ダーティハリー

ダーティハリーの画像・ジャケット写真
ダーティハリー / クリント・イーストウッド
全体の平均評価点:
(5点満点)

66

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ダーティハリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

サンフランシスコ。屋上プールで泳ぐ女性が何者かに狙撃されるという事件が発生した。捜査にあたるのは、いつも汚い仕事をまかされることから“ダーティハリー”なる異名をつけられたハリー・キャラハン刑事。やがて“さそり”と名乗る犯人から「十万ドルを渡さなければ市民を殺し続ける」という脅迫が届いた。予告通り、次々に無差別殺人を繰り返す“さそり”だったが、ハリーと相棒のチコはついに犯人の正体に迫る……。

「ダーティハリー」 の作品情報

製作年: 1971年
製作国: アメリカ
原題: DIRTY HARRY

「ダーティハリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ダーティハリー 特別版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
118分 英語・スペイン語・ポルトガル語・日本語・中国語・ハングル語 英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR21516 2002年10月31日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 2人 1人

【Blu-ray】ダーティハリー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕・音声解説用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
4:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CWBRY11524 2010年07月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:66件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全66件

ダンディズムの象徴

投稿日:2008/11/11 レビュアー:ナナメ歩き

今更だが渋い、渋すぎる
クリント・イーストウッドいえば、アメリカではダンディーでセクシーな俳優NO.1と何十年にも亘り言われ続けてきた人物である
高齢になった現在でもパワーは衰えず、その眼光は鋭さを増すばかり、私には憧れを通り越し崇拝の対象ですらある、ハリウッドが生んだ偉人の一人に相違ないだろう
内容は勧善懲悪もの、この一言で説明は十分だが、当時のイーストウッドの私生活が伺えるのもおもしろい
男は黙って借りるべし、女性はハリーの色気に酔うべし。

20年続編を待っているが無理だろうなあ

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最高峰ネタバレ

投稿日:2007/10/15 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 何度も観ているとかえって何を書いたらよいか分からない。魅力的な場面とアクションを記憶の中から。

 冒頭、現場となった屋上のプールにサングラスをかけて登場するイーストウッド=ハリー。死体(?)にかがみこんだところに、シンプルなタイトルが浮かび、ラロ・シフリンらしいちょっと安っぽいテーマが胸を躍らせる。
 銀行強盗を予感しながら、街のダイナーに入ってホットドックを頬張る。轟く銃声に振り返るハリーの、まるで見得を切るようなアップ。
 モグモグしながら、打ち倒した銀行強盗にゆっくりと近づいていくハリーの歩み(その1)。これがサマになるのは、イーストウッド以外にはジョン・ウェインくらいしか思い浮かばない。ウェインはモグモグしないだろうけれど。
 警察署内を歩くハリーを背後から追いかける移動撮影。犯人の「さそり」によって身代金を抱えたままあちこち走らされるハリー。足を刺され転がり落ち、立ち上がって足を引きずって走る「さそり」。ほんとうに狂っているとしか思えないアンディ・ロビンソンの見事な演技。
 スタジアム。照明が点灯する。ハリーが撃つ。遠くでひっくり返る「さそり」。ゆっくりと近づくハリーの歩み(その2)。狂人を踏みつけるハリー、舞い上がるカメラ、遠ざかるカメラ、暗転、少女の発見・・・。
 通学バスを乗っ取って容赦なく子どもを殴り、歌わせる「さそり」。♪いやいやよー。歩道橋(?)の上に独り立つハリー、何と様式的な格好よさだろう。突っ込むバス、足を引きずって逃げる「さそり」、狭い採石工場(?)内での銃撃戦、開けた採石場で子どもを盾にする「さそり」。ゆっくりと近づくハリーの歩み(その3)。
 公開時アメリカではマッチョとかファシストとか非難されたそうですが、ただただ面白いアクション映画の最高峰。いつもほれぼれ。90点。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんちゅーかやっぱり

投稿日:2012/06/01 レビュアー:ykk1976

刑事といえば、アウトローというイメージが自分の中のどこかにあります。
それは、イーストウッド演じるハリー・キャラハン刑事が作ったものでしょう。
最近の日本のドラマでは官僚化された警察機構だったり、組織の中でいかんしようもない所轄刑事などが描かれていて、
刑事のイメージもずいぶん変わってきましたが、やはり組織から孤立していても、クールに悪と戦う姿にやはりしびれてしまうようです。

