ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

ゼア・ウィル・ビー・ブラッドの画像・ジャケット写真

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド / ダニエル・デイ=ルイス

全体の平均評価点:(5点満点)

117

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

ジャンル :

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

「マグノリア」のポール・トーマス・アンダーソン監督が名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、石油を掘り当てアメリカンドリームを実現した男の欲望と裏切りの人生模様を骨太に描く一大叙事詩。原作は、社会派作家アプトン・シンクレアが27年に発表した『石油!』。20世紀初頭。一攫千金を夢見る山師の男ダニエル・プレインヴュー。孤児を自分の息子H.W.として連れ歩く彼は、ある日ポールという青年から自分の故郷の土地に油田があるはずだとの情報を得て、西部の町リトル・ボストンへと向かう。そして、すぐさま土地の買い占めに乗り出す。そんな中、ポールの双子の兄弟でカリスマ牧師のイーライが、ダニエルへの警戒を強めていく。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: THERE WILL BE BLOOD
受賞記録: 2007年 アカデミー賞 主演男優賞
2008年 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(監督賞)
2007年 ゴールデン・グローブ 男優賞(ドラマ)
2007年 NY批評家協会賞 男優賞
2007年 LA批評家協会賞 作品賞

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ハムナプトラ/失われた砂漠の都

ストップ・ロス 戦火の逃亡者

リンカーン

キング 罪の王

ユーザーレビュー:117件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全117件

欲望の歴史 ネタバレ

投稿日:2008/08/21 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

冒頭のせりふのない15分くらいがとにかく圧巻。
汗と埃にまみれたひとりの男が、金を探して黙々とのみをふりおろす。はしごをふみはずして重傷を負ったにもかかわらず、見つけた金を手にはいつくばって換金所にたどりつく男。そのすさまじい欲望。アメリカという国は、数え切れないほどの無名のこういった人間の、欲望と執念によって成り立った国なのだということを、改めて思い知らされる。

男、ダニエル・プレインビューは金の採掘で得た利益を元に、石油の採掘に執念を燃やす。
仕事仲間だった男が遺した赤ん坊をひきとり、その子供のかわいらしさを利用し、自分は「ファミリーマン」だと力説し、土地の買収を有利に進める。
神など信じてもいないのに、時に平気で神の名を口にして人々の心を掌握してゆく。
そうやってダニエルが手にした富と名誉。しかし彼の欲望は尽きることがない。

血のつながりはないものの、それなりの愛情を感じていたかにみえた息子は、不幸な事故で耳が聞こえなくなってしまい、それが原因で確執が深まる。
異母兄弟だと名乗り出た男に対しては、それなりの信頼を寄せたかに見えるのだが、偽者だとわかると無慈悲に殺してしまう。
愛情や血縁を断ち切りながら巨額の富を築いてゆくダニエルの人生は、アメリカの歴史そのものだ。

またもうひとりの重要な登場人物である、狂信的キリスト教集団「第三啓示教会」の神父イーライ。
イーライとダニエルの確執が物語の大きな核となってゆくのだが、イーライ=教会、宗教とダニエル=石油資本、資本主義が激しく反目しながらも時に手を結ぶ様子は、今のアメリカそのものなのだろう。
ダニエルとイーライは激しく憎みあいながらも、実はコインの表裏、鏡のような存在。
イーライの双子の兄が初めはよくわからなかったのだが、この兄の存在も同様の構造になっていることもおもしろい。

ダニエルの息子HWが手話を習得し、帰郷したかと思うと、突然10年以上の月日が流れ(従って、ダニエルとHWの確執の詳細があまり描かれていないのが少し不満)、いきなりダニエルとイーライの対決になるのにはちょっと面食らった。この部分はPTA監督が思い描くアメリカのこれからではないかと思うのだが、このラストシーンに監督のどのような思いがこめられているのだろう。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

21pts/100pts ネタバレ

投稿日:2008/10/04 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

19世紀終わりから、20世紀初めにかけての、
アメリカで、石油を掘り当てた男の栄枯を描いた作品。

なんか、もっと華やかな話なのかと思ったら、
なんか、ものすごく暗いし、
表現したいことは、成功の虚しさしかないのか?
という感じがするぐらい、訴えたいことがよく分からない。
そうなのかなぁ。。。

石油を掘り当てて成功するのはいいんだけど、
彼は、何のために、その成功を手に入れたのか、
そして、それで何を得て、何を失ったのかが、
いまいち、整理されている感じがしなくて。。。

