1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 海外TVドラマのDVDレンタル
  4. サスペンスのDVDレンタル
  5. CSI:マイアミ シーズン7

CSI:マイアミ シーズン7

CSI:マイアミ シーズン7の画像・ジャケット写真

CSI:マイアミ シーズン7 / デヴィッド・カルーソ

全体の平均評価点:(5点満点)

23

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「CSI:マイアミ シーズン7」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

ジェリー・ブラッカイマー製作総指揮による人気TVドラマのマイアミ編第7シーズン第6巻。リンジー・ガーランドの絞殺死体が発見された事件の公判で、アルフォンゾに有罪判決が下される。だが、死体から新たな事実が発見され…。第15話から第17話を収録。

「CSI:マイアミ シーズン7」 の作品情報

作品情報

製作年:

2008年

製作国:

アメリカ

原題:

CSI: MIAMI

「CSI:マイアミ シーズン7」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アンフォゲッタブル 完全記憶捜査

CSI:マイアミ シーズン6

シカゴ・ファイア シーズン4

ゾディアック

ユーザーレビュー:23件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全23件

大人の事情なのか ネタバレ

投稿日:2010/10/17 レビュアー:四十肩六郎

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ラスベガスも本作マイアミも次々にレギュラー陣の降板が目立つ。
やっぱり人気番組なのでギャラ的な問題なのだろうか?
検死官なんか犯罪者としてフェードアウト、刑事ものの降板は殉職なのになんて酷い扱い。番組の偉い方のHな誘いを断ったのかと邪推してしまったw
マンネリ化を防ぐ番組サイドの作戦と思いたい。
CSIのシーズン最終話で次のシーズンのネタふり的終わり方が最近多いが新シーズンの本筋にもならずあっさり終わるケースが多い。こっちの方がファンが離れる原因になると制作会社にいいたくなった。

さてエリックはどうなるのか?シーズン8のメインストーリーになるのか?それとも第一話で終わるのか?ラスベガスのウォリックと同じぐらいエリックが好きだから消えないでほしい。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

マイアミならでは? ネタバレ

投稿日:2010/09/10 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

仲間を信用できないのはマイアミならではの現象でしょうか。
最終話にして今度はデルコが暴走^^;
最後のカリーの傷心の表情が印象的ですが、今ひとつ薄っぺらな気もしてならないのです。
デルコ&カリーのカップル成立はこの別れに対する布石だったのでしょうか。
しかしながら悲しみがあまり伝わってこない。
そもそも【愛情】は一時的(シビアですが^^;)なもの。それよりも仲間としての【友情】からくる心配や悲しみの方が心に響いたのでは?
もし【友情】だけの間柄だったらカリーの傷心の表情が活きてきたはず。
あそこまで仲間を心配して心を痛めたら。。。そんな風に思ってくれていたら心が温かくなる。
しっかりとした絆が感じられる。
恋愛関係だけにちょっと浮ついて見えてしまったのは私だけでしょうか。
シーズン8では新たな検死官や捜査官が登場して新たな展開を見せるらしい。
またしばらくの辛抱です。。。


今回のゲスト。
サーノフの脱獄時に殉職した警官は【24】のパーマー大統領の息子キース。
タラ演じるメガリン・エキカンウォークはパーマー大統領の娘ニコールを演じていたので兄妹出演です 笑

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

こんがらがるがる

投稿日:2010/09/09 レビュアー:ぽんぽん玉

監督の最近のお気に入りの手法なのか、時間が前後した映像をフラッシュバックのように挟む。
スタイリッシュなのは分かる。でもちょっと見づらいのです。。。
たとえば犯人を取り調べているシーンの間に、その犯人が殺害されるシーンを挟む。
え?これって現実?それとも【そうならないように気を付けろ】って言う想像のシーン?
最終的には制作者側の意図を読み取る事はできるものの、一瞬こんがらがる。。。
私だけだろうか^^;
そして終盤にさしかかって進展したデルコ&カリー。
イチャイチャデレデレ。。。
仕事中だぞ!ええ加減にせんかいっっ(−_−#)
そもそもこのカップルはしっくりこない私。
似合わないよー。
以前、デルコとナタリアが付き合っていた時はお似合いのカップルだと思ったんだけどね。
カリーに恋愛話って似合わないと思ってしまうのです。だって性格的には【仕事が恋人】タイプですもの^^;

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

そもそもチームワークがあるのか?