マカロニウェスタンの世界で成功していたイーストウッドが、西部劇の雰囲気を持ち込んだのがこの映画の当たりではないでしょうか。。
イーストウッド演じるハリー・キャラハン刑事のキャラクター。
長い銃身で破壊力のある44マグナム、細身のスーツ、サングラス、キメゼリフ・・・。
すごいの思いついちゃったな・・・という感じです。制作時、ハリーがマグナム44を構えて、「おまえはラッキーか?」なんて言っているシーンを観て、胸がふるえたのではないでしょうか。
いろんな方にオファーされて、ポール・ニューマンが「自分が演じるには悪すぎるから、イーストウッドに」と勧めたと聞いたことがあります。
ぴったりです。イーストウッドが演じなければ、長いシリーズにはならなかったでしょう。その後の映画は、刑事のキャラクターありきになったのもうなづけます。

その後映画化されたゾディアック事件を下敷きに作られたストーリーのようですが、人間の心に巣食う暗闇もうまく描かれています。
しかも、現実社会には、ハリーは存在しないから、未解決事件のようです。
犯人のスコルピオは役者さんの名演もありますが、印象的な悪役です。
主人公VS匹敵するほどの印象深い悪役というのもこの映画がはじまりなのかもしれません。

なんていうか、やっぱりイーストウッドカッコイイです。
それにつきます。
字幕も、山田康雄さん吹き替えも両方傑作です。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今となってはイマイチな部分と、今となっては作れない部分

投稿日:2011/09/20 レビュアー:KASPAR

先週の日曜日に「午前10時の映画祭」で「ダーティハリー」を観てきました♪
ダーティ・ハリー・キャラハンカッコイイ!!!それが全てか!?それが全てだ!

で、終わらすわけにもいかないので、とりあえずペラペラ書きます((φ(・д・。)

ま、当たり前なんすけど、後発組にマネされまくりの映画なんで、
「今となっては」イマイチ(既視感がある)部分が多いのは確かですね((φ(・д・。)

ですが、ハリー・キャラハンという人間味溢れる魅力的なキャラクターは、
「今となっては」絶対に成立しない(リアルではない)だけに、この映画の存在価値は非常に大きいっすね((φ(・д・。)

この映画でなければならない、この映画にしかないものがある。

このキャラクターが、決してファンタジーとして魅力的なキャラなのではなく、
まさにそこに生きてる姿を見るからこそ、非常に魅力的に感じるんすよねヽ( ´ ▽ `)ノ

そういう映画です←纏まってるのか?


最後に、この名作の色々ある名シーンの中から一番好きなシーンを書いておきます!

それは、張り込み中に、ヌードの覗き見に夢中になるダーティなハリーのシーンですwww

個人的満足度 80点! オススメ度 80点!

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もはや機能しない警察に法律・・・、頼むぜ!ハリー刑事!

投稿日:2011/05/04 レビュアー:パンケーキレンズ

ってなワケで、クリントさんと言えば切っても切れない名作『ダーティハリー』です♪

そう、サンフランシスコの街にハリー刑事あり!
時代は古くても、画になりますね〜☆

腐りきった警察組織に、もはや一体、誰の為のものなのか分からない法律・・・
ダーティ(汚い仕事専門)と言われた一匹狼ハリー刑事
猟銃用.44マグナムを片手に
かっこいいセリフがバンバン出まくりで
特に、ホットドックを口に入れたまま、銀行強盗を退治するのは、カッコよすぎでした☆

まぁ、こうやって、けっこう娯楽的でアクション的な見せ場もありつつも
この初回は、時代を震撼させた連続殺人鬼がハリーの最大の敵
その殺人現場は残忍さが強調されていて
次第にその殺人鬼が不気味に見えてくる
組織も法律も当てにならない、最後には嫌悪感さえ隠し切れないハリーの憤り
ラストのハリーの行動に、すでに『2』が気になります☆

独断で、単独行動で犯人を追い詰め
しかも、ハリー刑事はそこそこの検挙率、腕は確か

警察が腐りきってるとは言っても
ハリーもその組織の網に絡め取られている、一刑事に過ぎないのも事実

ラストで取った、ハリーなりの一つの決別が
今後どんな意味を持ってくるのか、楽しみです☆

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全66件

ダーティハリー