(500)日のサマー

(500)日のサマーの画像・ジャケット写真
(500)日のサマー / ズーイー・デシャネル
全体の平均評価点:
(5点満点)

128

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「(500)日のサマー」 の解説・あらすじ・ストーリー

運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の軌跡を、青年の心情に寄り添ってリアルに綴る異色のロマンティック・コメディ。主演はジョセフ・ゴードン=レヴィットとゾーイ・デシャネル。監督は新鋭マーク・ウェブ。グリーティングカードの会社に勤めるライター、トム。彼はある日、アシスタントとして入社してきたサマーに一目惚れしてしまう。やがて、ぎこちないながらもサマーとの距離を縮め、ついに晴れて交際へと漕ぎ着ける。このバラ色の時間がいつまでも続くと信じて疑わないトムだったが…。

「(500)日のサマー」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: (500) DAYS OF SUMMER

「(500)日のサマー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

(500)日のサマーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日 英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR38650 2010年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
165枚 5人 8人

【Blu-ray】(500)日のサマー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR38650 2010年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
59枚 0人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:128件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全128件

ああ、そうだなーネタバレ

投稿日:2010/05/28 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 楽しい映画です。
「○○日目」と行ったり来たりする演出も軽快で、ザ・スミスやホール&オーツなどのポップス、主演のふたりのファッションも可愛いし、繊細に描きだされる恋愛の機微がアチコチでチクチクと僕の(思い出したくない)記憶を刺激する。
 恋愛観の相違、なんて言ってしまうとちょっと堅苦しい。この二人は、人生を共にする準備ができていないときに出会ってしまったのだな、と思う。恋にはタイミングも重要だから。

 ちょっと残酷な映画です。
 ラストに例のベンチで二人は再会する。でも、その時、あんなに好きだった人の色が褪せている。失恋の悲しい気持ちを乗り越えると、ちょっとまだチクチクはするけれど、好きな人はフツーの人に変わっていく。世界のすべてを占めていた人が、ただの人になっていく。ああそうだなーと、僕はラストにそんな感じを思い出した。
 だから70点。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

猛暑ネタバレ

投稿日:2010/07/11 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

じゃあ何故?
何度もこの言葉が頭をめぐる。
サマーに「運命の女性」を感じたトムの、悲喜こもごもの500日間。
時間が行ったり来たりしながらトムの足跡をたどる。
ボクはこの映画を是非ともブラマヨの小杉さんと観たかった。
エレベーターでの会話。
コピー室での突然のキス。
彼女の好きな曲をさりげなく偶然を装い(本人がそう思ってるだけ)流すのに無視。
手つなぎデート。
軽い友達関係。
キス。
軽い友達関係。
シャワーセックス。
軽い友達関係。
頬にキス・・・・
追い詰める?
窮屈。
確かなもの。
縛り。
笑顔も癖や仕草も髪も。
ある日は天使で。
ある日は悪魔。
浮いて浮いて浮いて浮いて・・・・
沈んで沈んで沈んで沈む。
俺の男心弄ぶやん?
俺のハートを弄ぶやん?
俺の純情弄ぶやん?
小杉さんはこの映画を観て、一体何度「〜弄ぶやん?」を言うのだろう。
きっと連発するに違いない。
あげくの「薬指の決心」。
俺の男心弄ぶやん・・・・・・
好きな女性に誘われたらハッピーエンドしか頭に浮かばないやん?
どこまでも理想が現実になると信じて疑わないやん?
それが運命ってもんでしょ?
運命の糸。
両方から手繰り寄せないと二人は近づけない。
片方だけが引っ張ったら、抵抗がなくて後ろに転んじゃう。
そのままゴロゴロ転がって、想いとは裏腹に彼女から遠ざかってしまう。
500日。
トムの軌跡。
サマー。
猛暑の夏。
それは実りの季節を迎えるために通らなければならない季節。

お気に入りのシーン。
・トムが「スミス」の曲を本人的にはさりげなく流すとこ(結末は切ないが・・・)
・トムの「世界で一番幸せなのはボクだ」なミュージカル調ダンスシーン。(曲もステキ)
・ラストシーン(思わず「おっ!♪」って言ってしまった」)

トム役の彼・・・ステキですね。凄くスキです。笑顔がイイネ♪
ヒース・レジャーに似てる。

ズーイーさん・・・相変わらず瞳が印象的。
昔風のヘアースタイルが似合います。
でも「サマー」には何も共感するところがない。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

恋は遠い日の花火ではないネタバレ

投稿日:2010/07/11 レビュアー:ykk1976

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

確かに、ラブストーリーじゃないけど、
恋する喜びや恋が失われそうになる悲しみがひしひし伝わります。

恋がうまくいっている時、相手が自分のことを好きかもしれないと
感じた時、
確かに世界中から自分に対してめいっぱいの「YES!」
を受け取っているような気がするし、
普段はイラついて仕方ないヤツにもグリーティングカードのひとつでも送ろうかという気にもなります。

