ハロウィン

ハロウィンの画像・ジャケット写真

ハロウィン / マルコム・マクダウェル

全体の平均評価点:(5点満点)

51

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「ハロウィン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

ジョン・カーペンター監督による78年の同名ホラーを「デビルズ・リジェクト」のロブ・ゾンビ監督がリメイク。ハロウィンの夜に一家を惨殺する少年マイケル・マイヤーズの生い立ちと、大人となり精神病院を抜け出した彼が繰り広げる惨劇の模様を描く。イリノイ州の田舎町ハドンフィールドに暮らす孤独な少年マイケル・マイヤーズは、10月31日のハロウィンの夜、かわいがっていた幼い妹ひとりを残し、一家惨殺の凶行に及ぶ。その後、彼は厳重警備の精神病院に収容され、ルーミス医師の治療を受け始める。17年後、巨漢の青年へと成長したマイケルは精神病院を脱走、愛する妹を追ってハドンフィールドへと向かうのだったが…。

「ハロウィン」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

アメリカ

原題:

HALLOWEEN

「ハロウィン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ブルーサンダー

ワイルド・ボーイ

スポンジ・ボブ スポンジ・オン・ザ・ラン

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード

ユーザーレビュー:51件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全51件

後半から飽きてきた・・・

投稿日:2011/12/29 レビュアー:エコエコアザラク

マーダー・マイケルの生い立ちを描いた前半は面白かったです。クズ亭主にストリッパーママそして
アバズレ姉に囲まれた劣悪な家庭環境には同情するし、クラスメイトのいじめも酷い。
唯一の救いは、まだ赤子の妹だったのかな。あと、なんだかんだママへの親しみは残っていたようです。
でも・・・惨劇は起きてしまった・・・そしてまた悲劇がマイケルをさらなるマーダーへと変貌させる・・・
と、ここまでは大変面白かったんです。殺戮シーンも結構エグくて○でしたし。
しかし後半からは、突然現われて殺すだけのシナリオ展開に飽きてきました。スリルも薄め・・・
米ホラー好きな方ならそこそこ楽しめると思いますが、見慣れた方にはイマイチかも。

「時計じかけのオレンジ」の主役アレックス君が、精神カウンセラー医師役なんてね〜^^
随分と年取ったなぁ。でも面影は残ってました。つい最近、ツタヤポイントでオレンジのDVDを購入した
ばかりなので覚えてました。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

オリジナルを観直す方が、有意義かも

投稿日:2009/12/16 レビュアー:ぶわつ

 きっちり裏を取っていない、個人的なイメージとして・・・中田秀夫監督の『リング』がアメリカでリメイクされたあたりから、特にアジア圏発のホラー映画の話題作が片っ端からハリウッド・リメイクされ始めたような気がする。
 とりあえず思い出したものを書き出してみると・・・

 リング・・・ザ・リング
 仄暗い水の底から・・・ダーク・ウォーター
 呪怨・・・JUON
 着信アリ・・・ワン・ミス・コール
 回路・・・パルス
 The EYE【アイ】・・・アイズ
 心霊写真・・・シャッター
 あと韓国の『箪笥』もリメイクされているはず。
 これだけでも、ここ数年のアメリカのネタ不足がうっすらうかがえるのだけど、ここにきて、アジア圏作品のみならず、自国の作品まで性懲りもなくリメイクし始めた。
 それも、『悪魔のいけにえ』、『オーメン』、『13日の金曜日』、リメイクが決定しているという『エルム街の悪夢』等・・・どれもこれもホラー映画史においてエポックメイキングな位置づけにある重要な作品だ。
 もちろん、本作のオリジナル、ジョン・カーペンターの『ハロウィン』もそう。

 これらの作品をリメイクすることにいったいどれほどの意味があるんだろう。
 他国の作品をリメイクするのはまだわかる。多少なりとも、お国柄というのが出てくるから。
 けれど、先にあげたアメリカのタイトルは、やはり、その年に作られ公開されたからこそ、それぞれが重要な作品として現在まで語り継がれているのではないだろうか。未見(失望するのが怖くて観られない)の『オーメン666』以外では、『テキサス・チェーンソー』は思いのほか良かったけれど、『13日の金曜日』は単なる続編にしか思えなかった。『エルム街の悪夢』もきっと、そんな感じじゃないだろうか。
 そして、この『ハロウィン』については・・・
 “マイケル・マイヤーズの生い立ちなんか、観たくないわ!”
 のひとことだ。