ただ、資料の再現性を目指して、
20世紀初頭前後を、丁寧に描くことは、
がんばってるとは思うし、
油井の炎上など、なかなか、迫力はあるし、
淡々と、彼の人生を、掘り起こしただけ、、、
という感じの映画で、成功の虚しさを描くことは、
決して悪くはない

が、光と影のような、
もうちょっと、波瀾万丈さを加えた、
なにか、もうちょっと、工夫が欲しかった気がする。

それが脚色しすぎになるんだよってのが、
監督の主張なのかもしれないけど・・・
それでも、映画なんだから、、、って思うのは、
ハリウッド慣れ、しすぎてるのかなぁ。。。

いくつかの殺人を犯すのだけど、
それもよくわからない。
なぜ、殺す必要があるの?
そういう時代だったんだと言われたら、
はいそうですかというしかないけど、、、
私としては、なにか、釈然としないものがあった。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

はじめに「デイ=ルイス」ありき!

投稿日:2008/07/26 レビュアー:TETSUYA

まるでホラー映画のようなオープニングから、ジョニー・トー監督の『エレクション』を彷彿とさせる衝撃のラストシーンに至るまで、圧倒的な怖さと面白さで積み上げたパワーシネマ。
ダニエルの怪演が全編に渡り展開される、笑ってしまう程の恐怖のデイ=ルイス劇場。そんなダニエルカラー満載の中で彼と対等に渡り合う子役ディロン・フレイジャーの存在感。澄んだ瞳と威厳さえ兼ね備えた落ち着きのある眼差し。本作がデビュー作のこの子役こそ、石油以来の最大の発掘ではないのか。
アメリカ開拓史版「子連れ狼」の様相を呈して、無闇に不吉なジョニー・グリーンウッドの不協和音の交響曲と共に、容赦なく突き進む物語とデイ=ルイス。ドロドロと迸る黒い渇望の果てに辿り着く、剥き出しの欲望。
新境地を獲得したポール・トーマス・アンダーソン監督が綴る、新しきクラシックのはじまり。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

アカデミー賞好みの映画でした ネタバレ

投稿日:2008/09/06 レビュアー:ゆいま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アカデミー賞納得のダニエル・デイ・ルイスの名演が
光ります。


冒頭、20分近くもセリフなしシーンがあり、
夜中見てたので、ついウトウト・・・
しかし、事故でH.Wの耳が聞こえなくなったあたりから
ぐいぐいお話に引き込まれていきました。

でも、やっぱり、こういうテーマを扱った作品を観るには
アメリカにとってのキリスト教(信仰)とは何か、
という知識がないと、微妙なニュアンスが汲み取れないな・・
と自分の知識不足が残念。

通常「金」=悪、「信仰」=善として対立させ、
しかも最後に善が勝つというパターンに陥りがちですが、
この映画では金(ダニエル)と信仰(イーライ)は
対立しつつも、信仰が必ずしも善として描かれていません。
お金にこだわったり、胡散臭い悪魔祓いの儀式・・
なのに、イーライは常に信者に囲まれ、ダニエルは成功しても
成功してもどんどん孤独になっていきます。
そして、あのラスト・・・。
ダニエルが何故あそこまで人を憎み、神を憎むのか、
幼少期に何があったのか(生まれつきなのか)、
彼はその後どうやって生きていくのか、全く説明はされません。
いわゆる起承転結の「承」「転」のみを描いた映画ですが、
説明しないことで、より彼の孤独感、焦燥感を強調させ、
うまく観客がシンクロできるようにしてあります。

観終わったあと、ズシリとくる作品でした。
でも、次は、もっとエンターテイメント色強い作品を観ようっと。
ノーカントリーと続けて2作観たのでさすがにきつかったです。
どっちもアメリカの陰を重厚に描いた作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

欲望の代価 ネタバレ

投稿日:2008/08/31 レビュアー:BIN

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

出だしの迫力に圧倒されます。覚悟が要るぞ160分。
なんて言いながらの真夜中、台詞のない冒頭で寝てしまった。

見直しての驚き、ポール・ダノが出てるじゃないか。
ほぉー、これはこれは、知らずに観て良かったよ。
「キング・罪の王」で初めて見つけたポール・ダノ。
次は「リトル・ミス・サンシャイン」で見かけ、彼は大化けするぞ、がこんなにも早くやってきた。
ダニエル・デイ=ルイス相手に負けずの怪演、存在感。やったね。

