の王様は微笑ましかった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ラブ ストリー?? ネタバレ

投稿日:2010/11/18 レビュアー:u^m

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

どうも、間違えてしまったようです。

内容は難しくてよくわからなかったけど、最後まで見てしまいました。

以前にテレビで、よく似た作品名で制作する会社があるって紹介されていたけど、この映画もそうなのかなあ。

次は、本物を見たいです。




このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 8件 / 全8件

プリンセス・オブ・ペルシャ エステル勇戦記

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:8件

面白くない

投稿日

2012/03/16

レビュアー

ちづる

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

はっきり言って駄作。聖書とは違う視点もあっていいが、エステル記を読んだことのある方なら「なんだ、これは?」と思うだろう。ラストシーンに近い場面では、涙を誘われたが、それ以外はごくごくありそうな話。レビューの採点が悪いのももっとも。期待していただけに残念。練りこまれていないシナリオで、昔のハリウッド映画と比べるとイマイチ…映像は豪華だし、”ラストエンペラー”溥儀の教師役、”天地創造”の天使の一人、ピーター・オトゥルが出演していたのはサプライズで嬉しかったけれど…余り感動しないし、感激出来ないし「何が言いたいの?」と言いたい。巨財を投じるなら、もう少し…残念。

なんだこりゃ?

投稿日

2012/01/23

レビュアー

なおぷー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これは残念ながら‥。まず、話の流れが実に分かりにくい。ペルシャ在住のユダヤ人が、悪い大臣の陰謀で大虐殺を受けそうになったときに、王様のお妃になっていた有能な女性エステル(これもユダヤ人)が活躍して陰謀を防ぐ、という話で、ユダヤ人の勝利で幕を閉じる。旧約聖書の「エステル記」に記されている話をほぼ忠実に映像化したような具合である。この映画を観る人は、まず「エステル記」に目を通しておかないとサッパリ理解できないと思う。恐らく、制作者としては、視聴者が聖書を読んでいることを前提にしているのだろう。仕方がないので、私はその原作を読んでみた。映画と同じことが書いてあった。はっきり言って、ユダヤ人以外の民族には別にどうでもいい物語である。なんだか呆気にとられたような気分であった。古代ペルシャの風物を見聞できたのは有意義であったが、映画としては駄作と思う。体育会系で、案外単純な好男子の王様は微笑ましかった。

ラブ ストリー??

投稿日

2010/11/18

レビュアー

u^m

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

どうも、間違えてしまったようです。

内容は難しくてよくわからなかったけど、最後まで見てしまいました。

以前にテレビで、よく似た作品名で制作する会社があるって紹介されていたけど、この映画もそうなのかなあ。

次は、本物を見たいです。




6〜 8件 / 全8件