1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. サスペンスのDVDレンタル
  5. ゴーン・ベイビー・ゴーン

ゴーン・ベイビー・ゴーン

ゴーン・ベイビー・ゴーンの画像・ジャケット写真

ゴーン・ベイビー・ゴーン / ケイシー・アフレック

全体の平均評価点: (5点満点)

121

ゴーン・ベイビー・ゴーン /ベン・アフレック

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「ゴーン・ベイビー・ゴーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

「ミスティック・リバー」の原作者デニス・レヘインの傑作ハードボイルド『愛しき者はすべて去りゆく』を、これが監督デビューとなるベン・アフレックが映画化した社会派ミステリー・サスペンス。主演はケイシー・アフレックとミシェル・モナハン。パトリックとアンジーは、ボストンで私立探偵として働く幼なじみのカップル。ある日、4歳の少女アマンダが誘拐される事件が発生し、その3日後、警察の捜査に限界を感じたアマンダの叔母夫婦が、街の裏側に精通するパトリックたちのもとに捜索依頼に現われる。誘拐事件では自分たちの出る幕はないと、あまり気の進まないままアマンダの行方を調べ始めるパトリックとアンジーだったが…。

「ゴーン・ベイビー・ゴーン」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

アメリカ

原題:

GONE BABY GONE

受賞記録:

2007年 NY批評家協会賞 助演女優賞
2007年 LA批評家協会賞 助演女優賞

「ゴーン・ベイビー・ゴーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー

ファーナス/訣別の朝

インビクタス/負けざる者たち

許されざる者

素敵な人生のはじめ方

ユーザーレビュー:121件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全121件

ハッピー・エンド (重大なネタバレあり) ネタバレ

投稿日:2008/11/11 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 秀作。深夜に見始めてやめられず、寝不足だ。
 ベン・アフレックはあの茫洋とした容貌にも関わらず(と言っては何だが)、とてもオーソドックスで力強い演出の腕を見せる。探偵コンビが初めて少女アマンダの家を訪ねたシーンなど、汚らしく狭い室内に詰め込まれた多くの人数を見事に捌いているし(エイミー・マディガン!)、少年誘拐犯の家でのサスペンス、終幕間際のバー襲撃に始まる追跡劇などアクションもいい。風景の切り取り方がいいなあと思う箇所もいくつもあった。ケイシー・アフレックは『ジェシー・ジェームズの暗殺』が嘘のように、ハードボイルドな探偵が似合う。アマンダのジャンキーな母親も、素晴らしい。
 だがそれ以上にミシェル・モナハン演じるアンジーが魅力的だ。寡黙な彼女が子どもに寄せる思いは、ただ子どもを切望する女性としてのそればかりでなく、映画では語られざる物語が秘められているような気がした(そのあたりは原作にはあるのかもしれないが、読んでいない)。
 そして演出的には、少女アマンダに余計な演技をさせていない点がとても重要で、アフレックのクレバーなところだと思う。
 もっとも、事件の真相は、キャストを見渡すとだいたい想像できてしまう。物語は魅力的とはいえない。だがラスト、巧妙にアフレックに重い二者択一を迫り、彼の逡巡を演出することで、観る者にも「自分ならどうする」と考えることを促す。そのことが、物語の薄さをカバーして効果的なのだ。僕にもアフレックが決断するまでの間は実に長く感じられ、「自分なら」と考えずにはいられなかった。
 というのも、少年誘拐犯を射殺するかどうか、という二者択一を僕らはすでに経験しているからだ。無抵抗で弱々しい男を後ろから射殺するというアフレックの激情は、男の残虐な行為の露呈によって中和され、どう評価してよいのか、宙ぶらりんになっているからだ。ラストにいたって、正義と法の間で観る者自信が懊悩してしまうのは、この前触れが効いていることもあるだろう。
 よく考えれば、本当の誘拐犯が見逃されて良いはずはなく、僕はもちろんアフレックの選択に全面的に賛成する。普段あまり好きでないモーガン・フリーマンがアフレックに懇願することしかできないという演技で示しているように、彼は自分の傲慢と欺瞞を自覚しているのだ。つまり、すべては自分のための行動であるということに。どんなに愚かだろうと、すべてを理解していると勘違いした一個人の身勝手な理屈で、親子が引き離されることは許されまい。
 だから僕は、ソファに並ぶ二人というラストカットには、フェアな選択がなされたという意味で、幸福感を感じる。これはハッピーエンドに他ならないと思った。75点。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