恋がうまくいかない時、自分の思いは遂げられそうにないと気がついた時、
世界中でこんなに孤独なのは自分ひとりだと思い、
その上家族からやさしくされそうなんてしたら、自分はこの世から消えてしまったほうが、いいのではないかとまで思い悩みます。

そういう気持ちを、映画のマジックを使って表現されていて、
革新的なのに、懐かしい感じで、とっても楽しく観れました。

それにしても、サマー。
わたしの、女としての嫉妬心かもしれんけど、あんな女は嫌いじゃ。でも、魅力的だから、タチが悪い。

音楽いいですね〜。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

8月の終わり9月の始まりネタバレ

投稿日:2010/07/10 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ボクも最近 ある女性と別れたばかりなので トム君の気持ちはよくわかります あんたが500日ならこちらは300日だよ おめえがスーパーマンならこちとらウルトラマンだっつの そして忘却の時が ただしトムが大人に脱皮しながらの別れなら こちらは認知症が入っての忘却が老いらくの恋の哀しさざんすね

やはり映画も語り口 もうやりつくされたテーマながら うまく演出したものです お互いがスミスのファンなんて設定が ちょいと繊細で やれフットボールなんかが背景に絡んでくる アメリカ映画の乗りとは違って イギリスっぽくて こんなアメリカ人カップルもありなのかな 以前なにかのイギリス映画で「エコー&バニーメンが解散して哀しい」なんて愚痴ってた男の子が出てた映画を思い出して トム君はそんな草食系の男子なのかしら

かっこにくくられた500日のタイトルに?だったのですが なるほど 恋愛体験を一度かっこにくくって客観視したものなのね 時制をシャッフルして ナレーションをおじさんと二重化したり 客観化とゆうよりは 幾重にもダメージを回避する原作者の臆病振りが ちょっぴり痛々しいかな

実はアンチ・ロマネスクな恋愛映画で キンキーで謎に満ちて でも普通な女の子であるサマーを悪魔祓いしてるような映画だね 自身はそして 言葉だけの世界の職業から 形あるものである建築家を選んで 自立の道を歩む姿を最後のエピソードでオーソドックスに語りきる 映画演出の王道でいいですね 映画はサマーとの別れから あらたにオータムとの出会いを描いて終るだろう

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ベストがにあうぜレヴィットくん。ネタバレ

投稿日:2010/08/20 レビュアー:GKC

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

うーん! 予告編から想像したよりはずっと、「軽くない」物語だったなあ。そして、なんか言葉が、アメリカ語が?すごく聞こえづらくてなかなか入っていかれない。ナレーションが全然いかさない。『アメリ』の稚拙な模倣のようなところも散見される。

しかし何回か見返してしまった。たぶんジョセフ・ゴードン・レヴィットくん(?だよね?)が好みなの。よく見るとおじいちゃんみたいな顔をしている気もするのだけどね彼、髪型マジックか。
しかも、おろかにも、バラバラの時系列をメモして前後関係をバッチリ把握したりしてしまった。そうしたら、やっぱり初回に見えなかったものが見えた気がしてしまった。
というのは、時系列がめちゃくちゃだと、サマーがすごく自分勝手で何を考えているのか分からない、ふしぎちゃんでトマス青年はめっちゃ振り回されているげに見えたのだった・・・が、そうではないんだな。
彼女は、きちんと、段階的に、彼に近づいて、そして離れて行っただけ。奔放なようだけど、ほんとうは慎重な人なんではないの。自分が彼を好きにはなれないだろうと感じていたからこそ、彼がのめりこまないように「友達」を強調していたんじゃないかなあ。でも、べつに好きになりたくなかったわけでもないという。だから、もてあそんだわけじゃないよな。サマーはつまり悪女ではない。そのことはポールに紹介された女の子との会話の中でもほのめかされていたようなのに、しかしトムは彼女のほのめかしに真剣に向き合わない。(もしかしたら、彼のそういう情けねえところも別れの一因)

そして、ラストのベンチのシーンはとてもよかった。冒頭でまるで二人が幸福なカップルのように見えたのがこのシーンだったなんてと、ちょっとぐっときた。ここで彼を待っていたことをみても、やはりサマーは彼を傷つけようとか自分の欲望のためだけに振り回したということではないんだろうし、すごくミステリアスに思えていたのだけど実は逆にとても率直で嘘のない、自然体な女性なのだと思った。結局「私たちは運命じゃなかった」と、このひとことで彼はようやく吹っ切れたのでありましょう。かつて「恋なんて信じているの?」というサマーに「君だって感じればわかる」と彼は言ったが、彼女がそれを感じたのは彼ではなかったという皮肉。そっと手を握られたときの彼の、今にも泣きそうな表情がすっばらしい。

結局のところあくまでも、好みの映画ではなかったのだけど、でもなんだかとても学ぶところの多かった気がする。ああ、それは結局わたくしもトム側の人間だからだなあ。ひとが何を感じているのか思いやることができなくて、自分の気持ちばかり押し付けてしまうの。
それを認めてはじめて、サマーを終えてオータムを、迎えることができるんだろうな。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全128件

(500)日のサマー