 追記
 『箪笥』は『THE UNINVITED』というタイトルで今年リメイク済みのようだ。ただし、日本未公開。来年1月にDVDレンタル開始とのこと。
 ちょっと、観てみたい。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

三度目の正直を期待したけど・・・ ネタバレ

投稿日:2009/03/17 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ロブ・ゾンビ監督の前2作は見ていますが、面白くなかった〜。
今度は名作(?)「ハロウィン」のリメイクだからいいかも
…と思って借りてみました。
(↓ネタバレありです)

監督は、マイケルの少年時代とあのマスクの由来が描きたかったらしい。
そのへんはしっかり描けているし、面白かったですね。
女の子のような容姿でいじめられっ子。継父もろくな奴でなく、家の中はすさんだ感じ。
生まれついての異常な性格(嗜好)がこの環境に増幅されて、
こんな怪物になってしまった…なるほどとうなずけます。

でも肝心の殺人シーンがダメじゃないですか〜!単調で怖くない!!
しかもどこがどうなったのか、はっきりわからないんです。
例えば彼氏と逢瀬中襲われた、マイケルの妹の友人。彼女はどこを切られて
立てないほどのダメージを受けたんでしょうか?
肝心なところはよく見えず、建物は壊す壊す…素手や棒で壊しまくりますね。
ドアってあんなに無力なものなの?

キャストにはウド・キアやシド・ヘイグなどホラー映画でよく見かける面々がいましたね。
ダニー・トレホが刑務所の世話人役で出てたのはちょっと嬉しかった。B級の匂いがプンプンしてます。
理解者になってるつもりだったのに、無感情な彼には全く意味が無かった…悲しいですねえ。
シェリ・ムーン・ゾンビは、監督の奥様だから3作とも出演してますが
いつもいい雰囲気だと思います。

しかしロブ・ゾンビ監督、次々オファーが来るってことは
支持されてるってことなんでしょうね。私にはわからないけど。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

アメリカン・ナイトメア ネタバレ

投稿日:2009/01/30 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

れれれ レヴューが全然ないですね なんでやろ エファちゃんどうした

なんだか随分前に見たような印象で よく覚えてないですね ロブ・ゾンビとしては 「マーダー・ライド・ショー」が やりたいことはよくわかるけど それがみえみえで映画のマジックがでなかった習作とすると 二本目の2がどこでどう間違えたか傑作 この「ハロウィーン」は普通の出来のホラーですね そうそう柳の下に幽霊は二人いないっちゃ

まあ 意外に知的なことをやろうとしてる人で こうゆうやつは徹底的につぶそうと思うんですけど なぜか憎みきれないいいやつみたいな 頑張ってほしいと思います 「アメリカン・ナイトメア」とか「封印殺人事件」とかのドキュメント アメリカン・ホラー映画史を フィクションでやろうとしてるんでしょうね その志はいいかなあ ふーむ

映画内での子供の殺害の直接的描写が 問題とならなければいけないとボクは思いますが 「ホステル2」とか篠崎誠の新作「殺しのはらわた」が新境地を開いているのかも このロブ・ゾンビの作品は逆をやってて 子供の殺人鬼ですね これは虚をつかれますが さて不快感をもたれる方も出るんじゃないですかね それがまあこの作品を 独創的にしてるわけでもないので中途半端です 普通のレベルなので 見て損はないでしょう

あそれでですね パソコンのメインテナンスなどあって 10日ほどお休みです しばらくアイフォンからチェキしてますね  

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ハロウィン(2007) ネタバレ

投稿日:2019/12/11 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 殺人鬼マイケル・マイヤーズの誕生秘話や大きくなってから暴力を振るう話。

 ジョン・カーペンター監督版の殺人鬼のマイケル・マイヤーズがどのような少年時代を過ごしたかというところを描くエピソード1的な展開が30分以上描かれていました。ただその少年時代のエピソードが面白いのかと考えると普通に親や兄弟が悪い的な環境のせいでサイコパスになってしまったかのような描かれ方なので、あまり面白さや楽しさがなかったです。マスクをかぶっただけで急にバイオレンスな少年になっていってしまって病院に入れられてしまいました。