ダニエル・プレインヴューは愛さえも自分の富のために利用するものと、非情さに固められたように見えます。どういう生い立ちなのか輪郭しか語られませんが、本当に愛情など露ほども信じていないなら「裏切られた!」などと逆上しないはず。それはイーライとて同じ。
何者も恐れない力を身につけた男たち、しかし・・
2人はあまりに脆い。ラストの2人芝居は、ダニエル・プレインヴューが、イーライが自分自身に向かって語りかけてる言葉のようでした。

H.W.が事故で耳が聞こえなくなってしまい、ダニエル・プレインヴューの言葉が聞こえなくなったことでH.W.に生まれた変化。ダニエル・プレインヴューの聞こえない語り掛けに一瞬何かを言いかけた口元。
ここもすごい。これこそラストのダニエル・プレインヴューを暗示しているかのよう。

勘違い男たちの末路と言ってしまえば身も蓋もないですが、2000年の今にも通じるのでは。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全117件

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:117件

欲望の歴史

投稿日

2008/08/21

レビュアー

パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

冒頭のせりふのない15分くらいがとにかく圧巻。
汗と埃にまみれたひとりの男が、金を探して黙々とのみをふりおろす。はしごをふみはずして重傷を負ったにもかかわらず、見つけた金を手にはいつくばって換金所にたどりつく男。そのすさまじい欲望。アメリカという国は、数え切れないほどの無名のこういった人間の、欲望と執念によって成り立った国なのだということを、改めて思い知らされる。

男、ダニエル・プレインビューは金の採掘で得た利益を元に、石油の採掘に執念を燃やす。
仕事仲間だった男が遺した赤ん坊をひきとり、その子供のかわいらしさを利用し、自分は「ファミリーマン」だと力説し、土地の買収を有利に進める。
神など信じてもいないのに、時に平気で神の名を口にして人々の心を掌握してゆく。
そうやってダニエルが手にした富と名誉。しかし彼の欲望は尽きることがない。

血のつながりはないものの、それなりの愛情を感じていたかにみえた息子は、不幸な事故で耳が聞こえなくなってしまい、それが原因で確執が深まる。
異母兄弟だと名乗り出た男に対しては、それなりの信頼を寄せたかに見えるのだが、偽者だとわかると無慈悲に殺してしまう。
愛情や血縁を断ち切りながら巨額の富を築いてゆくダニエルの人生は、アメリカの歴史そのものだ。

またもうひとりの重要な登場人物である、狂信的キリスト教集団「第三啓示教会」の神父イーライ。
イーライとダニエルの確執が物語の大きな核となってゆくのだが、イーライ=教会、宗教とダニエル=石油資本、資本主義が激しく反目しながらも時に手を結ぶ様子は、今のアメリカそのものなのだろう。
ダニエルとイーライは激しく憎みあいながらも、実はコインの表裏、鏡のような存在。
イーライの双子の兄が初めはよくわからなかったのだが、この兄の存在も同様の構造になっていることもおもしろい。

ダニエルの息子HWが手話を習得し、帰郷したかと思うと、突然10年以上の月日が流れ(従って、ダニエルとHWの確執の詳細があまり描かれていないのが少し不満)、いきなりダニエルとイーライの対決になるのにはちょっと面食らった。この部分はPTA監督が思い描くアメリカのこれからではないかと思うのだが、このラストシーンに監督のどのような思いがこめられているのだろう。

21pts/100pts

投稿日

2008/10/04

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

19世紀終わりから、20世紀初めにかけての、
アメリカで、石油を掘り当てた男の栄枯を描いた作品。

なんか、もっと華やかな話なのかと思ったら、
なんか、ものすごく暗いし、
表現したいことは、成功の虚しさしかないのか?
という感じがするぐらい、訴えたいことがよく分からない。
そうなのかなぁ。。。

石油を掘り当てて成功するのはいいんだけど、
彼は、何のために、その成功を手に入れたのか、
そして、それで何を得て、何を失ったのかが、
いまいち、整理されている感じがしなくて。。。

ただ、資料の再現性を目指して、
20世紀初頭前後を、丁寧に描くことは、
がんばってるとは思うし、
油井の炎上など、なかなか、迫力はあるし、
淡々と、彼の人生を、掘り起こしただけ、、、
という感じの映画で、成功の虚しさを描くことは、
決して悪くはない

が、光と影のような、
もうちょっと、波瀾万丈さを加えた、
なにか、もうちょっと、工夫が欲しかった気がする。

それが脚色しすぎになるんだよってのが、
監督の主張なのかもしれないけど・・・
それでも、映画なんだから、、、って思うのは、
ハリウッド慣れ、しすぎてるのかなぁ。。。

いくつかの殺人を犯すのだけど、
それもよくわからない。
なぜ、殺す必要があるの?
そういう時代だったんだと言われたら、
はいそうですかというしかないけど、、、
私としては、なにか、釈然としないものがあった。

はじめに「デイ=ルイス」ありき!