GONE ネタバレ

投稿日:2012/04/09 レビュアー:まみもぉ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

先が読めないどころか想像もできなくて、
真剣に観てしまいました。

モーガン・フリーマンがこのままのはずがない、再登場するはずだと、
モーガン頼みでそれなりな推測していました。
が、男の子の悲惨な結果あたりで大混乱となってしまいました。
内臓器にどんどん石がたまっていく感じ。

パトリックとアンジー。この二人組みの探偵。
ベタベタしてなくて、魅力的です。
アンジーは同姓ゆえかもしれませんが、わかりやすかったのだけど
パトリックの方がつかみどろころがない。
探偵になるにいたるまでの生い立ちも触れられていなかったので、
彼の感情の動向と動機がもやもやっとしてて、これが石のたまる要因でした。
刑事レミーとの会話、じれったいものでした。

ラスト、頼みのモーガン登場しましたが、
ああなるとは…。
パトリック役のケイシー・アフレック。ああいう無表情は苦手です。
見ていてハラワタがよじれます。
最後のツーショットはあれ偶然の賜物でしょうか。
同じ表情のふたり。正しい羊と善き鳩。
正しいことが、イコール=善いことではない、けれども、イコールとなるかもしれない。
30年経てば…などとあってないような近い彼方への言い逃れはずるい。
それこそ、GONE。
そう言えば過去分詞にはよく騙された。
”いなくなってしまった。失われてしまった。行ってしまった。…”
取り返しのつかないことだけど、かなりの未来でなんとかなってるかも…な余韻に騙されてしまいます。

タイトルの”GONE BABY GONE” 
作中では脅し文句に使われていて、
字幕と吹き替えでまるで意味が違うのに誤りではない、
この作品そのまんまの善いタイトルと思いました。

アマンダ役のあの女の子、子役らしくなくて、
あの環境の中に最初から居て、他がそこへやってきて演じてるようで、とてもよかった。
10年後もあんな風にふたりでTV観てるように思いました。
たぶん、その先も。幸か不幸か…幸でも不幸でも。



このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

なるほど。

投稿日:2008/11/05 レビュアー:お嬢

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

正当がいつも正解とは限らない。

投稿日:2008/10/25 レビュアー:飛べない魔女

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

正義が裏目に出ることは多々ある・・・

投稿日:2009/01/19 レビュアー:ムーミンママ

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全121件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:121件

ハッピー・エンド (重大なネタバレあり)