 大人になった後も生き別れた妹のもとへ向かって暴力を振るっていきますが、病院を脱出する方法とかも普通に目の前の人を殺していって、あとはティーンエイジャーの妹とその友達が殺されていきますが、彼らの殺され方も殴られるか刺されるかの繰り返しで殺しのバリエーションに乏しく単調な殺人シーンが続いて全体的には退屈でした。主人公の妹も子どもと「ワーワー!」と騒いで逃げ惑うだけでうるさかったです。なぜか拳銃で撃たれても平気な殺人鬼とかも気になっちゃいました。

 とはいえ、ジョン・カーペンター版の音楽が流れると自然と盛り上がってしまう作品でオリジナルの偉大さを再確認できる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全51件

ハロウィン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:51件

後半から飽きてきた・・・

投稿日

2011/12/29

レビュアー

エコエコアザラク

マーダー・マイケルの生い立ちを描いた前半は面白かったです。クズ亭主にストリッパーママそして
アバズレ姉に囲まれた劣悪な家庭環境には同情するし、クラスメイトのいじめも酷い。
唯一の救いは、まだ赤子の妹だったのかな。あと、なんだかんだママへの親しみは残っていたようです。
でも・・・惨劇は起きてしまった・・・そしてまた悲劇がマイケルをさらなるマーダーへと変貌させる・・・
と、ここまでは大変面白かったんです。殺戮シーンも結構エグくて○でしたし。
しかし後半からは、突然現われて殺すだけのシナリオ展開に飽きてきました。スリルも薄め・・・
米ホラー好きな方ならそこそこ楽しめると思いますが、見慣れた方にはイマイチかも。

「時計じかけのオレンジ」の主役アレックス君が、精神カウンセラー医師役なんてね〜^^
随分と年取ったなぁ。でも面影は残ってました。つい最近、ツタヤポイントでオレンジのDVDを購入した
ばかりなので覚えてました。

オリジナルを観直す方が、有意義かも

投稿日

2009/12/16

レビュアー

ぶわつ

 きっちり裏を取っていない、個人的なイメージとして・・・中田秀夫監督の『リング』がアメリカでリメイクされたあたりから、特にアジア圏発のホラー映画の話題作が片っ端からハリウッド・リメイクされ始めたような気がする。
 とりあえず思い出したものを書き出してみると・・・

 リング・・・ザ・リング
 仄暗い水の底から・・・ダーク・ウォーター
 呪怨・・・JUON
 着信アリ・・・ワン・ミス・コール
 回路・・・パルス
 The EYE【アイ】・・・アイズ
 心霊写真・・・シャッター
 あと韓国の『箪笥』もリメイクされているはず。
 これだけでも、ここ数年のアメリカのネタ不足がうっすらうかがえるのだけど、ここにきて、アジア圏作品のみならず、自国の作品まで性懲りもなくリメイクし始めた。
 それも、『悪魔のいけにえ』、『オーメン』、『13日の金曜日』、リメイクが決定しているという『エルム街の悪夢』等・・・どれもこれもホラー映画史においてエポックメイキングな位置づけにある重要な作品だ。
 もちろん、本作のオリジナル、ジョン・カーペンターの『ハロウィン』もそう。

 これらの作品をリメイクすることにいったいどれほどの意味があるんだろう。
 他国の作品をリメイクするのはまだわかる。多少なりとも、お国柄というのが出てくるから。
 けれど、先にあげたアメリカのタイトルは、やはり、その年に作られ公開されたからこそ、それぞれが重要な作品として現在まで語り継がれているのではないだろうか。未見(失望するのが怖くて観られない)の『オーメン666』以外では、『テキサス・チェーンソー』は思いのほか良かったけれど、『13日の金曜日』は単なる続編にしか思えなかった。『エルム街の悪夢』もきっと、そんな感じじゃないだろうか。
 そして、この『ハロウィン』については・・・
 “マイケル・マイヤーズの生い立ちなんか、観たくないわ!”
 のひとことだ。

 追記
 『箪笥』は『THE UNINVITED』というタイトルで今年リメイク済みのようだ。ただし、日本未公開。来年1月にDVDレンタル開始とのこと。
 ちょっと、観てみたい。

三度目の正直を期待したけど・・・

投稿日

2009/03/17

レビュアー

みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ロブ・ゾンビ監督の前2作は見ていますが、面白くなかった〜。
今度は名作(?)「ハロウィン」のリメイクだからいいかも
…と思って借りてみました。
(↓ネタバレありです)