投稿日

2008/07/26

レビュアー

TETSUYA

まるでホラー映画のようなオープニングから、ジョニー・トー監督の『エレクション』を彷彿とさせる衝撃のラストシーンに至るまで、圧倒的な怖さと面白さで積み上げたパワーシネマ。
ダニエルの怪演が全編に渡り展開される、笑ってしまう程の恐怖のデイ=ルイス劇場。そんなダニエルカラー満載の中で彼と対等に渡り合う子役ディロン・フレイジャーの存在感。澄んだ瞳と威厳さえ兼ね備えた落ち着きのある眼差し。本作がデビュー作のこの子役こそ、石油以来の最大の発掘ではないのか。
アメリカ開拓史版「子連れ狼」の様相を呈して、無闇に不吉なジョニー・グリーンウッドの不協和音の交響曲と共に、容赦なく突き進む物語とデイ=ルイス。ドロドロと迸る黒い渇望の果てに辿り着く、剥き出しの欲望。
新境地を獲得したポール・トーマス・アンダーソン監督が綴る、新しきクラシックのはじまり。

アカデミー賞好みの映画でした

投稿日

2008/09/06

レビュアー

ゆいま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アカデミー賞納得のダニエル・デイ・ルイスの名演が
光ります。


冒頭、20分近くもセリフなしシーンがあり、
夜中見てたので、ついウトウト・・・
しかし、事故でH.Wの耳が聞こえなくなったあたりから
ぐいぐいお話に引き込まれていきました。

でも、やっぱり、こういうテーマを扱った作品を観るには
アメリカにとってのキリスト教(信仰)とは何か、
という知識がないと、微妙なニュアンスが汲み取れないな・・
と自分の知識不足が残念。

通常「金」=悪、「信仰」=善として対立させ、
しかも最後に善が勝つというパターンに陥りがちですが、
この映画では金(ダニエル)と信仰(イーライ)は
対立しつつも、信仰が必ずしも善として描かれていません。
お金にこだわったり、胡散臭い悪魔祓いの儀式・・
なのに、イーライは常に信者に囲まれ、ダニエルは成功しても
成功してもどんどん孤独になっていきます。
そして、あのラスト・・・。
ダニエルが何故あそこまで人を憎み、神を憎むのか、
幼少期に何があったのか(生まれつきなのか)、
彼はその後どうやって生きていくのか、全く説明はされません。
いわゆる起承転結の「承」「転」のみを描いた映画ですが、
説明しないことで、より彼の孤独感、焦燥感を強調させ、
うまく観客がシンクロできるようにしてあります。

観終わったあと、ズシリとくる作品でした。
でも、次は、もっとエンターテイメント色強い作品を観ようっと。
ノーカントリーと続けて2作観たのでさすがにきつかったです。
どっちもアメリカの陰を重厚に描いた作品でした。

欲望の代価

投稿日

2008/08/31

レビュアー

BIN

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

出だしの迫力に圧倒されます。覚悟が要るぞ160分。
なんて言いながらの真夜中、台詞のない冒頭で寝てしまった。

見直しての驚き、ポール・ダノが出てるじゃないか。
ほぉー、これはこれは、知らずに観て良かったよ。
「キング・罪の王」で初めて見つけたポール・ダノ。
次は「リトル・ミス・サンシャイン」で見かけ、彼は大化けするぞ、がこんなにも早くやってきた。
ダニエル・デイ=ルイス相手に負けずの怪演、存在感。やったね。

ダニエル・プレインヴューは愛さえも自分の富のために利用するものと、非情さに固められたように見えます。どういう生い立ちなのか輪郭しか語られませんが、本当に愛情など露ほども信じていないなら「裏切られた!」などと逆上しないはず。それはイーライとて同じ。
何者も恐れない力を身につけた男たち、しかし・・
2人はあまりに脆い。ラストの2人芝居は、ダニエル・プレインヴューが、イーライが自分自身に向かって語りかけてる言葉のようでした。

H.W.が事故で耳が聞こえなくなってしまい、ダニエル・プレインヴューの言葉が聞こえなくなったことでH.W.に生まれた変化。ダニエル・プレインヴューの聞こえない語り掛けに一瞬何かを言いかけた口元。
ここもすごい。これこそラストのダニエル・プレインヴューを暗示しているかのよう。

勘違い男たちの末路と言ってしまえば身も蓋もないですが、2000年の今にも通じるのでは。

6〜 10件 / 全117件