投稿日

2008/11/11

レビュアー

よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 秀作。深夜に見始めてやめられず、寝不足だ。
 ベン・アフレックはあの茫洋とした容貌にも関わらず(と言っては何だが)、とてもオーソドックスで力強い演出の腕を見せる。探偵コンビが初めて少女アマンダの家を訪ねたシーンなど、汚らしく狭い室内に詰め込まれた多くの人数を見事に捌いているし(エイミー・マディガン!)、少年誘拐犯の家でのサスペンス、終幕間際のバー襲撃に始まる追跡劇などアクションもいい。風景の切り取り方がいいなあと思う箇所もいくつもあった。ケイシー・アフレックは『ジェシー・ジェームズの暗殺』が嘘のように、ハードボイルドな探偵が似合う。アマンダのジャンキーな母親も、素晴らしい。
 だがそれ以上にミシェル・モナハン演じるアンジーが魅力的だ。寡黙な彼女が子どもに寄せる思いは、ただ子どもを切望する女性としてのそればかりでなく、映画では語られざる物語が秘められているような気がした(そのあたりは原作にはあるのかもしれないが、読んでいない)。
 そして演出的には、少女アマンダに余計な演技をさせていない点がとても重要で、アフレックのクレバーなところだと思う。
 もっとも、事件の真相は、キャストを見渡すとだいたい想像できてしまう。物語は魅力的とはいえない。だがラスト、巧妙にアフレックに重い二者択一を迫り、彼の逡巡を演出することで、観る者にも「自分ならどうする」と考えることを促す。そのことが、物語の薄さをカバーして効果的なのだ。僕にもアフレックが決断するまでの間は実に長く感じられ、「自分なら」と考えずにはいられなかった。
 というのも、少年誘拐犯を射殺するかどうか、という二者択一を僕らはすでに経験しているからだ。無抵抗で弱々しい男を後ろから射殺するというアフレックの激情は、男の残虐な行為の露呈によって中和され、どう評価してよいのか、宙ぶらりんになっているからだ。ラストにいたって、正義と法の間で観る者自信が懊悩してしまうのは、この前触れが効いていることもあるだろう。
 よく考えれば、本当の誘拐犯が見逃されて良いはずはなく、僕はもちろんアフレックの選択に全面的に賛成する。普段あまり好きでないモーガン・フリーマンがアフレックに懇願することしかできないという演技で示しているように、彼は自分の傲慢と欺瞞を自覚しているのだ。つまり、すべては自分のための行動であるということに。どんなに愚かだろうと、すべてを理解していると勘違いした一個人の身勝手な理屈で、親子が引き離されることは許されまい。
 だから僕は、ソファに並ぶ二人というラストカットには、フェアな選択がなされたという意味で、幸福感を感じる。これはハッピーエンドに他ならないと思った。75点。

GONE

投稿日

2012/04/09

レビュアー

まみもぉ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

先が読めないどころか想像もできなくて、
真剣に観てしまいました。

モーガン・フリーマンがこのままのはずがない、再登場するはずだと、
モーガン頼みでそれなりな推測していました。
が、男の子の悲惨な結果あたりで大混乱となってしまいました。
内臓器にどんどん石がたまっていく感じ。

パトリックとアンジー。この二人組みの探偵。
ベタベタしてなくて、魅力的です。
アンジーは同姓ゆえかもしれませんが、わかりやすかったのだけど
パトリックの方がつかみどろころがない。
探偵になるにいたるまでの生い立ちも触れられていなかったので、
彼の感情の動向と動機がもやもやっとしてて、これが石のたまる要因でした。
刑事レミーとの会話、じれったいものでした。

ラスト、頼みのモーガン登場しましたが、
ああなるとは…。
パトリック役のケイシー・アフレック。ああいう無表情は苦手です。
見ていてハラワタがよじれます。
最後のツーショットはあれ偶然の賜物でしょうか。
同じ表情のふたり。正しい羊と善き鳩。
正しいことが、イコール=善いことではない、けれども、イコールとなるかもしれない。
30年経てば…などとあってないような近い彼方への言い逃れはずるい。
それこそ、GONE。
そう言えば過去分詞にはよく騙された。
”いなくなってしまった。失われてしまった。行ってしまった。…”
取り返しのつかないことだけど、かなりの未来でなんとかなってるかも…な余韻に騙されてしまいます。

タイトルの”GONE BABY GONE” 
作中では脅し文句に使われていて、
字幕と吹き替えでまるで意味が違うのに誤りではない、
この作品そのまんまの善いタイトルと思いました。

アマンダ役のあの女の子、子役らしくなくて、
あの環境の中に最初から居て、他がそこへやってきて演じてるようで、とてもよかった。
10年後もあんな風にふたりでTV観てるように思いました。
たぶん、その先も。幸か不幸か…幸でも不幸でも。



なるほど。

投稿日

2008/11/05

レビュアー

お嬢

正当がいつも正解とは限らない。

投稿日

2008/10/25

レビュアー

飛べない魔女

正義が裏目に出ることは多々ある・・・

投稿日

2009/01/19

レビュアー

ムーミンママ

6〜 10件 / 全121件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ゴーン・ベイビー・ゴーン