投稿日:2010/09/09 レビュアー:ぽんぽん玉

第20話【狼の叫び】
ロシアンマフィア絡みで拉致されるウルフ。
ボッコボコにされてまたしてもいう事を聞いてしまう。。。
正直、うんざりッス(ノд-。)
最後ウルフがホレイショに言う。
【狙いはチームの分裂です】
。。。。
いやいや、そもそもチームワークがあるのか?
CSIシリーズの中でも群を抜いてチームワークがないマイアミ^^;
元々、デルコとウルフは仲が悪いし、カリーは一歩下がって傍観主義。
ホレイショは単独行動。
ナタリアは蚊帳の外。。。
そこに持ってきての今回の事件です。
そもそもウルフって警官でありながら、CSIに入りたいからといって独学で鑑識を勉強してホレイショにアピールした人物。
最初は誠実で勉強家の【努力の人】という設定だった。
それがいつからか、うさん臭くて信用ならない人物になってしまったのか。
以前も問題を起こしてるし、そろそろ【もう良いんじゃないの?】と言いたくもなる。
ついでにタラの不祥事まで盛り込み、CSIはガタガタです。。。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

意外な事実が発覚 ネタバレ

投稿日:2010/09/09 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

1話完結が多いCSIの中で、今回は珍しくゲストが連続出演。
第15話【テールランプの瞳】で敵役として登場したパウエル弁護士が第16話【暗殺指令】では味方に転じます。
この弁護士、なかなか良いなぁ。
依頼主を助ける為なら手段を選ばないというのは【悪】に見えるけど、それは依頼主が極悪人だからであって、有能であるという事に変わりはない。
依頼主が善良な人間であったのなら、こんなに心強い味方はいないはず。
そういう意味では仕事絡みで恨みを買うというのは可愛そうだ。
最後【もう犯罪者の弁護はできそうにない】という言葉が重かった。
そしてシーズン7にもなって身内の過去が発覚。
デルコがね〜。。。
っていうか、こんなエピソードを加える必要があるのだろうか。
そもそもCSIというのは同じようなストーリーの連続(失言)でマンネリは致し方ない。そこを突っ込んだらCSIは見られない。
そういう意味ではこんなスキャンダルを練り込む必要性を感じないのです。
ましてや、デルコとカリーの恋愛話もね。これだけ長く一緒に仕事をしておきながら今更?って感じです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全23件

CSI:マイアミ シーズン7

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:23件

大人の事情なのか

投稿日

2010/10/17

レビュアー

四十肩六郎

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ラスベガスも本作マイアミも次々にレギュラー陣の降板が目立つ。
やっぱり人気番組なのでギャラ的な問題なのだろうか?
検死官なんか犯罪者としてフェードアウト、刑事ものの降板は殉職なのになんて酷い扱い。番組の偉い方のHな誘いを断ったのかと邪推してしまったw
マンネリ化を防ぐ番組サイドの作戦と思いたい。
CSIのシーズン最終話で次のシーズンのネタふり的終わり方が最近多いが新シーズンの本筋にもならずあっさり終わるケースが多い。こっちの方がファンが離れる原因になると制作会社にいいたくなった。

さてエリックはどうなるのか?シーズン8のメインストーリーになるのか?それとも第一話で終わるのか?ラスベガスのウォリックと同じぐらいエリックが好きだから消えないでほしい。

マイアミならでは?