監督は、マイケルの少年時代とあのマスクの由来が描きたかったらしい。
そのへんはしっかり描けているし、面白かったですね。
女の子のような容姿でいじめられっ子。継父もろくな奴でなく、家の中はすさんだ感じ。
生まれついての異常な性格(嗜好)がこの環境に増幅されて、
こんな怪物になってしまった…なるほどとうなずけます。

でも肝心の殺人シーンがダメじゃないですか〜!単調で怖くない!!
しかもどこがどうなったのか、はっきりわからないんです。
例えば彼氏と逢瀬中襲われた、マイケルの妹の友人。彼女はどこを切られて
立てないほどのダメージを受けたんでしょうか?
肝心なところはよく見えず、建物は壊す壊す…素手や棒で壊しまくりますね。
ドアってあんなに無力なものなの?

キャストにはウド・キアやシド・ヘイグなどホラー映画でよく見かける面々がいましたね。
ダニー・トレホが刑務所の世話人役で出てたのはちょっと嬉しかった。B級の匂いがプンプンしてます。
理解者になってるつもりだったのに、無感情な彼には全く意味が無かった…悲しいですねえ。
シェリ・ムーン・ゾンビは、監督の奥様だから3作とも出演してますが
いつもいい雰囲気だと思います。

しかしロブ・ゾンビ監督、次々オファーが来るってことは
支持されてるってことなんでしょうね。私にはわからないけど。

アメリカン・ナイトメア

投稿日

2009/01/30

レビュアー

裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

れれれ レヴューが全然ないですね なんでやろ エファちゃんどうした

なんだか随分前に見たような印象で よく覚えてないですね ロブ・ゾンビとしては 「マーダー・ライド・ショー」が やりたいことはよくわかるけど それがみえみえで映画のマジックがでなかった習作とすると 二本目の2がどこでどう間違えたか傑作 この「ハロウィーン」は普通の出来のホラーですね そうそう柳の下に幽霊は二人いないっちゃ

まあ 意外に知的なことをやろうとしてる人で こうゆうやつは徹底的につぶそうと思うんですけど なぜか憎みきれないいいやつみたいな 頑張ってほしいと思います 「アメリカン・ナイトメア」とか「封印殺人事件」とかのドキュメント アメリカン・ホラー映画史を フィクションでやろうとしてるんでしょうね その志はいいかなあ ふーむ

映画内での子供の殺害の直接的描写が 問題とならなければいけないとボクは思いますが 「ホステル2」とか篠崎誠の新作「殺しのはらわた」が新境地を開いているのかも このロブ・ゾンビの作品は逆をやってて 子供の殺人鬼ですね これは虚をつかれますが さて不快感をもたれる方も出るんじゃないですかね それがまあこの作品を 独創的にしてるわけでもないので中途半端です 普通のレベルなので 見て損はないでしょう

あそれでですね パソコンのメインテナンスなどあって 10日ほどお休みです しばらくアイフォンからチェキしてますね  

ハロウィン(2007)

投稿日

2019/12/11

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 殺人鬼マイケル・マイヤーズの誕生秘話や大きくなってから暴力を振るう話。

 ジョン・カーペンター監督版の殺人鬼のマイケル・マイヤーズがどのような少年時代を過ごしたかというところを描くエピソード1的な展開が30分以上描かれていました。ただその少年時代のエピソードが面白いのかと考えると普通に親や兄弟が悪い的な環境のせいでサイコパスになってしまったかのような描かれ方なので、あまり面白さや楽しさがなかったです。マスクをかぶっただけで急にバイオレンスな少年になっていってしまって病院に入れられてしまいました。

 大人になった後も生き別れた妹のもとへ向かって暴力を振るっていきますが、病院を脱出する方法とかも普通に目の前の人を殺していって、あとはティーンエイジャーの妹とその友達が殺されていきますが、彼らの殺され方も殴られるか刺されるかの繰り返しで殺しのバリエーションに乏しく単調な殺人シーンが続いて全体的には退屈でした。主人公の妹も子どもと「ワーワー!」と騒いで逃げ惑うだけでうるさかったです。なぜか拳銃で撃たれても平気な殺人鬼とかも気になっちゃいました。

 とはいえ、ジョン・カーペンター版の音楽が流れると自然と盛り上がってしまう作品でオリジナルの偉大さを再確認できる映画でした。

6〜 10件 / 全51件