投稿日

2010/09/10

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

仲間を信用できないのはマイアミならではの現象でしょうか。
最終話にして今度はデルコが暴走^^;
最後のカリーの傷心の表情が印象的ですが、今ひとつ薄っぺらな気もしてならないのです。
デルコ&カリーのカップル成立はこの別れに対する布石だったのでしょうか。
しかしながら悲しみがあまり伝わってこない。
そもそも【愛情】は一時的(シビアですが^^;)なもの。それよりも仲間としての【友情】からくる心配や悲しみの方が心に響いたのでは?
もし【友情】だけの間柄だったらカリーの傷心の表情が活きてきたはず。
あそこまで仲間を心配して心を痛めたら。。。そんな風に思ってくれていたら心が温かくなる。
しっかりとした絆が感じられる。
恋愛関係だけにちょっと浮ついて見えてしまったのは私だけでしょうか。
シーズン8では新たな検死官や捜査官が登場して新たな展開を見せるらしい。
またしばらくの辛抱です。。。


今回のゲスト。
サーノフの脱獄時に殉職した警官は【24】のパーマー大統領の息子キース。
タラ演じるメガリン・エキカンウォークはパーマー大統領の娘ニコールを演じていたので兄妹出演です 笑

こんがらがるがる

投稿日

2010/09/09

レビュアー

ぽんぽん玉

監督の最近のお気に入りの手法なのか、時間が前後した映像をフラッシュバックのように挟む。
スタイリッシュなのは分かる。でもちょっと見づらいのです。。。
たとえば犯人を取り調べているシーンの間に、その犯人が殺害されるシーンを挟む。
え?これって現実?それとも【そうならないように気を付けろ】って言う想像のシーン?
最終的には制作者側の意図を読み取る事はできるものの、一瞬こんがらがる。。。
私だけだろうか^^;
そして終盤にさしかかって進展したデルコ&カリー。
イチャイチャデレデレ。。。
仕事中だぞ!ええ加減にせんかいっっ(−_−#)
そもそもこのカップルはしっくりこない私。
似合わないよー。
以前、デルコとナタリアが付き合っていた時はお似合いのカップルだと思ったんだけどね。
カリーに恋愛話って似合わないと思ってしまうのです。だって性格的には【仕事が恋人】タイプですもの^^;

そもそもチームワークがあるのか?

投稿日

2010/09/09

レビュアー

ぽんぽん玉

第20話【狼の叫び】
ロシアンマフィア絡みで拉致されるウルフ。
ボッコボコにされてまたしてもいう事を聞いてしまう。。。
正直、うんざりッス(ノд-。)
最後ウルフがホレイショに言う。
【狙いはチームの分裂です】
。。。。
いやいや、そもそもチームワークがあるのか?
CSIシリーズの中でも群を抜いてチームワークがないマイアミ^^;
元々、デルコとウルフは仲が悪いし、カリーは一歩下がって傍観主義。
ホレイショは単独行動。
ナタリアは蚊帳の外。。。
そこに持ってきての今回の事件です。
そもそもウルフって警官でありながら、CSIに入りたいからといって独学で鑑識を勉強してホレイショにアピールした人物。
最初は誠実で勉強家の【努力の人】という設定だった。
それがいつからか、うさん臭くて信用ならない人物になってしまったのか。
以前も問題を起こしてるし、そろそろ【もう良いんじゃないの?】と言いたくもなる。
ついでにタラの不祥事まで盛り込み、CSIはガタガタです。。。

意外な事実が発覚

投稿日

2010/09/09

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

1話完結が多いCSIの中で、今回は珍しくゲストが連続出演。
第15話【テールランプの瞳】で敵役として登場したパウエル弁護士が第16話【暗殺指令】では味方に転じます。
この弁護士、なかなか良いなぁ。
依頼主を助ける為なら手段を選ばないというのは【悪】に見えるけど、それは依頼主が極悪人だからであって、有能であるという事に変わりはない。
依頼主が善良な人間であったのなら、こんなに心強い味方はいないはず。
そういう意味では仕事絡みで恨みを買うというのは可愛そうだ。
最後【もう犯罪者の弁護はできそうにない】という言葉が重かった。
そしてシーズン7にもなって身内の過去が発覚。
デルコがね〜。。。
っていうか、こんなエピソードを加える必要があるのだろうか。
そもそもCSIというのは同じようなストーリーの連続(失言)でマンネリは致し方ない。そこを突っ込んだらCSIは見られない。
そういう意味ではこんなスキャンダルを練り込む必要性を感じないのです。
ましてや、デルコとカリーの恋愛話もね。これだけ長く一緒に仕事をしておきながら今更?って感じです。

6〜 10件 / 全23件